ITライフハック
ITライフハック

【モバイル通信の実力チェック】高速・低コスト!ブロードバンド端末 "EM・ONE"は、本当に高速か?

イー・アクセスが提供する"EM モバイルブロードバンド"は、最大3.6Mbps※のHSDPA通信サービスを月額基本料金5,980円の定額で利用できる高速な通信サービスだ。ほかにも最大3.6MbpsのHSDPA通信サービスを提供している通信事業者は存在するが、現時点(2007年5月)で定額制を導入しているのはイー・アクセスのみである。ただし、"最大3.6Mbps"は、あくまで理論値であり、使用時の通信速度は、受信条件により変化するといわれており、実際に測定してみないとわからない。



そこで今回は、都内5箇所で"EM モバイルブロードバンド"の実力をチェックしてみた。

写真:最大3.6MbpsのHSDPA通信サービスを利用できる"EM・ONE"

※通信速度は、下りが最大3.6Mbps、上がりが最大384kbps



■"EM・ONE"の特徴と通信エリア

"EM・ONE"は、屋内の高速なブロードバンド環境を屋外でも実現することを目指して開発された新世代モバイルブロードバンド端末。最大3.6MbpsのHSDPA通信サービスを利用できるので、電子メールやWebブラウズ、音楽、ストリーミング放送などがストレスなく楽しめるうえ、定額制なので通信料を気にする必要もない。パソコンのUSB端子に接続すれば、パソコンから"EM モバイルブロードバンド"を利用可能だ。その他の端末としては、PCカードタイプのデータ通信カード「D01NE」や、CFカードタイプのデータ通信カード「D01NX」が用意されており、TPOに合わせてカードを選択できる。

写真:"EM・ONE"は、パソコンに接続できる



通信エリアは、首都圏で6月末までに国道16号線内まで拡張し、関西は3月の段階で、名古屋市内・京都市内・大阪市内まで拡張、6月末までには神戸と大阪近郊でサービスを開始する予定だ。最新の対応エリアは、イー・モバイルの公式サイトの「EMモバイルブロードバンドサービスエリア」のページで確認できる。

写真:関東領域のサービスエリア



■通信エリア・実際の速度チェック

測定は、東京の名所を含む全5箇所の測定点で、下りの転送速度を計測した。

測定ポイントの5か所は、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba、新宿アルタ前、六本木ミッドタウン、汐留、三鷹駅。ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaは、モバイル通信を利用するユーザーが多い秋葉原ということで、測定点に選んだ。23区外の測定点として、三鷹駅北口前の世界連邦平和像前を選んだ。

写真:世界連邦平和像前



表1.測定ポイントでの通信速度
測定ポイント1回目2回目3回目アンテナの数
新宿アルタ前1.62Mbps1.61Mbps1.61Mbps4本
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba0.67Mbps1.13Mbps0.83Mbps4本
六本木ミッドタウン1.57Mbps1.61Mbps1.54Mbps4本
共同通信社ビル前(汐留)1.66Mbps1.67Mbps1.65Mbps4本
世界連邦平和像前(三鷹)1.55Mbps1.59Mbps1.55Mbps3本




■おおむね快適な通信環境 - アクセスが集中するとツライ



ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは、"EM・ONE"は4本のアンテナを捉えていたが、通信速度が測定ごとに大きく変化した。考えられる理由としては、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは、イー・モバイルのデモ機を数多く展示しており、実際に通信環境を体験できる。

写真:ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba



"EM・ONE"は、アクセスポイントに接続すると切れにくいが、同時にアクセスするユーザーが集中すると、通信速度が落ちてしまう。実際に、何回か通信速度を測定してみると、0.5Mbps~1.33Mbpsの間で、通信速度が変化した。その他の測定点では、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaのように、通信速度が大きく変化することはなく、常に安定した通信ができた。ちなみに、新宿から三鷹駅まで中央線で移動中でも、通信が途中で切れることなく、Webブラウズやメールを受信できたのには驚いた。



今回の測定では、対応エリア内ということもあり、おおむね快適な通信を得られたが、エリア内といえども通信状態が変化する場所があることや、アクセス集中した場合に速度が落ちるといった点が見受けられた。



■これもオススメ!モバイル関連ニュース

モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート

【気になるトレンド用語】モバイルブロードバンドで"モバイル天国"はやってくるのか?

"ブランド品"ケータイをもてない日本人! "PRADA Phone"にみるブランド電話の魅力

音楽だけでなくムービーが楽しめる映像ケータイ!「P903iX HIGH-SPEED」

ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格"0円"の秘密とは?



EM・ONE

イー・モバイル



編集部:関口 哲司

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【気になるトレンド用語】いまさら聞けない?初心者のためのツンデレ

現代用語の基礎知識にも収録された"ツンデレ"。もう一般的になったともいえそうな言葉ですが、知ってるつもりで考えてみると、使い方がわからない、意味はどんな意味だったっけ? というようなことは意外とあるのものです。



いまさら、"ツンデレ"ってなに?って、人に聞くのもなにやら"気恥ずかしく"感じますね。



そんな"ツンデレ"は、ゲームキャラクターに対して使われたことから発生し、四文字で使いやすかったこともあるのでしょう。ネットの世界からマスメディアを通して広がります。ついには、雑誌やテレビなんどでも取り上げられて、一般の人が使う機会も一気に増えました。



恋愛は、男女を問わず関心の高いテーマでもあり、恋愛用語である"ツンデレ"は、身近な言葉になりつつあります。



では、いまさら聞けない"ツンデレ"を紐解いてみましょう。



■ツンデレとは?

恋愛などで、本心では相手が好きなのに、気持ちとは裏腹に現実の態度では冷たく接してしまう様子や、通常は冷たい態度の"ツン"ですが、特定の条件下では甘える"デレ"になることを指します。



日本のギャルゲー業界から発祥して、アニメや漫画などのサブカルチャー用語として使われ始め、一般のマスメディアで紹介されたことで、より広く知られるようになりました。

ちなみに、ツンデレキャラの愛好者を"ツンデレラ(ツンデレラー)"と呼ぶケースもあり、2006年の新語・流行語大賞にもノミネートされています。



■ツンデレはどうして生まれた?

2000年前後に人気があった恋愛シミュレーションゲームの登場人物に対して使われたのが最初といわれているようです。そのあと、掲示板"2ちゃんねる"で多く用いられるようになり、サブカルチャー好きなネットユーザーを中心に使用され、使用されるユーザーの範囲が拡大されていきました。



■ツンデレの多様化

当初は、男女の恋愛模様に対して使用されていた"ツンデレ"も、ライバル関係や親子関係にまで使われるなど、広範囲に使われるようになってきています。特に、2006年以降は、大手メディアや女性ファッション誌などでも使われるようになったことで、一般の女性にも浸透してきています。



■ツンデレの使い方 - 間違えやすい使い方の注意ポイント

よく間違った使われ方に、恋愛の進行過程で使ってしまう例があります。一般に、恋愛が深まって、徐々にデレデレしていく場合は、通常の恋愛であって、"ツンデレ"とはいいません。



"ツンデレ"とは、最初から相手への気持ちや態度において"ツン"と"デレ"が明確に分離・存在しています。また、"ツン"と"デレ"の切り換えが素早く、落差も大きいことが重要とされています。



■ツンデレの種類

ツンデレの種類には、主人公嫌悪型、素直になれない型、高飛車型、女王様型など、いろいろあるようです。



■ツンデレに似た用語

あまり一般的ではありませんが、一部のユーザーの間では、ツンデレに似た表現(亜種)もたくさん使われているいるようです。



・ツンエロ

通常はツン状態で、デレ時にエロ行動をとります。



・ツンギレ

通常はツン状態で、デレ時に切れます。



・ツンツンデレ

通常のツン状態が長く、デレに移行することが少ない場合を指します。



・デレツン

通常はデレで、特定の条件化ではツン状態になります(ツンデレの正反対の行動を指します)。



・クーデレ

ツン状態が、クールな場合を指します。





■こちらもオススメ!気になるトレンド用語

コレなくしてネット長者になれない!SEOの秘密とは

イタイ?楽しい?あなたの知らない"腐女子(ふじょし)生活"

電光石火のゼロデイ攻撃!防御は可能なのか?

ラオウの葬儀!世紀末覇者拳王は今こそ求められている?

モバイルブロードバンドで"モバイル天国"はやってくるのか?



ツンデレ度チェック

ツンデレ占い



Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ