ITライフハック
ITライフハック
■編集部よりお知らせ■

8月15日および16日は更新をお休みします

招待制を棄てオープン化に向かう「mixi」 これまでの問題と今後の課題【気になるトレンド用語】

2008年11月27日、ソーシャルネットワークサービス(SNS)の大手mixiがオープン化を発表しました。

mixiの代名詞といわれていた招待制を廃止して登録制とし、利用者の年齢制限を緩和することで15~17歳でも利用できるようになります。



mixiといえば、これまで招待制を採用しており、mixi登録ユーザーから招待されない限り見ず知らずの人がいきなり利用できないことから人気を集めてきました。



招待制は、趣味・嗜好などが共通していたり、信用できる人を招くという印象があり、mixiを日本最大のSNSと成長させてきた一方で、ユーザーの趣味・嗜好があわない人や知人がいないと招待されないので参加できないといった状況も生まれていました。



mixiが招待制廃止へ 来春から登録制、年齢制限も緩和 - ITmedia



今回は、オープン化をしたmixiの抱える問題点とmixiのこれまでを振り返ってみましょう。





■mixi誕生:健全さと安全性のイメージで人気を集める

mixiがサービスを開始したのは2004年2月で、同年にはGoccoやGREEなどもサービスを開始しています。mixiという名称は、「mix(交流する)」と「i(人)」を組み合わせた造語とされています。



mixiは、安全で健全なインターネットコミュニケーション環境を提供する目的から完全招待制を採用したことで成功したといえます。

招待制とは、あらかじめmixiを利用している人からの招待を受けないとmixiを利用できない制度で、この招待制により、知人以外の見ず知らずの人や趣味・嗜好の合わない人と関わらずにユーザー間で交流できます。



また利用者の年齢制限を設け、18歳未満は利用できないとしたことも、出会い系サイト化を防ぐ対策ともなり、健全性や信頼性を高いイメージを訴求することに成功したといえます。





■揺らぐ健全性と安全性

招待制や年齢制限などにより、健全性や安全性をアピールして多くにユーザーを獲得し、日本最大手のSNSと成長したmixiですが、その健全性と安全性が徐々に揺らぎ始めます。



●成りすまし

mixiの利用者が増えるとともに経済人や有名企業の社長やタレント、芸能人まで多様な著名人も参加し、新しい交流から人気商品やブームが誕生するなど効果が生まれるようになった一方で、著名人に成りすます行為も発生しています。また当初のプロフィールには公開制限ができなかったことから、実名などを記載すると登録者に公開されていまうことから、現在ではプロフィールの公開制限ができるように改善されています。





●ユーザー同士の争い

利用者が増えると参加者同士のトラブルも多くなっていきます。

特に、ユーザー同士のコメントなどをめぐる中傷行為は、mixi内だけにとどまらず、2ちゃんねるやネットニュースサイトに取り上げられるなど、社会問題化するケースも多くなっています。



また、日記のエントリを閲覧するだけでコメントを残さず立ち去る行為を「読み逃げ」と批判しる動きがあるとニュースサイトでとりあげられるといった騒動も起きています。



「mixi読み逃げ」ってダメなの? - ITmedia



さらのmixiには、同じ嗜好の人たちで形成されるコミュニティ機能があり、情報交流やブーム発祥などを生み出していますが、運用をめぐってコミュニティの乗っ取り問題なども発生するようになっていきます。



こうしたユーザー間のトラブルが増えるとともに、mixiでの更新や活動に嫌気をさすユーザーも増えるという現象「mixi疲れ」も増えていくことになります。





●犯罪告白:クローズ環境ゆえの甘えか

mixiは、招待制というクローズ的な環境が安全性を与える一方で、外部との一定の隔たりから違法性に対しての意識が薄れることがあるようです。



mixiで最近大きな問題として取り上げられることが多くなったのが犯罪告白です。

ブログなどでは犯罪予告が問題となっていましたが、招待制というクローズ環境からか、mixi上で違法ゲーム利用や詐欺行為、盗み行為などの犯罪行為を告白する人が増えており、それがネットニュースや掲示板などで社会問題として扱われるケースもあります。





■規約改正での騒動

前述のトラブルなどのほか、規約改正でユーザー間で起きたのが「mixi規約改定騒動」です。



mixiは3月に規約改正を発表しましたが、「ユーザーのmixi日記が投稿者に無断で書籍化されるのではないか」との解釈をめぐりユーザーの反発をまねきました。mixiでは、無断で書籍化はしないという説明を発表し、条項を規約に追加しています。

規約改正は、mixiのサーバ上でデータのミラーリングなどによるサービスの維持管理が著作物の複製にあたる可能性があるなど、免責化する必要があったと説明されています。





■オープン化での懸念

今回のmixiオープン化では、参加したいくても招待されないから参加できないという人も参加できるようになったメリットはありますが、デメリットを懸念する声もあります。



・複数アカウントの所有ユーザーが増える

・低年齢層の増加

・低年齢ユーザーが機能制限を嫌い年齢詐称して登録する可能性がある



こうした懸念に対して、mixiは登録時の携帯電話認証を継続することや青少年向けのサービス強化、ユーザーサポート体制を現在の100名から200名に強化するなどしていくとしています。



■こちらもオススメ!気になるトレンド用語

アキバPC伝説の黄昏 老舗PCショップ九十九電機が倒れる

アナログなんて知らないよ! デジタルネイティブが開く時代

違法、合法どっちなの? 遂に逮捕者もでた「マジコン」

最近人気復活の“SE”って日本だけしかいないの?

話題の電脳フィギュアの「拡張現実」は、仮想現実とは似て非なる未来の技術?

気になるトレンド用語 バックナンバー

データ転送が現在の10倍に!未来の次世代インターフェイス「USB3.0」

USBといえば、パソコンの機能を拡張する定番のインターフェイス。マウスやキーボードといった操作系機器をはじめ、ブルーレイドライブやプリンターなどのパソコン周辺機器、iPodなどのポータブル音楽プレイヤーに至るまでUSBは多岐に渡り使用されている。そんなUSBの世界が大きく変わろうとしている。



インテルやマイクロソフト、ヒューレット・パッカード、NECなどの6社からなるUSB 3.0推進団体は2008年11月17日、次世代のUSB規格「USB 3.0」の仕様策定を完了。USB関連の仕様を管理する非営利組織「USB Implementer's Forum」に対し、Version1.0相当の規格書を移管したと発表した。

「USB 3.0」規格が完成――推進団体が発表 -ITmedia



そこで今回は正式発表されたばかりの新インターフェイス「USB3.0」についてみてみよう。





■USB3.0で、どうなるのか?

●USBってなに?

USBとは「Universal Serial Bus(ユニバーサル・シリアル・バス)」の略称で、パソコンに周辺機器を接続するための規格のひとつだ。





●USBの目的は?

最初のUSBは1996年、「レガシーポート」と呼ばれていたシリアル端子やパラレル端子、PS/2端子などのインターフェイスを置き換える規格として、USB1.0が登場した。当時のインターフェイスでは不可能だったホットスワップ※に対応し、USBハブを介せば最大127台の周辺機器を同時接続できる。

※パソコンの電源を入れた状態での着脱





●ファイル転送が高速に - 転送速度

USB3.0の最大の特徴はデータの転送速度が劇的に向上した点だ。現在主流のパソコンに内蔵されているUSB2.0はUSB1.0の改良版であるUSB1.1をベースに機能を拡張したものだ。USB1.1でサポートされていたlow-speed(1.5メガbps※)とfull-Speed(12メガbps)に加え、high-speed(480メガbps)に対応した。

※bps=転送速度の単位。「bps」は「ビット/秒(bit per second)」を表す。1メガbps=100万bps



USB2.0が登場した当初は480メガbpsでも十分に高速だったが、パソコンで動画を扱うのが当たり前のようになり大容量のハードディスクが安価に出回ると、480メガbpsでも遅く感じられるようになってきた。



そんなUSB2.0のhigh-speedを遙かにしのぐSuper Speed(5.0ギガbps)を追加したのが、新たに発表されたUSB3.0という訳だ。Super Speedにより、動画に代表されるディスク容量が大きなファイルであっても、理論上で最大10倍も高速に転送できるようになる。



あくまで理論値だが、フルにデータが入ったCD-ROM(約650メガバイト)をコピーする場合、USB2.0では13秒ぐらい掛かるが、USB.0は約1秒で転送できる。動画のようにディスク容量が大きなファイルであっても、転送時間は従来の1/10となる。音楽ファイルを大量に転送する場合にも短い時間で済む訳だ。





●コンセントのように電源を供給 - バスパワー

USBのもうひとつの魅力はコンセントのように電源を供給できる「バスパワー」だ。携帯電話を充電するのにパソコンのUSB端子を利用した人もいるだろう。



USB2.0では供給電圧は5V、最大電流はローパワーデバイスで100mA、ハイパワーデバイスで500mAをサポート。バスパワーにより、ノートパソコン向けのポータブルタイプのハードディスクやDVDドライブの一部は、ACアダプターなどの外部電源を必要としない。



そんな最大電流がUSB3.0では50%増やされる予定だ。今まで消費電力が大きくてACアダプターなしでの動作が難しかった一部の周辺機器もUSBケーブルを接続するだけで使えるよになる可能性が高い。





●今までのUSB機器は使えるのか? - 互換性と機能強化の仕組み

すでにUSB機器をお持ちの人がもっとも気になる点は、今までのUSB機器がそのまま使用できるかだろう。しかし、心配はいらない。



USB3.0は転送速度と電力供給能力を向上させるために端子の形状が見直され、端子の内部にあるピンの数が5本から9本に増えている。



USB2.0では、送受信のための信号線が各2本、残りひとつがグランドアースだった。USB3.0はUSB2.0のときに使用されていたピンを端子の奥に配置し、新たに4本の信号線を追加したのだ。これによりUSB3.0は従来のUSB2.0/1.1対応の周辺機器はそのままのかたちでUSBの機能自体も向上させることができた。





USB3.0への移行時期だが、2009年後半にはUSB3.0準拠のコントローラーがまず登場し、外付けのハードディスクドライブやデジタルカメラ、デジタル音楽プレイヤーといったコンシューマー向けの製品は2010年に登場する予定だ。



USB2.0によるデータ転送が遅くてイライラした経験がある人は、USB3.0がその悩みを解決する救世主となってくれることはまず間違いないであろう。





参考:

Universal Serial Bus Revision 3.0 Specification(ZIP形式)

USB 3.0 Adopters Agreement(PDF形式/英文)

USB Implementers Forum, Inc.





■こちらもオススメ!最新ハイテク講座 最新ニュース

爆速パソコンの秘密、インテルの次世代CPU「Core i7」

平面から立体へ、年賀状だけじゃない拡大する「プリンター」の最前線

便利と快適さを支える小さな巨人!SFの世界を実現化してきた「センサー」

CDから超軍事兵器まで 魔法の光「レーザー」は現代社会の必需品

スマートフォン戦国時代へ!ワンセグ・GPS・お財布にもなる「携帯電話」

【最新ハイテク講座】記事バックナンバー

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ