ITライフハック
ITライフハック

【世界のモバイル】海外の市場の強さは"中古ケータイ市場"! 日本は、もう追いつけないのか?

海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と考えられがちな中古市場だが、実は携帯電話市場を活性化させる大きな役割を担っているのだ。


■中古市場こそが、新品市場を盛り上げ、支えている

SIMカード方式のGSM/W-CDMA(一部CDMA)端末であれば、SIMカードさえ入れ替えれば携帯電話は自由に使いまわしができる。新しく端末を買った時は、今まで使っていた端末からSIMカードを抜いて差し替えるだけでいいわけだ。



では、新機種に買い換えた場合、今まで使っていた端末を海外のユーザーはどうしているのだろうか?



自動車、家電、パソコン、高級腕時計など、"中古売買"はどこの国でも盛んなように、携帯電話も海外では中古マーケットがあたりまえに存在している。このため海外では新機種に買い換えたユーザーが古い端末を家族や友人などに譲渡したり、中古販売店などに買い取ってもらうことが可能なのだ。



海外の携帯販売店などを回ってみると、新品の携帯電話が陳列されているショーケースの隅に「Second Hand」「二手」などと表示された中古端末が売られていることは、普通の光景になっている。中古車専門店のように"中古携帯専門店"というものも多く存在しているのだ。中古といってもその種類は様々であり、大昔の古い機種ばかりが販売されているのではなく、最近の新しい端末も売られている。新品端末を買ったもののすぐに飽きてしまったユーザーが手放したものや、プレゼントや抽選などでもらった未開封の新品がそのまま転売されることもよくあるため、「中古」といいながらも「新品同様」のものも多く流通しているのだ。



中古市場の存在は、端末を安く買いたいユーザーには大きなメリットがある。新品では手が届かない高機能端末も中古ならば格安で買えるからだ。また手持ちの端末が壊れてしまい修理不能になった場合や、端末を紛失してしまったときなど、急場をしのぐために中古機を安く買うといったことも手軽にできるわけだ。さらに携帯電話にお金をかけたくない利用者などは中古携帯だけしか買わない、ということもめずらしくない。



もちろん国や通信キャリアによっては、日本のように新規契約で格安で端末が買えることもあるが、その分、固定契約期間などの制約を受けてしまう。ヨーロッパで主力のSIMロック端末の新品格安販売にしても、SIMカードを入れ替えるユーザーには使いにくい。もちろん中古端末には保証が無いなどのデメリットもあるが、買い替えの制約もなく自由に使えるというメリットを重視する利用者にとっては、値段以上のプラスアルファな魅力があるわけだ。



一方、新機種を買うユーザーにとっても中古市場の存在意義は、日本で想像する以上に大きい。手持ちの端末を下取りにだせば新機種を買うときの予算の足しになるからだ。ハイエンド端末ならば半年程度で処分すれば定価の半分程度の値段がつくこともある。

これは自動車で新車を買うときのことを考えてみれば理解しやすいだろう。現在所有している車をスクラップ工場に持っていく人はまずいない。通常は中古として下取りに出すことが普通のはずだ。携帯電話も手持ちの端末を下取りしてもらうことが一般的であれば、新機種の買い換えも、大幅に敷居は低くなる。すなわち中古市場の存在は、新品の買い替え需要を陰から支えているものでもあるわけだ。

写真:アジアのショッピングセンター内に列なる携帯専門店。多くの店が中古端末も取り扱っている

写真:店のショーケースに並ぶ中古端末。店によって客層も異なるため取り扱う商品も様々。古めのモデルは価格が安く、来訪客も多い



■通信キャリアやメーカーも中古端末を下取りする

国によっては通信キャリアやメーカーの直営店などでも、積極的に端末の下取りを行っているところもある。新機種を買うならその場で下取りしてくれる店のほうがユーザーには便利この上ないからだ。旧機種の持ち込み&MNP利用で料金を割り引くなど、端末販売だけではなく新規契約に結び付けようとする通信キャリアもあるようだ。



また、さらに一歩進み、通信キャリア自体が中古端末を販売しているところもあるのだ。これは正確には中古ではなく「工場再生品」であるが、店頭展示品などをメーカーが工場で調整、清掃、外装を新品交換などしたものであり、キャリアの専用パッケージで売られている。この再生品は、新品同様に品を安くユーザーに提供するだけではなく、中古品を再利用するということで資源の有効活用を図ったものとも言えるだろう。なお再生品はプリペイド向けなど、主に低価格端末として販売されていることが多い。

写真:「refurbish」「reconditioned」等と記載された端末が再生品だ

写真:このようにキャリアの専用パッケージとして販売される



■日本に中古市場が生まれる可能性はあるか?

海外の中古端末市場の自由な競争に比べると、日本での携帯電話市場では"中古端末"という概念自体が存在していない。



インターネット上のオークションサイトでは、多数の中古端末が取引されているが、誰もが簡単に利用できるものではないし、また海外のように街中に買い取りショップや中古販売店が一般的に存在しているわけでもない。もちろん日本はインセンティブ制度のおかげで最新機種を格安で入手することができるため、あえて中古で古い機種を安く買う必要はないと、ユーザーの多数が思っているのだろう。

また、通信キャリアはメーカーから端末を一括買い取りして販売するシステム上、キャリアとしては新製品のみを販売に注力せざるを得ないから、中古市場が日本で一般的になることは今後も難しそうである。



しかし、最近の日本の端末は価格が上がってきており、新製品の投入サイクルも以前よりも早くなっている。海外のように端末買い換え時に適価で下取りができれば新機種をより買いやすくなるし、新製品に手の出ないユーザーでも中古で新機種に簡単に乗り換えできるとすれば、結果として通信キャリアもより広いユーザーに最新の技術を利用してもらうことが可能になるのではないだろうか。



もちろん、現状では日本で中古市場を広げることは難しいと思われるが、通信キャリアが端末の発売時期から下取り価格を設定するなどして自ら下取りを行えば、新機種への買い換えは、現在よりスムーズな移行により活性化されるかもしれない。さらに古くなった機種の資源回収率も上げられるはずだ。



日本も携帯電話普及率が100%に近づくことで、今後は既存客の買い換え需要をより効率よく掘り起こす必要がより重要となってくるだろう。そのためには魅力ある新製品の開発のみならず、新製品に買い替えしやすい市場構造を構築しなければ、海外の新機種・新サービスへの展開速度の格差が開くことも憂慮されてくるのではないだろうか。





■これもオススメ!海外モバイル通信コラム

"ブランド力"で海外に勝てない日本端末

世界はモバイルインターネットの時代へ

SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

恩恵をうけられない日本ユーザー - 海外とのBluetooth普及格差



山根康宏

香港在住の海外携帯電話マニア&研究家

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【ケータイラボ】魅力の薄さ!フルスペック搭載のスライド・ワンセグ携帯「SoftBank 911T」

現在、筆者はauのW52Tをメイン機種として使っている。テレビ電話は使えないが、3インチの液晶に480×800ドット表示、Bluetooth搭載で、おサイフ機能のサポートと、いたれり尽くせりのほぼ全部入りの端末だ。ボディが少し大きいとか、気がつかないうちに電源が切れているとか※1、ちょっとした問題は感じてはいるものの、かなり満足して使っている。そんなW52Tと同じようなコンセプトでさらに筐体を薄くしたのが、SoftBankの911Tである。本体が薄いっていうのはけっこう魅力で、機能豊富なのに小さいっていうのはどんな感じなのだろうと、さっそく購入したのである。

※1:原稿執筆後にその問題に対処するためのソフトウエアアップデートが提供され、現在はその問題は解決している。


■911T 本体紹介

この911Tは、通常のパッケージと、アイウエアブランド「OAKLEY(オークリー)」のBluetooth搭載アイウエア「O ROKR(オー・ロッカー)」とのスペシャルパッケージが用意されている。先日の記者発表の際に孫社長がしていた"アレ"である。たぶんアイウエアとか筆者はしないだろうと思いつつも、スペシャルパッケージの「スペシャル」というその言葉の魅力に惹かれて購入してしまった。



本体をスライドさせて開いた状態。各ボタンはそこそこ大きめだ。

まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく"約"は省略させていただいた。サイズは高112mm×幅51mm×厚17.3mm。重さは145g。連続待ち受け時間が330時間、連続通話時間が音声通話時が140分で、TVコール時が80分。連続ワンセグ視聴時間は205分だ。メインディスプレイは3インチのワイドVGA表示(横480ドット×縦800ドット)、最大26万色表示が可能。メインカメラは、有効画素数324万画素のCMOSカメラで、最大記録サイズが2,048×1,536ピクセルだ。サブカメラは有効画素数32万画素のCMOSカメラである。



本体左側面。左端にイヤホンマイク/AV OUT端子、右端にメモリカードスロットがある。本体右側面。右から上サイドキー、下サイドキー、HOLDキー、カメラキーが並ぶ。本体裏面。内蔵カメラとその右上にモバイルライトがある。

データフォルダ容量は1Gバイト。また、外部メモリ用のスロットが準備されていて、2GバイトのmicroSDタイプの外部メモリに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーはSilver、Black、White、Redの4色が準備されている。筆者が購入したアイウエア「O ROKR(オー・ロッカー)」とのスペシャルパッケージはBlackのみなので、必然的にBlackを購入した。



これがOAKLEYのアイウエア「O ROKR」。Bluetooth搭載で、911Tで再生した音楽を聴くことができる。もちろん通話も可能だ。

実際に手にして思ったのはけっこう薄いってこと。同じタイプのau端末W52Tが22mmなので、4.7mm薄いことになる。そして重さが7g軽い。それほど大きな数値の差ではないが持ってみるとかなり違うことがわかる。



左が911T、右がW52Tである。並べてみると厚みの違いがわかる。

いちばん大きな問題は、数字キーの押ししろがないってこと。キーを押しているのだが押している感覚がほとんどないのである。キーのサイズが大きめなので見た目は押しづらそうには感じないが、実際に打ってみるとかなり押しづらいことに気づく。押し間違いをしやすいというのではなく、どのキーを押しているのかがわかりづらいので、キーを押す指を見て、ディスプレイを見てということをしないといけない。毎日何度も使っていれば慣れるのかもしれないが、入力が、かなり手間なのである。



次のページでは、911Tの3インチ大画面やワンセグ・音楽機能を見ていただこう。

■3インチで480×800ピクセル表示の大画面はかなり便利

3インチワイドVGA表示の液晶画面はかなりキレイだ。3インチというのは、最近ではそれほど珍しくないが、480×800ピクセル表示はほかにau端末では、東芝製端末W52Tだけだ。実際に見てみるとやはり広い。同じ3インチの911SHは、240×400ピクセル表示。240×400ピクセルサイズで作成された壁紙を待ち受け画面にしてみるとサイズの違いがはっきりわかる。



240×400ピクセルサイズで作成されたJPEG画像を壁紙に使ってみるとよくわかる。左が911SH、右が911Tだ。

ワイド画面ならではのツールも準備されており、画面の上部にスケジュールやメモ帳、くーまん※2、データフォルダの写真などを表示させることができるのだ。操作画面とは別のデータが表示されるのはかなり役立つはずだ。さらに、ワイド画面対応の機能をカンタンに呼び出せる「ワイドメニュー」も用意されている。ワイド画面に対応している機能がダイレクトに呼び出せるのはかなり便利だ。

※2:ソフトバンクモバイルの東芝製端末に欠かせないマスコットキャラクター。



表示画面の上部にカレンダーを表示したところ。スケジュールやメモ帳など、頻繁に見るデータを表示しておくのに便利だ。下サイドキーを押すことで、このようにワイドメニューが表示する。

画面表示について書いたので、表示できる文字数についても書いておこう。メールを読む際に設定できる文字サイズは「大」「中」「小さめ」「小」「極小」の5通り。各文字のサイズは以下の通りだ。



「大」「中」「小さめ」「小」「極小」



■ワンセグ、音楽機能もかなり充実

ワンセグはやはり広い画面で見られるのがいい。内蔵メモリが1Gバイトもあるので、最長で5時間20分も録画できるのが便利。もちろんmicroSDカードに保存することも可能だ。注意してほしいのは録画予約ができないことだ。せっかく長時間録画できるのに録画予約ができないのは残念である。



ワンセグ視聴中にメールを受信するとウィンドウが開き、お知らせしてくれるのは便利だ。そのまま閲覧、返信などをした後に、もとのワンセグ画面に戻ることができる。ドコモのSH903iTVのように画面が分割して視聴したままメールができるわけではないが、急ぎのメールを見逃さないっていうのはそれなりにありがたい機能である。



ワンセグ視聴時にメールを受信するとこのような画面が表示される。

音楽機能に関しても、やはり便利なのは内蔵メモリーの多さ。microSDカードを利用することもできるが、別売なので購入コストはかかる。追加出費なしで約320曲の楽曲が保存できるのは便利だ(音楽だけを保存した場合)。パソコンからCDの楽曲を取り込むには、同梱されているCDの「BeatJam 2007 for 911T」を利用すれば、CDから取り込むだけでなく、パソコンに保存されている音楽データも利用できるので便利だ。



911Tの利用できる音楽データは"AAC"なのだが、その他の形式で保存されている音楽データも、パソコンと911TをUSBケーブルで接続し、911Tに転送しようとすると自動的にAAC形式に変換してくれるのである。残念なのはこの「BeatJam 2007 for 911T」がWindows XPとWindows 2000にしか対応していないということ。その他のOSでは利用できないので注意が必要だ。ただし、パソコン上でAAC形式の音楽データを作成しておけば、microSDカード経由で利用することは可能だ。「BeatJam 2007 for 911T」は自動ですべてをやってくれるので便利だが、「BeatJam 2007 for 911T」が利用できないからといって、911Tで音楽が聴けないわけではない。



「BeatJam 2007 for 911T」。せっかくBluetoothに対応している911tなのにBluetooth経由では音楽データのやりとりはできない。

911Tの特長としては、Bluetooth対応なので、ワイヤレスでの音声再生が可能なことだ。「A2DP」に対応しているBluetoothオーディオ機器ならワイヤレスで音声を聴くことができるのである。しかし、注意しないといけないのはワンセグ使用時だ。ワンセグでの音声出力は、著作権保護機能のひとつ「SCMS-T」にも対応していないといけないのだ。「SCMS-T」に非対応のものが多いだけに要注意である。

スペシャルパッケージで購入した「O ROKR(オー・ロッカー)」も「A2DP」には対応しているが「SCMS-T」には非対応なので、音楽は聴けるけどワンセグは聴けないのである。高い値段するパッケージだけにこれはちょっと残念である。



「O ROKR(オー・ロッカー)」で音楽を聴きながら911Tで自分撮りをしてみた。



次のページでは、3.2メガピクセルのカメラ機能を見ていただこう。

■3.2メガピクセルオートフォーカスカメラはけっこう使える

911Tで写真を撮って思うのは、デジカメのようなスタイルで撮れるのが便利だということ。そしてマクロの切り替えをすることなく接写できるのもありがたい。ただ、待受画面時に本体サイドのカメラキーを押すだけでカメラが起動するのは便利なようでミスも多く、キーロックせずに鞄などに入れておくと自動的にカメラが起動していたりするのだ。実際に持ち歩いていると、けっこうカメラが起動していることが多かった。キーロックしておけばいいのだが、それはそれでけっこうめんどうではある。



あと、auのW52Tでも感じたのだが、暗めのところで撮影すると、かなりシャッタースピードが遅くなる傾向があるので手振れしやすくなる。これは要注意。撮影した写真は多少黄色がかっているが、そこそこキレイな方といえる。実際に撮影した写真を見ていただこう。



●晴天時に撮影した写真




●雨天時に撮影した写真




●屋内で撮影した写真




●マクロ撮影した写真




●蛍光灯下で撮影した写真




●電球下で撮影した写真




●夜景をオートモードで撮影した写真




●夜景を夜景モードで撮影した写真




■Kijimoto's EYE

911Tは、ワンセグに音楽機能、おサイフに電子辞書など、高機能が満載されていているので、役立つだけでなく楽しめるケータイである。しかし、前述したがボタンの押しづらさがどうしても気になるのだ。薄くするためにはしかたがないのかもしれないが、やはりケータイは電話とメールがメイン。はじめてこの端末を触ったとき、すぐに電話をしてみたのだが、11桁の電話番号を押すのに3回も間違えてしまった。使っていくうちに慣れるとはいえ、ボタンの押しづらさはちょっと問題かなと筆者は感じた。付加価値も重要だが、付加価値の前にメインの機能がきちんと使えるかどうかは重要なことだと思うのである。



■これもオススメ!モバイルニュース

"ブランド力"で海外に勝てない日本端末

きみは"メッカフォン"を知っているか?

ついにauからもサイクロイドスタイル「W51SH」が登場!

バツグンの操作性!これがカシオのワンセグ携帯

ほぼフルスペックの高機能ケータイ「W52T」レビュー



911T

ソフトバンク



編集部:木地本 昌弥

「パソコンですぐできる写真俳句」(毎日新聞社) 「その場で解決!ファイル操作とデータ管理」(技術評論社)など50冊以上の書籍を執筆。携帯電話やパソコン、IT関連から取扱説明書まで執筆ジャンルは幅広く、ITジャーナリスト・携帯電話評論家としてテレビやラジオ、講演もこなす。詳細は、著者のホームページ「我流珍述」プロフィールページまで。

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ