ITライフハック
ITライフハック

アナログなんて知らないよ! デジタルネイティブが開く時代【気になるトレンド用語】

世代の壁を超えて時代は流れていきます。1980年代後半から1990年代前半に登場したインターネットは、今や世界中に普及しています。



こうした中、生まれながらにインターネットやパソコンのある生活環境の中で育ってきた世代が世界に増えてきました。人は彼らを「デジタルネイティブ」とよび、次世代を担う人々とみています。



今回は、そんなこれからの時代を担うデジタルネイティブについてみてましょう。





■デジタルネイティブとは

詳細な年代は特定されていませんが、インターネットが登場した以降に生まれた世代を「デジタルネイティブ」と呼ぶことが多いようです。つまり、子供の頃からインターネットが存在し、使ってきた年代・世代ということです。



インターネットの誕生をTCP/IPの仕様から定義された1983年とすれば25年、1990年のWWWシステムの確立とすれば18年となりますので、25~18歳未満の人が「デジタルネイティブ」世代といえそうです。





■デジタルネイティブの特徴は?

デジタルネイティブ世代は、生まれたときからインターネットやパソコンなどのデジタルな環境があり、それ以前の世代のようにアナログからデジタルへ移行した世代とは、デジタル環境に対する認識が異なるという指摘があります。



デジタルネイティブ以前の世代では、アナログをデジタルに置き換えて理解しますが、最初からデジタル環境の中で育った世代は過去のアナログ環境の感性や習慣などの影響を受けないと言われています。





■デジタルネイティブの語源

最初にデジタルネイティブという言葉を用いたのは、ガードナー社のピーター・ソンダーガード氏といわれています。



ピーター・ソンダーガード氏は、生まれながらにITに親しんでいる世代を「デジタルネィティブ」、それ以前のITを身につけようとしている世代を「デジタル・イミグレイト」と定義し、「デジタルネィティブ」は新時代の人類とも語っています。



「デジタル・ネイティブを意識したIT戦略が急務に」、米ガートナー リサーチ部門最高責任者のピーター・ソンダーガード氏 - ITPro





■ネットに抵抗感をもたないバランス感覚

デジタルネィティブの特徴としては、インターネットサービスへ抵抗がなく、積極的の利用する点にあります。ネットオークションでも気になる商品は購入し、気に入らなければ直ぐに販売するなど、販売と購入バランスが良い点が指摘されています。



デジタル・ネイティブ層は「どんどん買ってどんどん売る」 - @IT





■10年後はデジタルネィティブの世界?

デジタルネィティブは、今後10年で消費者としてだけではなく、社会に進出して企業内の中核に入り込み旧時代のシステムを変換していくとも期待されています。従来の孤立したシステムから一般参加型への変革に業界も期待しているようです。





■あなたのデジタルネイティブ度は?

2008年9月、NHKスペシャル「デジタルネイティブ ~次代を変える若者たち~」でも特集され話題にもなりました。

また、NHKサイトでは「デジタルネイティブ度チェック」も公開されていますので、興味のある方は、ご自分のデジタルネイティブ度を調べてみてはいかがでしょうか。



デジタルネィティブ - NHK





■こちらもオススメ!気になるトレンド用語

違法、合法どっちなの? 遂に逮捕者もでた「マジコン」

最近人気復活の“SE”って日本だけしかいないの?

話題の電脳フィギュアの「拡張現実」は、仮想現実とは似て非なる未来の技術?

はてなブックマークが変わる!そもそもブラウザのお気に入りと何が違うの?

Skype、Yahoo!、Windows Live Messenger、人気インスタントメッセンジャーの光と影

気になるトレンド用語 バックナンバー

平面から立体へ、年賀状だけじゃない拡大する「プリンター」の最前線【最新ハイテク講座】

一年も押し迫ってくると訪れる年末の一大イベントといえば、年賀状だ。今年もまた年賀状に追われる季節がやってきた。



昨今では、“年賀はがき”でなく携帯電話やパソコンのメールで新年のご挨拶を済ませる人もいるご時世だが、やはり新年の挨拶は“年賀はがき”でという人は多いようだ。アイシェアの調査によると、2008年の年賀はがきを出した人は70%。年代が上になるほど、出した人の比率は高くなっている。



イラストや文字入りの“年賀はがき”もデパートやコンビニなどで売られているが、オリジナリティを出すためにはやはり自分で作る必要がある。そんな“年賀はがき”を作成をするうえで無くてはならないものがプリンターだ。

最近のプリンターは、高画質なだけでなくパソコン不要で誰にでも印刷できたりと、大きく進歩している。



そこで今回は高画質化・多機能化が進むプリンターの、誕生から現在までを迫ってみよう。




■プリンターの歴史とテクノロジーの進化

現在、プリンターとよばれているものは、コンピューターやメモリカードなどのデータメディアから情報を受け取り印刷を行う周辺機器だ。



●世界で初めてのプリンターとは?

世界初のプリンターには諸説あるが、初めて実用化したパソコン用プリンターはエプソンの小型軽量デジタルプリンタ「EP-101」とされている。



ちなみに「エプソン」という名称は「EP-101」に由来する。「EP」の子供たち(SON)のような製品群を世に送り出したいという想いから、1975年、「エプソン」というブランドが誕生した

エプソンブランドとは - エプソン





■プリンターの種類とその技術

プリンターにはどのような種類があるのだろうか。代表的なプリンターとその技術を簡単にまとめてみた。



●ドットインパクトプリンター

縦横に細いピンを並べて、インクを吸着させたリボンにピンを叩きつけて印刷するプリンター。個人向けプリンターの先駆けとして登場したが、宅配業者の複写用紙への重ね印刷ができることから今日でも根強い人気がある。





●インクジェットプリンター

現在主流の個人向けプリンターの一角を占めるのが「インクジェットプリンター」だ。「インクジェットプリンター」は文字通りにインクを噴射する方式のプリンター。ごく最近の技術のように思われがちだが、英国の物理学者ケルヴィン卿※が1867年にインク滴に対する荷電実験を行ったことが起源とされる。

ウィリアム・トムソン氏



「インクジェットプリンター」はポンプからインクを吸い出してノズルから連続的に放出させる。このときにヘッド(超音波発信器)によって微小な液滴になり、電極によって電荷が加えられると、必要に応じて偏向電極で軌道を曲げられて紙面に到達する。軌道が曲げられなかったインク滴はインキ回収口に入り、インクタンクに戻される仕組みだ。





●レーザープリンター

会社でよく使われているプリンターが「レーザープリンター」だ。レーザープリンターはコピー機の原理を応用したものだ。帯電させた感光体にレーザー光を照射してトナー(顔料粉末)を付着させ、用紙に転写したあとで熱や圧力をかけて定着させる。この原理から乾式電子写真方式とも呼ばれる。





●昇華型プリンター

デジタルカメラで撮影した写真をプリントするのによく使われるのが「昇華型プリンター」だ。「昇華型プリンター」はインクに熱を加えて昇華させる方式をとる。熱量を細かく制御してインクの量を調整できるので、写真に近い画質を得ることができる。





■プリンターも3次元に対応

プリンターといえば、紙などの平面や曲面への印刷機と思われがちだが、最近では、2次元から3次元の世界へと、その用途は広がりを見せつつある。



●フィギュアもプリンターで作る時代へ

3次元ソフトを手がけるDICOはカラーデザインの展示会「COLOR SESSION 2008」にも模型を製作できる3次元プリンター「ZPrinter 450 System」を出品して話題となった。



「ZPrinter 450 System」はパソコンから転送された3次元モデルのデータを元に立体模型を作れる。具体的には、石膏の粉にインクと接着剤を吹き付けて3次元の模型を製作する。携帯電話の形状を確認したり、中空な形状の建築物の模型を造ったり、医療器具メーカーではカスタムメイドのインプラント用のマスターとしても活用されている。

フルカラー3Dプリンタ、さらに大きな模型も可能に 「ZPrinter」新製品 - ITmedia

3Dプリンター Z Series - 株式会社DICO





プリンターは文字を印刷するための道具として登場したが、今日ではコピーやファックス、スキャナー、ネットワークなどの機能を内蔵した製品が増えてきた。ハイテク技術の進歩にともない、プリンターは今後も多機能化の一途をたどっていくであろう。





■こちらもオススメ!最新ハイテク講座 最新ニュース

便利と快適さを支える小さな巨人!SFの世界を実現化してきた「センサー」

CDから超軍事兵器まで 魔法の光「レーザー」は現代社会の必需品

スマートフォン戦国時代へ!ワンセグ・GPS・お財布にもなる「携帯電話」

低価格で小型なEee PCで人気復活! 仕事の相棒「ノートパソコン」

ハイビジョン対応へ、どこまで進化すのか「レコーダー」

【最新ハイテク講座】記事バックナンバー

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ