ITライフハック
ITライフハック

【カオス通信】ワーキングプアは本当に『蟹工船』を読んでいるか?

最近、小林多喜二の小説『蟹工船』が売れているというニュースを目にします。私は、そのブームとやらが全く実感できなかったのですが、漫画版も出ているということなので試しに読んでみました(ちなみに『蟹工船』を読むのは今回が初めて)。



結論から書きますが、私にはそれほど面白いとは感じられませんでした(※一部漫画を除く)。確かに現代社会に通じる部分もありますが、この作品の舞台は"蟹工船"という特殊な密室です。その中で起こった出来事を、そのまま社会一般に置き換えるのは、ちょっと無理があるように思えました。



それにしてもいったい誰が『蟹工船』を買っているのでしょうか? 本当に将来に不安を抱える若者や、ワーキングプアと呼ばれる人々が買っているのでしょうか? 売れているのは事実らしいのですが、どうもスッキリしません。気になって調べていくと、どうやらこのブームは書店の店員が火を付けたということがわかってきました。



その発端は東京・上野にある書店の店員(元フリーター)が、作品を読んで「この現状、もしや……『蟹工船』じゃないか」という手書きのポップを書いたのがきっかけだったんだとか。その後、出版社がこの手法を真似て、ポップを大量印刷して全国の書店に配り、ブームとなったようです。



どうやら『蟹工船』ブームは売り手主導のブームというのが真相のようです。この本は、流行のキーワードに反応した人たちが買っているというのが実情で、ワーキングプア層に愛読されているというのとは違う気が……。ともあれ、一応ブームになるくらいですから作品もそれなりに見所はあってしかるべきでしょう。



とりあえず、原作小説も含めた感想を以下に書いてみますので、「ブームみたいだけど、面白いのかな?」と考えてる方は参考にしてみてください。『蟹工船』は格差社会やワーキングプアの問題が云々という側面で語られる場合が多いのですが、ここでは純粋に娯楽作品としての評価を書いてみます。初めて読む人にとって大事なのは「いま読んで面白いのかどうか」だと思いますしね。



■『マンガ蟹工船』(漫画)

原作:小林多喜二

作画:藤生ゴオ

発行:東銀座出版社



●原作再現度:★★★☆☆

●オススメ度:★★☆☆☆



小説をほぼそのまま漫画化した内容となってます(ただしエログロ表現は控えめ)。私が最初に読んだ『蟹工船』がこのA5版サイズの漫画版でした。特徴的なのは、特高警察による拷問で獄中死した小林多喜二の死を悼むシーンの描写が、物語の最初と最後に描き加えられている点でしょう。これは企画・編集をした「白樺文学館多喜二ライブラリー」の意向によるものと思われます。

井上ひさし推薦の『マンガ蟹工船』。小林多喜二が好きで、原作を読んだことがある人にとっては興味深い内容だと思いますが、純粋に漫画として読むと色々と問題が……。




物語は、貧しい労働者が蟹工船で過酷な労働を強要され、死ぬ者が出るほど虐待される様を描いていきます。この『蟹工船』には明確な主人公というものがなく、キャラ立ちしているのは労働者を虐待する監督の浅川ぐらいなので、感情移入がしにくく読みづらい印象がありました。



労働者にピストルを突きつけ、脚気で死んだ者の遺体を海に投げ捨てるよう命令する浅川の非道ぶりは、この漫画でも描かれています。ただ、客観的に淡々と描かれているので面白さという点では今ひとつに感じました。後で読んだ小説にある悲惨で下劣な表現は本作ではかなり抑えられ、結果マイルドな仕上がりになってます。そのことによって切実な感じがイマイチ伝わってこない点は大きなマイナスかと。



第一印象は「ふーん、こんなもんか」という感じでした。かなり昔の作品なので作中に出てくる言葉もよくわからないものもあったのですが、注釈で言葉の意味を説明してくれる点は親切だと思いました。小説を読み解くための副読本としては、意味があると思います。



■『蟹工船 まんがで読破』(漫画)

原作:小林多喜二

企画・漫画:バラエティ・アートワークス

発行:イースト・プレス



●原作再現度:★★☆☆☆

●オススメ度:★★★★☆



この作品はかなり大胆なアレンジが施されています。労働者の代表として「森本」という主人公が設定され、監督の浅川は完全な敵キャラとして描写されてます。スキンヘッドで悪役レスラーみたいな風貌の浅川のキャラクターデザインは必見。

劇団ひとりが本書を推薦しているようにも見えますが、手にしているのは『人間失格』だったり。実はこのオビ、小説を漫画化した「まんがで読破」シリーズ共通なのです。




コマ割もメリハリがあり漫画的なデフォルメも適度にされているので普通に面白く読むことができました。パッと見「週刊コミックバンチ」あたりに連載されてもおかしくない印象があります。漫画家がかなりいい仕事をしてたので作者名が気になったのですが、奥付には「企画・漫画:バラエティ・アートワークス」とだけ書かれてあるだけで、作者名は明記されてませんでした……(ちょっと残念)。



ただ、これが本当に『蟹工船』なのかと言われると微妙です。熱血主人公が悪と戦う王道的な感じは嫌いじゃないんですが、原作の鬱々としたイメージとは違ってますので、これはあくまで『蟹工船』を原作とした娯楽作品と割り切って読むべきでしょう。アレンジされているとはいっても原作のエッセンスは確実に入ってますので、最初にこの本で『蟹工船』を体験するのも悪くないと思います。



■『蟹工船・党生活者』(原作小説)

原作:小林多喜二

発行:新潮文庫



●オススメ度:★★☆☆☆



『蟹工船』は、1929年(昭和4年)に発表された作品で国際的な評価も高いようなのですが、自分にはピンときませんでした。食い詰めた季節労働者が、そこは地獄と知りながらも蟹工船に乗り込み、監督の浅川に虐待され、やがては反乱を起こすという内容はちょっと荒唐無稽過ぎるというか、共産主義に心酔した作者の妄想が広がりすぎという印象を受けました。

原作小説です。方言や隠語、専門用語など、わかりづらい言葉が多く出てくるので、読むのは結構しんどいです。新潮社は注釈付きの改訂版を作るべきではないかと。




作者の小林多喜二はこの物語を書くにあたり、関係記事の収集、函館における蟹工船の実地調査、漁夫への聞き取り調査など、かなり綿密な準備をしていたようで、その成果は物語の描写に確かに表れています。



事実に基づいたリアルな描写は迫力があるのですが、労働者が個人としてではなく集団として扱われているので、登場人物に感情移入して読みたい自分には、ちょっと合いませんでした。これは単に好みの問題かも知れません。『蟹工船』は有名な作品ですし、好みではなかった自分も読んで損をしたとは思いませんでしたので、一度読んでみるのも悪くないと思います。



■『蟹工船』を読んで

個人的には、今まで縁のなかった“プロレタリア文学”というものに触れられたのはよい経験でしたが、リアルに不安を抱えている人がこれを読んでも鬱になるだけのような気がしました。



ちょっと心配なのは、この作品は結構なエログロを含んでいるという部分です。夏休みの読書感想文などには全くもってオススメできない内容なので、中高生あたりのお子さんを持つ方や教育関係者の方々は間違ってもこの作品を推薦しないようご注意願います。



■カオス通信バックナンバー

ブログ炎上の火種となった「コードギアス祭」をプレイバック

「ゲストキャラ列伝」強烈な印象で太く短く生きるキャラたち

「テレビがつまらなくなった」は本当か?

違和感だらけのアニメDVD宣伝コピー

カオス通信バックナンバー一覧



■こちらもオススメ!ライブドア独自コラム

独女通信 | オトコ魂





レッド中尉(れっど・ちゅうい)

プロフィール:東京都在住。アニメ・漫画・アイドル等のアキバ系ネタが大好物な特殊ライター。企画編集の仕事もしている。秋葉原・神保町・新宿・池袋あたりに出没してグッズを買い漁るのが趣味。


Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.


【IT革命児】インターネットを普及させた“AOL”を築いた男「スティーブ・ケース」

個人でインターネットを利用するには、パソコンのほかにインターネットプロバイダと契約する必要がある。インターネットを使っている人なら、プロバイダの世界的な大手である「AOL」をご存じの人も多いだろう。



AOLは、パソコン通信の時代から現在のブロードバンド時代に至るまでネットサービスの世界をリードしてきたプロバイダで、雑誌の付録やパソコンの付属品でAOLのCD-ROMを見たことがあるという人も多いのではなだろうか。



プロバイダの老舗AOLを創設した人物こそ、今回紹介するスティーブ・ケース氏だ。



スティーブ・ケース氏は一代にしてAOLを創設し莫大な富を築いたが、いったいどうやってAOLを起業したのだろうか。彼が起業家になるまでの道のりとともにAOLの歴史を振り返ってみよう。


■AOL設立までの道のり

スティーブ・ケース氏は1958年8月21日、米国のハワイ ホノルルに生まれた。

起業家としての才能は既に幼い頃からあったといわれている。彼は子供の頃、自宅の裏庭で1杯2セントのライムジュースを売ったり、書類の配達を受けることで利益を得ていたというから驚きだ。



スティーブ・ケース氏はマサチューセッツ州にあるウィリアムズ・カレッジで政治科学を専攻。卒業後に勤務したペプシコ社やプロクター・アンド・ギャンブル社(P&G)では、マーケティングやセールスの分野で手腕を振るっている。



退職後の1983年にオンラインゲームの会社を立ち上げたものの、インターネットの重要性にいち早く気づいたスティーブ・ケース氏は仲間とともにコモドールコンピュータ社のユーザーにネットワーク接続サービスを提供するクォンタムコンピュータ社を設立。1989年にAOL(アメリカ・オンライン)と社名を変更した。





■AOLの栄光と挫折

AOLは輝かしい業績を残しているが、すべての事業がうまくいった訳ではない。



●ITバブル崩壊により天国から滑り落ちる

AOLは1992年に株式を公開、15万人の契約者を獲得している。1996年には、パソコンをインターネットに接続するために必要なソフトをCD-ROMで無料配布し、契約者を一気に4600万人へと伸ばした。



1998年、コンピュサーブを買収して250万人の契約者を獲得したAOLは、ネットスケープ社までも買収する。2000年にはタイムワーナー社と1億6600万ドル規模の合併を発表。2001年、AOLの契約者は全世界で3,000万人とふくれあがった。しかし、この快進撃は長くは続かず、ITバブル崩壊によって987億ドルという途方もない損失を出すことにある。



2003年1月12日、スティーブ・ケース氏は業績不振の責任をとって自ら会長職を辞任。通信と放送の融合ともてはやされた「AOLタイムワーナー」は、タイム・ワーナー社の一部門となった。





●日本でのAOLは波瀾万丈

AOLは1996年、三井物産、日本経済新聞社と日本法人AOLジャパン株式会社を設立。翌年、日本でのインターネットプロバイダ事業を開始する。



2001年2月 NTTドコモ(ドコモ)が資本参加し、ドコモAOLに社名を変更。同年6月にドコモと提携したiモードサービス「AOLi」を開始する。



ところが、2003年12月にドコモが資本から撤退、再びAOLジャパンに社名を戻すことになる。さらに2004年7月、イー・アクセス株式会社に営業を譲渡し、2004年8月、AOLiサービスは終了した。現在のAOLジャパン株式会社は、ポータルサイト事業とともに光ファイバーやAOLによるインターネットプロバイダサービスを提供している。





スティーブ・ケース氏はAOLを去ったが、彼がAOLを通して今日のインターネット社会に多大な貢献をしたことは間違いない。彼はAOLのほかにも投資会社やクレジットカードサービス会社などを設立しており、企業家として今後もその活躍が大きく期待されている。





参考:

AOL - ウィキペディア

AOL(英文) | AOL - 公式サイト

スティーブ・ケース [AOL社共同創業者] - ダイヤモンド

スティーブ・ケース - ちえの和webページ

Case resigns as AOL chairman(英文) - CNET News.com





■こちらもオススメ!最新の革命児 最新ニュース

コンピューターを身近にした男!FORTRANの開発者「ジョン・バッカス」

生きている天才の第1位 インターネットの仕組みを考案した「ティム・バーナーズ=リー」

ITベンチャーの先駆け!デルコンピューター創業者「マイケル・デル」

教育者でありジャズ演奏家!幾多の才能に恵まれたパソコンの父「アラン・ケイ」

【IT革命児】バックナンバー一覧





編集部:関口哲司

Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ