ITライフハック
ITライフハック

ゼリー出汁が決め手!夏こその「冷やしおでん缶」が登場だ【アキバ物欲】

「おでん」といえば、冬の食べ物の代名詞だ。ところが近頃ではそうでもないらしい。



アキバに「おでん缶」を登場させ、秋葉原の名物にまでした"おでん缶の父"こと、チチブデンキ 小菅社長から「冷やし おでん缶」なるものが編集部に届けられたのだ。



「冷やし おでん缶」のメーカー名をよく見ると、おでん缶の老舗中の老舗である天狗缶詰。早速、気になる中身をレポートしてみよう。


■2種類の「冷やし おでん缶」を投入 - 天狗缶詰

「冷やし おでん缶」は、昨年末に3種類のパスタ缶の販売を開始して以来、およそ半年ぶりとなる天狗缶詰の新製品だ。



今回の「冷やし おでん缶」は和風と中華風の2種類。いずれの商品もだし汁に“ゼリー状だし”を採用した点が最大の特徴だ。



まず和風「冷やし おでん缶」の具は玉こんにゃく、三角こんにゃく、ちくわ、大根、さつまあげ、えびボール、うずら卵。だし汁にカツオ節とイワシのエキスが入っており、缶の蓋を開けると、カツオ独特の良い香りがたちこめる。実際に試食してみると、いわゆる「おでん」そのもので、どの具も美味しく食べることができた。

写真1 和風「冷やし おでん缶」の中身写真2 和風「冷やし おでん缶」
写真1 和風「冷やし おでん缶」の中身写真2 和風「冷やし おでん缶」

一方中華風「冷やし おでん缶」の具は和風と同様、玉こんにゃく、三角こんにゃく、ちくわ、大根、さつまあげ、えびボール、うずら卵。だし汁は「酸辣湯(サンラータン)」で、隠し味にオイスターソースが入っている。実際に食べてみると、だし汁に少し酸味があるぶん、暑い夏場は食欲をそそる感じがした。こちらもすべての具を美味しく食べられた。

写真3 中華風「冷やし おでん缶」の中身写真4 中華風「冷やし おでん缶」
写真3 中華風「冷やし おでん缶」の中身写真4 中華風「冷やし おでん缶」



●おでんは"だし" - 新発想の「ゼリー状だし」

チチブデンキでは「冷やし おでん缶」の販売を7月15日から開始したところ、連日猛暑ということもあり、ふつうの「おでん缶」や「ラーメン缶」に比べて好調な売れ行きだという。また相乗効果で夏場に売れ行きが鈍かった缶詰も売れはじめたそうだ。



「冷やし おでん缶」のような夏のおでん缶としては、信田缶詰がすでに「銚子風 夏おでん」を発売しているが、「銚子風 夏おでん」のだし汁は液体であるのに対し、今回の「冷やし おでん缶」はゼリー状となっている。

写真5 ゼリー状のだし汁写真6 チチブデンキの自動販売機
写真5 ゼリー状のだし汁写真6 チチブデンキの自動販売機

小菅社長によると、「おでんは具より出汁だと思っています。今までのおでん缶は缶詰ということもあり、だし汁が濃すぎて飲み干すことが難しかったのですが、"冷やし おでん缶"のゼリー状のだし汁は食感もよく、あと味も心地よいものとなってます」とのこと。



実際にゼリー状のだし汁を試食してみると、今までのおでん缶のだし汁に比べてうす味なので、デザート感覚で美味しく食べることができた。





●今秋にも新たな缶詰が登場か

チチブデンキ 小菅社長に今後の缶詰についてうかがったところ、「寿賀やさんが雑炊缶を出していますが、それに対抗して天狗さんも何かを考えているようです。雑炊なのか、リゾットなのかはわかりませんが、秋には新しい製品が出るかもしれません」とのこと。



缶詰メーカーとの太いパイプを持っている小菅社長であるだけに、今秋にも新たな缶詰の登場は間違いないであろう。





「冷やし おでん缶」の登場で、アキバの缶詰は種類も増え、さらに充実してきた。より激化したアキバの缶詰戦争はどこまで行くのか。新しい缶詰が登場次第、新たなるレポートをお届けしたい。





製品名:和風「冷やし おでん缶」、中華風「冷やし おでん缶」

価 格:300円(税込み)



■こちらもオススメ!アキバ最新ニュース

麻生元外相の花束も!アキバ名物「段ボール肉まん」を食べてみた

頑張った自分に贈る!アキバ物欲的クリスマス・プレゼント

元気はじける!キャナァーリ倶楽部、アキバでミニライブ&握手会

ガンダムの世界をリアルに再現!川口名人が"ガンプラ"の超テクニックを伝授

【アキバ物欲】記事バックナンバー



天狗缶詰

チチブデンキ



編集部:関口哲司

Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.

急成長する「Facebook」は、mixiの牙城を崩せるか【気になるトレンド用語】

「Facebook」という名前を最近ネットのニュースでよく見かけるようになりました。



日本では、「mixi」に代表されるソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)が有名ですが、海外では、この「Facebook」が超有名なサービスなのです。その「Facebook」が日本でもサービスを展開したことから日本のネットニュースなどでも取り上げられることが多くなっています。



ところで、Facebookのこと、あなたはご存知でしょうか。



今回は、急成長を遂げ、日本にもサービスを拡大するSNS、Facebookについて見ていきましょう。



■Facebookの成り立ちと隆盛

Facebookは、もともとアメリカの学生同士が交流を深めるために作られました。



2004年に、ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグ氏(現在24歳)が立ち上げています。現在では有効な電子メールアドレスをもっていれば誰でも登録できるようになっています。



Facebookは世界中の人が招待なしで登録ができるため、今や7,000万人以上のユーザーを抱える巨大サービスに成長しています。(アメリカ最大手SNS「MySpace」のアクティブユーザー数は約1億1千万)



また世界における月間ユニーク訪問者数では、FacebookはMySpaceを抜いて世界一にもなっています。

facebook、ついにMySpaceをとらえる―もはや2番手SNSではない - TechCrunch Japanese



■Facebookの機能

急成長を続けるFacebookは、どこがほかのSNSと違うのでしょうか。



Facebookの特徴は、匿名ではなく実名登録を原則としている点です。ことからFacebookではインターネットの匿名性でのコミュニティではなく、現実世界の人間関係をネット上で再構築することに重きを置いています。



●基本的な機能

・プロフィール機能

画像や名前、生年月日、都道府県、職業などを登録することができます。



・ソーシャルネットワーク機能

mixiでいうところの、マイミクシィや紹介文にあたるものです。

すでにFacebookに登録済みのメンバーを友達として登録し、友達の一覧を表示することができます。また、その友達とどのように出会ったかまで登録することができます。



・メッセージ機能

友達として登録している、いないにかかわらず、Facebook上の相手にメッセージを送ることができます。



・ネットワーク機能

地域や大学、企業などのネットワークに参加する機能です。



・グループ機能

グループ内でアルバムや動画、掲示板等の様々な機能を共有する機能です。

実名での登録によるプライバシー侵害を避けるため、共有の範囲やプロフィールの公開範囲は細かくコントロールできるようになっています。



また、友人の活動について逐一表示されますが、設定画面のつまみを調整することで興味のある情報はより多く、興味のない情報はより表示を少なくするなど、個々の使用に応じたカスタマイズが可能です。



加えて、Facebookが世界的に広がっている理由は、独自の機能によるところが多いといわれています。



●Facebook独自の機能

・機能を自由に追加可能

拡張機能をもったアプリケーションを自由に開発・追加することができます。

毎日、約140のアプリケーションが追加されていて、新しいアプリケーションを楽しみにしているユーザーも相当数いるようです。また、こうした追加機能からFacebookを「ソーシャルOS」や「インターネットOS」として評価する声もあります。



・Poke機能

Facebookには、友人に対して「Pokeを実行する」という機能があります。

「Poke」とは、「つつく、ちょっかいを出す」という意味。Pokeを実行すると相手に通知が届くため、普通の生活での気軽な声かけコミュニケーションができるというわけです。



・広告の表示のされ方が独特

「友人の○○さんが××の商品を購入しました」のように、友人の行動を通じて広告が表示されます。従来の広告よりも自然な形で商品をアピールできるため、ネット広告の新しい形として注目が集まっています。

facebookの「Social Ads」ってすごくね? - IDEA*IDEA



■日本でFacebookは普及するか

大きくわけて、日本での普及には2つの課題があるといわれています。



●プライバシー問題

Facebookは実名登録を原則としているために解決しなければならないプライバシー問題が多くあります。退会したユーザーが登録を解除しても、登録者のデータがサイト上に残り続けるという問題を指摘する人もいます。

facebookの登録解除は至難の業



●モバイル対応

日本で人気のSNSやブログなどはモバイルからの利用が大きな必要サービスとなっています。日本最大手のmixiでは、パソコンからの閲覧が約54億PV、携帯電話からの閲覧が約83億PVと、携帯電話の利用者のほうが多くなっています。





アメリカ以外でも普及がすすんでいるFacebookですが、オープン化された追加機能システムで各国の状況に適応できれば、全世界的なサービスとなることも可能です。



また、実名登録によるコミュニケーションが確立していけば、インターネットの匿名性による犯罪や危険性という問題の解決への可能性も生まれるかもしれません。





■こちらもオススメ!気になるトレンド用語

iPhone 3G効果で人気が急上昇の「BlackBerry」ってなんだ

ニコニコ動画の命運も左右する? MAD動画

学校が危ない!モンスター・ペアレントの脅威

ノキアのケータイOSオープン化って何がすごいの?

女性だって恋愛シミュレーションしたい!「乙女ゲー」の世界

気になるトレンド用語 バックナンバー

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ