ITライフハック
ITライフハック

【気になるトレンド用語】ウィキペディア改ざん騒動の原因"WikiScanner"ってなに?

インターネットでわからないことがあったときに役立つのがネットの百科事典"ウィキペディア(Wikipedia)"です。ウィキペディアは、インターネットを利用する人全てが平等に使えるだけでなく、多くの人たちが情報を登録してきたことで、できあがっています。



まさに善意の象徴ですね。ところが、最近、このウィキペディアの情報が企業や官公庁が自分たちの都合で編集・改ざんされているという事実が発覚し、大変なショックを巻き起こしました。

ただ、ウィキペディアは元々誰でも内容を編集できますが、どうして勝手な編集だとわかったのでしょうか?



今回は、"ウィキペディア"改ざん騒動を起こした原因"WikiScanner"についてみてみましょう。



■WikiScannerってなに?

WikiScannerは、カリフォルニア工科大学情報工学専攻のバージル・グリフィス(Virgil Griffith)氏によって開発されたツールがWikiScannerです。



WikiPediaは誰でも編集可能ですが、情報を編集した際にパソコンのIPアドレスも記録されています。WikiScannerは、WikiPediaに残されたIPアドレスを逆たどることで、企業や官公庁などのパソコンから編集されたかわかるようになっています。



IPアドレスは、インターネットに接続しているすべての端末に割り当てられている番号で、パソコンのインターネット上の住所ともいえるものです。個人のパソコンの多くは接続するたびに異なったIPアドレスが割り当てられますが、官公庁や企業などの大きな組織では一定の範囲のIPアドレスが利用されています。



つまり、記事の当事者に都合の悪い箇所の改ざんや敵対者への誹謗中傷などの編集が、企業や官公庁のパソコンからされたものかどうかがわかってしまうわけです。



バージル・グリフィス氏は、こうした改ざんをインターネットユーザーが厳しくチェックできるようにとWikiScannerを公開されたそうです。英語版に加え、ドイツ語版と日本語版も公開しています。



■WikiScannerの使い方は?

1. 調べたい組織のドメイン名を調べます。

2. WHOISのサイトで調べたい組織のドメイン名を入力します。

3. 表示されたドメイン情報の中からOrganizationの項目に表示されている英語の組織名を選択してコピーします。

4. WikiScannerを開いて"その組織を特定する"の"名前:"の項目に貼り付けます。

5. "私の被害者"のボタンをクリックします。

6. 該当組織のIPアドレスが表示されますので、調べたいIPアドレスにチェックをつけて"WikiPediaの編集をご覧ください"のボタンをクリックします。

7. チェックをつけたIPアドレスの編集履歴の一覧が表示されます。

8. 表示されているタイトルを手がかりに"diff"の数字をクリックすると具体的な編集履歴が表示されます。



もっと手軽にWikiScannerを試したい場合は、"ユーザーから提供された組織"のリストから気になるものを選択すれば、編集履歴の一覧が表示されます。



■官公庁や企業による編集が話題に

官公庁でも宮内庁が"天皇陵"に関する記述から一部を削除した例がありますが、農林水産省のガンダムに関する編集などが知られています。履歴をよく見ますと、冨野由悠季さんの作品が好きなのでしょうが、職場からすることではないですね。

もっとも、年金問題に揺れる厚生労働省内部から民主党の代議士への中傷などは編集問題の深刻な一面をのぞかせています。



農水省職員らウィキペディア書き込み 「ガンダム」に260件も

朝日からウィキペディア修正820件! 厚労省の8倍の仰天事実

NHKで「ネット私的利用」横行 次々ウィキペディア修正

総務省や文科省もWikipediaを編集していた 「WikiScanner」日本語版で判明



■WikiScannerが記事と組織を守る

ウィキメディア財団の名誉理事長であるジミー・ドナル・ウェールズ(Jimmy Donal "Jimbo" Wales)氏は、WikiScannerについて「すばらしい…気に入った。このツールはWikipediaにおける加筆者の情報をこれまで以上に得られる。俺はこんなツールを待っていた!」と絶賛しています。

このWikiScannerを使ってユーザーが編集内容を監視することで、ウィキペディアの正当性と中立性が保たれていくだけでなく、企業や官公庁などの組織にとっては恥ずかしい編集の抑止力となるでしょう。



ウィキペディアは、"Wikipedia:自分自身の記事をつくらない"を熟読して利用していきたいものですね。



WikiScanner - Wikipedia



■こちらもオススメ!気になるトレンド用語

買うモノから使うモノへ ソフトウェア革命「SaaS」を知ろう

"犯罪に繋がるネットワーク? 闇の職業安定所

ニコニコ動画が育ての親「初音ミク」って何か知ってる?

Twitterは楽しすぎる?ハマり過ぎには、ご注目!

プッシュとプル?携帯電話とパソコンのメールは違うの

気になるトレンド用語 バックナンバー


【気になるトレンド用語】買うモノから使うモノへ ソフトウェア革命「SaaS」を知ろう

最近ネットのニュースで"SaaS(サーズ)"という言葉が踊るようになってきました。パソコンのソフトウェアに関する用語のようですが、なんのことだかわかりませんよね。



この"SaaS"は、パソコンのソフトウェア革命ともいわれている新しい形のソフトウェアなのです。なんでも、わざわざパソコン店にいかなくてもソフトウェアが使えるという"SaaS"。



今回は、そんな新時代のパソコンソフトの"SaaS"をみてみましょう。



■SaaSとは

SaaS(サース)は、Software as a Serviceの略で、ソフトウェアをパッケージ商品ではなく、サービスとして提供する新しい形態のことを指します。



今までのパソコンソフトは、パッケージのCD-ROMやダウンロードしたプログラムをパソコンにインストールして使いますが、SaaSではソフトがインターネット上に用意されており、ユーザーはインターネットを介してソフトを使うことができます。つまり、面倒なインストール作業などが要らなくなるというわけなのです。

Software as a Service - Wikipedia

SaaSとは 【Software as a Service】 - 意味・解説 : IT用語辞典



■SaaS(サース)の生い立ち

SaaSの始まりは、1990年頃に登場したASP(Application Service Provider)と言われています。ASPとは、サーバーのソフトウェアをインターネット経由で利用し、使った分の料金を払うというサービスでした。各方面で期待され、多くの業者が参入しましたが、当時の一般的なインターネット回線は低速で操作性は決してよくなかったことや、ASPが快適に使えるほどの高速回線は高額だったために期待された割には普及しませんでした。また、当時のASPはカスタマイズもできなかったため、提供される機能のみしか使えなかったことも利用されなかった原因と言われています。



そうして時は流れて、インターネットが高速なブロードバンド環境が普及し、ASPも進化して開発すら可能なSaaSが登場するに至ります。こうして使うユーザーや企業のニーズにあわせて機能の追加や既存のシステムとの連携もできるようになったSaaSは、低コストで利便性の高いソフトウェア環境をユーザーに提供できるようになったのです。



■SaaS(サース)のメリット

ユーザーにとっては、これまでのパッケージソフトウェアでは使わない機能まで搭載したソフトを購入させら、パソコンにインストールしなければなりませんでした。SaaSであれば、ソフトはインターネット上にあり、機能も必要な機能だけを利用できるわけです。また、ソフトを購入したり、インストールしたりする手間が不要となりますので、使いたい時に登録するだけで素早く利用することができます。



最近問題となっているセキュリティや品質の問題も、SaaSの提供元がソフトウェアのバージョンアップや不具合、セキュリティ対策を一括して管理してくれるので、ユーザーがいちいちアップデートするといった手間も不要となるのです。



■SaaSってどんなソフトがあるの?

SaaSで有名なものというと、Google Appsなどがあります。Google Appsは、オンデマンドで表計算や文書作成などののOfficeソフトウェアサービスを提供しています。同じくオフィスソフトウェアでは、ThinkFreeが日本国内でソースネクストとパートナー契約を結び、日本語版の「ThinkFree てがるオフィス」ベータ版を公開しています。



このほか、米アドビ システムズでは、動画編集ソフトウェア「Premier」のSaaS版「Premier Express」(ベータ)をYouTubeなどにすでに提供しており、続いてオンライン上で画像編集が行えるソフトウェア「Photoshop Express」を提供予定です。また、スカイコムはPDFに変換できるサービス「NinjaPDF for AppExchange」を提供するなど、各社がこぞって参入を進めています。



最近では、こうした流れにMicrosoftもついに重い腰を上げて対応に乗りだしてきています。KDDIと提携し、PCや携帯電話で同社の電子メール、企業内文書管理などのサービスを提供する動きをみせています。



近い将来、Microsoft OfficeがSaaSで提供される日もひょっとしたら来るかもしれませんね。



[CNET Japan] 「数年後、MS Officeの市場独占は消える」--ThinkFreeのCEO

NEC、エンタープライズ2.0対応の新StarOffice発売

SaaS版Photoshopのスクリーンショット公開

スカイコム、SaaS型超高速PDF変換サービス開始

KDDIとMSが法人向けSaaSで提携



■こちらもオススメ!気になるトレンド用語

犯罪に繋がるネットワーク? 闇の職業安定所

ニコニコ動画が育ての親「初音ミク」って何か知ってる?

Twitterは楽しすぎる?ハマり過ぎには、ご注目!

プッシュとプル?携帯電話とパソコンのメールは違うの

アナログ放送終了まであと4年!「地デジ難民」は救済できるか?

気になるトレンド用語 バックナンバー




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ