ITライフハック
ITライフハック

【世界のモバイル】オリンピック間近 北京のネット環境は意外と大丈夫

まもなく開催される北京オリンピック、日本から観戦に行く人も多いことだろう。さて海外に行く際に気になることの一つは現地の通信環境ではないだろうか。旅行中とはいえ仕事やプライベートのメールチェックやBlogの更新など、現地でも日本と同様にインターネットアクセスしたいと考えている人もいるだろう。今回はオリンピックが間近に迫った北京でのインターネットアクセス環境を紹介しよう。




■多くのホテルがブロードバンドに対応

 日本では高級ホテルのみならずビジネスホテルでもブロードバンド環境を備えたホテルが増えている。特にリーズナブルな料金の全国チェーンホテルなどは最初からネット環境完備、利用無料を謳い文句にしているところも多い。日本国内の出張ならば今では旅先でのネットアクセス環境に悩むことは皆無に近いのではないだろうか。



 では海外での環境はどうだろうか? 特に中国と聞くと何となく「古いインフラ」、「不自由な環境」というイメージを持っている人も多いのではないだろうか。しかし実情はというと、これがかなり進んでいるのだ。北京でも一流ホテルはもとより、ビジネスホテルや格安ホテルでも部屋にブロードバンド環境を備えたホテルが増えている。特に最近中国でも増えている格安ホテルチェーン(ホテルよりワンランク下の「イン/賓館」と呼ばれる)は、全店が無料でインターネット環境を備えているところも多い。これらのホテルは建物もここ数年で建てられたものが多いため、設備は値段相応で質素ながら清潔感がある。日本の海外ホテル予約サイトでもこれらのホテルを扱っているところもあるようだ。試しに北京のホテルを探してみると、3,000円前後の格安宿でもホテル設備に「インターネット接続設備」と明記してあるホテルが多いことに驚くだろう。もちろんこれらの設備は電話回線ではなくブロードバンド回線だ。



 ホテルの部屋に電話回線があれば、ノートPC内蔵のモデムからダイヤルアップでネットにアクセスすることもできる。しかし部屋にモジュラージャックがなかったり、電話回線の質が悪かったり、そもそもダイヤルアップでは速度が出ない。北京でネットアクセスを考えるならばブロードバンド接続を提供しているホテルを選んだほうが懸命だ。

 また古いホテルの場合はあとからブロードバンド回線を増設したところもあり、この場合は回線状況が思わしくないこともある。このあたりはホテルの予約サイトの「宿泊者の声」などを参考にしておいたほうがよいだろう。なおLANケーブルは備え付けの場合が多いがプラグが破損している場合もある。フロントに言えば交換してくれるが、念のため自分でも1本ケーブルを持っていったほうが安心だ。

「如家快捷酒店」「速8酒店」など、中国全土に店舗を持つ格安ホテルチェーンはほぼ全店にブロードバンド環境が整っている。なおホテル提供の地図は大雑把なものが多いので、予約の際は別途WEB上の地図などを参照して実際の位置を確認したほうが無難だ。駅のすぐそばと思ったら徒歩15分、なんてこともある。




■北京のスタバで無料でネットアクセス

 もしも不幸にしてブロードバンド設備のないホテルに泊まってしまった場合、あるいは外出中にどうしてもインターネットにアクセスしたい場合はどうしたらよいだろうか?

 北京にも最近は無線LANのホットスポットが増えている。ただし中国網通など固定電話事業者などがサービスを行っているため「有料、要契約」のものが多く海外からの旅行者などは利用できない。

 しかしレストランやファーストフード店によっては無線LANサービスを提供しているところもある。うれしいのは北京にもあるスターバックスだ。全店無料で無線LANを開放しておりコーヒーを飲みながらちょっとした仕事を片付けることも可能だろう。速度も1Mbps前後は出るので通常の利用には問題ないだろう。



 気になる中国の情報統制だが、海外のWEBサイトによっては中国からアクセスできないページもあると言われている。筆者が試した限りでは、日本の主要サイトは問題なくアクセスすることができた。保証することはできないが「ネットにつながったものの、何も見ることができない」という状況ではないようだ。

レストランによっては無料で無線LANを提供しているところもある。簡体字中国語の意味は「無線上網服務」=無線インターネットサービス、である。北京のスターバックスも無線LANは無料だ。ノートPCや無線LAN内蔵スマートフォンを持っていれば自由にネットアクセスできる。




■ノートPCユーザーにはパケット通信対応データカード

 移動中やどこでもノートPCからインターネットにアクセスしたい、という人にお勧めなのがパケット通信に対応したデータカードだ。日本の携帯電話も最近では海外で利用できるものも増えており、それをノートPCにつないでモデムとしてインターネットにアクセスすることができる。しかし海外での利用は別課金となるため、数ページのWEBサイトを見るだけであっという間に数千円の課金になってしまうこともある。そのため頻繁にインターネット接続を利用したいならパケット通信に対応した現地のデータカードを購入するのも手だ。



 パケット通信対応のデータカードはパソコンショップなどに売られている。とはいえ北京市内でパソコンショップを探すのは一苦労かもしれない。そうであれば市内からタクシーで20分くらいかかるが(地下鉄は現在工事中)、北京の秋葉原と呼ばれる「中関村」の電脳街へ行くのが手っ取り早い。コンピューター関係の大型ショッピングセンターが多数立ち並んでおり、ビル内にはパソコンやデジカメなどの専門店が多数入っている。それらの中でPCカードを扱っており、「EDGE」、「GPRS」のようにパケット通信に関係した表示をしている店であればデータ通信カードが販売されている。



 パケット通信対応データカードは通信方式により2種類の製品がある。EDG/GPRSE方式対応と、CDMA2000方式対応のものだ。形状はPCカードタイプのほか、USBタイプもあるので好みのものを選べる。なおデータカードを購入しただけでは利用できないので同時に「データ通信専用のプリペイドSIMカード」を購入し、データカードに装着して利用する。このプリペイドSIMカードは音声通話はできないが、パケット通信は「定額」、使い放題で利用できる。どちらも同じお店に一緒に売られているので同時に購入可能だ。また利用時には開通作業が必要だが、お店のほうでやってくれる。お店の店員さんは慣れているので、こちらが外国人とわかれば筆談などで対応してくれるはずだ。購入時にはデータカードのドライバが中国語対応のみのものもあるため、海外メーカーのカードを買うか、中国製のものなら購入時にパッケージ内の説明書を見せてもらうのがいいだろう。



 費用はデータカードが300-500元、SIMカードが33か月有効で300-400元くらい。日本円にすれば1万円弱の初期投資でいつでもどこでもノートPCからネットアクセスが可能となるわけだ。データカードは中国のほかの都市でも(EDGE/GPRSタイプなら同方式を採用する他の外国でも)利用できるので、将来他の都市を訪問するときにも利用できる。



 このように北京のインターネット接続環境は意外と整っている。電話線のモジュラージャック変換プラグの心配をしたり、日本の携帯電話を使って高いローミングパケット代を払う必要もなさそうだ。北京に行く際は安心してノートPCを持っていけるだろう。

CDMAやGPRS、このような表示を掲げているお店にパケット通信対応のデータカードとプリペイドSIMカードが販売されている。PCカード型やUSBタイプなど様々なデータカードが販売されている。プリペイドSIMカード(パッケージ写真)は有効期限別に価格が数タイプあり、有効期限内の利用は無制限。




■これもオススメ!海外モバイル通信コラム

世界最大のケータイ市場はメーカー乱立 - 中国携帯電話最新事情

海外でのケータイの使い方!GWの海外旅行には携帯電話を持っていきたい

モバイルブロードバンド(HSDAP)が実現するメーカーの海外進出

iPhoneで人気の「タッチパネル」はケータイを変えていくか

日本メーカーの活路は海外にあるか? 拡大する世界の携帯電話市場

【世界のモバイル】記事バックナンバー



山根康宏

著者サイト「山根康宏WEBサイト」

Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.


【ケータイラボ】ドコモが目指すWindowsケータイの未来形「F1100」

NTTドコモは、これまで法人をメインに展開してきたWindowsケータイ(スマートフォン)のコンシューマ市場への参入を開始した。

Windowsケータイは、OSにWindows Mobileを採用し、高速な3Gデータ通信をサポートする高機能モバイル端末で、3G通信のほかにも無線LAN、Bluetoothなど多様な通信機能とPC互換のブラウザ、MS Officeや動画データなど、パソコンライクのインターネットとマルチメディアデータを扱える次世代ケータイだ。



海外などではスマートフォンは、高性能ケータイとして市場を形成しているが、日本ではウィルコムがPHS網を利用したW-ZWRO3シリーズを展開、次いでソフトバンクもHTC社製端末を中心にコンシューマ市場での展開を強化してきている。そんな中、法人向けサービス中心だったドコモがようやく個人市場へも参入した。



後発にみえるドコモだが、実は前述の2社よりも、Windows Mobileとの関係は長い。元々ドコモはWindows CE(Windows Mobileの前身)時代より、ハンドヘルド端末や手帳型端末などを個人市場に提供している。特にハンドヘルド機では、モバイルギアやシグマリオンシリーズなど人気の名シリーズを数多く排出しており、Windows Mobileについての潜在的に高いノウハウを有しているといってもよいだろう。

F1100 クローズ状態F1100 オープン状態




そのドコモが、ついにウィルコム、ソフトバンクのWindowsケータイ追撃に法人向けとともに個人向け市場も視野に入れて送り込んだのが富士通製端末のF1100だ。



今回はこのF1100をみてみよう。



■F1100本体

F1100は、高さ112mm×幅51mm×厚さ16.9mm、重さは約134gと、一見してiモードの通常ケータイと遜色のないサイズを実現している。

搭載OSは、Windows Mobile 6 Standardでありタッチパネル液晶対応版ではないことから、画面を直接タッチして操作することはできないが、一般のケータイになじんでいる人には、こちらの方がなじみやすいだろう。



小型化を実現している大きな要素は、キーボードを縦スライド式で内蔵している構造だ。これまでのスマートフォンでは、パソコン同じQWERTYキーボードを横スライド式や本体下部への配置で搭載することが主流だったことから、通常のケータイより若干大きめになることが多かった上、キーボードを利用する際に端末を持ちかえなければならなかった。F1100では、搭載キーボードをケータと同じダイヤルキーを採用することで、片手でキーボードの開閉と文字入力、ダイヤル発信が可能となっている。

スライドを閉じたF1100スライドを開いたF1100




F1100左からF1100右から




■キーボード部はスライド式

F1100の操作キーをみてみよう。スライドキーボードを閉じた状態では、Windows Mobileの操作キーが配置されている。



中央にマルチカーソルキーがあり、上部はアプリケーションの割り当てられてるワンタッチキーが4つ用意されている。十字キーの左右にはソフトキー、その下は左にホームキー、右にメール・ブラウザキー、その下が左に発信、右に着信キーが備わっており、中段のキー配列は通常のスマートフォンと同じだ。ただ、マルチカーソルキーの下に大きめのバックキーが配置されており、画面タッチできない分の操作の戻しがしやすくなっている。



Windows Mobile 6 Standardは、画面からのダイレクト操作ができないことから、メニューや機能をキーを使って順送り・逆送りの操作が多くなるのだが、バックキーが使いやすくなっていることで操作性を向上させている。



内蔵されているダイヤルキーは、ケータイユーザーにはなじみのあるダイヤルキーだ。

スライドの開閉もがたつきもなく片手でも確実でスムーズな開閉ができる。

スライド式のキーボード内蔵キーボードはダイヤルキー




■背面

背面をみてみよう。

F1100の背面は、前面の光沢仕上げとは異なりつや消しでモールドが刻まれており、手のひらでのホールドを確実にする配慮がされている。



背面には上部にFOMAアンテナが内蔵されており、背面表面には、カメラ、マクロ切り替え、カメラライト、スピーカー、指紋センサーが搭載されている。

前面とは質感が異なる背面背面上部にはカメラと指紋センサー




■側面

側面をみてみよう。

左側面には、MicroSD、イヤホンマイク端子を備える。

右側面には、サイドキー、キーロックキー、パスワードマネージャキーを備える。

左側面右側面




MicroSDMicroSD




■バッテリーとSIM

背面下部にはバッテリーとSIMスロットが備わっている

背面下部のカバーを外すとバッテリーが顔を出す。バッテリーを外すと、左上部にSIMスロットが備わっている。F1100の連続待受時間は約350時間、連続通話時間は約190分、充電時間約150分となっている。

背面のカバーとバッテリーを外したところSIMスロット




■操作画面はシンプルで合理的

F1100の操作画面は、画面からの直接選択ができないぶん、メニューの流れがわかりやすい合理的なメニューとなっている。

ダイレクトに機能をショートカットして選択はできないが、順送り・逆送りしながらメニューを展開できるため、誰でも扱えるメニューとなっている。



TODAY画面は、ケータイライクに日時がわかりやすいデザイン。ヘッドメニューには通信状況、フッタメニューにはワンタタッチキーのアプリケーション4つとソフトキーというWindows Mobileらしいメニューが表示されている。

スタート画面は、機能とジャンルごとにわかりやすくまとめられている。

TODAY画面スタート画面




設定画面では、Windows Mobileの設定が行える。Standard版ということもあり、タブで分類されてなく1レイヤーのページ送りで設定項目が選べるようになっている。

管理画面では、SMS問い合わせやタスク管理が選択できる。

設定画面管理画面




ビジネスツールは、スケジューラ、ToDOなどが分類されている。生活ツールはWindows Liveやメモ帳など各種ユーティリティツールがまとめられている。

ビジネスツール画面生活ツール画面




電話画面では、通話履歴や連絡帳(アドレス帳)などがまとめられている。画像とビデオではカメラ関連の管理ができる。

電話画面画像とビデオ画面




■ケータイを目指すWindowsケータイF1100

Windowsケータイは、これまでスモールコンピューター的な要素がモバイルマニア層に受け入れられたことで人気を獲得し、一定のシェアを伸ばしてきた。しかし、パソコン的には高機能であってもケータイとは異なる操作やデザインからケータイユーザーへの訴求が十分にできていなかったことが課題であった。ドコモのF1100は、ケータイ的な操作やデザインを意欲的に導入することで、Windowsケータイと一般のケータイの違和感を減少させることに成功した端末といえるだろう。



既存のWindowsケータイユーザーにとっては、物足りなさも感じるかもしれないが、Windowsケータイ初心者には、違和感がなくケータイから移行しやすい端末となっている。



F1100には、ドコモが目指すWindowsケータイへの回答が明確に現れているといってよいだろう。



F1100 スペック

F1100 - NTTドコモ



■これもオススメ!ケータイ最新ニュース

SIMロックフリーの実用ケータイ!スマートフォン「HTC P3600」

アイディア満載!SIMロックフリーのスマートフォン「HTC Advantage X7501」

ソフトバンクはスマートフォンを変えるか? X02HTデビュー

【ケータイラボ】記事バックナンバー

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ