ITライフハック
ITライフハック

表計算ソフトを極めて、デキるビジネスマンになろう!【知っ得!Excel 虎の巻】

マイクロソフトの表計算ソフト「Excel」は、データを集計したり分析するのに便利なアプリケーションだが、ちょっとした使いこなし方がわからずに、悩んだ経験をお持ちの方もいるだろう。



ところが、そういうものに限って人に解決策を聞いてみると、意外と簡単だったりするものだ。テレビのパソコン教室のコマーシャルにもあったが、Excelが使いこなせるだけでデキるビジネスマンに見えるから不思議だ。



そんなExcelで知っておくと役に立つ技を紹介するコーナーが「知っ得!Excel 虎の巻」だ。便利な技の数々を振り返ってみよう。




ウィンドウを分割!離れたセルを同時に見るワザ

Excelで大きな表を作成した場合、画面に入り切らないセルはスクロールさせて見ることになる。

その際、困るのが離れたセルの比較だ。一つや二つのセルを比べるくらいなら、さほど手間もないが、複数の離れたセル同士を比べるとなると、やっかいだ。何度も画面をスクロールさせる必要があり、非常に面倒だ。こういった離れたセル同士を見比べる際に便利なテクニックを紹介しよう。




もう面倒!表をコピーしたらセル幅が元に先祖帰りしちゃった

Excelでは、表の項目を見やすく整えるためにセルの列幅を変えることがよくある。ところが、コピーした表の列幅が元に戻ってしまった。そして再び列幅を調整する羽目になった……こんなことはないだろうか? そこで、整形した表をそのままコピーするワザを紹介しよう。




面倒な罫線入れもこれで解決!罫線を自動で入力させるワザ

Excelを使っていて、きれいな表をつくるには罫線は欠かせない。しかし、この罫線を入れる手間がかなり面倒だ。

はやくExcelデータを提出しないといけないのに、罫線をいれる時間が足りないなんて経験はないだろうか。そこで、面倒な罫線を簡単に入れられるワザを紹介しよう。




驚くほど簡単!表全体の罫線を一気に削除する技

マイクロソフトの表計算ソフト「Excel」を使っていると、たまに「これは、どうやるだ?」「いつもと違う設定になっちゃったけど、どう戻せばいいの?」とか、操作に悩むケースが意外と多いが、解決方法を知ってみると、意外と簡単だったりするものだ。そこで、仕事でいつも使う「Excel」の知っておくと便利な技を紹介しよう。




列幅違いの表もキレイに印刷!知ってれば役立つコロンブスの卵な技

表を印刷する用紙に合わせて縦に並べるないといけないのに、並べ方がわからなくて悩んだ・・・。そんな経験はないだろうか?簡単なテクニックさえ知っていれば、列幅の異なる表を縦に並べてキレイに印刷することができるのだ。まさに「コロンブスの卵」のように……。今回は、そんなテクニックを紹介しよう。




計算結果だけをコピーしたい!意外に知られてないコピペの技

セルに数式が含まれている場合、セルの値をコピーしようとすると数式がコピーされてしまって、計算結果がコピーできない。ひとつやふたつであればメモ帳とかにコピーして値だけを表に貼り付け直すといった力業もできるが、複数となると面倒なだけなく時間がかかる。そこで、計算結果だけをほかのセルに貼り付ける技を紹介しよう。

今の選挙は時代遅れ ネット選挙にすればいい! 堀江貴文氏が日本の選挙を一刀両断

総選挙が目前に迫るなか、株式会社ニワンゴは2009年8月14日、都内 秋葉原の「UDX GALLERY」において、株式会社ライブドア元代表取締役CEO 堀江貴文氏らが出演したMIAU主宰シンポジウム「インターネットと選挙・政治を考える」を開催した。



インターネットの普及が進む中、政治家がインターネットを通じて政策をアピールする機会がふえている。

先の米国大統領選では、バラク・オバマ氏がインターネットを駆使して大統領選挙を勝ち抜いたことからもインターネットでの政治活動の重要性が高まっている。



すでに日本でもブログやTwitterを活用して情報発信や有権者との対話を進めている議員が増えており、今後の日本においてもネットと選挙・政治の関わりが深くなっていくものと推察される。


■ネットの議論が政治に反映されるか疑問 - 堀江氏

本シンポジウムでは、「“個人献金を集める仕組み”、“世論を吸い上げるメディア”としてのインターネット」といった視点から、メディアジャーナリスト/MIAU代表理事 津田大介氏を司会進行役として、株式会社ライブドア元代表取締役CEO 堀江貴文氏をはじめ、慶應義塾大学教授 岸博幸氏ら、多様なパネリストによる熱い議論が交わされた。

自らの選挙を振り返る、株式会社ライブドア元代表取締役CEO 堀江氏


パネリストによる自己紹介では、堀江氏は、「いくら知名度を持ってしても亀井さんに負けてしまう。インターネットを使って本当に票の掘り起こしができるのか、(ネットで)議論されていることが実際に政治に反映されるのかというところに関して疑問を持っている。」と、自らの選挙活動での体験を通した意見を明かした。



「政策表明手段と選挙の歴史」と題したディスカッションでは、津田氏が日本の選挙の歴史を軽く振り返ったあと、「次期衆院選の比例代表で投票しようと思う政党」のアンケート結果を公表した。

ドワンゴによるネット入口調査日経新聞の世論調査(8/4~6)


ドワンゴによるネット入口調査では自民党が40%、民主党が31%であったのに対し、日経新聞の世論調査(8/4~6)では民主党が43%、自民党が26%という全く逆の結果となった。



アンケートに詳しい統計数理研究所データ科学研究系教授 副所長 田村義保氏によれば、日経新聞の世論調査は固定電話がある家庭に対してのアンケート結果であり、ネット入口調査のサンプリングとは異なるうえ、ネットを使わない高年齢層の方が多い可能性があるという。つまり、サンプリングの違いがそのまま調査結果の違いに表れたというのだ。



ニコニコ動画の生放送では、リアルタイムでのアンケートが可能ということで、試しに「今回の選挙で政権交代は起きると思いますか?」とのアンケートを実施。結果は、起きると思うが50.7%、起きないと思うが31.6%、わからないが17.7%となった。



■ネット投票にすればいい - 堀江氏

「公職選挙法とネットの話」と題したディスカッションでは、 岸博幸氏は、現在の公職選挙法は古いことを指摘。それに対して 堀江氏は、



「インターネット選挙についていえば、公職選挙法で改正すべき点は2つあると思う。ひとつは公示日以降にブログなどのネットを通じた政治活動が全くできない。これはまったく時代遅れだと思うし、今すぐ変えて欲しい。ただ、それはすぐ変わりそうな気がする。



もうひとつ大事なポイントは、インターネットで投票できるようにする。投票に行く人たちは、高年齢者の人が多い。たとえば、東京に出てきている大学生は、(投票のために)住んでいない場所に行かなければならないのは、どうにかして欲しい。ネット投票にすればいい。」と、いかにも堀江氏らしいコメントを述べた。

インターネット選挙について語る、堀江氏


今回のシンポジウムは1時間30分の予定だったが、パネリストの議論がつきることがなく、司会者の津田氏が仕切るかたちで幕を閉じた。衆議院選が終わったあとに見えてくる部分もあるので、また機会があれば改めてディスカッションを行いたいとのことだ。





「ニコニコ動画(ββ)」

株式会社ニワンゴ

MIAU



MIAUの眼光紙背

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ