ITライフハック
ITライフハック

【大人の物欲 工作】自分の描いた絵が動く!電脳パラパラ漫画"はこアニメ"

子供の頃、教科書や辞書の余白に絵を描いてパラパラ漫画を作った経験をお持ちの人はいないだろうか? パラパラ漫画は、アニメーションの原理と基本的に同じで、高速にページをめくることで、動画の世界を手軽に楽しめる。



今回の工作特集では、そんなパラパラ漫画をテレビのように写せる"はこアニメ"を紹介しよう。


■"はこアニメ"とは?

"はこアニメ"は、誠文堂新光社「子供の科学」の電子工作でお馴染みの伊藤尚未先生とイーケイジャパンとのコラボレーション商品。自分で描いた絵をLEDライトで順番に照らすことで、スクリーンに映し出された絵の影が動き出す。パソコンで描いたイラストの場合には、市販のプリンター用OHPシートに印刷してイラストシートに貼り付けることで、彩り豊かなアニメーションを楽しめる。



"はこアニメ"の原理を説明しておこう。人の目の奥には、"網膜"と呼ばれるところがあり、この部分はカメラのフィルムのような役割を果たす。"はこアニメ"のスクリーンを目で見ると、映し出されたイラストが次から次へと網膜に飛び込んでくるが、前に見た絵が網膜から消えないうちに次の絵が飛び込んでくると、絵が繋がって動いているように見える。これは"残像"と呼ばれる現象で、テレビ番組や映画も、この原理を利用している。

はこアニメの中身はこアニメの化粧箱
"はこアニメ"の中身"はこアニメ"の化粧箱

■"はこアニメ"を組み立てよう

説明書のパーツリストを見て、すべての部品が揃っていることを確かめたら、"はこアニメ"の組み立てを始めよう。

最初に基板を組み立てるが、部品はソケットの真上から挿し込まないと、基板と正しく接続されない。部品の足が曲がっているようであれば、ペンチで曲がっている足を強くはさんでまっすぐにしておこう。



次に、イラストシートを作って、"はこアニメ"本体を組み立てる。説明書のイラストを見ながら作業を行えば、30分程度で"はこアニメ"本体を組み立てられるはずだ。注意すべき点は、LEDの取り付けで、LEDの穴にまっすぐに挿し込まないと、完成後の動画が綺麗に表示されないので注意しよう。

抵抗やセラミックコンデンサー、電解コンデンサー、LEDを基板に挿し込むはこアニメ
抵抗やセラミックコンデンサー、電解コンデンサー、LEDを基板に挿し込むはこアニメ"本体の完成

"はこアニメ"が完成したところで、仕組みを説明しておこう。イラストシートに描かれた4つの絵を、4つのLEDを順番に転送させて、1コマずつスクリーンに映し出す。そのイラストが次々と切り替わることで、4つの絵が繋がりアニメになる。LED切り替えの速度を調整すると、アニメーションの動きが変わる。

4つのLEDが時計まわりに順番に点灯することで、表示される絵が切り替わるLED切り替えの速度は、ボリュームつまみで調整できる
4つのLEDが時計まわりに順番に点灯することで、表示される絵が切り替わるLED切り替えの速度は、ボリュームつまみで調整できる

■アニメを表示させよう

"はこアニメ"本体が完成したら、アニメのもとになる絵を用意しよう。本製品は、走る人の絵が描かれたサンプルを用意しているが、自分のアニメを見たい場合には、透明フィルムに油性ペンを使って、1コマずつイラストを描こう。イラストは、1コマ目から順番に表示されるが、4コマ目の次は1コマ目に繋がるので、不自然なアニメにならないように注意しよう。

サンプルの走る人1サンプルの走る人2
サンプルの走る人1サンプルの走る人2

"はこアニメ"では、ジャンパーピンの挿し込む場所を変えることで、2コマや3コマのアニメを表示させることもできる。また、"はこアニメ"本体は真っ白な箱なので、箱にイラストを描くことで、世界にひとつしかない"はこアニメ"を作ることができる。イラストが苦手な人は、イーケイジャパンのサイトにアクセスすると、ユーザーのための"はこアニメギャラリー"で、箱にはれるデザイン・テンプレートが用意されている。好きなテンプレートをダウンロードしてカラープリンターで出力すれば、見栄えのよい"はこアニメ"を簡単に作れるぞ。



製品名:はこアニメ

標準価格:1,980円(税込み)

対象年齢:8歳以上~大人まで



■これもオススメ!AV 最新ニュース

風車の力で電気自動車を走らせる「ループウイング風力発電工作セット」

名機の血統復活!オリンパス初の手ぶれ補正機能付き一眼レフデジタルカメラ「オリンパス E-510」

世界最小・最軽量の1000万画素デジタル一眼レフカメラ「オリンパス E-410」

【GW特集】デジ一眼もコンパクトも便利で高画質!2007年春 デジカメレポートを総まとめ

1,020万画素になった超お得デジ一眼!性能アップした小型・軽量のエントリーモデルD40Xレビュー



はこアニメ

イーケイジャパン



編集部:関口 哲司

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【世界のモバイル番外編】日本登場はあるのか?全世界が浮かれた"iPhone"狂乱騒ぎ

発表から5ヶ月の時間を経て、ようやく6月29日にアメリカで発売されたアップル初のケータイ「iPhone」。全米のアップルストアの前には、1秒でも早く手に入れようとする人たちの行列で埋め尽くされた。



なかでも、NY店の前には100時間以上も前から並びはじめる強者が登場。一番乗りしたこの男性、熱烈なアップル・ファンかと思いきや、グラウンド・ゼロ公開時にも一番乗りした有名なプロの"並び魔"だったことが判明。


アップルNY店前にiPhone行列1番乗りの男を直撃インタビュー(動画) - GIZMODO

5番街行列で1番乗りの汗男はプロの並び魔 - GIZMODO

5番街行列で1番乗りの汗男はプロの並び魔




その後も、各地で増え続ける"iPhone行列"に、アップルの創立者の一人"Steve Wozniak氏"が発見されたり、"並び屋商売"の登場、アフリカの子どもたちのために並ぶという男性などが現れ、行列さえもニュースで話題となった。

プロの並び屋が登場? - GIZMODO

「アフリカの子ども達のために」iPhone行列の先頭に立つ男 - GIZMODO

Wozも一般人と一緒に並んで『iPhone』をゲット - WIRED VISION NEWS

行列に並んで「iPhone」を買ってきました - ITmedia

プロの並び屋が登場?




そして、いよいよiPhoneが発売開始となり、買い求める人の群れで初期在庫分は数時間でほぼ完売。その直後から、ネット上にはiPhoneのレビューや"分解画像"、"耐久度テスト"など、ありとあらゆるレポートが届けられた。

『iPhone』パッケージを開ける楽しみ:フォトレポート - WIRED VISION NEWS

『iPhone』性能テスト:ブラウザーとメール機能編(1) | (2) - WIRED VISION NEWS

『iPhone』性能テスト:タッチスクリーン編 - WIRED VISION NEWS

【iPhone発売速報】 iPhoneバラバラ事件 - GIZMODO

iPhoneの耐久度を実際にテストするムービー登場 - GIGAZINE

「iPhone」の使い心地は?--米有力メディアが続々と試用レビューを掲載 - CNET Japan

600ドルの価値はあるか――『iPhone』ショートレビュー - WIRED VISION NEWS

『iPhone』パッケージを開ける楽しみ:フォトレポート




回線契約をしないとほとんどの機能を使えないiPhoneだが、米AT&T社との契約なしにiPhoneをアクティベートし、ハックする"ツール"を開発した人物も現れた。

米国在住でなくても可能か──「iPhone」のアクティベーション - ITmedia

iPhoneのルートパスワードが判明か? - GIGAZINE

「DVDヨン」がiPhoneをハック、AT&T非契約で利用可能に - WIRED VISION NEWS

「DVDヨン」がiPhoneをハック、AT&T非契約で利用可能に




iPhone発売の影響は広範囲に及び、ネット上に「無料でiPhoneをもらえる」という言葉で騙す詐欺サイトが現れたり、中国では"偽iPhone"も登場。

「無料iPhone」で釣るおとり販売サイトに注意 - ITmedia

「CECTブランドのiPhoneはすべて偽物」中電通信科技 - ニュースチャイナ



さらに、iPhoneは攻撃者にとって格好のターゲットになる可能性が囁かれ、セキュリティへの関心も高まっている。

「iPhone」の脆弱性を発見せよ--ハッカーと研究者の競争 - CNET Japan

紛失、情報流出……企業もiPhoneセキュリティ問題への備えが必要に - ITmedia



最後に、気になるiPhoneの日本での販売だ。こちらはNTTドコモが国内展開に前向きな姿勢を示すなど、朗報も入ってきている。

「ドコモ2.0」の先には「iPhone」? NTTドコモが国内での展開に意欲 - MarkeZine



■今話題の"事件・人・流行"が一目でわかる!無料で毎日お届け!

トレンドが読める「ドア日新聞」の購読は今すぐこちらから

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ