ITライフハック
ITライフハック

【アキバ物欲】自衛隊も御用達の武器の店!実用性のないモノこそが必需の品だ

サブカルチャーの街であるアキバには、ほかの街ではあまりお目にかかれない面白いショップが多い。模造武具の店「武器屋」もそういったショップのひとつ。武器マニアでなくても、ワクワクできる不思議な世界をもった店鋪だ。


■不必需品が必需品! - 磯野氏

今回、「武器屋」の仕掛け人である有限会社ヴァイスブラウレジデンツ 代表取締役 磯野圭作氏にお話を伺うことができた。磯野氏は、かつてアキバでバイトをしていた経験があり、いつの日かアキバに自分の店を出したかったという。同社はもともとは映画の大道具を扱っていた会社で、東京で模造武具の店舗を出すにあたり、似合う街はやはりアキバしかなかったという。

剣を持つ 磯野氏全身タイプの西洋甲冑
剣を持つ 磯野氏全身タイプの西洋甲冑

お店の一番の特徴を磯野氏にうかがったところ、「一般社会で実用性があるものはひとつもない」との驚くべきこたえがかえってきた。磯野氏によると、人間は一定の社会的レベルに達するとゲイジ的欲求を欲し、見栄をはるためのモノが欲しくなるのだそうだ。生活に必要なモノ(必需品)が行き渡ると、次に欲しくなるモノが不必需品なモノだという。磯野氏の言葉を借りれば「不必需品が必需品」になるという訳だ。



日本は世界でも屈指の「刀剣類所持規制」の厳しい国である。「武器屋」が扱っている商品は、すべて「模造武器」と呼ばれるモノだ。お客さんは、年齢を問わないそうで、なんと3割は女性客だという。詳しくうかがってみると、コスプレのアクセサリとして商品を購入されることが多いそうだが、女性購入者の3割のうちの1割は本当に武器が欲しい女性というから驚きだ。



同店は国内で流通している模造武具であれば、ほとんどの商品を取り扱っており、自衛隊に儀礼刀も卸している。映画やテレビ番組にも模造武具を提供、よく知られた映画では山田洋次監督の「隠し剣鬼の爪」の武器も同社からの提供による。同作品は、日本アカデミー賞の最優秀美術賞も得られたことからも、同店の商品クオリティが高いことがうかがえる。

一番上の刀が「自衛隊儀礼刀」18万円(税込み)模擬刀剣類
一番上の刀が「自衛隊儀礼刀」18万円(税込み)模擬刀剣類

一番高価な商品をうかがってみたところ、カタログ上は平安時代の鎧とのことで、気になるお値段は300万~500万円。専門の職人さんによる特注の甲冑であれば、いくらでも凝ることができるので、価格に上限はないという。

今後は、幕末関係の商品、具体的には明治時代の武器を充実させていきたいとのこと。アキバで益々目が離せない店となりそうだ。



■唯一の実用品はマゴの手

「武器屋」は、JR秋葉原駅電気街口を降りて中央通りを渡り、ヤマギワリビナの裏通り宝ビル4階に店を構える。取扱商品は、模擬刀剣や防具。店内に一歩足を踏み入れると、そこはまるで中世のヨーロッパであるかのような錯覚さえ覚える。磯野氏によると、取り扱い商品はすべて何らかの歴史的な裏付けがあり、実用性がない(実際に使えない)以外は忠実に再現されているそうだ。

「武器屋」で販売されている模造武具の数々「武器屋」の入口から店内を見た様子
「武器屋」で販売されている模造武具の数々「武器屋」の入口から店内を見た様子

「武器屋」で唯一の実用品は、刀剣の形状を模したマゴの手。時代劇によく登場する小判入りのお菓子を模した「これでよしなに」も、同店のオリジナル商品。模造小判付きで、5枚に1枚金箔が貼られている。

刀剣の形状を模したマゴの手 500円(税込み)小判入りのお菓子「これでよしなに」5枚入り525円(税込み)/20枚入り1,050円(税込み)
刀剣の形状を模したマゴの手 500円(税込み)/td>小判入りのお菓子「これでよしなに」5枚入り525円(税込み)/20枚入り1,050円(税込み)



写真:写真一覧



■こちらもオススメ!アキバ最新ニュース

【アキバ物欲】"らーめん缶"に対抗!"うどん缶"が早くもブレーク

【アキバ物欲】最先端の3D技術を体験!未来の生活が見られる実証実験の場

【アキバ物欲】ガンダムもエヴァも大改造!1粒で3度おいしい「サウンドロップ」

【アキバ物欲】ご当地らーめん缶が続々と登場!らーめん缶は地方の時代へ

【アキバ物欲】記事バックナンバー



秋葉原/武器屋情報blog版

武器屋



編集部:関口哲司

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【カオス通信】軍人用コンビニ&ロリッ娘の三国志! カルトな特殊ギャグ漫画2連発!

ギャグ漫画にもシュール系、ドタバタ系、ほのぼの系など色々な種類があります。今回はそんな中から、最近単行本が発売された特殊な設定で注目される2作品をご紹介してみます。どちらも万人にはオススメしにくいのですが、人によってはかなり“ツボ”な魅力があります。豊かな漫画ライフの参考になれば幸いです。




■『コンビニDMZ』作:竿尾悟/発行:少年画報社

「いらっしゃいませ!! 野郎ども(ファッキンガイズ)!!」と出迎えてくれるコンビニが舞台のミリタリーギャグ漫画です。お客さんのほぼ全員が軍人。登場人物の皆さんは、普段からライフルで敵を狙撃したり、戦車で市街を砲撃したり、高射砲でヘリを撃墜したりしています。店内はヘルメット脱帽が原則で、銃や爆発物等の持ち込みは禁止、しかも禁煙です。

コンビニの制服と軍服のミラクルなコラボレーションが実現。裏表紙はミリタリー濃度高め。コンビニは戦士のオアシス!





この「コンビニDMZ・ポイントチャーリー店(正式名称)」は紛争地のど真ん中という、あまりにも危険な場所で営業がされています。コンビニの敷地内は非武装地帯(※1)になっているので一応安全なのですが、敷地の外は銃弾やミサイルが飛び交う戦場です。駄菓子を買いに行くのも命がけという、空前絶後のコンビニなのであります。商品の搬入も装甲車で行われ、戦車が護衛で先導します。絵的には補給部隊の移動にしか見えません(移動中、お客さんに誤射されそうになるなど、危険もいっぱい)。

(※1)非武装地帯:「DeMilitarized Zone」略称「DMZ」。



コンビニは日本人が経営する海外支店ということで店長(川口洋一)の気苦労も絶えません。ただ、こんな店を任される人材だけあって、異常なほどに度胸は据わっています。店内で喧嘩が始まった時などは「困りますねぇ。店内でのくそったれのチワゲンカは」と、笑いながら激怒して荒くれ軍人共を黙らせるといった「狂気」を発揮。また、クレーム処理で戦地にスクーターで飛び出して爆撃に巻き込まれながら血まみれで帰還するなど、凄まじいプロ根性を随所で見せてくれます。



他支店との売り上げ競争で月間1位を記録して大喜びする店長の脳天気なポジティブさは、ある意味見習うべきところがあるようなないような……。ちなみに1位の月によく売れた商品が「モルヒネ」「圧迫包帯」というところが“ブラック”で素敵です。読者層がかなり絞られそうな内容にも関わらず、購入した新宿の漫画専門店では結構売れてました(平積みの新刊コミックが並ぶ中、『コンビニDMZ(1巻)』は目立って減っていたのを確認)。



この作品は戦争がネタということもあって、シャレのわからない人には全くもって不向きです。感覚的には“R15指定”くらいな気がします(いろんな意味で)。とりあえず極端に右だったり、左だったりする人はスルーしておくべきでしょう。まあ、この『コンビニDMZ』を引用して自らの思想を語るような人物が現れたら、格好のVIPネタなので話題にはなりそうですが(ブログとかは炎上必死なので、リスクは高そう)。重火器や戦車などの描き込みも気合いが入っていますので、ミリタリー好きにはオススメです。



■『まじかる無双天使 突き刺せ!! 呂布子ちゃん』作:鈴木次郎/発行:スクウェア・エニックス

呂布は三国志最強の武将といわれる武人です。1万数千の敵に数十騎で1日に3~4度突撃し、突撃の度に敵の首を取って帰ってきたとか、劉備・関羽・張飛の三人を相手に一歩も引かずに斬り合ったなど、様々な伝説が語られています。性格の悪さも天下一品で、名馬・赤兎馬欲しさに丁原(養父)を殺害し、美女・貂蝉に惑わされて董卓(養父)を殺害。最後は部下に裏切られて死ぬという波乱の生涯を送りました。


背中に天使の羽を持つ呂布子ちゃん。本編ではスク水とか着ちゃいます。裏表紙に描かれている人物は左から夏侯惇、曹操、典韋。





そんな呂布ですが、本作ではロリッ娘です。女の子です。本名は「呂布奉先」みたいですが、周りからは「呂布子ちゃん」と呼ばれてます。呂布子ちゃんは、最強の「無双天使」になるため、地上へ修行をしにやってきた天使です。お友達の軍師・陳宮と一緒に降臨した場所は、プロレス好きの女子高生・マリエ(14歳)のお部屋。そこを拠点にして、地上で善行を行うと現れる宝玉を7つ集める修行の日々(?)を送ります。



修行といっても、実際は同様の目的で地上に来ているライバルとのバトルがほとんど。他の天使も名前は三国志の英傑達と同じですが、袁術が甘えん坊の美少女だったり、典韋が爆乳で半裸だったり、キャラ設定はかなり独創的なものがあります(曹操がツンデレのイケメンというのはなんとなく納得できるような気が。作者は魏好きか?)。



体力バカの呂布子ちゃんは、家主のマリエに向かって「殺したいクラスメイトとか、殺したい近所のガキとか、殺したいコンビニの店員とか、誰でも殺してやるぞ!」と話して怒られたりするお茶目な性格の持ち主。そもそも無双天使になれば「毎日肉食って…、毎日お昼寝して…、そういう生活ができるんじゃろ?」という考えで動いてるところが、己の欲望に忠実すぎというかなんというか。



あと名前からは想像できませんが、作者「鈴木次郎」は女性です。よく見れば、絵柄に腐女子的なテイストがあるのですが、初見で女性作家と見抜ける人はほとんどいないと思います。作者の脳内は男成分が多く含まれているようで、それは作者のサイト(NIGHT SHIFT DX)のブログにも現れています。ガレージキット(美少女フィギュア)の組み立て&塗装の思い出を語ったり、ドラマの再放送でガッキー(新垣結衣)の良さに気付いて「天使かと思った」とカキコするなど、なかなかの剛の者のようです。



ちなみに『呂布子ちゃん』はアニメ化(OVA)も決まっています。内容は完全オリジナルストーリーで、どうやら設定も結構変わっているようです。萌え系がお好みで、三国志が好きな人は漫画と共にチェックしておくべきかと。





■カオス通信バックナンバー

ハルヒは猪木・超ミニスカ声優に萌える暴走雑誌特集

エヴァが圏外?バラエティ番組はアニメランキングを操作しているのか?

超絶に必見!秋の新『ガンダム』『ハニー』『カイジ』+αの過激解説

エヴァもドラゴンボールも実写化!日本アニメに群がるハリウッド

カオス通信バックナンバー一覧



■こちらもオススメ!ライブドア独自コラム

独女通信 | 拝啓、イエ男くん





レッド中尉(れっど・ちゅうい)

プロフィール:東京都在住。アニメ・漫画・アイドル等のアキバ系ネタが大好物な特殊ライター。企画編集の仕事もしている。秋葉原・神保町・新宿・池袋あたりに出没してグッズを買い漁るのが趣味。


Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ