ITライフハック
ITライフハック

【気になるPC】どっちが高感度?VAIO 新Type T vs ちょいテレ - ワンセグ対決

PCで使えるワンセグチューナーとしては、チューナーがはじめから内蔵されたPCを選ぶか、PCカードやUSBタイプなどの外付けユニットを別途用意して追加する方法のどちらかとなる。

今回は、早くからワンセグチューナー内蔵モデルとして知られる、ソニーのVAIO Type Tシリーズ最新モデル「VGN-TZ90S」と、バッファローのUSBワンセグ「ちょいテレ」の受信感度を比較してみた。


■新型Type Tのワンセグ受信性能は前モデルよりいいのか?

まず、ワンセグチューナーを内蔵したモバイルPC VAIO Type Tからみてみよう。昨年、ワンセグチューナー内蔵のモバイルPCとして話題になったソニーのVAIO Type Tシリーズだが、今回比較に利用したのは、発売されたばかりの夏モデル「VGN-TZ90S」だ。今回の夏モデルでは、Type Tは大幅にモデルチェンジし、ワンセグ周りにも変更が加えられている。目にみえるところでは、アンテナの形状と位置が大きく変更されている。



前モデルでは、アンテナは太く、液晶と本体のヒンジの近くに取り付けられており、内部への収納もできなかった。しかし、新型のアンテナは、携帯電話のワンセグアンテナのような細いタイプで、液晶右側面に収納できるようになっている。また、利用するときはアンテナ部を液晶上に伸ばして利用する。気になる受信性能だが、旧機種より向上していて、以前のモデルでは受信が途切れた位置でも、安定して受信できた。アンテナの形状や、取り付け位置が上になったせいか、今回の新型は前のモデルより格段に受信が安定している。

ワンセグチューナー内蔵の
ワンセグチューナー内蔵の"新型type T"のアンテナ

■「ちょいテレ」のブースター機能の搭載モデルと従来モデルの比較

比較対象となる外付けのワンセグチューナーは、PCワンセグブームの火付け役にもなったバッファローの「ちょいテレ」シリーズ。こちらは従来型の「DH-ONE/U2P」に加え、ブースター回路を搭載した高感度版「DH-KONE/U2」も比較対象にチョイスした。

さっそく「VGN-TZ90S」との比較! といきたいところだが、その前にちょいテレシリーズ同士の新旧比較を行なってみよう。

高感度版「DH-KONE/U2」には、290mmの高感度アンテナが標準で取り付けられているが、受信条件を同じにするため、標準で添付されているスタイリッシュアンテナを取り付けて比較。ちなみに従来型「DH-ONE/U2P」のアンテナは、このスタイリッシュアンテナと同等のサイズのものを標準アンテナとした。



「ちょいテレ」は、同時視聴が可能なので一緒に表示して比較してみたところ、予想に反して期待外れな結果に終わってしまった。従来型とブースター回路搭載の新型の受信感度の差がほとんど感じられないのだ。PCに装着したUSBコネクタは、左側面と右側面のものを使ったこともあり、それぞれのアンテナの位置が30cm近く離れている。受信位置の違いということも考え、左右を入れ替えて受信してみたが、差はほとんど見られず、場合によっては従来モデルのほうが、微妙に受信感度が良いと感じる場合もあった。高感度版「DH-KONE/U2」は、販売されている"製品"ではない試作機であったため、もしかしたら受信感度の調整がまだできていない状態かもしれない。

上が従来型の「DH-ONE/U2P」、下が高感度版の「DH-KONE/U2」左が、高感度版「DH-KONE/U2」の受信画面、右が従来型「DH-ONE/U2P」の画面。場合によっては従来型のほうが、アンテナが多く立つことがある
上が従来型の「DH-ONE/U2P」、下が高感度版の「DH-KONE/U2」左が、高感度版「DH-KONE/U2」の受信画面、右が従来型「DH-ONE/U2P」の画面。場合によっては従来型のほうが、アンテナが多く立つことがある

■Type Tの内蔵ワンセグと外付けの「ちょいテレ」どっちの受信精度がいい?

さて、本題のVAIO vs 「ちょいテレ」の受信比較を始めるとしよう。今回は手元に「VGN-TZ90S」、「DH-KONE/U2」、「DH-ONE/U2P」と、ワンセグ機が3つあるので、三つ巴の比較にしゃれこんでみた。各機のセットアップ状況は次の通りだ。

ちょいテレ従来型はスタイリッシュアンテナを装着、高感度版は290mmの高感度アンテナを装着してみた。また、Type Tのワンセグは内蔵アンテナを伸ばした状態に。これで3機種の受信感度を比較してみる。



写真は、左が高感度アンテナを装着した高感度版ちょいテレの受信画面、中央が従来型ちょいテレの受信画面、右がType T内蔵ワンセグの画面となる。受信できる範囲から少しずつ受信しにくい場所へと移動していくと、最初に受信できなくなったのは従来型のちょいテレだった。続いて受信できなくなったのが、高感度アンテナを装着した高感度版ちょいテレ。最後まで安定して受信したのは、Type T内蔵のワンセグとなった。正直なところ、筆者は内蔵ワンセグの性能にあまり期待はしておらず、もっとも良いのは高感度版ちょいテレだと思っていた。そこに、この結果だ。前モデルのType T内蔵ワンセグは、室内では使い物にならないほどの受信感度だったので、この受信感度の改善の効果はかなり大きいとみていいだろう。

左が高感度アンテナを装着した高感度版ちょいテレ、右の短くスタイリッシュアンテナを装着したいるのが、従来型ちょいテレ。モニター右上に延びているアンテナが内蔵ワンセグのアンテナ従来型ちょいテレで受信できない場所でも、高感度アンテナを装着した高感度型ちょいテレとType Tの内蔵ワンセグは、アンテナ3本で受信
左が高感度アンテナを装着した高感度版ちょいテレ、右の短くスタイリッシュアンテナを装着したいるのが、従来型ちょいテレ。モニター右上に延びているアンテナが内蔵ワンセグのアンテナ従来型ちょいテレで受信できない場所でも、高感度アンテナを装着した高感度型ちょいテレとType Tの内蔵ワンセグは、アンテナ3本で受信

■現行モデルのVAIO Type Tを購入するならワンセグ内蔵をチョイスするべし!

現行モデルのVAIO Type Tを購入する場合、ソニースタイルの通販モデルではワンセグの有無をチョイスすることが可能だが、是非内蔵ワンセグをチョイスすることをお勧めしたい。モバイル性の高いモデルということもあり、外出先や自宅などでの利用シーンで実用レベルのワンセグを楽しむことができるはずだ。



前モデルの内蔵ワンセグでは、外付けの製品のほうが良い結果を得られたが、今回の夏モデルではソニーの本気が伺えるモデルとなっている。ちなみに、高感度版ちょいテレは内蔵ブースターやダブルノイズフィルタ搭載で受信感度の向上を期待したが、その効果はあまり感じられなかった。今回使用した実機は、発売前の製品ということなので、製品版での改善ができていることを期待したい。



■これもオススメ!最新PCニュース

【人気のワンセグチューナー「SEG CLIP」にブースター内蔵型登場! その効果ははたして!

重さ580gのモバイルノートPC!小さくても本格派な 富士通「LOOX U」

ビジネスマン必須!これ一つで名刺の整理がみるみるできる「名刺万能SE 小型専用スキャナ付」

究極のAV機能を搭載した東芝ノートPCのフラッグシップ Qosmio G40/97Cレビュー

【気になるトレンド用語】壊れないHDD?夢のメモリドライブ"SSD"って何?



高感度版 ちょいテレ「DH-KONE/U2」

VAIO type T

バッファロー

ソニー



編集部:篠崎 哲(ジャムハウス)

制作編集:エヌプラス

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【アキバ物欲】何かお探し物ですか? ご主人様!メイドさんが教えてくれる"秋葉原無料案内所"

秋葉原は、世界的な電気街であるとともにサブカルチャーの情報発信地としてすでに観光地化されている。訪れる人も、国内のみならず海外からも非常に多くなっている。アキバ自体の広さは、たかが知れているが、そこのひしめくショップは、まさに星の数ほどある。



初めてアキバに訪れた人が、くまなくアキバを堪能できるかというと、はなはだ疑問だ。なかには行きたいお店が見つからずに迷ってしまう人もいるだろう。



そんなアキバ初心者の強い味方となってくれるのが、アキバガイド.ドットコムが運営する"秋葉原無料案内所"だ。


■メイドさんはアキバの達人?

秋葉原無料案内所は、JR秋葉原駅電気街口を左手に降りて中央通りに向かった"ゲーマーズ"の1階の店頭にある。営業時間は、12時~17時。アキバに詳しいメイドさんが知りたい情報をその場で教えてくれる有り難いサービスだ。利用料金は、なんと無料。

ご主人様に笑顔で接しているメイドさんゲーマーズ1階の
ご主人様に笑顔で接しているメイドさんゲーマーズ1階の「秋葉無料案内所」

秋葉原無料案内所は、2006年1月25日にオープン。アキバは特定の人が集まる街であったが、2005年夏に「ヨドバシカメラ・マルチメディア Akiba」が開店して以降、つくばエクスプレスの開通、イベントスペースを提供する「秋葉原UDXビル」のオープンにより、一般の人も感心をもつカルチャースポットとなっている。アキバガイド.ドットコムでは、テレビドラマ「電車男」の放送などもあり、今後はアキバへの"一般の人"の来訪が増えるだろうということで、アキバの案内所や地図サービスを提供しようと考えたそうだ。

案内所の前に設置された大きな「秋葉マップ」案内所に置かれているパンフレット
案内所の前に設置された大きな「秋葉マップ」案内所に置かれているパンフレット

当初、案内所の候補地はいくつかあったそうだが、"駅から近い"ことを第一条件で、ゲーマーズに相談したところ、快く場所を提供いただけたことから、現在の場所に決定した。案内所をオープンした当初は、初めてアキバを訪れる人や、2回目、3回目のアキバ初心者が多かったが、最近では案内所の認知が高まったことから、昔からアキバを利用していそうな人からも「こういう部品を売っている場所を知らないか?」などといった問い合わせも寄せられているという。



■"秋葉原無料案内所"はどうやって運営されているか?

秋葉原無料案内所は、名前からもわかるとおり利用料は無料だ。では、どういうビジネスモデルで展開しているのだろうか? 伺ってみた。

運営の経費は、アキバガイド.ドットコムが毎月発行する「秋葉マップ」に掲載する広告料でまかなっているという。マップも無料でアキバにて配布されている。



「秋葉マップ」は、表面には秋葉原の主要な約900店舗の場所が表記された地図で、裏面は50音順に店舗を探せる早見表になっている。1階で営業している店舗であれば、ほぼ100%の店舗が掲載されているというから驚きだ。一ヶ月の発行部数は3万部。秋葉原無料案内所や駅で1日平均1,000枚が配布されている。

アキバガイド.ドットコムの秋葉マップ(表面)アキバガイド.ドットコムの秋葉マップ(裏面)
アキバガイド.ドットコムの秋葉マップ(表面)アキバガイド.ドットコムの秋葉マップ(裏面)

初めて秋葉原を訪れる人は"、まずメイドさんがやさしく応対してくれる"秋葉原無料案内所"で、アキバ気分を満喫してみてはいかがだろうか? きっと、アキバ探訪が楽しくなるだろう。



■こちらもオススメ!アキバ最新ニュース

【アキバ物欲】ハプニング続出!"よゐこ"のアキバ系ラジオ番組-ガンダム声優の関 智一氏も登場

【アキバ物欲】究極の接客業を目指す!メイドさんのメガネ屋さん

【アキバ物欲】いつでもどこでもメイドさん!「萌えサウンドロップ」がブレイク中

【アキバ物欲】外国人・コミケ族にも大人気!アキバ唯一の「カプセルホテル」

【アキバ物欲】"冷やし麺"登場!品切れ続出"らーめん缶"夏の陣



アキバガイド.ドットコム



編集部:関口 哲司

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ