ITライフハック
ITライフハック
■編集部よりお知らせ■

8月15日および16日は更新をお休みします

【知っ得!虎の巻】パソコンの動作が不安定!どうする

フリーソフトや市販ソフトをインストールしたり、周辺機器を追加することで、パソコンの使い道はいろいろと広がっていく。ところが、パソコンの構成はメーカーによって様々で、これらのソフトを追加したことで動作が不安定になったり、起動できなくなったりする。自分のパソコンがそんな症状に陥ってしまうと、どうしたらよいのかわからず慌ててしまう人もいるのではないだろうか。



こんなときの対策として知っておくと役に立つのが、Windows XPの標準の機能である「システムの復元」だ。システムの復元は、以前の正常な状態で動作していたときの状態にパソコンを戻す機能である。定期的にシステムの状態を復元ポイントとして保存しており、システムに不具合が起こった場合に、正常に動作していたときの復元ポイントを選択することで、そのときの状態に復元することができる。



システムの復元を利用するには、Windowsが起動できていることが前提となる。OSが完全に起動し終わる前に不安定になり正常に起動できないという場合は、セーフモードを試すとよいだろう。セーフモードから、「システムの復元」を実行することでトラブルを解決できる場合もある。


■知っ得 No.0041 システムの復元でパソコンを正常に戻そう

パソコンのシステムの動作が不安定になってしまうと、動作がぎこちない、フリーズする、起動できないなど、作業ができない状態になり困ってしまうだろう。



OSを再インストールする方法もあるが、あとから追加したソフトをいちからインストールする必要があるので、手間がかかる。再インストールの前にパソコンを以前の状態に戻す「システムの復元」を試してみよう。これで、不安定になる問題が解決すれば、面倒な再インストールなどの作業をしなくて済む訳だ。



[スタート]メニューから、[ヘルプとサポート]を選択する(画面1)。[コンピュータへの変更をシステムの復元で元にもどす]をクリックする(画面2)。

画面1[スタート]メニューから、[[ヘルプとサポート]を選択する画面2[コンピュータへの変更をシステムの復元で元にもどす]をクリック
画面1[スタート]メニューから、[[ヘルプとサポート]を選択する画面2[コンピュータへの変更をシステムの復元で元にもどす]をクリック

太文字になっている日にちが、復元ポイントが保存されている日にちになる。正常に動作していたとおもわれる日にちをクリックする(画面3)。選択した復元ポイントの確認が表示される。[次へ]をクリックする(画面4)。

画面3 正常に動作していたとおもわれる日にちをクリック画面4 選択した復元ポイントの確認が表示される
画面3 正常に動作していたとおもわれる日にちをクリック画面4 選択した復元ポイントの確認が表示される

[システムの復元]が開始される。復元が終わると自動的に再起動される(画面5)。再起動後に「復元が完了しました」のメッセージが表示される。[OK]をクリックすると通常のウィンドウに戻るので動作に問題がないか確認してみよう(画面6)。

画面5 復元が終わると自動的に再起動画面6「復元が完了しました」のメッセージを表示
画面5 復元が終わると自動的に再起動画面6「復元が完了しました」のメッセージを表示

復元を行うことで、そのポイントよりあとにインストールしたソフトウェアやドライバは消されてインストールする前のシステム環境に戻る。

ここで不安になるのが、復元ポイントより後に作成したファイルは大丈夫なのかということだ。



例えば、昨日作った書類のファイルがあるが、システムが不安定になったので1週間前の復元ポイントの状態に戻したいという場合だ。このような場合、作成したファイルや電子メールは、以前の復元ポイントに戻してもきちんと保持されるので安心してほしい。



次のページでは、復元ポイントを作成する方法やシステムの復元の保存、セーフモードでの起動法などを紹介しよう。●復元ポイントを作成する

復元ポイントは定期的に記録されるが、ソフトウェアやドライバをインストールする前の状態を復元ポイントとして記憶しておきたい場合もあるだろう。このようなときには、[復元ポイントの作成]を実行することで、その時点での復元ポイントの作成ができる。



自分で復元ポイントを作成する場合は、[復元ポイントの作成]を選択する(画面7)。

画面7[復元ポイントの作成]を選択
画面7[復元ポイントの作成]を選択

なお、復元ポイントを選択して実行する場合は、自動的に復元操作をする前の状態が保存されるので自分でポイントの作成を行わなくてもよい。



●システムの復元の保存

システムの復元は、コントロールパネルから[パフォーマンスとメンテナンス]-[システム]を選択し、[システムのプロパティ]ダイアログボックスで設定できる。



定期的に保存されたポイントを元に復元する訳だが、通常では復元に使うハードディスクの領域は対象のハードディスク総容量の12%が設定されている。ハードディスクの容量を有効に使いたいという場合は、割り当てる割合を減らすこともできる。たたし、減らすことにより過去の復元ポイントの保存できる数は減ることになるので、減らしすぎには気をつけよう。



対象のハードディスクを選択し、[設定]をクリックする(画面8)。スライダを移動することで、復元ポイントで利用するハードディスク容量の割合を調整できる(画面9)。

画面8 対象のハードディスクを選択画面9 ハードディスク容量の割合を調整
画面8 対象のハードディスクを選択画面9 ハードディスク容量の割合を調整

●セーフモードを起動するには

セーフモードは、最小限の機能でWindowsを起動するモードだ。常駐アプリケーションなどが動作しない状態で起動するため、常駐アプリケーションのインストールによる動作の不具合などは解決できる。セーフモードでも、[システムの復元]は利用できるので、システム起動できない場合は、セーフモードから実行してみよう。



セーフモードを起動するには、パソコンを起動したらすぐに[F8]キーを押す。すると[Windows 拡張オプション メニュー]が開くので、セーフモードを選択すればよい。



キーボードの矢印キーで[セーフモード]を選択し、[Enter]キーを押す(画面10)。

画面10 キーボードの矢印キーで[セーフモード]を選択
画面10 キーボードの矢印キーで[セーフモード]を選択

[F8]キーを押すタイミングが分からない場合は、起動した際ビープ音が鳴った直後くらいから連打してみよう。





■こちらもオススメ!PC 最新ニュース

Office 2007で作成したファイルが開けない

Outlook Expressを消してセキュリティを強化しよう

パスワードでセキュリティを高めよう

パソコンの画面を画像に残したい

【知っ得!虎の巻】バックナンバー一覧





編集部:篠崎 哲(ジャムハウス)

制作編集:エヌプラス

Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.

【IT革命児】オープンなOS「Linux」の創造主 リーナス・トーバルズ

パソコンには、「OS」と呼ばれる基本ソフトウェアがインストールされている。OSは、Operating Systemの略で、ハードウェアとソフトウェアの受け渡しをする重要な役割を担う基本ソフトウェア。Officeソフトなどのアプリケーションを使えるのもOSがあるおかげだ。OSはパソコンにとって必要不可欠な存在で、OSがなければパソコンはタダの箱に過ぎないと言っても過言ではないであろう。そんなOSには、WindowsやMac OSなどのほかに、「Linux(リナックス)」と呼ばれるOSが存在する。



マイクロソフトのWindows VistaやアップルのMac OSなどは一般の人にも知られている代表的なOSだが、これらのOSとLinuxの大きな違いをひとつあげるとすれば、LinuxはGPL※と呼ばれるライセンスのもとに誰でも自由に改変・再配布できる点だ。いうなれば、WindowsやMac OSがメーカーの所有物とすれば、LinuxはユーザーのモノといえるOSなのだ。

※GNU General Public Licenseの略称。著作権を保持したまま、誰でも改変・再配布を自由に行えるソフトウェア



このような革新的なOSであるLinuxは、どのようにして誕生したのだろうか? 開発者であるリーナス・トルーパーズ(Linus Benedict Torvalds)氏の半生とともに、Linuxの歴史をみてみよう。




■Linuxを大学時代に開発

リーナス・トーバルズ氏は1969年12月28日、フィンランドの首都ヘルシンキで産声をあげた。父はニルズ・トーバルス氏、母はアンナさんで、両親は1960年代にヘルシンキ大学の左翼活動家であった。祖父は、詩人のオーレ・トーバルス氏。ちなみに「リーナス」という名前は、アメリカの著名な量子化学者 ライナス・ポーリング氏に由来する。



リーナス・トーバルズ氏は1988年、ヘルシンキ大学に入学してコンピュータ科学を専攻。1990年にUNIXとC言語を学び、1991年にUNIX互換のOS「Linux(Linus's Minix)」を開発して一般公開する。その後、Linuxに関する論文「Linux: A Portable Operating System※」を執筆、計算機科学の修士号を取得した。ちなみに、Linuxのマスコットとして知られているペンギンは、リーナス・トーバルズ氏の個人的なマスコット「Tux(タックス)」をイメージして使われている。

※移植性の高いオペレーティングシステム



リーナス・トーバルズ氏は、1997年2月からコードモーフィング・マイクロプロセッサの開発で有名なトランスメタ社で働いていたが、2003年6月からオレゴン州ビーバートンにあるOpen Source Development Labsに移籍し、OSDL特別研究員(フェロー)となった。



リーナス・トーバルズ氏は、アメリカのカリフォルニア州サンノゼで長年生活していたが、2004年6月にオレゴン州ビーバートンに家を購入し、そこに移住する。家族構成は妻のトーベさんと3人の娘さんに、猫のランディ。トーベさんは空手のフィンランド選手権で6度の優勝経験を持つ奥様だ。



リーナス・トーバルズ氏は現在、公式のLinuxカーネルの最終的な調整役を務めている。





■LinuxとはどういうOSか

Linuxは、大学や企業を中心に普及しているOSで、Linuxをインストールしたコンピューターをサーバーとして使用しているところもあるほどだ。



Linuxは、もともとカーネル※のみを指す呼称であるが、カーネルにGNUプロジェクトのソフトウェアをパッケージ化して配布を可能したものも「Linux」と呼ばれている。今日入手できるLinuxの中には、いくつかの種類があり、WindowsやMac OSのようにグラフィカルなユーザーインターフェイスを利用できるLinuxも登場している。

※OSの基盤となる中核ソフトウェア



リーナス・トーバルズ氏がLinuxを開発した当時は、CPUにIntel 80386を搭載したIBM PC/AT互換機が世の中に登場した時期にあたる。同じ32ビットのコンピューター環境であるワークステーションやミニコンピューターと比較すると、IBM PC/AT互換機は安価で容易に入手ができた。ところが、当時の商用UNIXは非常に高価であり、UNIX互換のMinixも教育向けという立場から機能的な面で満足できるOSでなかった。このことがLinuxを開発するキッカケとなった。



初期のLinuxは、OSとしての基礎的な機能しか持ち合わせていなかったが、入手が容易で自由に改変できる点が多くの人々に受け入れられ、Linuxは加速度的な高機能化を遂げることになる。



●「Linux」の読み方

Linuxは、様々な読み方をされているOSでもある。英語発音のリナックスを筆頭にライナックス、リーナクス、リヌックス、リヌクス、リーヌークスなど、ほかのOSとは比べものにならないほど多い。リーナス・トーバルズ氏は、スウェーデン系フィンランド人であることからスウェーデン語の発音「リーヌークス」と表記するのが正しいとおいう意見もある。



読み方について開発者であるリーナス・トーバルズ氏は、「どのように呼んでもらっても構わない」としており、過去に出演したドキュメンタリー番組では、「リナックス」という読み方を使っている。





●Linuxは一般に普及しているか

Linuxは無償で入手できるOSだが、一般ユーザーへの普及はどうであろうか?



Webアクセス解析のサービスを提供するW3Counterが発表した結果によると、Linuxのシェアは2008年2月29日現在、2.01%となっている。1位のWindows XPに比べると1/39程度のシェアだが、LinuxとWindows 98がほぼ並んでいた(2007年8月30日の調査)ことを考えると、最近の5ヶ月で逆転したことになる。



表1.OSの種類とシェアの関係
順位OSの種類シェア
1Windows XP79.12%
2Windows Vista6.48%
3Mac OS X4.95%
4Windows 20003.29%
5Linux2.01%
6Windows 981.05%
7Windows 20030.73%
8Windows ME0.38%
9Windows NT0.06%
10WAP0.03%
※W3Counter調査。2008年2月29日現在




※参考

Global States(英文) - W3Counter



Linuxの普及は、コンピューターだけにとどまらず、携帯電話や携帯情報端末(PDA)などの小型端末向けの組み込み型OSとしても浸透しつつある。





■Linuxと歩む人生

Linuxは、世界的に有名なOSとなったが、開発者であるリーナス・トーバルズ氏の社会的な認知度はどれぐらいなのだろうか? 彼にとってのプログラミングとは何なのか?



●最も優秀な経営者の一人

2001年にリチャード・ストールマン氏は、武田賞を坂村健氏とともに受賞している。海外では、2000年のTIMEにインターネット投票で「今世紀の100人」の17位にランクインされ、2006年のTIMEでは「60 Years Of Heroes」にも選ばれている。経営者としても注目されており、2005年のBusiness Weekでは、最も優秀な経営者の一人に選出されている。

※武田賞:財団法人 武田計測先端知財団がノーベル賞100周年にあたる2001年に設立した顕彰制度。人類に富と豊かさ・幸福をもたらす工学知の創造とその活用において、顕著な業績をあげた人に対して与えられる。





●プログラミングは「楽しみ」

リーナス・トーバルズ氏は、自叙伝「Just for Fun」※の日本語版となる「それがぼくには楽しかったから」デイビッド・ダイヤモンド著、風見潤訳(小学館プロダクション刊)の発売を記念して来日した際、Linux関係者とのディスカッションで、Linuxをビジネスにしなかった理由は「興味がなかったから」と述べている。



リーナス・トーバルズ氏にとってプログラミングは、オープンソースにはコミュニティを作り上げていく醍醐味を味わう「楽しみ(Fun)にすぎない」のだそうだ。



楽しみの中から生まれたOSだからこそ、Linuxを支えるコミュニティには熱心な開発者が多いのだろう。



「長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしている。新しいものが出てきたときに、そのほうが自由に対応できるから。」リーナス・トーバルズ







リーナス・トーバルズ | Linux - ウィキペディア

渋谷に現れたリーナス、日本の技術者らと懇談 - @IT

財団法人 武田計測先端知財団 - 法人サイト

Linus Torvalds(英文) - Business Week

The Person of the Century Poll Results(英文) - TIME

60 Years of HEROS(英文) - TIME

The homepage of a WWW-illiterate(英文) - リーナス・トーバルズの公式サイト



■こちらもオススメ!最新の革命児 最新ニュース

WordやExcelを開発した天才は、宇宙旅行の夢もかなえた「チャールズ・シモニー」

人類の英知を集結!ウィキペディアの父「ジミー・ウェールズ」

就職したいIT企業の上位!Googleの教祖「ラリー・ペイジ」

ドリームメーカー!伝説を生み出す男「スティーブ・ジョブス」

【IT革命児】バックナンバー一覧





編集部:関口哲司

Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ