ITライフハック
ITライフハック

おまえはゴルゴか! 決定的瞬間を逃さないデジカメ【とんでもなく進歩したデジカメ特集】

どうせデジカメなんて、どれも同じ・・・ なんてこと思ってない?

そう思ってる「あなた」は、とてつもなく古い!



たしかに多機能化や小型・薄型化が進み価格もすごく安くなり、誰でもデジカメを持つようになって久しい。

ところが、デジカメは、あなたの知らない間に、とんでもなく進歩しちゃってるいるのだ。



スポーツ好きなのに、決定的瞬間をいつも写真に撮れない。ムービーで録るしかない。

と、スポーツ観戦も子どものスポーツや運動会でも写真を撮るのをあきらめてるあなた・・・



もう悩み解消! カシオ EX-FS10があれば、もう決定的瞬間は、あなたのものだ!



カシオといえば、カメラの高速起動。最近ではスローモーションムービー撮影でスポーツに強~いデジカメをだしているメーカーだ。

でも、スローモーションムービーが撮影できるデジカメって、そこそこ高くて大きいと思っていたでしょ。



ところが、小型・軽量にも強いカシオがやってくれたのだ。



EX-FS10は、コンパクトデジカメのサイズでスローモーションムービーが撮れるデジカメなのだ。

それだけじゃない。決定的瞬間を逃さない機能が満載なのだ。



決定的瞬間を撮ろうと思ってシャッターを切っても、どうしても遅れてしまうもの。このラグタイムを解消してくれるのが「ラグタイム補正」だ。シャッター半押し状態から実際にシャッターを切った瞬間までをさかのぼって、ラグタイム前の写真を記録してくれるのだ。

スローモーションムービー再生 EX-FS10スローモーションムービー EX-FS10




これだけじゃないぞ。

超高速30枚連写だから、1度シャッターを押すだけで、1秒間に30枚も連写できるのだ。これなら愛児の運動会だろうとサッカーや野球のゲームでの決定的瞬間でも、見逃さず撮り尽くせるというものだ。



もちろん、1秒間に最大1,000コマというハイスピードムービー撮影機能も搭載しているから、一生の思い出をスローモーションでも残せるわけだ。動画のクオリティも高画質なHDムービー(画像サイズ1,280×720ピクセル、30コマ/秒)も録れる。そのうえ、ムービー撮影中でも写真が撮れるので決定的瞬間はバッチリキャッチだ。



このカメラ、なにもスポーツだけ得意なわけじゃない。集合写真にも強いって知ってた?

集合写真のネックは、目をつぶっちゃう人だ。いち押しショットならシャッターを押して超高速連写した中から自動で最高のショットを選んでくれるぞ。



■主なスペック

・有効画素数:910万画素、1/2.3

・焦点距離:広角側38mm -望遠側114mm(35mm換算)

・開放F値:3.9-5.4

・光学ズーム 3倍

・手ブレ補正

・液晶サイズ:2.5型TFTカラー液晶、230,400 ドット(960×240)

・顔認識、連写機能

・連続撮影速度 30コマ/秒

・ISO:100- 1600

・最短撮影距離:10cm~50cm(W)

・対応メディア:SDHCカード、SDカード

・内蔵メモリー:約31.9MB

・ハイスピードムービー撮影(音声無し)、HDムービー撮影、STDムービー撮影、パストムービー撮影、YouTube撮影

・電源:リチウムイオンバッテリー

・サイズ:幅 97.1mm×高さ 59.4mm×奥行き 16.3mm、重量 119g



カシオ計算機 EX-FS10



【デジカメ調査室】をもっとみる

頭脳をもったカメラ? 大切な人を覚えてくれるデジカメ




ネットブックキラーの秘密兵器!「光センサー液晶パッド」の謎に迫る【最新ハイテク講座】

シャープが2009年4月21日に発表した「新生・Mebius(メビウス)」は、ネットブック市場を見据えたノートパソコンだが、既存のネットブックと大きく異なる点は世界初の「光センサー液晶パッド」を搭載しているところだ。

入力革命!光センサー液晶ノートPC「新生・Mebius」発表会



「光センサー液晶パッド」は、液晶パネルでありながらセンシング方式により手書きとタッチ入力を実現しているのだ。表示された画面上で操作できる世界初のポインティングデバイスということもあり、その仕組みは誰しも気になるところだろう。



そこで今回は、新生メビウスの秘密兵器ともいえる「光センサー液晶パッド」にフォーカスしてみた。


■「光センサー液晶パッド」ってなんだ?

「光センサー液晶パッド」とは、読んで字のごとく、光センサーを用いた液晶付きパッドのことだ。ノートパソコンのパッド部分が液晶画面になっていると思えば、直感的に理解しやすいだろう。





■イイトコどりの「光センサー液晶パッド」

光センサー液晶パッドは、これまでのノートパソコンに採用されていた抵抗膜方式や静電容量方式のそれぞれの良い特徴を備えたパッドとなっている。



タッチパネル液晶のノートパソコンは、普通のノートパソコンに比べて画面がクッキリと映っていないと思った人はいないだろうか。これは、タッチパネルに必要なタッチセンサーや保護膜を液晶パネル表面に貼り付けているためで、そのぶん画面がクッキリと映らない。いうなれば、色の入ったガラスごしに外の景色を見ているのと同じようなものなのだ。



それに対して光センサー液晶パッドは、従来のタッチパッドのようにタッチパネルを貼る必要がないので、表示品質の向上を図るとともにパッド自体の薄型化を実現することができる。





■「光センサー液晶パッド」の技術

光センサー液晶パッドの構造だが、液晶画面にスキャナーの光センサーが付いたと思えば、わかりやすいだろう。



液晶パネルを虫眼鏡などで拡大して見ると、液晶のピクセルとピクセルの間には、何も表示されない部分(格子)が存在する。この格子の部分に光センサーを組み込んだものが「光センサー液晶パッド」というわけだ。





■新生メビウスに見る「光センサー液晶パッド」の実力

シャープの新生メビウスでは、「光センサー液晶パッド」は次の2つの特徴を持っている。



・タッチ操作+画面表示

マルチタッチのジェスチャー対応タッチパッドとして使えるだけでなく、操作に反応する画面表示が加わることで、楽しく面白い仕掛けを入れることができる。

メビウスでは、指の動きに合わせてネコや花などのキャラクターが動いてくれる。



・指タッチとペン入力の両立

指でのマウスカーソル操作や操作選択に加え、ペンでの手描き入力をひとつのデバイスで実現できる。新生メビウスには、ニンテンドーDSのようにタッチ入力を受けつけるユニークなタッチソフトがいくつか用意されている。



電卓表示機能では、「光センサー液晶パッド」に電卓を表示させ、指やペンにより数値を入力して計算が実行できる。



さらに、広辞苑をはじめ、よく使う7種類※の辞書を標準で内蔵しており、読みのわからない漢字でも直接手書きで入力ができるほか中国語や韓国語も手書きでの入力ができる。まさに至れり尽くせりだ。

※学研 新世紀ビジュアル大辞典、漢字源第3版 JIS第1・第2水準版、スーパーアンカー英和辞典 初版、スーパーアンカー和英辞典 初版、現代新国語辞典 改訂第三版、パーソナルカタカナ語辞典



表1.タッチパネルの種類と性能
入力光センサー方式抵抗膜方式静電容量方式
ペン入力×
指タッチ
マルチタッチ×
簡易スキャン××






■「光センサー液晶パッド」が作る未来

新生メビウスの搭載機能として登場した「光センサー液晶パッド」だが、同パッドは独立したデバイスとして搭載されているとのことで、シャープでは他社からの要望があれば、光センサー液晶パッドの技術をOEMで供給することも検討しているという。



「光センサー液晶パッド」は、今のところ新メビウスにしか搭載されていないわけだが、直感的でわかりやすいインターフェイスであるだけに電子辞書やプリンター、電子レンジなどの操作パネルとして急速に普及する可能性を秘めたデバイスといえるだろう。





参考:

メビウス

シャープ



■こちらもオススメ!最新ハイテク講座 最新ニュース

PCもケータイも不要!インターネットはMID時代へ?

ネットブックでゲームもブルーレイもOK!低価格PCの切り札「ION」

知らないと流行に乗り遅れる? テレビからゲーム機まで繋がる「DLNA」

空気の見えない汚れも分解する!現代の浄化魔法「プラズマクラスター」技術

お部屋で森林浴も楽しめる!「空気清浄機」の最新事情

【最新ハイテク講座】をもっとみる

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ