ITライフハック
ITライフハック

【知っ得!虎の巻】非力な性能のパソコンを快適に動かすには

Windows XPはService Pack3も公開され、より熟成されたOSになった。Windows Vistaへの買い替えを少し控えて、今使っているパソコンを使い続けようと考えている人も多いだろう。しかし、OSはより安定したものの、Windows XPが登場した頃に購入したパソコン、あるいは最近話題の一部の低価格なノートパソコンは、スペック的に非力なのも事実だ。このようなパソコンを利用している場合、動作にストレスを感じている人も少なくないだろう。



デスクトップパソコンであれば、メモリの増設やグラフィックカードの交換など、ハードウェア的な追加・変更で解決する方法もあるが、それなりの費用がかかる。また、ノートパソコンの場合は、増設が難しいこともある。

このようなときに試したいのが、[視覚効果]の設定だ。Windows XPには、より快適に利用できるようにするための視覚効果の機能があるが、これがパフォーマンス低下の要因になっている場合もある。



例えば、開いているウィンドウの位置をドラッグして移動するときに、ウィンドウ内に表示される内容は常に見えている。このとき、移動する方向に画面を書き変えながら表示を行っている。この機能をオフにし、中身を表示せずに枠だけを移動して、ドロップしたときに再表示するようにするように設定することで、表示に使われるメモリの消費も抑えることができ、それだけパフォーマンスの向上が期待できる。



そこで今回は、非力なパソコンを快適に動かすためのテクニックを紹介しよう。


■知っ得 No.0051 視覚効果を設定してパフォーマンスを向上させよう

Windows XPでは、アイコンやポインタに影をつけたり、表示をスライドまたはアニメーションさせたりするなど、視覚的な効果を与える機能が利用できる。これらの効果は見ためが楽しくなる反面、スペックの低いパソコンではこの機能がパフォーマンスの足を引っぱることがある。



とくにメモリ搭載量の少ないパソコンでは、これらの視覚効果をオフにすることでCPUの負荷を軽減でき、パフォーマンスの向上が期待できる。



設定は簡単で、[パフォーマンスオプション]ダイアログボックスの[視覚効果]タブで、4種類の設定から選べる。

設定の種類は以下の通りだ。



・[コンピュータに応じて最適なものを自動的に選択する]

コンピュータのスペックにあわせて、自動的に視覚効果の項目のオン/オフが振り分けられる。初期設定では、この設定になっている。



・[デザインを優先する]

すべての視覚効果がオンになる。見た目の効果をフルに楽しめるが、スペックの低いパソコンではパフォーマンスが低下することがある。



・[パフォーマンス優先]

すべての視覚効果がオフになる。見た目は、以前のWindows 2000のようなデザインになり、見た目はシンプルになるがパフォーマンスは向上する。



・[カスタム]

視覚効果の各項目を手動でオン/オフできる。自分の好みに合わせて視覚効果を設定することが可能。



[スタート]メニューから[コントロールパネル]を選択し、コントロールパネルから[パフォーマンスとメンテナンス]をクリックする(画面1)。[システム]をクリックする(画面2)。

画面1[パフォーマンスとメンテナンス]をクリック画面2[システム]をクリック
画面1[パフォーマンスとメンテナンス]をクリック画面2[システム]をクリック

表示される[システムのプロパティ]ダイアログボックスから[詳細設定]タブを選択し、パフォーマンスの項目にある[設定]ボタンをクリックする(画面3)。

画面3 パフォーマンスの項目にある[設定]ボタンをクリック
画面3 パフォーマンスの項目にある[設定]ボタンをクリック

デザインとパフォーマンスの設定を行う。動作パフォーマンスを軽くするには、[パフォーマンスを優先する]に設定し、[OK]ボタンをクリックする(画面4)。すべての視覚効果の機能がオフになり、シンプルな画面になる。画面は、ウィンドウを移動しているところ(画面5)。

画面4[パフォーマンスを優先する]に設定し、[OK]ボタンをクリック画面5 ウィンドウを移動しているところ
画面4[パフォーマンスを優先する]に設定し、[OK]ボタンをクリック画面5 ウィンドウを移動しているところ

そのほかにハードウェアの変更なしでパフォーマンスを向上させる手段としては、ハードディスクの最適化がある。古いパソコンの中にはハードティスクの性能が低いものも多く、さらにデータが断片化するとアクセスに時間がかかりパフォーマンス低下の要因になる。ハードディスクの最適化については、「【知っ得!虎の巻】ソフトの起動が遅くなった? ハードディスクを最適化しよう」で紹介しているので、こちらも試してみるといいだろう。



今回のテクニックは、メモリの搭載量が少ないノートパソコンなどでは、意外と効果のある設定なので、動作にストレスを感じている人は試してみるとよいだろう。



■こちらもオススメ!PC 最新ニュース

アプリの動作が固まったら、どう対処する?

アイコンを大きく表示して見やすくしたい

より使いやすく!アイコンを見やすく整理整頓

どうする?動画再生で音がでない

【知っ得!虎の巻】バックナンバー一覧





編集部:篠崎 哲(ジャムハウス)

制作編集:エヌプラス

Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.

【IT革命児】コンピューターを身近にした男!FORTRANの開発者「ジョン・バッカス」

パソコンを使っている人であれば、「FORTRAN(フォートラン)」という言葉を聞いたことがある人も多いだろう。

FORTRANはコンピューター言語のひとつで、コンピューターのプログラムの開発も躍的に向上させた言語だ。



FORTRANが誕生する以前のコンピューター・プログラミングは、機械語やアセンブラなどで組む必要があったことからコンピューターの専門家でなければプログラムを記述することができなかった。FORTRANの登場は、それまで難しかったプログラミングを理解しやすいものとし、誰でも手軽にコンピューターを扱えるようにした言語なのだ。また、FORTRANはパソコンに比べてはるかに高速な処理ができる「スーパーコンピューター(スパコン)」でも古くから使われている言語として有名だ。



このようにコンピューターの世界を大きく変えた「FORTRAN」は、アメリカ人の数学者ジョン・ワーナー・バッカス氏により開発された。彼はどのようにしてFORTRANを開発したのだろうか。



ジョン・バッカス氏が歩んだ道のりとともにFORTRANが誕生した歴史をみてみよう。


■挫折から栄光までの道のり

ジョン・バッカス氏は1924年12月3日、米国のペンシルバニア州フィラデルフィアに生まれた。



●二度の挫折を味わう

ジョン・バッカス氏は1942年、化学を学ぶためにバージニア大学に入学したが講義をさぼったことが原因ですぐに退学となってしまう。1943年、徴兵で陸軍へ入隊してピッツバーグ大学で工学を学んだ。



1945年、ニューヨークの医学校に入学するものの、医学は自分に向いていないと、同校を自ら退学する。翌年ニューヨーク市に移り住み、ラジオ・テレビ専門学校でラジオ技術者としての訓練を受け始め、数学が自分に向いていることに気づいたという。



その後、コロンビア大学に入学して1949年に同大学で数学の学士号を取得する。1950年にIBMに入社。最初の3年間は、IBMが開発した電気機械式計算機「SSEC」を使った仕事に従事する。最初に手がけた大きな仕事は月の位置を計算するプログラムを作成することだった。





●FORTRANの誕生

ジョン・バッカス氏は1953年、機械語やアセンブラによるプログラミングが難しいことから上司に高級プログラミング言語を開発するための企画書を提出する。



彼の上司はその内容を見ると、予算制限なしの開発を承諾。1954年、最初の論文「Preliminary Report, Specifications for the IBM Mathematical FORmula TRANslating System, FORTRAN.(IBM数式変換システムFORTRANの仕様に関する予備レポート)」 を発表、チームを結成してIBM 704コンピューターのためのFORTRANの設計と開発を開始する。



こうして彼のチームは1957年、IBM 704コンピューター向けのFORTRANを完成させる。FORTRANの登場より研究者は、習得が難しい機械語やアセンブラから解放され、FORTRANはIBMのコンピューターの普及に大きく貢献したのだった。





●バッカスーナウア表記法も考案

ジョン・バッカス氏は1950年代後半、ALGOLを開発した国際委員会の一員としても働いた。ALGOLはヨーロッパの研究者が中心となって開発したコンピューター言語で、アルゴリズムを記述する事実上の世界標準となった。



彼の仕事はそれだけにとどまらず、1959年にはALGOLの文法を表現するための「バッカス・ナウア記法」を考案。バッカス・ナウア記法は、今日でも拡張されながら使い続けられている。



1977年、コンピューター分野のノーベル賞といわれるチューリング賞を受賞。また1987年にIBMのフェローとなり、1993年にはチャールズ・スターク・ドレイパー賞を授与される。1991年に現役を退き、2007年3月17日 米国のオレゴン州アシュランドで82年の生涯を終えた。





このようにさまざまな業績を残したジョン・バッカス氏は、どのような思いで新しい発想を考えたのだろうか。彼はIBMの社内誌「Think」の中で、「自分の業績の多くが、自分の怠け心から生まれた」と回想。「プログラムを書くのが好きではなかったので、プログラムを簡単に書けるシステムを考えた」と述べている。



自分の弱点を克服しようと努力した結果が偉大な業績に繋がったのであろう。





参考:

ジョン・バッカス | FORTRAN | バッカス・ナウア記法 - ウィキペディア

ジョン・バッカス - コンピュータ偉人伝

ジョン・バッカス - ちえの和webページ

John Backus(英文) | John Backus(英文/PDF形式)

Can Programming Be Liberated From the von Neumann Style?(英文/PDF形式)





■こちらもオススメ!最新の革命児 最新ニュース

生きている天才の第1位 インターネットの仕組みを考案した「ティム・バーナーズ=リー」

ITベンチャーの先駆け!デルコンピューター創業者「マイケル・デル」

教育者でありジャズ演奏家!幾多の才能に恵まれたパソコンの父「アラン・ケイ」

マウスを発明した父は、パソコンを身近にした天才「ダグラス・エンゲルバート」

【IT革命児】バックナンバー一覧





編集部:関口哲司

Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ