ITライフハック
ITライフハック

【気になるトレンド用語】誰のためのデジタル著作権!"DRM"は本当に必要なのか?

アップルの世界最大の音楽配信サービス"iTunes Store"が、DRMを適用していないEMIの音楽コンテンツ販売を開始するといったニュースが報じられるなど、"DRM"という用語がにわかに話題となっています。



DRMは、デジタルデータ化した音楽や映画などの映像のコピー(複製)を制限する技術です。デジタルデータは、オリジナルと同品質のデータを複製でき、普及したインターネットを利用して複製データの配布・交換が容易に行えるため、音楽・映像製品の販売の影響が出ることが理由としてあげられています。



一方、DRMは、消費者が購入した音楽や映像のコンテンツ利用に制限をかけるため、著作者・制作者の利益を守る立場と消費者の購入コンテンツを利用する権利との間で論議が度々おこる問題でもあります。



今や累計1億台を突破した"iPod"の普及を含め、デジタルプレーヤー全盛の時代となり、デジタルコンテンツの著作権をめぐる問題は、DRM技術と切り離せないものとなっているといえるでしょう。



今回はそんな、DRMについて見ていきましょう。



■DRMって、なんのこと?

DRMは、"Digital Rights Management"の略称で、デジタル著作権管理のことを指します。音楽や映像など、デジタルデータにおける著作権管理技術や手法の総称として使われています。



目的は、デジタルデータの著作権を保護するため、コピー(複製)を制限することです。一般には、音楽・映像データのコピー制限として知られていますが、広くは画像の"電子透かし"などもDRMに含まれています。

音楽・映像などのデジタルデータは、コピーによる品質劣化がないことから、インターネットを介した違法な配布や交換が簡単にできてしまいます。こうした違法行為を防ぐために、DRM技術が利用されています。



利用方法は、メモリーカードなどへの内蔵、プレーヤーソフトやファイルの受信・転送ソフトでの搭載などがあります。主なDRM技術の例は、"iTunes Music Store(現iTunes Store)"で販売される音楽ファイル (AAC形式) が有名です。



■DRMの問題点

●業者の著作権保護と消費者の利用権

映画や音楽産業などの著作権を保有する業者は、自らの利益を守るために"DRM技術"は必要であると主張しています。しかし、DRMは、複製以外にも、著作権法によって認められている範囲の利用も制限されることが多く、購入製品を自由に"私的利用"する権利を妨げているという主張もあります。



●再生・利用の保証への懸念

DRM技術は、その多くがメーカーによって提供されており、技術の詳細は一般公開されていません。このことから、DRM技術を提供するメーカーが倒産した場合、購入コンテンツに利用についての懸念もされています。



■激化するメーカーとハッカーの攻防

●DRM回避は違法

DRMを回避するために、ソフト・ハードウェアを改造、またはリバースエンジニアリングして解析すると、米国のデジタルミレニアム著作権法 (DMCA法) 違反となります。



●DRM技術をめぐる攻防

初期のDRM技術には、DVD映像を暗号化するCSSなどが有名です。CSSは"鍵"暗号利用していましたが"固定鍵"を使用していたため、"鍵"がリバースエンジニアリングによって公開されたことで、今日では大きな効力を失っています。



現在のDRM技術は、再生ソフト"iTunes"や"Windows Media Player"などで、暗号化したデータを復号しながら再生するものが多く利用されています。これらは、ソフト内に"鍵"を内蔵するので、利用期間を設定することでコンテンツを再生不能にすることができます。しかし、同方式は、リバースエンジニアリング(違法)で仕組みが公開されてしまうと効力を失ってしまいます。





■こちらもオススメ!イマドキの"用語"を解説

【気になるトレンド用語】"FON"は無線LANの無料天国をつくれるか?

【気になるトレンド用語】"読み逃げ"は新ネチケットなのか?

【気になるトレンド用語】これであなたも"PASMO"通!





iTunes Store

Apple



Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【デジカメ調査室】生まれ変わった斬新タテ型"ボディ"!写真で見る「PowerShot TX1」

キヤノンから2007年4月下旬に発売予定の「PowerShot TX1」は、今までのPowerShotシリーズからデザインを一新し、斬新かつ洗練された"タテ型ボディ"に変身した。有効画素数は710万、コンパクトなボディに新開発の光学10倍ズームレンズを搭載し、回転するバリアングル液晶で撮影時のアングルも自由自在。カラーはシルバー1色で、価格はオープンプライスだが、実勢価格は5万円前後となる見込みだ。


■デザイン一新!斬新なタテ型"ボディ"を写真で見てみよう

キヤノンの"PowerShotシリーズ"は、コンパクトデジカメ入門機から1,000万画素の高画質機、乾電池対応のものまで、多彩なバリエーションを揃えたシリーズ。そのなかでも今回PowerShot TX1は、初の縦型スタイルでの登場だ。外見は、ぱっと見には小型のビデオカメラのようにも見える。そもそもコンパクトデジカメで縦型を採用しているのは、三洋電機のデジタルムービーカメラ"Xacti"とこのTX1の2種類のみで、人目をひく斬新なデザインが魅力だ。



シンプルなメタルボディは、W88.8×H59.9×D29.0mm(突起部を除く)、重さは約220g(本体のみ)と手のひらサイズ。一般的な横スタイルの薄型デジカメと比べてやや厚めだが、この厚みのおかげで安定して握りやすく、本体上部にあるシャッターを押したときも手ブレしないようになっている。



レンズは、内蔵式カバーで保護され、無造作にカバンに入れてもキズや汚れを気にせずにすむのが嬉しい。操作性も考慮され、各種ボタンは親指が届く範囲にレイアウトされている。握った手を持ち替えることなく、親指1本でさまざまな機能を直感的に選べ、片手でラクに使える快適設定だ。



液晶は、約11.5万画素、広視野角の1.8型ポリシリコンTFTで、向きを自由に変えられる"バリアングル液晶"を搭載。記録メディアは、SDメモリーカード/マルチメディアカード/MMCplusカードのほか、高速・大容量なSDHCカードに対応。バッテリーは専用のリチウムイオン電池を使用し、フル充電で約160枚撮影可能だ。



詳細レビュー:デジカメだって小粋に使いたい!生まれ変わった斬新タテ型"ボディ"の「PowerShot TX1」



■これもオススメ!デジカメニュース

超高倍率ズーム搭載!遠くの被写体もバッチリ撮影「CAMEDIA SP-550UZ」

地球をまるごと撮る!アウトドア派デジカメ「Optio W30」

冴え渡る高感度!夜間撮影を極めたオリンパス「FE-250」

鮮烈のズームパワー!賢いマダム御用達デジカメ「LUMIX TZ3」

輝きを放つセレブな高性能「お嬢様カメラ」LUMIX FX30レビュー





PowerShot TX1

CANON



編集部:南郷 あかり

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ