ITライフハック
ITライフハック

ネットブックを自分らしく!画像を替えるワザ5連発【知っ得!虎の巻】

日頃常に持ち歩くネットブック。せっかくなので壁紙だけでなく、アカウント画像やアイコン画像を自分らしくカスタマイズし、徹底的に「自分マシン」にしてみよう。もっと親しみが増すはずだ。


■知っ得 No.0090 PC上のいろいろな画像をオリジナルにするワザ5

携帯電話や携帯ゲーム機などを、自分好みに飾り付けする人も多いだろう。仕事に使うネットブック、さすがにデコったりすることはできないが、いろいろな画像を自分好みに替えて、自分らしさをアピールしてみよう。



●ユーザーアカウント画像をオリジナルに

まずは起動する際に表示されるユーザーアカウント画像。もともとWindowsにはいろいろな画像が用意されているので、中から好みのものを選択している人もいるだろう。実はここで使用する画像には、オリジナルのものを設定できる。



使用できる画像は「マイ ピクチャ」フォルダに入っているものなので、まずはこのフォルダの中に画像を保存しておこう。



[スタート]メニュー-[コントロールパネル]を選択してコントロールパネルを起動する。[ユーザーアカウント]-[画像の変更]を選択し、画像を選択する画面で、[ほかの画像を参照する]をクリックする(画面1)。[ファイルを開く]画面が開き、「マイ ピクチャ」フォルダが表示されるので、使用したい画像を選んで[開く]をクリックする。これでアカウント画像が変更される。

画面1 画像を選択する画面で、[ほかの画像を参照する]をクリックする


●メッセンジャアカウント画像をオリジナルに

Windows Live Messengerを利用している場合、このアカウント画像もオリジナルなものに変更することができる。



Windows Live Messengerの画面で表示名部分をクリックし、[表示アイコンの変更]を選択する(画面2)。[表示アイコン]画面で[参照]をクリックし(画面3)、[ファイルを開く]画面で使用したい画像を選んで[開く]をクリックする。これで表示アイコンが変更できる。

画面2[表示アイコンの変更]を選択する画面3[表示アイコン]画面で[参照]をクリックする


●フォルダの縮小表示をオリジナルに

エクスプローラで縮小表示を選んだときに表示されるフォルダのアイコンに、オリジナルの画像を表示することができる。パッと見た目でフォルダを区別できるので便利だ。



まずはオリジナルにしたいフォルダを右クリックし、[プロパティ]を選択する。プロパティ画面の[カスタマイズ]タブで[画像の選択]ボタンをクリックし(画面4)、[ファイルを開く]画面で使用したい画像を選んで[開く]をクリックする。これでフォルダの縮小表示に設定した画像が表示されるようになる(画面5)。



なお、[カスタマイズ]タブの[フォルダアイコン]の[アイコンの変更]ボタンをクリックすると、アイコンファイルの中から選んで、フォルダアイコンを好きなアイコンに変更することができる。アイコンファイルはネット上からダウンロードすることもできる。

画面4 プロパティ画面の[カスタマイズ]タブで[画像の選択]ボタンをクリック画面5 これでフォルダの縮小表示に設定した画像が表示されるようになる


●壁紙画像をオリジナルに

Windowsの壁紙画像もオリジナルにしてしまおう。[スタート]メニューからコントロールパネルを開いたら、[デスクトップの表示とテーマ]-[デスクトップの背景を変更する]を選択する。[画面のプロパティ]で、[参照]ボタンをクリックし(画面6)、[ファイルの参照]画面で使用したい画像を選んで[開く]をクリックしよう。

画面6[画面のプロパティ]で、[参照]ボタンをクリックする


●スカイプアカウント画像をオリジナルに

スカイプを利用しているなら、このアカウント画像もオリジナルのものに変更しよう。この画像は相手側にも表示されるので、印象に残るものを選択したいところだ。



[パーソナライズ]ボタンをクリックし、[画像の変更]を選択する(画面7)。[プロフィールピクチャの設定]画面が開いたら、[選択]ボタンをクリックし(画面 8)、[自分の画像を選択]画面で使用したい画像を選択し、[開く]をクリックする。これでアカウント画像にオリジナル画像を設定することができる。

画面7[パーソナライズ]ボタンをクリックし、[画像の変更]を選択する画面8[プロフィールピクチャの設定]画面が開いたら、[選択]ボタンをクリックする


このように、意外といろいろな所でオリジナルの画像を利用することができる。せっかくの自分だけのネットブック、オリジナリティーあふれるマシンにしてみよう。







■こちらもオススメ!PC 最新ニュース

ネットブックの文字入力が楽になるワザ5連発!

マウスの動きでアプリを軽快に操作しよう

ネットブックに救世主!キー入力を改善しよう

ビジネス文章の作成を定型文で短縮しよう



【知っ得!虎の巻】バックナンバー一覧



編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス)

制作編集:エヌプラス

Copyright 2009 livedoor. All rights reserved.

ネットブックでゲームもブルーレイもOK!低価格PCの切り札「ION」【最新ハイテク講座】

パソコン業界に一大センセーションを巻き起こしたネットブック。その人気は今も衰えるどころか、いっそう拍車が掛かっている。パソコンメーカー各社も単に安いだけでなくデザインや操作性などを向上した製品の投入にシフトし始めた。



ネットブックの魅力はなんといっても低価格な本体だが、高度なグラフィックス処理が必要な3Dゲームを楽しむのは苦手だ。



そんなネットブックの世界が、今、大きく変わろうとしている。Atomとビデオアクセラレーターチップをあわせた「NVIDIA IONプラットフォーム」(以下ION)採用の低価格なパソコン「AspireRevo」が発表されたのだ。

エイサー、世界初の“NVIDIA ION”ベースのAtom搭載コンパクトデスクトップ「AspireRevo」 - ITmedia +D PC USER



そこで今回は、ネットブックが高性能マシンとなる大注目の「ION」にフォーカスしてみた。





■ネットブックをスーパーにする「ION」ってなんだ?

IONとは、高機能なビデオチップを提供するメーカーとして知られるNVIDIAが提供するプラットフォーム「NVIDIA ION graphics processors」だ。



パソコンメーカーはIONを導入することで、高性能なパソコンを安価に作れるというメリットがある。





■IONのすごさは、高速グラフィックスだ

ネットブックが3Dゲームに向かないのは、ビデオアクセラレーターチップを内蔵していないからだ。とはいえ、現行のビデオカードに採用されているチップはそれ自体が高価であり、プラットフォーム的にもネットブックに搭載するのは難しかった。



IONは、開発段階から低価格なパソコンを視野に入れているので、メーカーは自社のパソコンに安価に導入できる。ネットブックで実績のあるAtomプロセッサにビデオアクセラレーターチップ(GeForce 9400M G)を組み合わせているので、ネットブックにも導入しやすいというわけだ。





■IONでこれだけ変わる

IONを採用したエイサーの小型パソコン「AspireRevo」では、オンボードのビデオチップと比べて5~10倍のパフォーマンスがあるとしている。



さらにブルーレイソフトやハイビジョンで配信される映画の再生を可能にするうえ、ストリーミングで配信されている動画や携帯電話で撮影した動画を高画質で再生する機能を備えているという。



NVIDIA and Acer Disrupt the Market with Amazingly Small, Green, Full-featured PC - NVIDIA





■IONが作るパソコンの未来

ION採用の「AspireRevo」は、OSにWindows Vista Home Premiumを採用した低価格なデスクトップパソコンとして発売される予定。高機能なグラフィックスによりWindows Vistaの3D機能をフル活用できるうえ、DirectX 10対応のゲームもサポートする。



パソコンで3Dをスムーズに処理するためには、高性能なCPUとビデオカードを搭載した大きなデスクトップパソコンを必要としてきたが、IONの登場により弁当箱サイズのデスクトップパソコンでもストレスなく3D処理を可能とする製品を投入できるようになる。IONは低価格パソコン向けのプラットフォームなので、ネットブックに採用されるのも時間の問題といえるだろう。







■こちらもオススメ!最新ハイテク講座 最新ニュース

知らないと流行に乗り遅れる? テレビからゲーム機まで繋がる「DLNA」

空気の見えない汚れも分解する!現代の浄化魔法「プラズマクラスター」技術

お部屋で森林浴も楽しめる!「空気清浄機」の最新事情

屋外でも光の高速ネットを実現!「UQ WiMAX」の仕組み

ハイビジョン液晶テレビ「ブラビア」の省エネ技術をさぐる

【最新ハイテク講座】をもっとみる

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ