ITライフハック
ITライフハック

宮崎哲弥の情報収集術に学ぶ 次世代「情報収集の達人」

インターネットが普及した今の社会では「情報収集」こそがビジネスの優劣を決めるといっていい。

テレビや書籍で活躍中の評論家・宮崎哲弥氏もインターネットを活用した情報収集術で成功を勝ち取った一人だ。日経ビジネス Associe(アソシエ)誌において3回に渡って掲載された“プロが語る「私の情報収集術」”で宮崎哲弥氏は、その情報収集術を明かしてくれた。



今回は、宮崎氏の情報収集術から学び、これからのビジネスシーンを勝ち抜くために必要な次世代の情報収集術を考察してみよう。


宮崎哲弥氏の情報収集術 1:ネット情報がカギ!RSSリーダーを活用

情報収集の経路は大きくわけて二つ。取材などからの生情報とインターネットなどのメディア情報だ。取材情報に比べてインターネットの情報は膨大で専門性も高いが、いかに必要な情報を無駄なく収集するかが最大の課題となる。



そこで便利なのがRSSを利用した情報収集だ。RSSはサイトやブログが更新されると自動で更新情報が配信される。RSSをチェックしていれば必要な情報をいち早く手に入れることができるというわけだ。このRSSを効率よく収集するのに最適なのがRSSリーダーと呼ばれるツールで、宮崎氏もlivedoor Readerを日々活用して専門性の高い最新情報を入手している。




宮崎哲弥氏の情報収集術 2:速読術を支えるRSSリーダー的思考

宮崎哲弥氏の情報は取材やインターネットだけではない。豊富な知識を支える源は尋常でない読書量にもあった。宮崎氏は毎月200冊、実に1日6冊以上の本を読破するという速読術の持ち主でもあった。



宮崎氏の速読術の極意は意外にもシンプルな「読み返さない」というもので、最後まで一気に読み切って情報を収集する。気になる箇所や読み直したい箇ところは“付箋”をはってマーキングする。こうした情報のマーキングやクリッピングはRSSリーダーのようなツールの活用にも共通した手法でもある。宮崎氏はlivedoor Readerでもピンアイコンなどを使い、付箋のように情報をマーキングしながら効率よく情報を読み取っているのだ。



こうしたランダムな情報収集と管理は、RSSリーダーなどのWEBツールでは一般的な手法だ。宮崎氏も日ごろからインターネットやパソコンを利用することで慣れ親しみ速読術にもいかされているのだろう。




宮崎哲弥氏の情報収集術 3:整理をしないで情報を活用

ネットやRSSリーダーを駆使して情報収集する宮崎哲弥氏にも課題はあった。ネットに蓄えられた膨大な情報から、いかに“ノイズ”を除去するか、収集した膨大な情報をいかに整理するかという難題だ。RSSリーダーに何を登録するかでノイズ量は大きくかわる。また、せっかく重要な情報を収集しても整理に時間を使っては活用はできない。そこで整理を無理にしないで活用を優先することで、整理時間を短縮して効率よく活用を行っているという。



情報収集術では、いかに情報を使うかを忘れないことが重要だと説く宮崎氏だが、宮崎氏自身も今の情報収集術に満足しているわけでなく、さらに効率のよい方法を日夜模索していることも明らかにしている。




宮崎哲弥の情報収集術 特集

宮崎哲弥の情報収集術 1

宮崎哲弥の情報収集術 2

宮崎哲弥の情報収集術 3




■次世代の情報収集術とは? 進化するlivedoor Reader

宮崎哲弥氏の情報収集術を読み解いていくと、パソコンとインターネットを利用した手法をいち早く取り入れ、既存の情報収集を補完しながら移管を進めていることがわかる。



情報の更新速度や情報の品質と量、さらに必要な情報へのアクセスのたやすさで既存メディアや情報タンクなどに比べ、インターネットの優位性は明らかだ。いかにインターネットを活用できるかかが情報戦での優位に立てるかを決めるといってもいいだろう。こうしたインターネットでの情報収集を支えているのがパソコンからのアクセスと検索だが、今後の情報収集では、どうすれば今の環境を超えることができるのだろうか。



そのキーワードとなるのが「モバイル」だ。

最近話題となっている「iPhone 3G」や「Windowsケータイ」などの高機能ケータイを利用した情報収集こそが、次世代の情報収集を加速させると期待されているのだ。



■なぜ次世代は「モバイル」なのか?

インターネットの情報は、日々どころか1分1秒ごとに更新・増加している。

そんな情報にアクセスしたり検索するためにはパソコンが必要となるわけだが、デスクトップパソコンでは自宅や事務所・会社からしかアクセスはできない。ではノートパソコンを持ち歩けばという方法もあるが、小型化したとはいえノートパソコンを持ち歩くのはかなりの負担となる。さらにノートパソコンがあったとしても外出先や屋外でインターネットに接続する有線・無線LANのアクセスポイントが必ずあるとは限らない。



そこでパソコン並にインターネットが利用できる「iPhone 3G」や「Windowsケータイ」などのスマートフォンが注目されているわけだ。スマートフォンであれば高速な3Gケータイ通信網を利用してインターネットにアクセスできるため、いつどこでもインターネットから情報を引き出すことが可能となるからだ。また、ノートパソコンなど違って本体もケ胸ポケットにも収まるほど小型のため持ち歩いても負担とはならない。

情報に敏感なユーザーの一部からは、スマートフォンでも使えるモバイル対応のPC版くらいに強力なRSSリーダーがあればという声も上がりはじめている。



情報は、欲しいとき、アイディアが浮かんだときこそ、瞬時に必要なものだ。

例えそこが歩道でも、ショップの中でも、移動中であっても、必要なときにインターネットから情報を引き出せるとしたら、これほど効率がよく強力な情報収集術はないだろう。

つまり、スマートフォンなどで使えるモバイル対応のRSSリーダーがあれば、宮崎氏以上の情報収集術を手に入れることも可能となるわけだ。



■livedoor Readerもモバイル版を検討か?

次世代の情報収集術で大きなカギを握るのがモバイルであることはわかった。そこで実際にモバイル環境での効率のよい情報収集術を支えるのは、モバイル版のRSSリーダーが必要だ。

そうなると気になるのが、次世代の情報収集術を支えるとみられているモバイル版のRSSリーダーの動向だろう。そこでRSSリーダーでトップを走る「livedoor Reader」の担当ディレクター齊藤貴義氏に、モバイル版について質問を投げかけてみた。



編集部:利用者から「livedoor Reader」のモバイル版(iPoone版やWindowsケータイ版)への要望はありますか?

齊藤氏:届いています。そのなかでも、iPhoneに最適化されたインターフェースで読みたい、という要望が強いですね。今でもiPhone向けの対応は行っており、記事の見出しを簡単にチェックできるlivedoor Reader Liteというバージョンを提供しているのですが、PC版のような一覧表示や複雑な操作にも対応させてほしい、という要望をいただいています。

livedoor Reader Lite 新着livedoor Reader Lite エントリー一覧




編集部:「livedoor Reader」のモバイル版は、今後重要なツールとなると思いますか?

齊藤氏:はい。昨年、携帯電話・PHSのネット利用者がPCを初めて上回ったという統計も出ています(『インターネット白書2007』による)。その中にあって、現在のモバイルサイトの画面要素やレイアウトは各社バラバラです。統一した画面で素早く情報がチェックできる強力なRSSリーダーが登場したら、キラーアプリとなる可能性があります。



編集部:「livedoor Reader」のモバイル版は、どのような人に活用して欲しいと思いますか?

齊藤氏:情報感度の高い方々です。特にニュースなどの新しい情報を日々の生活の多様なシーンで活用されている方ですね。今後、モバイルにおいても情報は量よりも速度や分類が価値を持つ時代になると考えています。場所を選ばず、情報収集の先端ツールとして活用していただきたいですね。



編集部:RSSリーダーは、便利さに比べて利用者がまだ少ないと思いますが、どのような人にもっと活用してほしいと思いますか?

齊藤氏:企業や教育機関など速い情報が求められている方々です。ここ2、3年でほとんどのサイトがRSSを配信するようになりました。今やRSSリーダーでほとんどの情報を一元収集できます。そのユーザーメリットをビジネスパーソンや学生の方々に伝えていくことが今後重要になってくると考えています。



編集部:「livedoor Reader」を、今後どのように発展させていきたいと思っていますか?

齊藤氏:今後は、それぞれのユーザーにあったRSSのパッケージ化や、そのユーザーの知りたい情報を先読みしてオススメする機能の搭載を検討中です。



モバイルでは、プラットフォームとしてのiPhoneに注目しています。iPhoneに直接インストールできるアプリケーションの開発を検討しています



■すべての人が情報通? RSSリーダーがもたらす「情収集術」の達人時代

今後のインターネットでは、livedoor Readerを筆頭にRSSリーダーがインターネットを活用するうえで重要なツールとなっていきそうだ。RSSリーダーが普及すれば、自宅や会社からはパソコンで、移動中や出先からはモバイルで、いつでもどこでも必要な情報がだれの手にも簡単に素早く入手できるようになるのだろう。



インターネットの利用者にとって、「情報収集」は当たり前の生活術や仕事術となることも決して絵空事ではない。そうした時代では卓越したRSSリーダー活用者こそが情報収集における「真の達人」と呼ばれ、時代の寵児・成功者となってるかもしれない。



宮崎哲弥の情報収集術 バックナンバー

宮崎哲弥 RSSリーダー活用の「情報収集術」を語る

崎哲弥の「情報収集術」毎月200冊読破の速読力 秘密はRSSリーダー?

整理はムダ? 宮崎哲弥の「情報収集術」の極意



宮崎哲弥の情報収集術 特集

宮崎哲弥の情報収集術 1

宮崎哲弥の情報収集術 2

宮崎哲弥の情報収集術 3



日経ビジネス Associe(アソシエ)

livedoor Reader

小型モバイルパソコンの先頭は渡さない!3台目4台目を購入する人への工人舎「SC/SXシリーズ」【気になるPC】

株式会社工人舎は、798gのウルトラモバイルパソコン「SCシリーズ」とDVDスーパーマルチドライブを内蔵したノートパソコン「SXシリーズ」を発売した。



いずれのノートパソコンもインテルのモバイル向けCPUであるAtomを搭載し、ワンセグテレビチューナーやタッチパネルを採用するなどコダワリを持ったノートパソコンに仕上がっている。



今回は、モバイルにコダワリ続ける株式会社工人舎 企画部部長 佐藤滋俊氏に、SC/SXシリーズ開発までの経緯と同社のモバイル戦略についてうかがってみた。


■ライバル機は想定していない

編集部:まずはじめに開発の経緯から教えていただけますか。

佐藤氏:SCシリーズは従来機※と同じ画面サイズのままできるだけ筐体を小さくしようというアイデアから生まれました。逆に筐体サイズは同じままでできるだけ大きな画面サイズにしようとしたのがSXシリーズです。ですから、従来のSH/SRシリーズの派生でしかなく、そんなに突拍子もないことをやった訳ではありません。

※SH/SRシリーズ



その中でひとついえば、「7インチの液晶サイズは文字を見るのがつらい」という意見があり、「画面はもう少し大きいほうが良いのでは」という意見はありました。

写真1 SCシリーズの液晶画面写真2 左が従来機、右がSCシリーズ
写真1 SCシリーズの液晶画面写真2 左が従来機、右がSCシリーズ

編集部:最近話題のEee PCなど、ライバル機を想定されていますか。

佐藤氏:いいえ。全然想定しておりません。



編集部:どういったユーザーをターゲットとして想定さされているのでしょうか。

佐藤氏:どの機種もこれまでの機種と同様で、3台目4台目のパソコンを購入される方がターゲットです。SCシリーズがこのサイズになったからといってターゲット層は変わっていません。



編集部:ちなみに販売目標はございますか。

佐藤氏:ありません。我々の有利なところは、まだまだ若い会社で社内的な目標値もガチガチにかたまっていませんから売れると思ったぶんだけを作って、売れないと思ったら早めに次に切り換えていくかたちです。ですから、このモデルは必ず何台売るといった目標設定はありません。





■本体は軽くバッテリーは長持ち

編集部:モデルごとの特徴を教えていただけますか。

佐藤氏:各モデルに共通な点はインテルのAtomというもっとも新しいCPUを採用した点です。Atomはモバイル向けに特化して開発されたCPUですので省電力性に優れています。実際にSCシリーズではバッテリーは従来機の3分の2※になりましたが従来機と同じ3時間持ちます。SXシリーズは従来機と同じ3セルで画面サイズも大きくなりましたがバッテリーは従来機よりも長持ちします。

※3セルから2セルへ



編集部:普通に考えた場合、画面サイズが大きくなると消費電力も上がるかと思いますが

佐藤氏:おっしゃるとおりです。今回Atomを採用したことでCPUまわりの諸費電力が大幅におさえられているので、従来機よりも長持ちする訳なんです。バッテリー消費に関しては弊社のエンジニアがAtomの性能をうまく引き出しています。



編集部:ところで、ハードディスクは従来どおり2.5インチのハードディスクでしょうか。

佐藤氏:いいえ。違います。今回のモデルはすべて1.8インチを採用しています。SCシリーズは筐体サイズから(1.8インチ)採用されています。SXシリーズはDVDスーパーマルチドライブを搭載する必要があったため、残った容積にHDDを収める必要があり、1.8インチのハードディスクにせざるをえませんでした。





■従来機からのコダワリを貫いた

編集部:それぞれのモデルを開発するにあたり一番苦労された点を教えていただけますか。

佐藤氏:SCシリーズは小さくすることですね。まずキーボードですが、小さくても打ちやすいキーボードとキー配列を実現した点です。アルファベットのキーは大きく残してして両脇を圧縮した感じです。



SCシリーズでは、タッチパッドを横長のワイドサイズ(16:9)にしてあります。これはSCのためにメーカーに作っていただいた特注品です。普通に4:3でパッドを作ってしまうと小さくなり過ぎてしまいます。本体自体がタッチパネルですので、パッドはなくてもよいという意見もありましたが、そこはこだわって作りました。



編集部:ほかにもこだわった点はございますか。

佐藤氏:今までの流れ(シリーズ)にこだわったということです。どんなに筐体を小さくしてもUSBポートは2つ、アナログRGBや有線LANポート、カードスロットを残すなど、すべてのインターフェイスをそのまま継承いたしました。従来機はCFスロットだったものが、ExpressCardスロットになっただけで、あとは一緒です。



編集部:ExpressCardスロットを採用したのは大きさの問題でしょうか。

佐藤氏:大きさの問題とあとは今後を考えての問題ですね。先進性のインターフェイスを取り込もうという訳です。あとこのサイズでGPSが内蔵されているマシンはSCシリーズだけだと思います。

写真3 SCシリーズのキーボードとパッド写真4 SCシリーズのGPSユニット
写真3 SCシリーズのキーボードとパッド写真4 SCシリーズのGPSユニット

編集部:SXシリーズはDVDスーパーマルチドライブの内蔵が一番の特徴でしょうか。

佐藤氏:そうですね。このサイズでドライブ付きの製品は弊社のSRシリーズとこれだけです。

写真5 SXシリーズはSCシリーズと同様に液晶を回転させてたたむとタブレットPCになる写真6 SXシリーズでは、右側面にDVDスーパーマルチドライブを備える
写真5 SXシリーズはSCシリーズと同様に液晶を回転させてたたむとタブレットPCになる写真6 SXシリーズでは、右側面にDVDスーパーマルチドライブを備える

編集部:最後に今後の展開をお聞かせいただけますでしょうか。

佐藤氏:小さいノートパソコンでは、(工人舎は)先頭を走っていると思っていますので、それは守っていきたいと考えております。弊社の最大の強みはラインナップです。既存商品を含めると一番安い商品は5万9,800円から1万円刻みで12万9,800円まであります。



3台目4台目を購入されるお客様はパソコンをわかっている方で目も肥えている方ですから、ひとつひとつの商品にそれぞれ明確な特徴を出しております。



編集部:本日はお忙しい中、取材に応じていただきましてありがとうございました。



SCシリーズ 製品情報

SXシリーズ 製品情報

株式会社工人舎





■こちらもオススメ!PC 最新ニュース

ワンセグもGPSも内蔵! 頼もしい小型ノートPC「SC3KP06GA」レポート

ケータイのように使えるモバイルマシンを!ノートPCではできない「WILLCOM D4」の秘密

超軽量470g!パソコンになる新しいモバイル端末「WILLCOM D4」レポート

HDDレスで848g!東芝モバイルノートPCの集大成「dynabook SS RX1」

【気になるPC】バックナンバー一覧





編集部:関口哲司

Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ