ITライフハック
ITライフハック

【アキバ物欲】ストップ・ザ・熱暴走!「ノートパソコン用クーラー」

本格的な夏が到来した。夏の暑さは、人間だけでなく、パソコンにも過酷なものだ。とくにノートパソコンは、デスクトップパソコンに比べ、内部に空間的な余裕が少ないため、熱がこもりやすい。エアコンが効いている部屋で使っていてもかなり本体の発熱は鰻登りだ。もし、エアコンがない部屋で使用した場合には、熱暴走でハングアップするという最悪の事態も起こりうる。



そこで今回は、ノートパソコンの加熱を防止する「ノートパソコン用クーラー」を紹介しよう。


■ノートパソコン用クーラーの種類と特徴

ノートパソコン用クーラーは、ノートパソコンの加熱を防止するために開発された熱対策の周辺機器だ。クーラーの種類としては、下敷きタイプとファンタイプ、ヒートシンクタイプの3種類に大別できる。



●下敷きタイプ

下敷きタイプは、文字通りにノートパソコンの下に敷くかたちのクーラー。素材の違いで、金属タイプとゲルタイプの2種類がある。

金属タイプは、昔からあるタイプのクーラーで、ノートパソコンの熱を、熱が伝わりやすい金属の板で逃がしてやるというものだ。このタイプは、ノートパソコンを上に置いた際に、キーボード全体に適度な傾斜が付き、キーが打ちやすくなるという利点もある。

金属タイプの冷え冷えトルネード「ELECOM SX-A4F」6,980円(税込み)ノートパソコンのキーボードに適度な傾斜が付いて、キーの入力環境が改善される
金属タイプの冷え冷えトルネード「ELECOM SX-A4F」6,980円(税込み)ノートパソコンのキーボードに適度な傾斜が付いて、キーの入力環境が改善される

ゲルタイプは、ノートパソコン用のアイス枕。ノートパソコンを長時間使用した際に生じるパソコン内部の熱をアルミフィルムと内部の冷却ゲルで吸収する。

ゲル冷却タイプの「冷え冷えシート」A4版1,880円(税込み)シートの内部に冷却用ゲルがあり、熱を吸収し、拡散する
ゲル冷却タイプの「冷え冷えシート」A4版1,880円(税込み)シートの内部に冷却用ゲルがあり、熱を吸収し、拡散する

●ファンタイプ

ファンタイプは、外部から空気を取り込み、ノートパソコンの熱を冷ます。ルーパーとフィンが可動するタイプでは、風向き調整が可能で冷却効果をアップできる。

ファンタイプ「冷え冷えトリネード」2,980円(税込み)内部には、風向きを調整できるルーパーとフィンが見える
ファンタイプ「冷え冷えトリネード」2,980円(税込み)内部には、風向きを調整できるルーパーとフィンが見える

●ヒートシンクタイプ

ヒートシンクタイプは、ノートパソコン用クーラーとしては新しいタイプだ。プラズマディスプレイの放熱対策にも使用されている特殊放熱版をノートパソコンの底に貼ることで、パソコンの熱を机に逃がしてくれる。粘着性パッドなので、すぐに装着できるうえ、外出先でも使用できるのが利点だ。

ヒートシンクタイプ「冷え冷えパッド」1,180円(税込み)セッティングは、ノートパソコンの底に貼るだけの手軽さだ
ヒートシンクタイプ「冷え冷えパッド」1,180円(税込み)セッティングは、ノートパソコンの底に貼るだけの手軽さだ

■クーラーの効果は、どれぐらいか?

ノートパソコン用クーラーは、どれぐらいなのだろうか? ノートパソコンの底面における温度変化を調べてみた。今回、実際に使用したノートパソコンは、松下電器産業のLet's note Y4で、CPUに低電圧版Pentium M 773-1.3GHz、1Gバイトのメモリーと60Gバイトのハードディスクを備える。エアコンの効いている部屋で、室温は24度。ノートパソコン用クーラーには、ジェルタイプ「放熱マット」を使用した。



Let's note Y4に「放熱マット」を敷かないで3時間以上使用した場合、ノートパソコンの底面の温度は、49.9度にも達した。「放熱マット」を敷くと、1分後で44度まで下がり、5分後で43.8度、10分後で44.4度と、何も対策をしない場合と比べて5度以上の差が出た。

Let's note Y4で、底面の温度を測定する温度計によると、底面の温度は49.9度にも達した
Let's note Y4で、底面の温度を測定する温度計によると、底面の温度は49.9度にも達した

ハードディスクなどの電子部品は、温度が上がると、故障率も高くなるといわれている。夏こそ、熱対策グッズで、ノートパソコンの熱暴走を未然に防止し、パソコンの寿命を延ばしてみては如何だろうか。



■こちらもオススメ!アキバ最新ニュース

【アキバ物欲】何かお探し物ですか? ご主人様!メイドさんが教えてくれる"秋葉原無料案内所"

【アキバ物欲】ハプニング続出!"よゐこ"のアキバ系ラジオ番組-ガンダム声優の関 智一氏も登場

【アキバ物欲】究極の接客業を目指す!メイドさんのメガネ屋さん

【アキバ物欲】いつでもどこでもメイドさん!「萌えサウンドロップ」がブレイク中

【アキバ物欲】外国人・コミケ族にも大人気!アキバ唯一の「カプセルホテル」



■取材協力:パソコンショップ東映



編集部:関口 哲司

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【ケータイラボ】薄型ケータイは便利か?最近はやりの薄型を一気にチェック!

ワンセグ搭載、音楽機能搭載、大画面液晶搭載など、携帯電話はますます高機能化していく傾向にある。機能が豊富になれば自ずとサイズは大きく重くなるのはしかたがないこと。第2世代では小型化、軽量化といった波があったのだが、第3世代ではそのような流れは忘れられた感じがある。しかし、今年になってから、薄型で軽量のケータイがいくつか発売され、それが人気を集めている。



ただ、キャリアによって薄型に対する考え方は、かなり違うようだ。発売されている端末を個々に見ていくとそれがわかる。ドコモやSoftBankは機能をある程度抑えても"とにかく薄いタイプ"という端末をラインナップに揃えているが、auは、高機能を捨てず、機能を抑えてまでもという端末は発売していない。



今回は、筆者の購入したケータイを中心に、NTTドコモとSoftBankから発売されている"薄型ケータイ"を紹介していこう。



■NTTドコモ

●薄いのに長持ちバッテリー!「N703iμ」




折りたたみタイプの世界最薄モデルとして発売されたのが"N703iμ"である(2007年1月16日のデータ)。このあと紹介するP703iμとは兄弟機ということになる。



まずはスペックを紹介しておこう。数値につく"約"は省略させていただいた。サイズは高103mm×幅49mm×厚11.4mm。重さは90g。静止時の連続待ち受け時間が690時間で、移動時が500時間。音声通話時の連続通話時間が200分で、テレビ電話時が135分だ。



メインカメラは、有効画素数130万画素のCMOSで、最大記録サイズが1280×960ピクセルだ。サブカメラは有効画素数33万画素のCMOSカメラである。外部メモリ用のスロットが準備されていて、2GバイトのmicroSDタイプの外部メモリーに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーは「レッド」「ブラウン」「グリーン」の3色が準備されている。



実際に使ってみて感じたのはバッテリーが長持ちすることだ。"薄い=バッテリーが持たない"という印象があっただけに、ちょっとビックリである。カタログの数値でも、他のドコモ端末と比較しても、待ち受け時間・通話時間ともに充分長いのである。



液晶画面の裏側(ケータイ本体の上面)には、通常ならあるはずのサブ液晶がついていない。その代わりに7×7のLEDが発光して、時間やメールの到着を知らせてくれるようになっている。ただ、電話やメールが誰からかなどは分からない。筆者のように、メールが届いたり、着信したとき、見る前に誰からなのか確認するような習慣がある人には、ちょっと不満かもしれない。ただ、この端末のデザインにサブ液晶が付いていてもちょっと違うかなという印象ではある。



触っていて感じたのは、ヒンジだ。開いたときはかなりしっかりとしているのだが、閉じたときにはちょっとぐらつきがある。手で握って持ち歩くということが多い筆者だけに、握ったときに多少気になった。ただ、ひどいぐらつきというわけではないので、それほど気にすることではないだろう。



そしてボタン。小さくでっぱりのないボタンだけに押しづらいかなと思っていたのだが、それほど押しづらい感じではない。筆者のように大きめの指でも違和感なく押すことができた。ただ、ボタンを見ずに押すというのはちょっと難しいかなという感じであった。



最後に写真機能。液晶画面では明るくてキレイに表現されている写真だが、実際に取り込んでみると、キレイとまではちょっと言い難い。色あいが不自然に強調されている感じで、さらには色むらなども出ているようだ。実際に撮影した写真を見ていただこう。最後の写真のみナイトモードで撮影している。




●サブ液晶付きの薄型兄弟機「P703iμ」



N703iμと同時に発売されたのがこの"P703iμ"である。同じく折りたたみタイプの世界最薄モデルとしての登場した。筆者はこのP703iμは購入していなかった。しかし、N703iμとの兄弟機ということで、レポートしないわけにはいかない。なのでドコモからお借りした。



まずはスペックを紹介しておこう。サイズは高103mm×幅49mm×厚11.4mm。重さは98g。静止時の連続待ち受け時間が400時間で、移動時が270時間。音声通話時の連続通話時間が120分で、テレビ電話時が80分だ。



メインカメラは、有効画素数130万画素のCMOSで、最大記録サイズが1280×960ピクセルだ。サブカメラは有効画素数11万画素のCMOSカメラである。外部メモリ用のスロットが準備されていて、2GバイトのmicroSDタイプの外部メモリーに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーは「バーガンディレッド」「グラファイトブラック」「クロムシルバー」の3色が準備されている。



このP703iμは、N703iμに比べてバッテリーの持ちがよくない。ほかのドコモの端末と比較してもカタログ値では劣っている。こちらはサブ液晶が付いていているのでしかたがないのかもしれないが…。



ヒンジに関しては、N703iμよりも剛性は強い感じ。ぐらつきも少なく、持っていても安心できる。ボタンに関しては薄型のシートキー形状である。凹凸があるシートキーではあるが、飛び出している感じではないので押しづらい感がある。慣れても押しやすいとまでは言えないと思われる。



最後に写真機能だ。こちらはN703iμよりも劣る感じだ。色合いは鮮やかさがなく、全体的にぼけた感じ。写真の右側に行くほどぼけた感じは強くなっている。ただし、この右側ほどぼけた感じというのは個体差かもしれない。実際に撮影した写真を見ていただこう。最後の写真のみナイトモードで撮影している。




●ストレートタイプなのに大きめの液晶画面「D703i」




ストレートタイプで薄さ10mmを切った端末が、この"D703i"である。ストレートタイプながら、液晶画面は2.4インチの縦長と大きめ。ちょっと縦長ではあるが、薄くて持ちやすい端末である。



まずはスペックを紹介しておこう。サイズは高130mm×幅49mm×厚9.9mm。重さは83g。静止時の連続待ち受け時間が400時間で、移動時が290時間。音声通話時の連続通話時間が120分で、テレビ電話時が80分だ。



メインカメラは、有効画素数130万画素のCMOSで、最大記録サイズが1280×960ピクセルだ。サブカメラはついていない。また、外部メモリ用のスロットも準備されていない。本体カラーは「ブライトレッド」「フローズンホワイト」「カーボンブラック」の3色が準備されている。



このD703iも、バッテリーの持ちはそれほどいい方ではない。数値的にはP703iμと同等である。



使い勝手はけっこういいと思う。ボタン類が真ん中より下側にあるので、親指の移動がしづらいかなと思ったのだが、端末のバランスがいいので、下側でずっと操作していても違和感はない。ボタンもちょっと突起しているのでけっこう押しやすく、押しミスなどもあまりなく、使いやすい端末と言える。問題はテレビ電話だ。サブカメラを持っていないので、こちらの画像を送る場合には端末を裏側にしないといけない。なのでこちらの画像を送る場合には相手の画像が見えないし、相手の画像を見るときには相手にこちらの画像が送れないのである。



写真に関しては、かなりぼけた感じで、色の再現性もあまり良くない感じだ。カタログでは横取りスタイルに便利なボタン配置と書いてあったが、画像は縦で保存されるので、パソコンなどに取り込んだとき、写真を90度回転させないといけない。それなら縦撮りで撮ればいいのだが、ボタンのちょうど後ろ側にレンズがあるので、レンズに指が完全にかかってしまう。縦撮りでレンズに指がかからないように撮影しようとすると、かなりムリな握り方で撮影しないといけないのである。あと、外部メモリに対応していないので、パソコンなどに取り込むには、USBケーブルが必要となる。さらには、ドコモのサイトにアップされているDatalinkソフトを利用しないと取り込むことができないので、ちょっと不便だ。さて、それでは実際に撮影した写真を見ていただこう。最後の写真のみ夜景モードで撮影している。




■SoftBank


●世界最薄ながら使いやすい「708SC」




ケータイ電話で世界最薄モデルがこの"708SC"である(2007年2月15日のデータ)。薄さが8.4mmしかない。ストレートタイプながら、液晶画面を横に広いタイプにしたため、高さも折りたたみタイプとそれほど変わらず、持ち歩きにかなり重宝する端末である。



まずはスペックを紹介しておこう。サイズは高112.4mm×幅50.4mm×厚8.4mm。重さは73g。連続待ち受け時間がW-CDMA網で230時間、GSM網で260時間、音声通話時の連続通話時間がW-CDMA網で165分、GSM網で320分である。



メインカメラは、有効画素数200万画素のCMOSで、最大記録サイズが1600×1200ピクセルだ。サブカメラは30万画素のCMOSである。外部メモリ用のスロットが準備されていて、2GバイトのmicroSDタイプの外部メモリーに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーは「ブラウン」「シルバー」「ブルーグリーン」「ロイヤルブルー」の4色が準備されている。



この端末、ドコモのP703iμやD703iに比べて待ち受け時間は短いが、連続通話時間は長い。SoftBankの他機種と比べても遜色ない数値である。



持った感じの剛性はすごくしっかりした感じだ。これだけ薄くても折れたりしそうな感じはまったくしない。ボタン類は凹凸がしっかりしていて、けっこう大きめなので、かなり押しやすい端末だと言える。ストレートタイプだと縦に長くなるというイメージだが、この端末はそれもなく持ちやすくて使いやすい端末と言える。



写真に関しては、そこそこいい感じだ。ものすごくキレイとまではいかないが、前述のドコモの端末に比べるとかなりキレイである。縦撮りだが、レンズが上に付いているので、指が邪魔することもなく、撮影しやすい端末だ。それでは実際に撮影した写真を見ていただこう。最後の写真のみ夜モードで撮影している。








●3Gハイスピードに対応の薄型「709SC」




12.9mm。むちゃくちゃ薄いというサイズではないが、スライド式端末としては薄めの端末である。3Gハイスピードに対応しているのが特長だ。



まずはスペックを紹介しておこう。サイズは高100.6mm×幅51.4mm×厚12.9mm。重さは85g。連続待ち受け時間がW-CDMA網で220時間、GSM網で255時間、音声通話時の連続通話時間がW-CDMA網で160分、GSM網で200分である。



メインカメラは、有効画素数200万画素のCMOSで、最大記録サイズが1600×1200ピクセルだ。サブカメラは30万画素のCMOSである。外部メモリ用のスロットが準備されていて、1GバイトのmicroSDタイプの外部メモリーに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーは「シルバー」「パープル」「レッド」「ホワイト」の4色が準備されている。



機器の機能や内容は前述した708SCと同等と考えていい。ただ、液晶画面が縦長になる。数字ボタンはシートキーで凹凸がほとんどないので少し押しづらい感じだ。ボタンを見ずに入力することはほとんど不可能であろう。



持った感じは、手にしっくりくる。スライドもアシスト機能がついているのでさっと開けるのが便利。厚すぎず薄すぎず、これぐらいが使いやすいサイズなのかもと思ってしまった。これで3Gハイスピードに対応しているのだから、すばらしい。



写真に関しては、708SCと同じでそこそこいい感じだ。おそらく同じレンズなどを使っているようで、Lサイズでプリントするぐらいならまったくもって問題ないだろう。ただし、夜景など暗くなってからの写真は、昼間の写真に比べてかなり落ちるようである。では、実際に撮影した写真を見ていただこう。このカメラは夜景モードなどは持っていない。






■Kijimoto's EYE

薄型ケータイをいろいろ触って感じたのは、薄型にするために何を犠牲にしたのかということだ。買う場合はその辺をチェックした方がいいだろう。というのは、薄くなったのでバッテリーが小さくなり、持ちが悪くなったとか、ボタンが小さくなったので入力がしづらくなったとか。自分がメインでどう使うのかを考えて、その犠牲になったものが自分が使うメイン機能でないかを考えてから購入した方がいいと思うのだ。



写真に関しては、やっぱりメインというか、フラッグシップ端末に比べると多少落ちるような印象だ。ただ、筆者が買う前に思っていた、薄型がメインなのでカメラは"付け足し"みたいなものというワケではなかった。それなりにきちんと写るのは、うれしい結果である。ただ、それはソフトバンクの2機種の話で、ドコモのカメラは少々残念である。今回、時間がなかったので、5つの端末を同時に持って歩いて同じ環境で写真を撮ることができなかったのが残念である。



あと、持ち歩きに関してだが、筆者の場合、胸ポケットにケータイを入れることが多いのだが、胸ポケットに入れていると、ちょっとうつむいたときにケータイが落ちることがある。小さければ小さいほど、それが多くなるため、あまり小さい端末というのも考えものなのかもと筆者は思ったのだがいかがだろうか。もちろん、これは筆者のような持ち方をする場合のこと。ズボンのポケットに入れる人や、鞄に入れる人は、かさばらなくていいと思う人も少なくないだろう。





■これもオススメ!ケータイ最新ニュース

売れる海外ケータイの秘密!ユーザーニーズに対応できない日本

振って傾けて筋肉痛!楽しめるモーションコントロール搭載の「D904i」

進化したAQUOSケータイ「912SH」!"2画面同時表示"で新登場

ドコモは世界に反撃できるか? 海外でiモードは普及するのか?

ケータイの常識を変える!シリーズ唯一のハイスピード携帯、ドコモ"N904i"の真価



編集部:木地本 昌弥

「パソコンですぐできる写真俳句」(毎日新聞社) 「その場で解決!ファイル操作とデータ管理」(技術評論社)など50冊以上の書籍を執筆。携帯電話やパソコン、IT関連から取扱説明書まで執筆ジャンルは幅広く、ITジャーナリスト・携帯電話評論家としてテレビやラジオ、講演もこなす。詳細は、著者のホームページ「我流珍述」プロフィールページまで。



Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ