ITライフハック
ITライフハック
■編集部よりお知らせ■

8月15日および16日は更新をお休みします

愛児の写真を飾ろう!デジタル写真立て「S-Frame DPF-D70」

デジタルカメラで撮影した思い出の写真をおしゃれに飾りたいときにうってつけのアイテムがデジタルフォトフレームなのだが、いざ買おうとすると買う機会になかなか巡り会えないものだ。そんな折り、出産祝いに知人一同から「何が欲しい」と問われ、思わずデジタルフォトフレーム「S-Frame DPF-D70」をお願いしてしまった。



こうして我が家にも念願のデジタルフォトフレームがやってくることになった。



S-Frame DPF-D70をチョイスした理由は、他社製のデジタルフォトフレームと比べてボディの作りや外観がシッカリしていたからだが、実際に使用してみると多機能ぶりに驚いた。


■メディアを選ばずに写真を再生

デジタルフォトフレームとは、一言でいえば写真立てのデジタル版だ。デジタルカメラで撮影した写真をメディアごとデジタルフォトフレームに入れると、メディア内の写真を再生してくれる。



S-Frame DPF-D70の内容物はS-Frame DPF-D70本体とACアダプター、リモコン、取扱説明書の4点。商品の箱が思っているより大きいので、ギフトなどで贈る際にはその点も留意されたい。



再生できるメディアは、メモリースティック系とSDカード系、コンパクトフラッシュ系なので、現在市販されているデジタルカメラのほとんどのメディアに対応している。最近はSDカード系がめっきり安く手に入るようになってきているので、4ギガバイト~8ギガバイトのSDHCを入れるのが経済的だろう。



S-Frame DPF-D70は256メガバイト※1のメモリーを内蔵しているが、メモリーへ写真を転送する場合には別売のUSBケーブルが必要となる。また別売のデジタルフォトプリンター「DPP-FP95」を接続すれば、お気に入りの写真をプリントして持ち歩いたり、知人にプレゼントすることができる。

※1 メーカー公称で約500枚の写真を保存可能



ちなみに、メモリースティックとSDカードなど複数のカードを挿した場合には、メモリースティックが優先され、SDカードのデータは再生されなかった。いかにもソニーらしいが、複数のメディアに渡って再生できる機能も備えていたほうが良かっただろう。

写真1「S-Frame DPF-D70」を使用しているところ写真2「S-Frame DPF-D70」の内容物

■デジカメの写真が手軽に表示できる

「S-Frame DPF-D70」の使い方は意外と簡単だった。S-Frame DPF-D70本体にACアダプターを接続して、たまたま手元にあったLUMIX FX-35で撮影したSDカードを挿して起動したところ、何も設定をしなくても再生が始まった。マニュアルを読まずにすぐに使えるシンプルな機能に絞ってある点は嬉しい。

写真3 シングル表示パターン写真4 インデックス表示

本機は縦置きと横置きができ、写真の向きも自動で切り替わる。ポートレートといえば縦置きだが液晶の視野角の問題で、縦置きの場合にはやや見づらく使いづらくなるので、私は横置きをメインに使うことになりそうだ。



使ってみてよいと思ったところは、電気代がつけっぱなしでも月に数十円※2という点と、写真がクッキリと表示される点だ。写真は1枚ずつのスライドショーに加え、「マルチ」という複数枚を異なる大きさで並べて表示するモードや、時計やカレンダーと合わせてスライドショーができたりと、同じ写真でも繰り返し楽しむことができる。また、液晶のバックライトの明るさを調節できたり、表示面下のSONYロゴの点灯を消すことが出来たりと、かゆいところにも手が届くところも嬉しい。

※2 消費電力×1か月の使用時間(1日約10時間)×電力単価(2008年3月時点)で計算すると、1か月の電気代は約39円

写真5 カレンダー表示パターン写真6 時計表示パターン

あえて不満点をあげるすれば、置き場所を選ばずに飾りたいときにACアダプターがわずらわしい点だ。できれば、電池で駆動できると嬉しかった。欲をいえばきりがないが、内蔵メモリも1ギガバイト以上あれば嬉しかったり、リモコンのボタンがやや押しづらいなど、いくつか気になる点もあった。



とはいえ、「S-Frame DPF-D70」は質感が高く、簡単に使える点で満足度の高い一品といえるだろう。





「S-Frame DPF-D70」 - 製品情報

ソニー株式会社

できるビジネスマンはタスク設定でアプリを管理【知っ得!虎の巻】

定期的に使用するアプリケーションがある場合、そのたびに起動するのは面倒だ。ときには実行するべき操作をうっかり忘れてしまうこともあるだろう。"できる"ビジネスマンを目指すならば、スケジュールでアプリケーションを自動実行できるタスク機能を活用しよう。


■知っ得 No.0075 タスクを使ってアプリケーションを管理しよう

ディスククリーンアップやデフラグなど、ハードディスクを整理するためにできるだけ定期的に行った方がよいツールがWindows XPにはある。こういったついつい実行することを忘れがちのツールは、あらかじめタスクに登録しておくと、決められた時間に自動実行される。



また、いつも決まった曜日や時刻にする作業がある場合には、タスクに登録しておくと便利だ。例えば、「火曜の午後に席に着くと、メーラーと表計算ソフトが起動している」といった使い方ができる。


●タスクを起動する

まずはタスクを起動しよう。タスクはシステムツールの中に用意されている。



[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[タスク]を選択する(画面1)と、タスクが起動する(画面2)。

画面1[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[タスク]を選択する画面2 タスクが起動する

●タスクにスケジュールを追加する

ディスククリーンアップをスケジュールに追加してみよう。[スケジュールされたタスクの追加]をダブルクリックする(画面3)。[タスクウィザード]が起動するので、[次へ]をクリックする(画面4)。

画面3[スケジュールされたタスクの追加]をダブルクリックする画面4[タスクウィザード]が起動するので、[次へ]をクリックする

一覧で[ディスククリーンアップ]を選択し、[次へ]をクリックする(画面5)。必要があればタスクの名前を変更し、タスクを実行するタイミングを指定して[次へ]をクリックする(画面6)。

画面5 ディスククリーンアップ]を選択し、[次へ]をクリックする画面6 タスクを実行するタイミングを指定して[次へ]をクリックする

タスクを開始する時間、間隔、曜日を選択し、[次へ]をクリックする(画面7)。ユーザー名とパスワードを入力して[次へ]をクリックする(画面8)。

画面7 タスクを開始する時間、間隔、曜日を選択し、[次へ]をクリックする画面8 ユーザー名とパスワードを入力して[次へ]をクリックする


[[完了]をクリックしたときに詳細プロパティを開く]をオンにして[完了]をクリックする(画面9)。[ディスククリーンアップ]のプロパティが開くので、[実行するファイル名]の項目で、クリーンアップを行うドライブ名を追加する。ここでは、Cドライブのクリーンアップをするため、「C:\WINDOWS\system32\cleanmgr.exe /d C:」と入力して[OK]をクリックする(画面10)。

画面9[[完了]をクリックしたときに詳細プロパティを開く]をオンにして[完了]をクリックする画面10「C:\WINDOWS\system32\cleanmgr.exe /d C:」と入力して[OK]をクリックする

[アカウント情報の設定]が開くので、アカウント名とパスワードを入力して[OK]をクリックする(画面11)。これでタスクにスケジュールが追加された(画面12)。指定した時間になると、自動的にディスククリーンアップが実行される。

画面11 アカウント名とパスワードを入力して[OK]をクリックする画面12 これでタスクにスケジュールが追加された

●デフラグをタスクに追加する

次にデフラグをスケジュールに追加してみよう。先ほどと同様にして[タスクウィザード]を起動し、[次へ]をクリックする。デフラグは一覧には表示されていないので、[参照]をクリックする(画面13)。「\Windows\System32\defrag.exe」を選択し、[開く]をクリックする(画面14)。

画面13 デフラグは一覧には表示されていないので、[参照]をクリックする画面14「\Windows\System32\defrag.exe」を選択し、[開く]をクリックする

あとはディスククリーンアップの時と同様にして実行するタイミングやタスクを開始する時間、間隔、曜日を設定しよう。デフラグの詳細プロパティが表示されたら、[実行するファイル名]の項目で、デフラグを行うドライブ名を追加する。ここではCドライブのクリーンアップをするため、「C:\WIMDOWS\system32\defrag.exe c:」と入力して[OK]をクリックする(画面15)。[アカウント情報の設定]でアカウント名とパスワードを入力して[OK]をクリックすれば、タスクに追加される(画面16)。これで指定された時間になると、自動的にデフラグが開始されるようになる。

画面15「C:\WIMDOWS\system32\defrag.exe c:」と入力して[OK]をクリックする画面16[アカウント情報の設定]でアカウント名とパスワードを入力して[OK]をクリックすれば、タスクに追加される

ひとつ注意すべき点は、パソコンが起動していないと、タスクに登録したスケジュールが実行されない点だ。また、別の作業をしているときに実行されると、操作が遅くなることもある。パソコンが起動していて、作業をしていない時間帯、たとえば昼食の時間などを選ぶとよいだろう。



今回紹介したディスククリーンアップやデフラグの他にも、いろいろなプログラムを登録できるので試してみよう。



■こちらもオススメ!PC 最新ニュース

いきなり画面を見られても困らない!とっさの対応術

Windows XPの起動を高速化する5つの術

大切なファイルを守れ!暗号化ツール「アタッシェケース」

XPの作業を5秒ずつ速くするワザ10連発!

【知っ得!虎の巻】バックナンバー一覧





編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス)

制作編集:エヌプラス

Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ