ITライフハック
ITライフハック

【ケータイラボ】このサイズでスマートフォン、ノキア「705NK」

昨年中に発売されそうだと予想されていたものの、結局年を越して発売になったのがノキア「705NK」である。Vodafone時代……ひとつ前に出た「804NK」が折りたたみモデルだったのに対して、今回のモデルはストレートモデルである。ウリはなんと言ってもカールツァイスレンズを使用した3.2メガピクセルのカメラである。



正面から見た705NK。2.4インチのQVGA液晶画面の下にボタンが並ぶ。ボタンは少し小さめである。





■705NK 本体紹介

まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく“約”は省略させていただいた。サイズは高110mm×幅49mm×厚19mm。重さは116g。連続待ち受け時間がW-CDMA時が370時間、GSM時が350時間、連続通話時間がW-CDMA時が226分、GSM時が246分である。メインディスプレイはTFTで2.4インチ(横240ドット×縦320ドット)、最大262,144色表示が可能だ。



背面から見た705NK。カバーをスライドさせるとカールツァイスレンズが現れる。このカバーのスライドでカメラが起動する。



メインカメラは、有効画素数320万画素のCMOSカメラで、最大記録サイズが2,048×1,536ピクセルだ。サブカメラは有効画素数30万画素のCMOSカメラである。取扱説明書では第2カメラと表現されている。



本体左側面。こちら側には赤外線ポートが準備されている。本体右側面。右よりズーム/音量調節キー、レビューキー、シャッターキーが並ぶ。



データフォルダ容量は46Mバイト。外部メモリ用のスロットが準備されていて、miniSDタイプの外部メモリーに対応している。標準で128MバイトのminiSDカードが付属している。対応は2Gバイトまでである。本体カラーはメタリック・レッド、ディープ・プラム、ライト・サンドの3色が準備されている。筆者はメタリック・レッドを購入した。



本体上部。ステレオスピーカーが配置され、真ん中に電源キーが並ぶ。本体下部。メモリーカードスロット、充電器の外部接続端子、Pop-Portコネクタ、マイクが配置されている。

■使い勝手は独特のもの

最初に見て思ったのは小さめってこと。Symbian OSを搭載したスマートフォンでこのサイズならものすごく便利。パソコンと同期がとれるだけでなく、パソコン宛に届くメールを受信することも可能だ。



また、対応しているフリーソフトをインストールすることもできるので、インターネットを利用して探してみれば、ノキアの端末だけにいろいろなソフトを探すことができる。自分にとって使いやすいソフトをインストールすることで、自分独自の端末にすることができるのである。画面は小さいけどパソコンに近いことができてしまうのである。ただし、そのように便利に使うためには、必ずパソコンが必要なので注意しよう。



パソコンにインストールして705NKと同期を取るためのソフト「Nokia PC Suite」。同期を取るだけでなく音楽データの管理やファイルの管理、バックアップなど多機能なソフトだ。画面にスケジュールが表示される。

使って最初にびっくりしたのは音の大きさ。音量の初期設定は、設定できる範囲の真ん中よりもちょっと上なのだが、それでも着信して音が鳴ると驚くほどの大きさなのである。いちばん大きくすると選択した着信音によっては音が割れてしまうことがあるようだ。しかし、音にはこだわりがあるようで、かなりキレイである。



携帯電話としての使い勝手は独特だ。これまでノキアを使ったことがないという人はかなりとまどうはずである。電源からして違うのだ。はじめてさわった人は、慣れるのにかなり時間がかかるので注意が必要。ノキアをこれまで使ってきた人には、それほどの違和感はないはず。というか、ほとんど違和感なく使えるはずである。



数字キーのまわりにもいろいろなキーがついている。クリアキーが戻る動作をしないことに最初はかなりとまどうはずだ。

ざっと使ってみて感じるのは、動作が重たいなということ。メニューを開いたりするのにもワンテンポのタイムラグがある。高機能でいろいろ使えるからとは思うものの、ちょっと気になったのである。



次のページでは、705NKのカメラ機能を見ていただこう。






■カールツァイスレンズはかなりキレイ

カールツァイスレンズを搭載し、320万画素のオートフォーカスカメラは購入前からけっこう期待していた。実際に使ってみて感じるのは、デジタルカメラとしてかなり意識して作られたってこと。カバーをスライドさせるだけでカメラ機能がオンになる。また、カバーを閉じればカメラ機能が終了する。



そして起動した際、右横にアイコンが表示され(アクティブツールバーと言う)、そのアイコンからいろいろな設定が可能。設定もナビゲーションキーのみで変更できるのが便利だ。



画面右横に表示されるアクティブツールバーはナビゲーションキーのみで操作可能。

実際に撮影したものを見て気づくのは、やはりレンズの良さ。撮影した写真の端の方でもにじんだりぼやけたりすることがなくキレイに記録されている。そして、明るいところ、暗いところも飛んだりつぶれたりするのが少ないようなのである。ただ、補正がけっこういい加減な場合があるようで、同じような条件で撮ったのに違うような色合いになることが多々あった。特に夜景などを撮影すると起きることが多いようである。



●天気のいい日に順光で撮影した写真







●屋内で撮影した写真


●接写モードで撮影した写真


●蛍光灯下で撮影した写真


●電球下で撮影した写真


●夜景を通常モードで撮影した写真


●夜景を夜景モードで撮影した写真


■Kijimoto's EYE

はっきり言ってこの705NKは使う人が限られるだろう。パソコンを持ち歩かずに仕事をしたいといったユーザーの要求はある程度達成できるが、携帯電話としてははっきり言って使いづらいと思う。操作に関しては持っていれば慣れるのでそれはいいとしても、動作の遅さ、機能が豊富なためにおこるボタン操作の面倒くささなど、どうしても気になるところがあるのだ。



最後に、ミュージックプレーヤーとして、パソコンと連携させて音楽を取り込む際だが、アーティスト名、楽曲名に全角カナがあると文字化けをすることがあるようだ。また、文字について書いたので補足をしておくと、メール時の文字サイズは変更することは不可能だ。



パソコンに取り込んだ音楽。この「Nokia Music Manager」を使って簡単に705NKに音楽を転送することができる。アーティスト名、楽曲名に全角カナがあると文字化けをすることがあるようだ。ただし、必ずではないみたいだ。メール時の文字サイズは変更することができない。





次世代京ぽんも登場!ウィルコム新製品発表会

au初のテレビ電話対応機種「W47T」

「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

これぞソニエリ!新スタイル提案でケータイが10倍楽しめる「W44S」



705NK

ソフトバンクモバイル



編集部:木地本 昌弥

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【ケータイラボ】20色のカラーバリエーション!ファッションケータイ「812SH」

「812SH」は、ファッション性を追求し、20色の豊富なカラーバリエーションを揃えた、PANTONE社とのコラボレーションモデル。発売時期は2月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。



「812SH」は、世界的な色彩規格のリーディングカンパニーであるPANTONE社とのコラボレーションにより、携帯電話業界で世界初※1となる20色のカラーバリエーションを実現した※2。しっくりと手になじむラウンドフォルムのコンパクトなボディーには、押しやすさに配慮したアークリッジキー※3を採用。さらに、本体を閉じたままでも、サブディスプレイに新着メールを3行で表示できる「メール即読機能」を搭載するなど、エレガントな外見だけでなく使いやすさにもこだわっている。



パソコン用サイトを閲覧できる「PCサイトブラウザ」や、PDFファイルなどを閲覧できる「ドキュメントビューア」、おサイフケータイとして利用できる「S! FeliCa」に対応し、便利な機能やサービスが利用できる点も特長のひとつだ。



セキュリティー対策も充実しており、第3者による携帯電話の不正利用防止を目的とした「顔認証機能」のほか、おサイフケータイを守る「ICカードロック」「電話リモートロック」「メールリモートロック」を搭載する。



本体サイズは、約49×97×17.6mm(折りたたみ時、突起部除く)、重さは、約105g。バッテリー駆動時間は、連続待受時間が約330時間(W-CDMA網)/約320時間(GSM網)、連続通話時間が約150分(W-CDMA網)/約240分(GSM網)を実現している。



※1 2007年1月25日現在(ソフトバンクモバイル調べ)。

※2 カラーバリエーションは、ホワイト、ベージュ、イエロー、ピンク、ビビッドピンク、レッド、パープル、オレンジ、グリーン、ミントグリーン、ライトブルー、ブルー、ネイビー、ブラウン、グレー、ブラック、ゴールド、シルバー、メタルブルー、パールピンク。

※3 キーを押すときの指の傾きや膨らみを考慮してUのラインを描くように膨らみをつけたキー。



ソフトバンクモバイル



編集部:関口 哲司

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ