ITライフハック
ITライフハック

ニコ生で「翻刻の基礎」を学べる生放送実施

gazou

ドワンゴが運営する日本最大級の動画サービス「niconico」にて、京都大学古地震研究会との共同企画として開始した、くずし字で書かれた地震古文書をデータ化する「京大×
niconico【みんなで翻刻してみた】プロジェクト」の第2弾・第3弾の企画が実施される。

第2弾としては、2017年4月5日(水)21時より「ニコニコ生放送」にて、「京大×niconico【みんなで翻刻してみた】~翻刻の基礎の基礎を学ぼう~」を放送。そして第3弾では、「ニコニコ超会議2017」(4月29日・30日開催)で展開する、企画・準備・運営すべてをユーザーに”まるなげ”するエリア「超まるなげひろば」に出展する。

本プロジェクトは、京都大学古地震研究会とニコニコユーザーが協力して、「くずし字」で記録された数多くの古い地震史料を、より多く翻刻する企画で、3月1日(水)より始動した。翻刻は古文書に書かれた「くずし字」を「楷書」に変換することを意味し、初心者でも同研究会が開発したアプリ「みんなで翻刻」を使用すれば、古文書を翻刻することが可能だ。また地震史料の翻刻を行うことで、まだ発見されていない過去の災害やその被害状況を知ることができる。本プロジェクトによって翻刻されたデータは、地震防災や減災に役立たせ、将来的には地震年表や地震発生分布地図の作成を目指すとのこと。

そして新たにniconicoのプレゼン共有サービス「ニコナレ」を活用し、京都大学古地震研究会の方々が翻刻資料を投稿することで、いつでも翻刻について学ぶことができるほか、ユーザーの自宅や蔵などに眠っている古文書の投稿を募集し、より多くの貴重な古い地震史料の発見を目指す。

本プロジェクト第2弾では「京大×niconico【みんなで翻刻してみた】~翻刻の基礎の基礎を学ぼう~」と題したニコニコ生放送を放送する。番組内では、第1弾の生放送で出題した宿題の答えあわせを通じて、京都大学古地震研究会の方々が「翻刻の基礎」をさらに深く掘り下げ、分かりやすく解説する。

そして第3弾では、「ニコニコ超会議2017」で展開する「超まるなげひろば」に出展し、京都大学古地震研究会の方々が翻刻のワークショップやレクチャーを展開することで、ネット上だけでなく会場に集うリアル来場者と共に、古い地震史料の“リアルタイム翻刻”に挑む。

■プロジェクト第2弾 生放送概要
・番組タイトル:京大×niconico【みんなで翻刻してみた】~翻刻の基礎の基礎を学ぼう~
・放 送 日 時 :2017年4月5日(水)21:00 ~
・ 出 演 者 :橋本雄太(MC/京都大学大学院文学研究科/「みんなで翻刻」開発者)
        天野たま(アシスタント/京都大学大学院文学研究科)
        中西一郎(解説/京都大学大学院理学研究科教授)
        加納靖之(解説/京都大学防災研究所助教)
・放 送U R L : http://live.nicovideo.jp/watch/lv292553813

■プロジェクト第3弾 超会議2017出展概要
・出展タイトル: 超みんなで翻刻してみた(超まるなげひろばエリア内)
・開 催 日 時 : 2017年4月29日(土)10:00 ~ 18:00、30日(日)10:00 ~ 17:00
・ 会  場  : 幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール


【みんなで翻刻】公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
エヴァの高橋洋子「ニコニコ超会議2017」の「超音楽祭」で新曲初披露
「今月のいきもの」×「けものフレンズ」サーバルキャットを2日連続で計14時間生中継
ニコ生、春分の日の3連休に心温まるアニメ5作品を全話一挙放送
ニコ生、東日本大震災の特集番組を3日連続放送。東北へ行ってみたくなる素材10時間放送など計5番組をお届け
男装ユニット「風男塾」の浦正・虎次郎卒業公演の模様をニコ生で独占生中継





安全運転支援機能搭載で安心。バックカメラ付きルームミラー型ドライブレコーダー

22952_ZeFsJpNdhN

上海問屋は、人気のルームミラー一体型ドライブレコーダーに新機能がついた「バックカメラ付きルームミラー型ドライブレコーダー」の販売を開始した。ブルーとクリアの2タイプがあり、価格は各9,999円(税込)。

以前より大人気の、車内の景観を損なわない、ルームミラー型ドライブレコーダーに新しい機能がついて新登場した。バックカメラにより前後同時録画に対応。また、バックする際はガイドバーが表示され、見づらい後方の安全を確認できる。

またADAS(安全運転支援機能)により、前方車両との車間距離が近すぎたり、車線から外れたりした場合、アラームで危険を知らせます。

このほか、駐車中に衝撃を感知すると自動で録画がスタート(録画時間10秒)。万が一、当て逃げや車上荒らしにあった際に証拠として記録してくれる。

その場でミラー内に搭載された大型5インチモニターで、映像の確認が可能。操作ボタンもミラー内に表示され、スッキリとしたデザインとなっている。高感度CMOSセンサーを搭載した1080PフルHDの高画質撮影と、記録画角(対角)120度の高視野角により、“もしも”の時をしっかり記録。レンズが360度可動し、最適なアングルに調整ができる。夜間やトンネルなどの暗い場所でも、自動で明るく補正するHDR機能を搭載。細部まで鮮明に記録するので安心だ。

録画のON/OFFはエンジンに連動し、取り損ねることがない。また、Gセンサー機能を搭載しており、衝撃を感知すると録画してある動画ファイルを自動でロック。証拠が上書きされる心配もありません。録画は最長で5分間。新しい動画ファイルを生成し、メモリカードの容量がいっぱいになると、古いデータから自動で上書きし録画を繰り返す。ファイルの生成による撮影の中段がなく、継ぎ目を感じさせないスムーズな動画を撮影可能だ。

好みで選べるブルーとクリアの2タイプをご用意。眩しさが苦手な人は、日差しや後続車のライトの光りを軽減するブルータイプを。昼も夜もはっきりと見えた方が安心という方や、リアガラスがプライバシーガラス仕様、またはスモークフィルムを貼っている方は、クリアタイプを選ぼう。取り付けは簡単。純正ミラーにゴムベルトで固定するのみで、多くの車種に対応している。

■製品仕様
サイズ・・・・・・・・・320*82*42mm(W*H*D)
重量・・・・・・・・・・約325g(本体のみ)
電源・・・・・・・・・・入力:DC12V、出力:DC5V 1.5A ※12V車専用
内蔵バッテリー・・・・・600mAh リチウムポリマー
画面サイズ・・・・・・・5.0インチフルカラー(解像度:854x480)
動作温度範囲・・・・・・‐5℃~60℃
記録媒体・・・・・・・・microSDカード 最大32GB(クラス6以上推奨):別売り
レンズ視野角・・・・・・前カメラ: 150°/ 後カメラ:70°
記録画角・・・・・・・・前カメラ: 120°/ 後カメラ:60°
記録動画解像度・・・・・前カメラ:1080P(1920x1080/30FPS)/ 720P(1280x720/30FPS)
            後カメラ:720P(1280x720/25FPS)
動画ファイル形式・・・・H.264(MOV)
記録静止画解像度・・・・最大12M(4352x3264)
静止画ファイル形式・・・JPEG
常時録画・・・・・・・・2分/3分/5分
Gセンサー・・・・・・・・有 (感度3段階)
付属品・・・・・・・・・ バックカメラ(ケーブル長さ5.8m)、シガー電源(ケーブル長さ3.4m)、
クリーナークロス、ケーブルクリップ×5、バックカメラ固定用ビス×2、日本語マニュアル
製品保証・・・・・・・・ 購入後 6ヵ月間


22952_oQRisztBGp

22952_noJuEMgSCs


DN-914257 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
自転車のアクセサリー増設に便利なスマホやサイコンを見やすい位置にできる自転車用エクステンションバー
香りで目覚める優雅な朝を楽しめる目覚まし機能付き Bluetooth接続のアロマディフューザー
スマホで確認できるマイクロスコープ5mを販売開始
Lightning直結デジタル出力で劣化のない音質を聴けるLightning直結 ハイブリッドイヤホン
タブレットやスマホで簡単にSDカードを読み込めるmicroSD→SDカードスロット変換アダプタ






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ