ITライフハック
ITライフハック

【ケータイラボ】ケータイで音楽を聴きまくれ! ウォークマン ケータイ「W52S」

移動中に音楽を聴いている人って確実に増えていると思う。だって、電車の中や移動中に周りを見渡してみると、ヘッドフォンしてる人がやたらと多いもんね。どのような機器で音楽を聴いているのかもさらに見てみると、iPodを代表とするようなメモリオーディオプレーヤーを利用している人が多いようだ。しかし、最近ケータイで音楽を聴いている人が増えているような感じだ。



ケータイで音楽が聴ければ、ケータイとメモリオーディオプレーヤーのふたつを持ち歩く必要がないから絶対に便利! とこれまで何度も言ってきた。でもでも、バッテリーの問題があって、いざ電話しようって時にバッテリーが少なくなっているっていうのでは本末転倒ってもの。だから、ケータイと音楽再生用のプレーヤーは別にしているって人が多いのだと思うのである。しかし、最近では、音楽に特化したケータイ端末はバッテリーの持ちを重要視してきている。なので、ケータイで音楽を聴く人が増えているのだと筆者は考えるのである。



そんな中、auから楽曲連続再生時間が最大で110時間もあるという端末が発売になった。「W52S」、ソニー・エリクソン端末である。ウォークマンケータイという名称まで与えられているのだ。ただ、名称に関しては驚くことじゃない、以前のモデル「W42S」でも「ウォークマンケータイ」という名称がつけられていたのだから。



■まずは本体のスペックを知っておこう

まずはスペックを紹介しておこう。数値につく"約"は省略させていただいた。サイズは高108mm×幅54mm×厚19.9mm。重さは130g。連続待ち受け時間が270時間で、連続通話時間が230分だ。メインディスプレイはTFTで2.7インチのWQVGA表示(横240ドット×縦432ドット)、最大26万色表示が可能だ。スライド式なのでサブディスプレイはない。



本体をスライドさせた状態のW52S。ボタン類ははけっこう大きめで押しやすい。



メインカメラは、有効画素数201万画素のCMOSで、最大記録サイズが1600×1200ピクセルだ。サブカメラは付いていない。データフォルダ容量は2Gバイト(別途BREW用26Mバイト)と大容量。また、外部メモリ用のスロットが準備されていて、1Gバイトまでのメモリースティックマイクロと2GバイトまでのmicroSDタイプの外部メモリーに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーは「ARPEGGIO BLUE」「PIZZICATO PINK」「HARMONICS WHITE」の3色が準備されている。筆者は「PIZZICATO PINK」を購入した。



本体左側面。左上がロックキー、右上が発信/ペアキーだ。下段左より、外部メモリ挿入口、外部接続端子、イヤホン端子。本体右側面。左よりカメラキー、メモキー、マナーキー、音量キー(大/小)、早送りキー、ミュージックキー/着信ランプ、巻き戻しキーが配置されている。本体裏面。レンズとその下にフォトライト、その下に赤外線ポートがある。レンズの周りにあるのがスピーカーである。



■操作性はかなりいい。でもちょっと気になるところも

さっそく使ってみると、ボタン操作はいい感じだ。ボタンが多いのでダイレクトに利用できる機能が多いのが便利。また、ボタン類もそこそこ大きめなので押しやすい。液晶画面の下にある上下左右のクロスコントローラーの上と下がちょっと押しづらいかな…って感じだろうか。



ボタンでいちばん問題に感じたのが、"電源/終話"キーだ。筆者は電話するとき、どちらかというとスライドさせて電話することが多い。右利きなので、右手で持って通話する。そうするとちょうど親指が"電源/終話キー"の場所にあたるのである。なので、通話中によく電話を切ってしまうのである。この端末を使ってもう2週間近くなるのだが、慣れない。毎日何回か通話中に電話を切ってしまうのだ。それならスライドさせなければいい、と言われそうだがどうもクセで開いてしまうのである。まっ、左手で通話するっていう人にはまったく関係ないのだろうが…。



ボタン類はけっこう大きめ。押しやすい端末だ。発信/ペアキーと電源/終了キーがサイド側についている。押す際にちょっとワンテンポ遅れてしまう感じだ。

メニューなどを開く操作性に関しても、けっこういい感じだ。サクサク表示されるのがいい。ストレスなく操作できるのはありがたい。ただ、ちょっと気になったのはメールが貯まってきたときだ。量が増えるのだから仕方がないと言えば仕方がないのだが、メールの保存容量が増えるとメール操作時の動作が重くなってくるようである。



メールについて書いたので、メール時の文字サイズについても書いておこう。メール時の文字サイズは「最大」「大」「中」「小」「最小」の5通りである。ちょっとめんどうだなと感じるのは、メール閲覧時にサイズを変更できないこと。待ち受け画面からメニューを開き、「機能/設定」-「画面設定」-「文字サイズ」で変更しないといけない。メール閲覧時にその都度替えられるようにすればいいのに…と思うのは筆者だけではないだろう。



最大最小



■内蔵メモリは2GB、microSDにも対応しているが

さて、音楽機能について書いておこう。

まずは内蔵メモリの2Gバイトについて。2Gバイトもあるから、かなり音楽データを入れて持ち運べるため、外部メモリも買う必要もないと思っていた。しかし。SONY独自の企画であるATRAC形式の音楽データは512Mバイトしか入れることができないのだ。パンフレットや取説にはATRAC形式の音楽データは512Mバイトしか入らないとは一切書いてない。書いてあるのは「本体のデータフォルダは、ATRAC専用の領域(512Mバイト)とデータフォルダ領域(1451.4Mバイト)に分かれていて、保存領域をデータフォルダ領域のみに変更することができる」というような感じのこと。となると、ATRAC形式で音楽データをたくさん利用したい場合には、外部メモリも必要になるってわけだ。



外部メモリはmicroSDとメモリースティックマイクロに対応しているが、新たな企画であるメモリースティックマイクロは、今のところこのW52Sだけにしか対応していない(使える機器がないってこと)。なので、わざわざそれを買わなくてもmicroSDでいいや、ってことで納得していた。しかし、しかしだ。ATRAC形式の音楽データなどで、著作権保護が設定されているデータに関してはメモリースティックマイクロにしか対応していないということなのである。



左がmicroSCカード、右がメモリースティックマイクロ。



W52Sで音楽を扱うためには、auが提供している「auMusicPort」か、SONYが提供している「SonicStage」を利用する。「auMusicPort」は音楽以外に、スケジュールやアドレス帳などの管理も可能。W52Sでダウンロードした着うたやビデオクリップのバックアップもできるの便利。ただ、CDの録音などは非常に時間がかかる。「SonicStage」は、音楽データのやりとりしかできないが、録音や転送ははるかに速いというメリットがある。



auMusicPort。内蔵メモリ(データフォルダ領域)とメモリースティックマイクロ、microSDカードに対応。SonicStage。内蔵メモリ(ATRAC領域)とメモリースティックマイクロに対応。microSDカードは認識しない。

■2.0メガピクセル・オートフォーカスカメラの性能は?

auから発売されているソニエリ端末のカメラ機能は、それほど悪くないと思っている。飛び抜けてここがいい…というわけではないし、ここが絶対ダメ…ということもない。持ち歩いてさっと撮る…ということを考えるとけっこうバランスがいいカメラだと筆者は思っているのだ。



今回のW52Sに関してもやはりそれは同じ。そこそこいい感じで撮影ができていると思う。ひとつ直して欲しいな…と思うところは、シャッター音が異様に大きいこと。盗撮などの問題からシャッター音を出すのは仕方がないこととはいえ、あまりに大きいので、静かなレストランで食べたものを記録しよう…などと撮影すると、周りから注目を浴びてしまったりすることになるのである。もうちょっと小さいとありがたいと個人的には思っているのだ。さて、それでは、実際に撮影した写真を見ていただこう。



●晴天時に撮影した写真




●曇天時に撮影した写真




●屋内で撮影した写真




●マクロモードで撮影した写真




●蛍光灯下(左)と電球下(右)で撮影した写真




●標準モード(左)と夜景モード(右)で夜景を撮影した夜景






■Kijimoto's EYE

このW52Sを使って思ったのは、けっこう使いやすい端末だってこと。持ちやすいし、操作もしやすい。問題に感じたのは誤動作が多いってこと。本体の周りにボタンが多いせいか、鞄の中やポケットの中でよく動作しているってことが多いのである。



たとえば音楽が急に再生されたり(ミュージックキーの長押しで音楽の再生がはじまるのだ)、ペア機能が起動していたり(発信/ペアキーを押すと起動する)…など。ロックキーもあるのだが、ロックしていないのにロックされていたり、ロックしていたのにはずれていたり…ということも少なくない。ロックキーはスライド式なのだが、スライドさせて何秒っていう操作でなく一回スライドさせるだけでロックがかかったりはずれたりする。しかも指がすべりづらいようになっているから、鞄の中でものにあたったり、ポケットに入れる際に服にすれたり…などでロックキーが動いてしまったりするのだと思う。



ロックキー



問題に感じたのはそれぐらい。あとは、けっこう使いやすいので気に入って使っている。音楽に特化しているとはいえ、音楽を聴かないっていう人でも使いやすいケータイだと思うのである。



■これもオススメ!ケータイ最新ニュース

ケータイの常識を変える!シリーズ唯一のハイスピード携帯、ドコモ"N904i"の真価

2in1でドコモの反撃はあるのか? 2007年夏モデルにみるドコモの可能性

日本のケータイビジネスはぬるい?激烈な海外の新製品発表競争と格差

安全対策は万全か?各社の"子ども用ケータイ"を総チェック

追撃する"au"と"SoftBank"!夏モデルの"オススメ機種"を探せ!



W52S

au



編集部:木地本 昌弥

「パソコンですぐできる写真俳句」(毎日新聞社) 「その場で解決!ファイル操作とデータ管理」(技術評論社)など50冊以上の書籍を執筆。携帯電話やパソコン、IT関連から取扱説明書まで執筆ジャンルは幅広く、ITジャーナリスト・携帯電話評論家としてテレビやラジオ、講演もこなす。詳細は、著者のホームページ「我流珍述」プロフィールページまで。



Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【アキバ物欲】メイドさんはアキバの達人!萌えるメイド店&アキバ初体験ツアー

旅の醍醐味は、その土地の名所を巡ったり、名物の食べ物に舌鼓をうったり、お土産を選んだりすることだろう。初めて訪れる観光客にとって旅の頼りとなるのは、名所を紹介するガイドやパンフレットだが、いざ、現地に来てみると、道に迷ってしまうことも多い。"秋葉原無料案内所"のように旅先で案内所を尋ねる方法もあるが、初心者にとって、もっと簡単は方法は名所を巡って案内してくれる観光ツアーだ。



そこで今回は、メイドさんがアキバの名所を案内してくれる、萌えるメイド店&アキバ初体験ツアーを紹介しよう。


■アキバ初体験ツアーとは?

アキバ初体験ツアーとは、イーグル観光が企画し、アキバガイド.ドットコムがツアー協力をしているアキバの名所を巡るガイドツアーだ。アキバを熟知したメイドさんが話題のメイドカフェからディープなスポットまでを案内してくれるのだ。

料金は、2,980円(税込み)。ツアー時間は、約2時間。料金には、メイドカフェ体験(1ドリンク付)やおでん缶も含まれる。ツアーは、前日までの予約制だが、当日でもツアーの予定が入っていなければ、柔軟に対応してくれる。



ツアーは、アキバ初心者向けの基本コースを定めているが、2時間のツアー時間内であれば、お客さんの好みに合わせてカスタマイズができる。たとえば、フィギュア、アニメ、ラジコン、1日だけのメイド体験など、グループごとに柔軟に対応してくれる。



基本コース

ゲーマーズ本店 - ラジオ会館(ホビーの殿堂)- 万世橋 - 中央通り - ツクモロボット王国 - アキバ系衣装屋さん - おでん缶(チチブデンキ)- 中古PCパーツ街 - メイドカフェ(休憩)-ガチャポン館 - 秋葉原UDX(アニメセンター)



アキバガイド.ドットコムのスタッフによると、アキバの名所は"秋葉原無料案内所"でも案内しているが、「一緒にまわってほしい!」というお客さんの要望に応え、2006年7月よりアキバ初体験ツアーを開始したそうだ。イーグル観光との共同企画で、万が一のトラブル発生にも保険がおりるので安心だ。ツアー同行スタッフは、女性。服装は、洋服・スーツ・メイド服の3種類から選択できるが、過去に1度だけスーツがあったほかは、すべてメイド服が希望されているそうだ。また、海外の旅行客に対しては、あらかじめ予約をもらえば、英語とロシア語、日本語をしゃべれるロシア人のスタッフが対応してくれる。リピーターのお客さんが多く、1回目とは違う場所を希望されたり、別のお客さんを連れてくることもあるそうだ。



■メイドさんとアキバを堪能しよう

今回の取材で同行させて頂いたお客さんは、学生時代の友人4人組で、"アキバ初体験ツアー"をインターネット上で知り、そのままネットで予約したという。明るく活発な人たちで、取材や写真の顔出しにも快く応じて頂いた。「メイド喫茶で、ビールが飲みたい!」ということで、ツアーのルートは下記のように決まった。



ゲーマーズ本店 - ラジオ会館「ホビーの殿堂」- 万世橋 - 中央通り - 武器屋 - メイド喫茶「Cafe Cute-M」- おでん缶(チチブデンキ)- ROBO SPOT - ガチャポン館 - 秋葉原UDX(アニメセンター)



15時15分、出発時刻より15分遅れで、スタート地点のゲーマーズを出発。最初に向かった場所は、ラジオ会館「ホビーの殿堂」で、「フィギュアが見たい!」とのリクエストから同館2階のフィギュアコーナーに立ち寄ったのち、個人が売りたいものを陳列する「レンタルボックス」でフィギュアを堪能した。その後、万世橋で「秋葉原」の名前の由来をメイドさんから説明してもらう。「火事と喧嘩は江戸の華」というように火事の多かったアキバに、明治時代、火除けの秋葉大権現を勧請し、鎮火神社として祭ったという。当初は、"鎮火原"と呼ばれたが、鎮火神社が秋葉神社と改名され、"秋葉原"と呼ばれるようになったそうだ。

「レンタルボックス」のお店を出てきたところ万世橋から神田川を眺める
「レンタルボックス」のお店を出てきたところ万世橋から神田川を眺める

次に向かった名所「武器屋」では、メイドさんから勇者の心得を伝授してもらう。続いてメイド喫茶「Cafe Cute-M」へ。涼宮ハルヒのコスプレをしたメイドさんがビールを運んでくれる。ご主人様は、ツアーのメイドさんにお酌を頼んでみたが、そこは「ご主人様の自立をうながすためです」と、受け流される一幕もあった。

「武器屋」の店内では、西洋の甲冑が見られる「Cafe Cute-M」では、涼宮ハルヒのコスプレをしたメイドさんがビールを持ってきた
「武器屋」の店内では、西洋の甲冑が見られる「Cafe Cute-M」では、涼宮ハルヒのコスプレをしたメイドさんがビールを持ってきた

アキバの名所といえば、チチブ電機の「おでん缶」ということで、メイドさんからおこづかいをもらい、自動販売機で温かい「おでん缶」を購入する。「お箸がない!」とのご主人様に、メイドさんは、正しい「おでん缶」の食べ方を教えてくれた。食べ方としては、「おでん缶」を開けて、コンニャクに挿してある串を使い、おでんを食べるそうだ。ここでも「ビールが飲みたい!」とのご主人様の要望で、メイドさんはビールを買いにコンビニへ。ご主人様は、おでんとビールを片手に、路上で盛り上がったのはいうまでもない。

自動販売機のおでん缶を自動購入するためにメイドさんからお小遣いをもらう「おでん缶」のおでんをビールのつまみに、ご機嫌のご主人様ご一行
自動販売機のおでん缶を自動購入するためにメイドさんからお小遣いをもらう「おでん缶」のおでんをビールのつまみに、ご機嫌のご主人様ご一行

メイドさんが次に連れて行ってくれた名所は、二足歩行ロボットを操作できる「ROBOT SPOT」。ご主人様にロボットの操縦方法を伝授! アキバのメイドさんは、機械にも強いようだ。その後に向かった「ガチャポン館秋葉原店」では、ご主人様はガチャポンに夢中。その後、予定になかった2階のフィギアショップも堪能した。

「ROBO SPOT」では、二足歩行ロボットでサッカーを楽しんだ「ガチャポン館」に連れて行かれるご主人様
「ROBO SPOT」では、二足歩行ロボットでサッカーを楽しんだ「ガチャポン館」に連れて行かれるご主人様

ツアーの最後は、出発地の「ゲーマーズ本店」に戻り、メイドさんから記念撮影の写真をもらって終了。今回のツアーでは、時間が全体的に押し気味になり、秋葉原UDX(アニメセンター)はまわれなかったが、念願だったメイド喫茶でビールを飲むことができ、ご主人様は、メイドさんとの楽しい思い出を作ることができたようだ。



料金:大人1名2,980円(税込み)/小人1名2,480円(税込み)

最小催行人数:2名

旅行企画:イーグル観光株式会社

ツアー協力:アキバガイド.ドットコム



■こちらもオススメ!アキバ最新ニュース

【アキバ物欲】ストップ・ザ・熱暴走!「ノートパソコン用クーラー」

【アキバ物欲】何かお探し物ですか? ご主人様!メイドさんが教えてくれる"秋葉原無料案内所"

【アキバ物欲】ハプニング続出!"よゐこ"のアキバ系ラジオ番組-ガンダム声優の関 智一氏も登場

【アキバ物欲】究極の接客業を目指す!メイドさんのメガネ屋さん

【アキバ物欲】いつでもどこでもメイドさん!「萌えサウンドロップ」がブレイク中



イーグル観光

アキバガイド.ドットコム



編集部:関口 哲司

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ