ITライフハック
ITライフハック

【気になるトレンド用語】コレなくしてネット長者になれない!SEOの秘密とは

インターネットを使用していると、人気サイトや儲かっているサイトで、よく"SEO"という言葉を見かけますよね。

ネット広告の記事や、ネットで儲けるための記事などでは、とくに多く使われているようです。



SEOは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、自分のサイトを上位に表示させる方法です。自分のサイトが検索結果で上位に表示されれば、当然サイトを訪れるユーザーは大きく増えます。お店でいえば、たくさんお客さんを呼ぶことができるので、お店も繁盛しやすくなるというわけですね。



つまりSEOは、自分(自社)のサイトを人気サイトにしたり、人気店にすることができる手法なんです。



そんなネットで人気を得たり、お金を稼げるサイトにする"SEO"ってどんなものなのか、ちょっとのぞいてみましょう。



■SEOって、どんな意味?

"検索エンジン最適化"という意味で、Search Engine Optimizationの頭文字からSEO(エス・イー・オー/セオ)と呼ばれています。

GoogleやYahoo!などに代表される検索エンジンで、検索結果の上位に表示されるよう、Webサイトを作成・修正することを指します。



■SEOは、いつから使われている?

SEOの歴史は意外と古く、検索エンジンが登場した1990年代半ばにはすでに始まっていたといわれています。日本では、2002年後半ごろから検索エンジン最適化を行う企業が登場し、本格化したといわれています。



インターネットの世界に検索エンジンが登場したことにより、個々のWebページへのアクセスが増加し、Webマスター(サイト所有者)は"検索結果"の価値を評価し、意識・注目するようになりました。そして、より高い検索結果を得るため、検索エンジンのクローラー(検索ソフト)の特徴にあわせて、高い検索結果が得られるように、自分のサイトを変更するようになりました。



当時は、メタタグ(METAタグ)などのキーワードを自分のサイトのソースに書き加えることで、検索結果を高める手法も多く利用されました。

※メタタグ:HTMLのタグのひとつで、画面には表示されず、検索エンジンにサイトの内容を指示するなどの目的で書かれるもの。



■今や、必要不可欠となっているSEO

現在では、Webサイトへのアクセス向上を支援する"SEO"を専門にする会社も登場し、WebビジネスやWeb広告などでは、SEOは必要不可欠なものとなっています。また、支援企業の登場などもあり、より高い検索結果を得るための検索エンジンのアルゴリズム分析など、検索結果の精度向上への注力も活発化しています。



現在では、SEO(検索エンジン最適化)を行わなければ、検索で上位に表示されることは難しいとまでいわれる状況となり、企業の大小に関わらずWebビジネスでの成功には必要な対策となっています。



■SEOは、どうすればいいの?

SEOを行うにはいくつかの手法があります。



・検索されやすいキーワード(名称)表記を採用します。

・検索エンジンの検索キーワードにヒット(合致・関連)するキーワードをWebページで使用します。

・ほかのページからのリンクや最適なリンクを増やします。

・HTMLでの、TITLEタグ、METAタグ、STRONGタグ、Hnタグを活用します。



■SEOでの注意:検索エンジンスパム

HTMLのタグなど、SEOを過度に行った場合、検索エンジンのインデックスから該当キーワードが削除されることがあります。さらに、ドメイン・IPアドレスの対象除外処置などのペナルティを受けるケースもあります。



一旦こうした処置を受けると、サイトへのアクセス低下と再取得のためのそれなりのコストが発生するため、注意が必要です。





■これもオススメ!最新"気になるトレンド用語"

イタイ?楽しい?あなたの知らない"腐女子(ふじょし)生活"

電光石火のゼロデイ攻撃!防御は可能なのか?

ラオウの葬儀!世紀末覇者拳王は今こそ求められている?

モバイルブロードバンドで"モバイル天国"はやってくるのか?

誰のためのデジタル著作権!"DRM"は本当に必要なのか?



SEO対策 ドットコム



Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【気になるPC】世界初!Vista新機能"SideShow"搭載のノートPC「ASUS W5Fe」

ASUSから、SideShowを搭載した世界初のノートPC「W5Fe」が発売された。SideShowとは、「SideShowデバイス」というPC本体とは別のデバイス接続して、SideShowガジェットというVista上のソフトウェアから表示を制御する機能だ。W5FeではこのデバイスがPC本体に埋め込まれた形となっており、ノートPCの液晶裏面、つまり蓋となる面に小さな補助ディスプレイを装着し、PC本体のOSが起動していなくても、SideShowに組み込まれたソフトウェアは活用できる。受信済みのメールの内容を再度確認したいときなど、SideShowの画面で内容を確認することができる。



また「ASUS W5Fe」は、SideShowにばかり目がいってしまいがちだが、ノートPCとしての品質も高い。ボディサイズは、A4程度の大きさながら、Core 2 Duo プロセッサー採用で基本的なスペックも高く、画面も明るくて見やすい。メインマシンとして利用しても遜色のない性能を備えるPCだ。

OSは、Windows Vista Home Premiumを搭載し、価格は店頭価格で225,000円前後となる。

写真:SideShow搭載のノートPC「ASUS W5Fe」



■基本性能

A4用紙より少し大きい程度のサイズのボディに、12.1型ワイド液晶を搭載する。CPUは、インテル Core 2 Duo プロセッサー T5500を採用し、メインメモリーはオンボードの512Mバイトとメモリースロットに装着された512Mバイトの計1Gバイトとなる。メモリースロットは1スロットのみとなるので、容量をアップしたい場合は、出荷時に装着されている512MBのメモリーを取り外して1Gバイトのメモリに取り替え、合計1.5Mバイトまでアップすることができる。光学ドライブは、スーパーマルチドライブを本体に内蔵する。HDDは80Gバイト搭載なので、ノートPCのHDD搭載容量としては平均レベルだろう。本体寸法は、幅305mm×奥行き220mm×高さ26.8mm(最厚部37.5mm)、重量は標準バッテリー搭載時で1.7kg、大容量バッテリー搭載時で1.9kgとなる。



バッテリーは、標準バッテリーで約1.37時間、大容量バッテリーで約2.65時間となる。バッテリー駆動時間が短いのは残念なところだが、標準バッテリーと大容量バッテリーがはじめから付属するのはありがたい。

写真:標準バッテリーと大容量バッテリーを標準添付



液晶画面上部には、1.3MピクセルのWebカメラを搭載している。メッセンジャーソフトなどでビデオチャット用のカメラとして利用できるほか、カメラ部は180度回転が可能で向かい側の被写体を撮影するなどの使い方もできそうだ。

写真:180度回転が可能なWebカメラ



■LCDカバー側に補助ディスプレイ搭載でSideShowの利用が可能

「W5Fe」の特徴といえば、なんといってもLCDカバー側に装備された補助ディスプレイで利用できるSideShowだろう。受信済みのメールの内容をOSを起動しなくてもSideShowの画面で確認できたり、音楽の再生のコントロールをすることやソリティアなどのちょっとしたゲームをこの画面で楽しむこともできる。



最初から利用できるのは音楽プレーヤー、メールの受信トレイの確認、スライドショープレーヤー、PCの状態、ソリティアが利用できる。これらは、OSと連動して利用するものと単独で利用するものがある。たとえば、音楽プレーヤーは2種類のソフトがあり、同期させてあらかじめ音楽データを取り込んでおく「ミュージックプレーヤー」とOSが起動してないと利用できない「Windows Media Player」がある。このように、活用するガジェットによって、単独で利用できたり、本体OSが起動時にアプリケーションと連動して活用できるなど、ガジェットによって違いがある。

写真:LCDカバー側に装備されたSideShow

写真:SideShowで、Windows Media Playerを操作できる



「受信トレイ」は、Windowsメールの受信トレイにあるメールを確認できるというもので、あらかじめOSを起動して受信しておいたメールなら、OSをシャットダウンしていても、SideShowの画面でメールの内容を確認することが可能になる。

写真:「受信トレイ」の画面

写真:受信トレイにあるメールを確認できる



SideShowの設定は、コントロールパネルにある「Windows SideShow」で行う。利用するガジェットの設定のほか、SideShowの画面の設定も、ここから行う。画面に表示される利用言語の設定や明るさ、画面オフの時間設定などデバイスの基本設定を行うことができる。

写真:デバイス設定の変更画面



■明るい液晶と独自の映像エンジンで画面も見やすい

ノートPCを利用する上で気になるポイントといえば、画面の見やすさだろう。長時間パソコンを使うユーザーなら液晶の見やすさによって目の疲れ具合もずいぶんと違ってくる。

「W5Fe」の液晶は、輝度を高める技術である"Crystal Shine"と、光沢液晶の技術である"Color Shine"をあわせることで、明るくメリハリのきいた画面を実現している。明るさ設定で光度を落としてみても見やすく、画面を横から見ても比較的よく見えるので視野角も問題ないだろう。

また、独自開発の映像エンジン"Splendid"を内蔵しており、映像をフレーム単位で解析し、さまざまな映像に最適な色調整を行うことが可能となっている。

写真:付属のアプリケーションで最適な画質に調整が可能



■しっかりとした作りだが、SideShowはまだまだこれから!

液晶も明るくて色合いもよく、ボディのデザインや質感も良く、それほど安っぽさを感じない。ただ、バッテリーの持続性が大容量バッテリーを利用しても約2.65時間程度と短いのが欠点だ。標準バッテリーと大容量バッテリーが標準で添付されているが、外出時にいつも両方持ち歩くのも面倒というものだ。もう1ランク上の持続時間を保てるバッテリーがほしいというのが正直なところだろう。外出先で使うことが多い使い方をするユーザーには少し物足りないかもしれない。SideShowでOSを起動せずにメールの内容を確認できる機能は、外出先でこそ威力を発揮する機能だと思うが、持ち歩きメインでの電池稼働時間を考えると少し残念だ。



また、SideShow搭載で非常におもしろいPCとなっているが、世界初だけにSideShowで使えるガジェットがほとんど出回っていないことが難点だ。現在、Microsoftのサイト「Windows Live Gallery」で、SideShowに追加できるソフトを公開しているが、1本しかサイトに登録されていないというありさまだ(4月現在)。まだ、SideShowを実装したPCがほとんどないのでガジェットの充実は図られていないが、今後、SideShowを実装したPCが普及してくれば、追加できる対応したガジェットも増えていくだろうし、そうなればSideShowの威力が発揮でされるのは間違いないだろう。



■これもオススメ!最新PCニュース

ついに登場!SideShow搭載ノートPC「ASUS W5Fe」フォトレビュー

9万円台の超軽量990gモバイル・サブノートPCが進化!工人舎「SA1F00K/R」

ワンセグも楽しめるWindows Vista搭載のコンパクトなタブレットPC「LOOX P70U/V」レビュー

なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

超低価格で手に入るお洒落なタブレットPC「HP Pavilion tx1000」



SideShow搭載ノートパソコン「W5Fe」

ASUSTeK Computer Inc.



編集部:篠崎 哲(ジャムハウス)

制作編集:エヌプラス

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ