ITライフハック
ITライフハック

プロバイダを乗り換えるという選択 4つのポイント【不況時代のプロバイダ活用術】

インターネットを利用する上で必要なのがプロバイダとの契約だが、このプロバイダを一度契約すると、そのまま使い続ける人が多い。

百年に一度の不況といわれる今、昼食代まで節約しているのに、プロバイダは昔に契約した料金やサービスのままというのは、どうしたものだろう。



最近プロバイダの提供を再開したlivedoorでは、乗り換え、追加のユーザーが多いという。



今回は、livedoor プロバイダを通して、プロバイダの「乗り換え」、「追加」のためのチェックポイントを調べてみよう。



■プロバイダを乗り換える 4つのポイント

1.安定した高速通信

livedoor プロバイダは、NTT東日本・西日本のフレッツ光による最大100Mbps※1の高速インターネット接続をサポートしている。つまり、大きなバックボーンを背景に、高速なだけでなく安定した回線が保証されているということだ。高速通信は、YouTubeやニコニコ動画といった動画コンテンツが人気の今、乗り換えにするのは十分な条件でもある。

※1 技術規格上の最大値。利用環境、回線の混雑状況、集合住宅の場合には、当該建物の伝送方式などで低下する場合がある



2.低価格な通信料金

livedoor プロバイダの利用料は、月々1,575円(税込み)と低価格だ。

こうした低価格は、徹底したコスト削減によって実現したという。

その一つが、メールだ。一般のプロバイダは、メールアカウントの発行・管理も料金に含まれるが、livedoorでは無料で使えるlivedoorメールがあるので、livedoor プロバイダでアカウントを用意する必要がないのだ。

また、サポートもメールのみに絞ることでコスト削減をしているという。



3.固定IPアドレスのメリット

livedoor プロバイダが、乗り換えや追加に強い理由のひとつが固定IPアドレスだ。

固定IPアドレスは、サーバの公開、外部から自宅パソコンのリモート操作ができる、Webカメラで自宅を監視できるなど、仕事場や外出先からでも自宅パソコンを活用できるのだ。

このようなメリットがある固定IPアドレスが使えるのに月額料金1,575円(税込み)で利用できるこから、サーバ用に「追加」するユーザーも多いという、



4.無線LAN環境を安く活用 FONの公式サポート

livedoor プロバイダが、ほかのプロバイダとちょっと違うのが、無線LANのFONを公式にサポートしているところだ。

無線LANは家庭内でケーブルレスのインターネットを利用できるわけだが、FON※とFONルータを利用すると市販の無線ルーターを購入するより安価に無線LAN環境をできる。また、屋外でも安心してFONを使うことができるわけだ。

※自分のインターネット接続をWiFiコミュニティに開放することで、自分もほかのユーザーの無線アクセスポイントを利用できる仕組み。



livedoor プロバイダは、無駄をなくしてそのぶん安い料金で新しいサービスが利用できる。

乗り換えユーザーにインターネットサービス訴求するには、こうしたスリム化が必要なのかもしれない。



livedoor プロバイダ





■関連サイト

livedoorIDについて

livedoorウォレットについて

フォン・ジャパン株式会社


太陽の申し子!ソーラー発電+防水でアウトドアに最適SOLAR HYBRID【09夏ケータイ ソフトバンクモバイル編】

ソフトバンクモバイルの09夏モデルの3つ目の注目端末が、SoftBank 「SOLAR HYBRID」だ。

本体前面にソーラー充電パネルを搭載し、太陽などの光エネルギーで充電が可能なエコケータイだ。

約10分間の太陽光発電の充電で、2時間程度の待ち受け、1分間程度の通話ができる。また、「SOLAR HYBRID」は、防水機能もサポートされており、バスでの利用や海などのアウトドアでも活用できるのが特徴だ。



液晶は約3.0インチフルワイドVGA液晶を採用。屋外でも太陽などの乱反射を抑える「リフレクトバリアコート」や覗き見防止の「ベールビュー」機能を搭載している。また、明るさセンサーを内蔵しているので周囲の明るさに応じたバックライトの自調光にも対応している。

液晶パネルを閉じた「SOLAR HYBRID」液晶パネルを開いた「SOLAR HYBRID」




■主な仕様

・ディスプレイ:約3.0インチフルワイドVGA(854×480ドット)、NewモバイルASV液晶(最大1,677万色)

・カメラ:有効画素数800万画素/CCD(オートフォーカス、手ぶれ補正対応)

・外部メモリ:microSDHCカード 最大16GB

・カラーバリエーション:ネイビー、ホワイト、アースグリーン



SoftBank SOLAR HYBRID



■もっと09夏ケータイ ソフトバンクモバイル編をみる

発売前に徹底チェック!最速スマートフォン NTT docomo 「T-01A」のブロガー内覧会が開催

NERV仕様エヴァンゲリヲンケータイ 3万台限定で発進

ミラーでお化粧もUVもニュースもチェック! 情報がみえる「mirumo」

デジカメ顔負け1000万画素ケータイ AQUOS SHOT 933SH

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ