ITライフハック
ITライフハック

「Windows 7」はVistaよりこれだけ良い【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7は、マイクロソフトがWindows Vistaの後継OSとして提供を予定している次世代OSだ。正式リリースの予定は未だにアナウンスされていないが、一般のテストユーザー向けβ版が既に配布されたことで、インターネットや雑誌で既にご覧になったことがある人も多いであろう。Windows 7β版の配布は既に終了しているが、テストユーザー向けにアップデートテストを実施したことからも、最終調整に入っていると見られている。



ベールを脱いだWindows 7!期待が高まる次世代 Windowsの最新事情【最新ハイテク講座】



そこで、Windows 7が登場するまでに気になる機能を毎回一つずつチェックしてみようと思う。

今回は、そもそも、Widows7が、話題となっている理由から見ていこう。


■そもそも、Windows 7ってなんで「7(セブン)」なの

Windows 7とは、マイクロソフトが発売を予定している次世代OSだ。「7」という数字は、マイクロソフトのクライアント向けOSとしては7代目のOSにあたることから使用されている。また、システム的には現行のWindows Vistaのマイナーバージョンアップとなる。



表1.クライアント向けWindowsの種類
1代目Windows 1.0
2代目Windows 2.0
3代目Windows 3.x
4代目Windows 95/98/Me
5代目Windows 2000/XP
6代目Windows Vista
7代目Windows 7




■Windows 7の種類はいくつある?

Windows 7には、Windows Vistaと同様に利用目的に合わせたいくつかの種類(エディション)が用意されている。



表2.Windows 7とVistaのエディション
Windows 7Vista用途
UltimateUltimateすべてを望むユーザー
EnterpriseEnterprise大企業向け
ProfessinalBusinessビジネス/コンシューマー上位向け
Home PremiumHome Premiumコンシューマー向け
StarterHome Basic低価格パソコン向け
Home BasicStarter新興市場向け


Windows7の「Home Premium」は現行のVistaと同様のコンシューマー向けエディションとなる。「Starter」は、最近人気を集めている低価格なノートパソコン向けとなる。Windows 7の「Professional」では、Vistaの「Business」とは異なり、「Home Premium」の全機能と企業向けの機能を備える予定だ。



表3.Windows 7β版のシステム要件
CPU32/64ビットプロセッサ(1GHz以上)
メモリー1Gバイト以上
ハードディスク16Gバイト以上
ビデオカードDirect 9対応カード(128MBのメモリー搭載)
光学ドライブDVD-R/Wドライブ




■Windows 7はVistaとなにが違うの

Windows 7は、どのような特徴があるのだろうか。注目されているポイントをチェックしてみよう。



●システムの高速化

Windows Vistaは、その前のOS Windows XPに比べて多機能であったが、快適に動作させるためには高性能なビデオカードが必要であるなどシステム要件が厳しかった。そのためにノートパソコンをメインに使うユーザーの中には、VistaではなくWindows XPを使用するユーザーも多かった。



こうした背景を踏まえ、マイクロソフトではWindows 7の開発ではユーザーから寄せられた声を多く取り入れている。今回のWindows 7ではOSの起動やシャットダウン、スタンバイからの再開する時間をVistaよりも高速化することに注力している。またOSが途中で止まるなどの中断も少なくなり、問題が生じた場合でも迅速に復旧できるようになっている。





●ウィンドウの操作性も向上

Windows 7では、ウィンドウの操作方法にも改良が加えられている。ウィンドウの開閉やサイズ変更、配置がより直観的に行えるようになった。



「Aero Snap」では、 開いたウィンドウを画面の端へドラッグするだけでウィンドウの最大化や、サイズ変更が可能になった。



今まで配置する場所が決まっていたガジェットはデスクトップのどこにでも配置ができるようになり、マウスカーソルをデスクトップの右下の角へドラッグすると、開いているウィンドウがすべて透明になり、デスクトップおよびデスクトップ上のガジェットがすぐに見えるようになった。ウィンドウをすべて最小化する場合も、1回のクリックで済むわけだ。





●アプリ切り換えだけじゃない、強化された「タスクバー」

Windows 7のタスクバーは、アプリケーションを切り替える機能に加え、アイコンの表示順序や固定させるか否かを設定できるようになった。タクスバーのアイコンの表示も大きくなり、大きなプレビュー サムネイルをクリックすることで、目的のウィンドウに簡単にa移動したり、ウィンドウを切り替える前にフルスクリーンのプレビューを表示することもできる。





●タッチパネルにも対応 「Windows タッチ」

キーボードやマウスは多くの作業に適したデバイスだが、iPhoneのようなタッチタイプのデバイスは操作がしやすい。Windows 7では、タッチスクリーンのモニターを利用している場合、画面に触れることでより直感的な操作が可能な「Windows タッチ」をサポートしている。





Windows 7は、ユーザーからの要望を多く取り入れるとともに、キビキビとした動作で快適に使える操作性を実現したことで、Windows Vistaではスムーズに移行できなったWindows XPからの本格的な乗り換えが期待されているといわけだ。



次回からは、Windows 7で改善・追加された機能をひとつひとつみていこう。

女性も使えるスリムなスマートフォン Dual Diamond(S22HT) 【ケータイ・ラボ】

スマートフォンというとiPhone 3Gに代表されるタッチ操作を思い浮かべる人も多いが、タッチ操作だけがスマートフォンではない。非タッチパネルを搭載して一般のケータイと同じようにハードキーで操作できるスマートフォンもあるのだ。



今回レポートするイー・モバイルのDual Diamond(S22HT)は、そうしたケータイライクのスマートフォン。

OSにWindowes Mobile 6.1 Standard Editionを搭載しており、2.4インチ(320×240ドット)で、幅43.4×高さ116.3×厚さ17.0mm、重さ 約140gとスリムな端末だ。



Dual Diamondは、ケータイから移行する際の違和感も少なく、幅43.4mmと女性でも楽に持てるスリムボディと10キー+QWERTYキーのデュアルキーボード搭載が特徴だ。また、背面のダイヤモンドカットは持ちやすさを向上させるだけでなく、デザインの特徴ともなっている。

Dual Diamondのフロントフェイス背面は320万画素カメラを搭載したダイヤモンドカットデザイン




■女性でもおしゃれに扱えるDual Diamond

Dual Diamondは、ケータイと同じ10キーボードを本体前面に搭載するだけでなく、パソコンと同じ配列のQWERTYキーを内蔵している。10キーは縦画面で使用し、QWERTYキーは横画面で使用できる。

内蔵のスライドキーボードは、軽くプッシュするだけでオープンできるので女性でも簡単に片手で開いてオープンスタイルに持ち替えができる。また、画面は傾きセンサーにより自動で縦横の変更される。

クローズスタイルQWERTYキーを引き出す傾きセンサーで横画面に自動転換オープンスタイル




●押しやすいQWERTYキーボード

QWERTYキーボードは角形で広いキートップを採用しており、爪を伸ばした女性でも確実にキーを打てる。また、キーサイズも揃っているので、一部のキーが押しにくいということもない。

キーは、白文字が通常のままで入力でき、青文字は[FN]キーを押しながら入力する。

開いてもスリムなQWERTYキーボード女性も打ちやすいQWERTYキーボード




フロント操作部は、ケータイ感覚で使える10キーに、電話キーを含むWindows Mobile操作キーというデザインになっている。フラットパネル化されたWindows Mobile操作キーから電話キーが突出してるため電話利用がしやすい。

ケータイライクな10キー




■女性にうれしい薄さ

デュアルキーボード端末は薄くしにくいため、女性には敬遠されがちだが、Dual Diamondは17mmとさほど厚みを感じないサイズに収まっている。

左側面右側面





■バッテリーとSIM

バッテリーは背面カバーを外して交換する。スライドの裏側にSIMスロットを搭載。

SIMスロット背面パネルを外してバッテリー交換




■操作画面とアプリケーションインストール

Dual Diamondの画面とアプリケーションをみてみよう。



Dual Diamondのトップメニューは、タッチシリーズと同じデザインが採用されているが、操作は十字キーとその両側のソフトキー、ダイレクトキーで行う。

トップメニュー縦画面トップメニュー横画面




天気画面ブラウザ画面




Windows Mobile Standardでアプリケーションをインストールするのは、タッチパネル対応のWindows Mobile professionalと同様に、PCと同期してPCからインストールする方法、.cabのプログラムを転送してファイルエクスプローラーで実行してインストールする方法がある。また、EMnetメールで.cabプログラムを添付して送り、メールから添付ファイルを開くでインストールする方法がある。



ファイルエクスプローラー 




●主なスペック

・OS: Microsoft Windows Mobile 6.1 Standard Edition

・CPU: Qualcomm MSM7225 528MHz

・ディスプレイ:約2.4インチ、ディスプレイ解像度 320(H)×240(W)ドット

・内部メモリ:(最大容量) ROM:256MB/RAM:256MB

・外部メモリ:(対応カード最大容量) microSD (2GB)/ microSDHC (8GB)

・カメラ:約320万画素(CMOS)

・通信方式: HSDPA /W-CDMA(1.7*3/2.1GHz)、GSM(900/1800/1900MHz)

・日本語入力機能:Advanced Wnn

・Bluetooth:2.0+EDR

・カラー ブラック/パールホワイト

・サイズ: 約43.4(W)×116.3(H)×17.0(D)mm、重さ 約140g(電池パック装着時)



■これもオススメ!ケータイ最新ニュース

ウォークマンとケータイ 2つの顔とカラーのWalkman Phone Xmin

ドコモ反撃ののろし PROシリーズ「HT-01A(Touch Pro)」

ウエアラブルへ AQUOSケータイ FULLTOUCH SoftBank 931SH

スマートフォンからケータイへ ソフトバンク OMNIA(930SC)

【ケータイラボ】記事バックナンバー


ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ