ITライフハック
ITライフハック

発売前に徹底チェック!最速スマートフォン NTT docomo 「T-01A」のブロガー内覧会が開催

19日にNTTドコモから発表された東芝製スマートフォン「T-01A」のブロガー内覧会5月22日(金)に開催される。



今回の内覧会は、現在発売されているスマートフォン中でも最速とも評価されている「T-01A」を発売前にブロガーを対象に体験するイベントだ。



内覧会では、実機に触れるだけでなく画面キャプチャなども許可されているほか、内覧会で収集した情報は自分のブログで公開ができるためモバイル関連ブロガーにとってはデータ収集、新機種の評価など絶好のチャンスとなる。静止画のほか、動画での撮影も可能。

NTT docomo 「T-01A」横画面でのNTT docomo 「T-01A」




「T-01A」は、スマートフォン最大級の4.1インチ液晶を採用し、薄さ9.9mmを誇る。また大画面でも掲載な操作を実現する1GHzの高速CPUを搭載していることでもモバイルファンの注目を集めている。



なお、参加には事前に申し込みフォームからの登録が必要。



・主催:WindowsケータイFAN,Kzou's Diary

・協力:株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ,株式会社 東芝,マイクロソフト株式会社

・日時: 2009年05月22日(金) 19:15 ~ 21:15 (19:00 受付開始)

・参加費:無料

・申し込み条件:ブログを運営されているブロガー

ブロガー限定! NTT docomo "T-01A"内覧会

申し込みフォーム



4.1インチ大画面、1Ghz CPU搭載のインターネットケータイ「T-01A」


NERV仕様エヴァンゲリヲンケータイ 3万台限定で発進【09夏ケータイ ドコモ編】

ドコモの09夏ケータイの目玉は、エヴァンゲリヲンとのコラボレーションの「エヴァンゲリヲンケータイ SH-06A NERV」だ。



「SH-06A NERV」は、「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」の劇中でも登場するNERVの官給品をコンセプトとした特別仕様ケータイとなっている。

デザイン、パッケージは、庵野秀明監督、「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」の制作会社「スタジオカラー」が監修している。

液晶パネルを開いた「エヴァンゲリヲンケータイ SH-06A NERV」「エヴァンゲリヲンケータイ SH-06A NERV」の取扱説明書


本体はマット仕上げ、NERVEロゴはホログラム処理が施され、キー文字、サブディスプレイ表示、時計のフォントにいたるまで、こだわった作りとなっている。

内蔵コンテンツも、オリジナルキャラクターの着ボイス、キャラクターデザイナー貞本吉行氏の作画を採用したダイレクトメニューや待ち受け画面などを搭載している。また、取り扱い説明書もNERVE仕上げとするほどのこだわりぶりだ。



「SH-06A NERV」は3万台の限定販売で、うち2万台は、全国ドコモショップでの事前予約販売となる。



■主な仕様

サイズ:高さ 約 111mm×幅 約 50mm×厚さ 約 16.0mm(最厚部約 19.9mm)、重さ 約 135g

・ディスプレイ:約 3.3インチ、フルワイドVGA NEWモバイルASV

・カメラ:約 1000万画素 CCD

・外部メモリー:microSD/microSDHC

・製造メーカー:シャープ株式会社

・発売予定時期:2009年6月~7月発売予定



エヴァンゲリヲンケータイ SH-06A NERV



■もっと09夏ケータイ ソフトバンクモバイル編をみる

国内初のグーグルケータイ登場!地磁気センサーで星座も方位も一発表示

4.1インチ大画面、1Ghz CPU搭載のインターネットケータイ「T-01A」

デジカメ顔負け1000万画素ケータイ AQUOS SHOT 933SH

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ