ITライフハック
ITライフハック

【アキバ物欲】らーめん缶はおでん缶を越えるか!チチブデンキ 小菅社長がらーめん缶を語る

秋葉原に名物"おでん缶"の後継商品として期待されている"らーめん缶"。既にこちらでも紹介したが、この"らーめん缶"に、新たなる展開が起きている。おでん缶の老舗として知られるチチブデンキが"らーめん缶"の販売を開始し、自動販売機による温かい"らーめん缶"の販売も開始している。



そこで今回は、チチブデンキ 小菅社長に新登場した"らーめん缶"についての話を伺った。

写真:"らーめん缶"を手に持つ、チチブデンキ 小菅社長



●発売するや否や大ブレーク!在庫切れが続く

"らーめん缶"が登場したのは、4月1日。チチブデンキでは、手続きの関係で4月13日から販売であったが、15日の昼には完売となった。16日に再注文を出して17日に入荷したが、それもすぐに完売した。20日に入荷したぶんも、すぐに完売となるブレークぶりだ。



小菅社長いわく、「久々の大ブレーク!」と、満面の笑みを浮かべて語ってくれた。"らーめん缶"の定価は消費税込みで315円だが、実売価格で300円(税込み)で販売されている。ちなみに、次回入荷は5月下旬の予定なので、今しばらくは"らーめん缶"にお目にかかれそうもない。

写真:チチブデンキの店頭



チチブデンキが"らーめん缶"を取り扱うことになったキッカケを伺った。

大ブームを呼んだ"おでん缶"も最近では売り上げが落ち着いてきており、"おでん缶"の代わりとなる商品を模索していたという。新しく登場した"やきとり缶"もヒットしなかったことから、試しに、"らーめん缶"を扱ったところ、飛ぶように売れて瞬く間に完売の大ヒットとなったという。

"らーめん缶"は、海などのでのアウトドアでも食べることから、夏でも売り上げが伸びると期待しているそうだ。

写真:"おでん缶"と"らーめん缶"の山に囲まれる、チチブデンキ 小菅社長



小菅社長は、醤油味と味噌味の両方を食したが、どちらも思ったほど出汁が濃くなく、食べやすいという感想を語ってくれた。麺はこんにゃく麺だが、大きな違和感もないという。どちらかといえば、味噌味のほうが、こんにゃく麺をうまく中和してくれているので食べやすいそうだ。



"おでん缶"の場合、常温でも美味しく食べられるが、"らーめん缶"は温かいほうが断然美味しいという話だ。販売店では、ウォーマーで再加熱しているが、家庭であれば、缶から器に移して電子レンジで加熱したり、缶の蓋を開けて湯煎する方法が良いという。

写真:札幌らーめん缶。左が醤油味、右が味噌味



●"らーめん缶"その誕生秘話 - 麺屋武蔵 山田店長が開発

"らーめん缶"の表記を見ると、東京都千代田区飯田橋の株式会社UMAI FUが販売しているが、製造者の表記はない。小菅社長によると、新宿で行列ができる人気ラーメン店として知られている「麺屋武蔵」の山田店主が新潟地震の際に「保存食として何かないものか?」ということで、"らーめん缶"を考案したという話を聞いているそうだ。



神田旅籠町会では、"らーめん缶"ではないが、講武稲荷神社の社殿の中に、災害に備えて"おでん缶"を備蓄している。"らーめん缶"は、"おでん缶"と同じ缶詰であるので、賞味期限は3年間と長く、非常食としても十分な製品である。今回の能登地震でも、"らーめん缶"が災害地に送られたという話があるという。

写真:講武稲荷神社。石丸電気本店の裏、リビナヤマギワの前にある



●スクープ新情報!夏バージョンの"らーめん缶"が登場する可能性も!

チチブデンキでは、4月27日から自動販売機による温かい"らーめん缶"の販売を開始しているが、完売の状態でゴールデンウィークに同店を訪れる人は、自動販売機の写真を撮影して帰って行く状況が続いている。"らーめん缶"は、年齢性別を問わず、幅広い層に人気があり、お土産目的の購入も多い。"おでん缶"もそうであるが、その場で食べてみたいという人は、ファーストフード慣れした若い人に限られるそうだ。

写真:"らーめん缶"の自動販売機



"らーめん缶"の評判だが、"おでん缶"と同様にリピーターも多く、「美味しかったので、また買いに来ました」「頼まれて、また来ましたよ」といったように、2度3度とチチブデンキに足を運ぶ人が多いという。人気商品が品切れでは、遠くから来た人もガッカリさせてしまうのでメーカーに増産を働きかけて品切れを解消し、このままの勢いで販売を加速させていきたいそうだ。



小菅社長によると、UMAI FUでは、"らーめん缶"の夏バージョンを検討中とのことだ。"冷やし中華缶"か、"冷やしらーめん缶"か、どちらになるかはわからないが、夏バージョンの"らーめん缶"がこの夏の話題となるかもしれない。



■こちらもオススメ!アキバ関連ニュース

おでん缶の新たなる刺客!ついに登場した「らーめん缶」を試食してみよう

アキバ名物「おでん缶」の秘密を探る -誕生から大ヒットの売り上げまで-

物欲上昇!アキバ週末情報 -最新アキバ市況 新おでん缶とビデオカードの最前線-

パソコンしながらマッサージ!超快感USBマッサージボールで極楽生活

この指が決め手!できるハイテクビジネスマンの超効率作業アイテム"指マウス"



チチブデンキ



編集部:関口哲司

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【ケータイラボ】音楽だけでなくムービーが楽しめる映像ケータイ!「P903iX HIGH-SPEED」

映像ケータイ。また新しい名称が与えられたケータイが発売になった。ドコモから発売されたパナソニック製の携帯電話「P903iX HIGH-SPEED」(以降P903iX)がそれだ。FOMAではじめてWindows Media Video対応プレーヤーを搭載した端末である。


まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく"約"は省略させていただいた。サイズは高103mm×幅51mm×厚25mm。重さは126g。連続待ち受け時間が静止時で640時間、移動時で420時間、連続通話時間が音声電話時で180分、テレビ電話時で110分である。



正面から見たP903iX。左右非対称のアシンメトリーデザインが特長だ。

メインディスプレイはTFTで2.4インチのQVGA表示(横240ドット×縦320ドット)、最大26万2,144色表示が可能だ。サブディスプレイは有機ELで0.8インチ(横96ドット×縦25ドット)、白色一色表示である。メインカメラは、有効画素数320万画素のνMaicoviconで、最大記録サイズが2,048×1,536ピクセルだ。サブカメラは有効画素数11万画素のCMOSカメラである。



開くとこんな感じ。液晶画面はヨコ240ドット×タテ320ドットの2.4インチサイズだ。

データフォルダ容量は公表されていない。外部メモリ用のスロットが準備されていて、2GバイトのmicroSDタイプの外部メモリーに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーはプラチナとクリムゾンの2色が準備されている。筆者はクリムゾンを購入した。



本体左側面。左より、プッシュトークボタン、サイド上ボタン、サイド下ボタンが配置されている。本体右側面。左にイヤホンマイク/AV出力端子、右側下がmicroSDメモリカードスロットだ。本体下部。上側に赤外線ポート、下側に外部接続端子がある。

■ワンセグはなくとも"Windows Media Video"に対応!

何度も書くが、このP903iXにはWindows Media Video(WMV)形式のムービーが再生できるプレーヤーが搭載されている。なので、インターネット上の動画サイトで配信されているムービーを見ることができるのだ。フルブラウザを搭載しているので、PC向けに作られたサイトにあるムービーが見られるっていうのはかなり魅力を感じるはずだ。



このP903iXの発売に伴い、パナソニックモバイルでは映像を楽しめるサイト「P-Theater」を立ち上げた。まだ用意されているムービーは少ないが無料で楽しめるムービーがあるので楽しめることは間違いない。もちろんこれからムービーの数も増えていくであろうし…。また、この端末の発売と同時ぐらいに、無料で動画を配信している「GyaO」もこの端末向けに動画の配信をはじめた。「P-Theater」「GyaO」、ともに見てみたのだが、コマ落ちしたり、カクカクすることなく(時間帯によっては動画が止まることもあるが)見ることができる。いやいやすごい時代になったものだ。



パナソニックモバイルが提供している「P-Theater」。GyaOでは長時間映画の配信も行っている。

もちろん「P-Theater」や「GyaO」以外にもWMV形式の動画を配信しているサイトの動画を見ることが可能。ただ、問題もある。WMV形式で配信されているサイトはけっこうInternetExplorerと一緒に使わないと見られないっていうサイトも多いのである。たとえばMSNビデオ。こちらはInternetExplorerで見ないと見ることができないので、この端末ではムービーを見ることができなかった。もちろん現在大人気の「YouTube」もWMV形式の動画ではないので見ることはできなかった(YouTubeはflash形式)。



MSNビデオにアクセスすると、このような表示が出てビデオを見ることはできない。

このP903iXは、サイトで見られるストリーミングタイプのムービーだけでなくダウンロードタイプのムービーも見ることができる。…ということは、こちらで作成したムービーも見ることができるってこと。さっそくパソコンで録画したテレビをWMV形式に変換してmicroSDカードに保存して見てみた。ばっちりである。WMV形式に変換しないといけないという面倒臭さはあるものの、ケータイにムービーを保存して持ち歩けるっていうのはけっこう便利。



ただし、MPEG-4形式(FOMAで再生できるMPEG-4形式に限る)ならこれまでのFOMAでもムービーを見ることができたので、パソコンで動画をケータイ向けに変換するっていうような技量のあるユーザーにとってはそれほどのメリットではないのかもしれないが…。



microSDカードにWMV形式のムービーを保存しておく際に気をつけることは、決まったフォルダ内しかP903iXから見つけることができないということ。[PRIVATE] - [DOCOMO] フォルダ内に「MOVIE」フォルダを作成し、その中に保存しなければいけない。取扱説明書には「MOVIE」というフォルダ内にさらに「MVUD□□□」(□□□は001~999の3桁の半角数字)というフォルダを作成してその中に…と書いてあったが、「MOVIE」というフォルダ内なら大丈夫なようだ。また、ムービーのファイル名も「MOVIE□□□.WMV」(□□□は001~999の3桁の半角数字、拡張子はWMV以外にWMA、WVX、WAX、ASF、ASXなど形式によって違っても可)ということであったが、適当な名前でも認識されるようであった(拡張子は適当では不可)。



次のページでは、P903iXが対応している高速通信"HSDPA"について紹介していこう。

■高速通信HSDPA対応

P903iXは、下りが最大3.6Mbpsという高速通信HSDPAに対応している。なので大容量のムービーなどがサクサクと動くワケなのだが、実際にはどの程度出ているのかを計ってみた。ADSLなどもそうなのだが、HSDPAも"使っているユーザーが多いと遅くなる"という問題がある。なので、利用者の多いドコモだけに時間帯に応じてどれほど違いがあるのかを調べてみたというわけだ。



計測はブロードバンドのスピードを計測するサイトを利用して時間帯を変えて計る…という方法をとった。一回あたり続けて10回計測し、その最大速度と最低速度、平均速度を出してみた。



ソフトバンクの911T。HSDPAに対応している端末だ。

06:30計測

機種名最高速度最低速度平均速度
P903iX442.512Kbps262.382Kbps358.225Kbps
911T268.238Kbps196.055Kbps218.436Kbps

08:30計測

機種名最高速度最低速度平均速度
P903iX412.652Kbps187.441Kbps273.161Kbps
911T230.585Kbps178.662Kbps216.863Kbps

10:30計測

機種名最高速度最低速度平均速度
P903iX199.856Kbps96.755Kbps181.978Kbps
911T237.848Kbps47.758Kbps167.567Kbps

12:30計測

機種名最高速度最低速度平均速度
P903iX65.213Kbps44.401Kbps56.155Kbps
911T215.977Kbps169.280Kbps202.318Kbps

15:30計測

機種名最高速度最低速度平均速度
P903iX291.799Kbps65.516Kbps202.944Kbps
911T218.188Kbps157.313Kbps201.571Kbps

18:30計測

機種名最高速度最低速度平均速度
P903iX127.721Kbps26.959Kbps75.301Kbps
911T229.331Kbps58.905Kbps198.459Kbps

22:30計測

機種名最高速度最低速度平均速度
P903iX276.012Kbps48.711Kbps124.885Kbps
911T197.449Kbps47.222Kbps97.890Kbps

00:30計測

機種名最高速度最低速度平均速度
P903iX211.039Kbps50.303Kbps77.395Kbps
911T193.233Kbps147.591Kbps174.975Kbps

02:30計測

機種名最高速度最低速度平均速度
P903iX352.622Kbps72.625Kbps250.621Kbps
911T238.741Kbps128.554Kbps188.123Kbps

結論としては、速い時には速いが、遅いときにはかなり遅くなるっていうこと。かなりばらつきがあることがわかった。それに比べてソフトバンクの911Tはある程度安定している感じが見受けられた。これはやはり利用しているユーザー数に関係するのだと思う。場所によってもかなり違いがあるはずなので、この数値に関してはあくまでも参考としていただきたい。



次のページではP903iXのカメラ機能を見てみよう。

■カメラ機能はオートフォーカスにちょっと難あり?

オートフォーカス機能付きで320万画素で保存できるカメラを搭載しているP903iX。実際に撮影してみたが、けっこうキレイだと思う。縦画面で保存されるので縦に持って撮影することを前提としている端末だ。暗い部分が潰れやすい傾向にあるようだ。どちらかというとちょっとぼけ気味でシャープさがない印象を受けた。



いちばんの問題はちょっと暗いだけでオートフォーカスのピントが合わないこと。下記の写真で屋内で撮影した写真と蛍光灯下で撮影した写真はピントが合っていない。これは撮りたい場所を向けてシャッターボタンを押した結果がこうなったというわけ。暗い場所ではあまりにもピントがあわないので、夜景を撮影した2枚は左側の明るいところでフォーカスロックをしてから方向を変えて撮影したものである。



このように画面のどこかに明るい場所があるならそういった方法もあるが、明るいところがないような場合には、フォーカスロックもできないのでピントの合ってない写真を撮ることになるのである。夜景だと照明などがかなり明るいのでフォーカスロックがしやすいが、夕暮れとか室内とか全体的に暗くて飛び抜けて明るい場所がない場合には、まったくピントが合わないのだ。では、実際に撮影した写真を見ていただこう。



●晴天時に撮影した写真




●夕景を撮影した写真




●屋内で撮影した写真




●接写モードで撮影した写真




●蛍光灯下(左)と電球下(右)で撮影した写真




●夜景を標準モード(左)とナイトモード(右)で撮影した写真








■Kijimoto's EYE

このP903iXは、はじめ見たとき、かなり大きめで重そうと思った。確かに大きめなのだが、実際に持ってみるとけっこう軽い。なかなか持ちやすい端末だと感じた。ボタンもそこそこ大きめで、ボタン間やボタンの配置もいい感じ。使いやすい端末でもある。残念なところはちょっと液晶画面が小さいっていうこと。最近じゃ2.8インチとか3.0インチが普通になっているだけに、ちょっと小さく感じてしまうのだ。それと「映像ケータイ」って名前を付けたのだからワンセグははずさないで欲しかったなぁ。テレビが見られる上、ムービーもついてこそはじめて「映像ケータイ」だと思うのだが。



WMV形式のムービーが見られるだけでなく、iモードからダウンロードできる最大10Mバイトサイズの動画ファイルが見られるビデオクリップに対応、さらには最大20Mバイトまでの大容量コンテンツをダウンロードして見られる「P-MoviePlayer」も搭載しているってなだけに、それは筆者の高望みなのかもしれないが……。



本文では書いていないが、ミュージックチャネルにも対応しているし、SDオーディオにも対応、音楽機能もばっちり。さらにはBluetoothにも対応しているので、Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンセットでケーブルレスでムービーや音楽が楽しめる。



このP903iXは、かなり遊べる端末だと思う。ただし、このケータイを使う場合には、必ず「パケ・ホーダイフル」に加入すること。高速通信で大きなデータも扱えるので、入っていない状態で楽しんでしまった場合、かなりの金額が請求されることは間違いないからである。



最後に、メール時のフォントサイズについて。フォントサイズは「標準」「縮小」「拡大」の3通りに設定を変更可能だ。



標準縮小文字拡大



■これもオススメ!ケータイ最新ニュース

ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格"0円"の秘密とは?

二つのアンテナで感度アップ!どこでもワンセグ放送を楽しめるパナソニック「P903iTV」

国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート

新触感!au design project 第6弾を飾る「MEDIA SKIN」



P903iX

NTTドコモ



編集部:木地本 昌弥

「パソコンですぐできる写真俳句」(毎日新聞社) 「その場で解決!ファイル操作とデータ管理」(技術評論社)など50冊以上の書籍を執筆。携帯電話やパソコン、IT関連から取扱説明書まで執筆ジャンルは幅広く、ITジャーナリスト・携帯電話評論家としてテレビやラジオ、講演もこなす。詳細は、著者のホームページ「我流珍述」プロフィールページまで。



Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ