ITライフハック
ITライフハック

第2期電王戦の協賛に森永製菓「ラムネ」が参入

ビジュアル

ドワンゴおよび日本将棋連盟は、両社が2017年4月1日(土)および5月20日(土)に開催する「第2期電王戦」において、森永製菓が販売するロングセラーブランド「ラムネ」が協賛することに決定した。

森永製菓「ラムネ」は、青いラムネ瓶をイメージしたパッケージが特徴的な、森永製菓を代表する商品の1つ。1973年に発売されて以来、40年以上にわたって大人から子供までの幅広い世代から親しまれている。

ラムネの全成分の内90%を占めているのは、ブドウ糖。今回、長時間にわたって集中力が求められる「電王戦」において、佐藤天彦叡王がいつでもブドウ糖を摂取できるよう、森永製菓よりサポートアイテムとしてラムネが提供される。また、佐藤叡王と同じく長時間の稼働が予想される出演棋士などの関係者や、対局会場の近辺にて行われる現地大盤解説およびニコファーレで行われる大盤解説の来場者にもラムネが配布される。

■森永製菓「ラムネ」の担当者コメント
効率的にブドウ糖を補給できるラムネは、必ずや棋士佐藤天彦叡王の助けになってくれると信じています。集中を要する対局中はもちろん、休憩時間のリフレッシュしたい時にラムネを食べていただき、PONANZAに勝利できるよう頑張っていただきたいです。勝ち負けも大切ですが、それ以上にベストなパフォーマンスで熱戦が繰り広げられることを期待しています。

第2期電王戦

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
「ストリートファイター」のニコニコチャンネルを開設
ニコ生で「翻刻の基礎」を学べる生放送実施
エヴァの高橋洋子「ニコニコ超会議2017」の「超音楽祭」で新曲初披露
「今月のいきもの」×「けものフレンズ」サーバルキャットを2日連続で計14時間生中継
ニコ生、春分の日の3連休に心温まるアニメ5作品を全話一挙放送






スマホを手に持たずに自分目線でそのまま撮影できる。首から下げる自分目線撮りスマホホルダー

1_000000002760

サンコーは、首から下げる自分目線撮りスマホホルダー「SMANECK」を2017年3月21日より発売する。価格は1,280円(税込)。

本製品は、スマホを手に持たずに自分目線でそのまま撮影できる、首かけタイプのスマホネックホルダー。
ネックアームが付いたホルダーにスマートフォンをセットして、角度調節。あとは、ネックアームを首にかけるだけの簡単セッティング。ハンズフリーで手軽に何かをしながら自分視点に近い映像が撮影できる。

料理やDIY、旅行、街歩き、子供など、普段の目線で気軽にスマートフォンで動画撮影が可能。また、反転して画面を相手に見せることもできるので様々な活用が可能だ。カラーは、ブラックとホワイトの2色。

■製品仕様
・サイズ/幅145×奥行き28×高さ190(mm)
・重量/44g
・対応首まわり/約430mm(広げると約580mm)
・対応スマートフォンサイズ/幅80mm、厚み12mm程度まで
・内容品/本体、日本語取扱い説明書
・保証期間/6か月


9_000000002760


首から下げる自分目線撮りスマホホルダー「SMANECK」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
麻布十番商店街でFree Wi-Fiサービスの提供を開始
LINEモバイル、女優・のんを起用したTVCM「愛と革新。LINE MOBILE」を公開
ソフトバンク、下り最大612Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 601HW」を発売
国立市。NTT東およびNTTBPと国立市で「Kunitachi Free Wi-Fi」のサービスを開始
東芝、プロ仕様のUHS-II対応SDメモリカードの新シリーズを発売




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ