ITライフハック
ITライフハック

【電脳遊戯X】PS2でPS3の2500%上を行け! HDD強化で快適ゲーム環境

ハードディスク(以下HDD)といえば、数年前まではパソコンにのみ使用される大容量記憶媒体だった。しかし「Xbox」を皮切りにHDDは家庭用ゲーム機でも採用されるようになってきている。1世代前のハードでは「Xbox」が8Gバイト、「PlayStation2 BB Pack」が40Gバイト、現行のハードでは「Xbox 360」が20Gバイト、「PlayStation3」が20Gバイトもしくは60Gバイトといった感じになっている。



ん!? まてよ、PlayStation3の60Gバイト以外は、PS2の40Gバイトに負けているではないか! PS2の40Gバイトが2003年6月12日発売なのに対し、その3年後に発売されたハードが20Gバイトと50%容量減とは何たることか!!



ちなみに、2006年3月にI・O DATA社から発売されたパソコン用160Gバイト外付HDDの価格が約¥28,000に対し、現在だと同価格の商品が400Gバイトになっている。パソコンが3年で2倍以上の容量になっているにも関わらず、価格で1.6倍高くなったPS3(20Gバイト)は1/2の容量になってしまっているのだ。



これでは、"龍李的"(筆者的)に安心してSONYのフラグシップ機をPS3に任せられない。というか、ことHDDに関してのみいえば、PS2でもまだまだ頑張れるハズである。



というわけで、今回はPS2のHDDを強化してみたいと思う。


【注意】

本記事内で使用する怪しげな周辺機器はすべてメーカーの保証対象外です。これらの機器を使用してゲーム機本体などが破損してもメーカー保証を受けることはできません。試したい場合はすべて自己責任でお願い致します。




■PS2がゲームのジュークボックスになる!?

さて、PS2のHDDを強化したとしても、現在のところHDD必須タイトルは「ファイナルファンタジーXI」と「信長の野望 Online」のオンラインゲーム2本のみ。これに加えて数本のタイトルがHDDへゲームデータの一部をコピーし、読込時間を短縮させるという機能を備えているが、対応タイトルは少ない。というわけで、普通に使う分にはHDDを強化してもあまり意味はない。しかし「HDAdvance」というチャイナテイストあふれる裏ツールを使えば、大容量をフルに活かすことができるのだ。



写真:PS2をゲームジュークボックスへ変える「HDAdvance Ver3.0」。お値段¥2,600ほど。



「HDAdvance」は、PS2に内蔵されているHDDへ製品ゲームを丸ごとインストールし、HDDから起動して遊べるようにできるというスーパーツールである。しかも、1本だけではなく、HDDの容量が許す限りインストールが可能。ゲーム1本あたり2Gバイトとした場合、「PlayStation2 BB Pack」でも約20本のゲームをインストールすることができるのだ。しかし、20本程度では満足できないので、さしあたって250GバイトのHDDを用意した。とりあえず、その導入までを簡単に紹介しよう。



写真:HDAdvanceの接続写真



●HDAdvanceの接続方法

1:PS2純正周辺機器のネットワークアダプタに、IDE規格のHDDを接続する。

2:ネットワークアダプタをPS2に接続する。

3:HDAdvanceを起動する。

4:HDAdvanceのメニュー画面。ゲームのインストールや、インストールしたゲームをリストから選択して遊ぶことができる。



【注意】

・手元のPS2が「PlayStation2 BB Pack」の場合は、HDDを入れる必要はない

・新しい薄型のPS2にはHDDを内蔵させることができない

・HDDはすべてのメーカーのものが対応しているわけではない

・HDAdvance未対応のゲームが何本かある




■どこまでの大容量化が可能か?

接続してから気付いたのだがマニュアルによると「HDAdvance」がサポートしているのは200Gバイトまでらしい(Ver3.0の場合)。しかし、250GバイトのHDDを普通に認識しているので、発売当時は200Gバイトまでしか検証しなかったということなのだろう。というか136Gバイト以上が認識可能ならば「BIG Drive」対応ということになるので、250Gバイトどころか500Gバイト以上だって認識可能なハズである。というわけでHDDの規格がS-ATAに移行してるにも関わらず、500GバイトのIDE規格HDDを用意してみた。



しかし、先ほどと同様にただHDDを内蔵するのではツマらない。というか、純正40Gバイトを超える容量のHDDの内蔵は、本体内での発熱に不安があるのだ。そこで、ネットワークアダプタを改造して、HDDを外付仕様に改造することにする。



写真:HDD大容量化の模様



●HDD大容量化の仕方

1:ネットワークアダプタを分解するとIDEのコネクタが見える。

2:ネットワークアダプタの外枠に穴をあけて、内側に向いているコネクタを外に向けて固定する。

3:パソコン用のHDDリームバブルケースのインナーにHDDをセット。

4:HDDリームバブルケースのアウターとネットワークアダプタを接続。インナーをアウターへセットする。なお、リームバブルケースに冷却ファンが付いているため、HDDにはPS2ではなくパソコン用の外部電源を接続した。



接続が終わったので「HDAdvance」を起動、HDDがフォーマットされた結果は……。



写真:生まれ変わったPS2の雄姿。HDDの容量はXBOX360やPS3(20Gバイト)の2500%上を行く!! しかも、リムーバブルケースのおかげでHDDの換装もラクラク!



写真:認識成功! フォーマットの関係で使用可能領域は463Gバイトだが、500GバイトのHDDがPS2で使用可能になった!! ゲーム1本2Gバイトとしても200本以上のゲームがインストール可能!



■PS2におけるHDD内蔵のメリットとオマケ

さて、シメとしてHDDを内蔵するメリットについて解説しよう。まず、いちいちゲームを入れ替える必要がなくなる。次に、ロードにおける待ち時間が飛躍的に短くなる(RPGなど読込が多いゲームほど効果は高い)。さらには、読込がHDDからになるため、PS2のピック(光学ディスクの読取装置)寿命が延びる。などなど、いいこと尽くめである。また「HDAdvance」はパソコン経由でゲームをインストールできるなど、パソコンユーザーが使えば、活用の幅が広がるようになっているのも特徴だ。とはいっても「HDAdvance」は、とっても裏チャイナな商品なので、ご利用の際は自己責任でお願いします。ではまた。



写真:コンパクトフラッシュをIDEのHDDとして認識させるボードを使って、小型静穏化に挑戦! しかし、残念ながらHDAdvanceは認識してくれなかった。



写真:今回はパソコンパーツとの合体が多かったので、パソコンのモニタとも合体。こちら「PSX VGA BOX」。お値段¥5,000ほど。



■こちらもオススメ!ゲーム関連ニュース

DSやPSPを超えるスーパーマシンだ!ゲームボーイアドバンスが大変身!?

PSPの限界に挑戦!掟破りのチャイナドーピングでDSを倒せ

急性Wii炎の次は? 現代人を襲う"現代奇病ファイル"

Wiiをワイヤレス化!快適ゲーム環境グッズを新発掘

グランツーリスモを超えた!? 『Forza2』のペイントカーに開発者も驚き



■アキバ系コラムを読みたいならこちら!

カオス通信





案内人:Jackie Lee(龍李)

プロフィール:マイナーのものをこよなく愛する自称マイナリスト。普通が嫌い、曲がったことが大好き。マニュアルは読まない、チュートリアルは嫌い、転んでも泣いたふり。失敗は成功の義母。人類皆義母兄弟。とりあえず日本人。


Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【ケータイラボ】お風呂でテレビや通話が楽しめる!ウォータープルーフ・ワンセグ「W52CA」

■濡れても大丈夫なケータイはありがたい

多機能で便利になったケータイだが、まだ困ることは多い。例えば、水洗いをしたりして手が濡れているときに電話がかかってきたときだ。そのまま電話にでることはできないので、手を拭いてから電話に出るとすでに切れているなんてことがよくあるだろう。そんなとき思うのが、ちょっとぐらい濡れてもOKなら便利なのにってことだ。



そこで登場したのが"防水タイプ"のケータイである。防水タイプのケータイは以前からあったわけだが、いまだに普及しているとは言いきれない状態で、一部の人にしか注目を浴びることがなかった感がある。



本体を閉じた状態のW52CA。サブディスプレイは準備されていないのがちょっと残念。



最近ではケータイにもワンセグが搭載されるようになり、お風呂場でゆっくり見たいとか、キッチンで家事をしながら見たいとか、川や海など水辺で見たいなどというユーザーも増えてきた。そこで防水タイプのケータイが新たにいくつか登場したというわけである。今時は、防水タイプという言い方ではなく「ウォータープルーフ」というらしいが…。今回のW52CAもそんなウォータープルーフ・ワンセグだ。さっそく購入して使ってみたので、じっくりみてみよう。



■本体のスペックは?

まずはスペックを紹介しておこう。数値につく"約"は省略させていただいた。サイズは高104mm×幅49mm×厚21mm。重さは139g。連続待ち受け時間が350時間で、連続通話時間が270分だ。メインディスプレイはTFTで2.6インチのワイドQVGA表示(横240ドット×縦400ドット)、最大26万色表示が可能だ。サブディスプレイはない。メインカメラは、有効画素数207万画素のCMOSで、最大記録サイズが1600×1200ピクセルだ。サブカメラは付いていない。



本体を開いた状態のW52CA。それほど大きなボタンではないが押しやすい方である。液晶を反転させた状態。この状態でワンセグを見たり写真を撮ったりするのが便利。



データフォルダ容量は100Mバイト(BREWフォルダと共有)。外部メモリ用のスロットが準備されていて、2GバイトまでのmicroSDタイプの外部メモリーに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーは「コライユグリーン」「プラージュホワイト」「パルミエブラウン」の3色が準備されている。筆者は「コライユグリーン」を購入した。



本体左側面。こちら側は非常にシンプルで外部接続端子と充電端子しかない。充電端子は露出しているが、このまま水に濡れても大丈夫である。端子カバーにはパッキンがあり水が侵入しないようになっている。本体右側面。左よりTV/シャッターキー、サイド決定キー、サイド上下キー、マナー/BACKキー、平型ステレオイヤホン端子が配置されている。ワンセグを利用する際のアンテナもこちら側に準備されている。本体裏面。レンズの下にスピーカーがあり、その右側に赤外線ポート、左側に撮影ライト/待受ライトが配置されている。

■便利なウォータープルーフ

このW52CAは、IPX5、IPX7相当の防水性能を持っている(旧JIS保護等級)。この防水機能が、どれくらいの性能かというと、IPX5が「内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5l/分の水を3分以上注水する条件であらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保つ」性能、IPX7が「常温で、水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保つ」性能である(どちらもauの「W52CA」のパンフレットから引用)。要は、お風呂場やキッチンなどの水回りで使って水がかかったり、水槽に落としてもOK、また雨の中、濡れながら使用しても大丈夫ってな感じだ。さらには、汚れたら軽く水洗いすることもできるというわけである。



さっそくお風呂場に持って行き、半身浴をしながらワンセグを見てみた。筆者の住居はマンションなので、お風呂が建物の中の方にある。窓もないからワンセグの受信ができないのではと思ったが、まったく問題なく受信可能であった。ただ、必ず受信できるってわけじゃないので注意は必要だ。受信できないという人は、録画予約で録画した番組を見るのがいいだろう。どちらかというとそちらの方が使い勝手がいいんじゃないかと思う。見たい番組にあわせてお風呂に入るよりも、お風呂にあわせてみたい番組を見る方が効率いいはずだからだ。



洗面所で水を流しながらワンセグを見てみた。わざわざ水を流す必要はないけど。



ちょっと思ったのは録画予約のこと。正しくいうと録画予約が問題なのではなく、パンフレットに録画予約ができることがいっさい記載されていないことだ。お風呂だけじゃなく、通勤中に見たい番組を見たりなど、録画予約はけっこう重要だし便利だと思うだけに、パンフレットに書いてないのはちょっと惜しいなって思うのである。バックグラウンド録画や外部メモリへの長時間録画(ちなみに2GバイトのmicroSDカードを利用すれば最長10時間40分録画できるのだ)などについては書いてあるのに…。



ウォータープルーフ機能で気をつけて欲しいのが、本体の各カバーはきちんと閉めておくってこと。はめ込みタイプのカバーなので、きちんとはめたつもりでも、不完全なことがあるからだ。はまっていないとそこから水が入るので要注意だ。



このように、きちんとはめたつもりなのにはまっていないってことがあるので注意が必要だ。とくにバッテリカバーのはめ忘れにはしっかり気をつけたい。



■その他の使い勝手あれやこれや

auのカシオ端末と言えばアデリーペンギンである。何通りものパターンがあって、待ち受け画面を見るのが楽しくてしかたがないっていう人も少なくない。このアデリーペンギンを見たいがためにカシオ端末を買ったっていう人もいるほどだ。今回のW52CAは、魚がモデルの「Bonite」である。ケータイを開くたびに「Bonite」がいろいろな動きで楽しませてくれるのである。もちろんアデリーペンギンも用意されているからアデリーペンギンファンは安心して欲しい。



待ち受け画面のBoniteメニュー画面のBonite待ち受け画面のアデリーペンギンメニュー画面のアデリーペンギン



この端末で、筆者が便利だなと感じたのが「しゃべるモバイル辞典」。辞書は、英和辞典、和英辞典、国語辞典、英会話とっさのひとこと辞典、冠婚葬祭マナー事典が用意されている。英和辞典、和英辞典、英会話などでは音声で読み上げる機能が搭載されているので、辞書で引いた単語の発音などがすぐわかるのはかなり便利だ。そう頻繁に使うことはないかもしれないが、いざというときに役に立つのである。



しゃべるモバイル事典



音楽機能に関しては、LISMOに対応しているだけでなく、SDオーディオにも対応している。ただし、SDオーディオを作成するためのソフトは自分で入手しないといけない。また、au Music Portで作成されたデータとSDオーディオのデータとを同じプレーヤーで聴くことはできない。起動時に「au Music Player」か「SDオーディオプレーヤー」かを選択しないといけないのがちょっと不便だ。あらかじめ、どちらかに統一しておいた方がいいだろう。



起動時に「au Music Player」か「SDオーディオプレーヤー」を選択する。パソコンにインストールした「au Music Port」。音楽だけでなくアドレス帳や予定表などの同期もすることができる。SDオーディオを利用できるソフト「SD-Jukebox」。別売なので購入しないといけない。

この項の最後に、お約束であるメールの文字サイズについて書いておこう。メール時の文字サイズの設定は「極大」「大」「中」「小」「極小」の5通りである。



極大極小

■200万画素、オートフォーカスカメラ搭載

カシオのケータイは以前よりキレイに撮影できることで知られている。CCDからCMOSに変わり、少し性能は落ちたのだが、それでもケータイのカメラとしてはけっこうキレイな部類に入ると筆者は思っている。



使っていて注意したいのは、ちょっと暗めの場所での撮影だ。シャッタースピードをゆっくりにしてキレイに撮影しようとする傾向にあるので、手ぶれしやすいのである。最近のケータイカメラのトレンドみたいになっている"手ぶれ補正機能"はついていないので、ちょっと暗めのところでの撮影は手ぶれに気をつけた方がいいだろう。では、撮影した写真を見ていただこう。



●晴天時に撮影した写真




●曇天時に撮影した写真




●屋内で撮影した写真




●マクロモードで撮影した写真




●蛍光灯下(左)と電球下(右)で撮影した写真




●標準モード(左)と夜景モード(右)で夜景を撮影した夜景




■Kijimoto's EYE

今回のW52CAは、ウォータープルーフに対応になったぐらいで、ビックリするような機能がついたわけではない。筆者はカシオの端末はけっこう熟成されていて使いやすい端末だと思うので、使い勝手が変わらない方がいいと思っている。もう少しボタンが大きくなったらいいなとか、サブ液晶がつけばいいなとか、そういう細かいところで改善して欲しいところはいくつかあるが、操作性に関しては変わらない方がいいかもと思っているのだ。



ただ、ひとつ残念に思っていることがある。それはmicroSDカードのスロットがバッテリーの裏側にあるってことだ。バッテリーをはずさないとmicroSDカードの抜き差しができないのはちょっとめんどうなのである。



ウォータープルーフ機能に関しても、ワンセグを見ないからなぁとか、お風呂でわざわざという人もいるかもしれないが、真夏の炎天下、汗がだくだく出ているときの長時間電話や、小雨が降っているときの電話など、濡れたら困る状況は、いくらでもあると思う。そういうことを考えるとウォータープルーフはアリ! だと筆者は思うのだがいかがだろうか? 使いやすく、ワンセグなどの付加機能も充実、それでウォータープルーフ、W52CAはかなりオススメできるケータイだと思う。





■これもオススメ!ケータイ最新ニュース

ケータイで音楽を聴きまくれ! ウォークマン ケータイ「W52S」

薄型ケータイは便利か?最近はやりの薄型を一気にチェック!

売れる海外ケータイの秘密!ユーザーニーズに対応できない日本

消える1円ケータイ!?奨励金モデルのからくりと転機を迎える料金体系

振って傾けて筋肉痛!楽しめるモーションコントロール搭載の「D904i」



W52CA

au



編集部:木地本 昌弥

「パソコンですぐできる写真俳句」(毎日新聞社) 「その場で解決!ファイル操作とデータ管理」(技術評論社)など50冊以上の書籍を執筆。携帯電話やパソコン、IT関連から取扱説明書まで執筆ジャンルは幅広く、ITジャーナリスト・携帯電話評論家としてテレビやラジオ、講演もこなす。詳細は、著者のホームページ「我流珍述」プロフィールページまで。



Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ