ITライフハック
ITライフハック

【カオス通信】妄想爆裂!冷蔵庫も自動改札までも美少女な『機械少女』

身の回りの物を「とりあえず女の子にしてみよう」という発想は、アキバ系にとって基本中の基本です。この「萌え擬人化」というジャンルは「万物に魂が宿る」という日本古来の思想に、萌え要素が加わって生まれた秋葉原文化の極みであります。そんな数ある擬人化の中でも、かなりユニークな内容になっているのが、今回ご紹介する『機械少女(発行:インフォレスト)』です。



萌え擬人化の多くは、物に女の子の魂が宿る妖精的な設定が多いのですが、『機械少女』は「生身の女の子が機械を装着(融合)する」という設定になっています。これによって「機械+女の子のコラボ」と「擬人化」の両方に萌えられる内容となっているのです。さらに"機械少女"というシステムに「マシーナリー・ギャルズ・システム(MACHINERY GALS SYSTEM:略称"MGS")」という呼称を付けて、SF的な味付けも加えられています。これによって「本当に作れるかも」という"とんでもない妄想"が喚起され、リアルな親近感を持たせることにも成功しています。



内容はイラスト中心ですが、各機械少女の日常エピソードが漫画や小説で描かれたりもしていますので、ひとことで言うと"ストーリー付きビジュアルムック"という感じでしょうか。冷静に読むと道具的には正直役に立たなかったり、身長がミクロマンサイズ(133mm)の女の子がいたりと、ツッコミどころ満載ですが、細かい部分は気にしない方がいいでしょう(小さい女の子は宇宙人とか地底人と考えれば無問題!)。とりあえず「機械な女の子サイコー!」という脊髄反射なノリで楽しむのがオススメです。



オビを外すとこんな感じです。この表紙をめくると、表紙の線画に着色したカラーイラストが目に飛び込んできます。あえて線画を表紙に持ってくるところが制作サイドの心意気。裏表紙です。手前で目を瞑っている機械少女が「角型電熱ヒーター人肌仕様」。奥で手袋を付けているのが「自立駆動型衛星電話少女」です。工場を出た後は研修が待っています。



早速"機械少女"な女の子達をご紹介していきます。なお、表現の一部には私(レッド中尉)の妄想が含まれていることを先にお断りしておきます。なにしろこの『機械少女』は、読者が妄想力を膨らませながら読むタイプの本なので、妄想込みでないと解説が非常に難しいので……。実際読んでみると、以下の紹介文と違う印象を持つかもしれませんが、そこは大目に見てやってください。読者個人の心に芽生えた感情こそが正解だと思いますので、これはこれということで(汗)。



■自己発電型蓄電少女(エアロバイク型発電機+GAL)

女の子がサイクリングマシン型の発電機にまたがり、自転車を漕ぐ要領で発電するという夢の機械です。女の子はスポーツブラ+ホットパンツなスタイルで、若干ビリーなブートキャンプ風(ワンモアセッ!)。発電機を背負った姿がでんでん虫に似ているので、子供達から「でんでん」または「でんでんちゃん」と呼ばれているようです。とりあえずクリーンでエコロジーなエネルギーを作り出すところが、このマシンのウリ。これはコスプレの衣装を作って、発電のデモンストレーションとかしたら面白いかも…。イメージキャラとして採用してみてはどーです? ブリヂストンさん。Copyright(c)2007 Takashi Fujisawa / Inforest PC・GIGA. All rights reserved.


■自立駆動型衛星電話少女(レトロ風黒電話+GAL)

タレ目&おでこキャラな女の子の頭上に、受話器がカチューシャのようにセットオンされています。呼び出しは女の子が「ジリリリリリ!!」と"大声"でお知らせ。サイレントモードにすると、ご主人さまの背後へ黙って近づいてきます(無言のプレッシャーで伝達)。胸のダイヤル部分は手回しタイプがデフォルトですが、プッシュ型にも換装可能。電話という身近な機械だけあって、漫画の他に特別インタビューも掲載されています。日々の仕事ぶりを語るホンワカな味わいは、いい意味で同人誌のようであり、清純派アイドルの手記(ゴーストライター乙)のようでもあります。Copyright(c)2007 Takashi Fujisawa / Inforest PC・GIGA. All rights reserved.


■高出力型ムラなし日焼け少女(高機能日焼けマシーン+GAL)

金髪で巨乳の気弱な女の子が紫外線を照射してくれます(サイコー!)。空中浮遊可能な紫外線照射ボールを自在に操作しつつ、ムラのない日焼けボディを実現。女の子は照射ボールをコントロールする練習に余念のない努力家ですが、ドジッ娘属性があって時々失敗しそうなところが素晴らしすぎ! 着衣は水色×白のストライプビキニですが、絶対領域部分から下は厚手のズボンとなっています(結構暑そう)。これもコスプレが実に良さそうなんですけど、胸がジャンボサイズじゃないと様にならない予感。これが似合うのはアイマスの巨乳三姉妹(※1)くらいでしょうか(二次元アイドルですが)。

Copyright(c)2007 Takashi Fujisawa / Inforest PC・GIGA. All rights reserved.



(※1)アイマスの巨乳三姉妹:アイドルマスターの「三浦あずさ(91)」「秋月律子(85)」「星井美希(84)」のこと。※()内の数字は公式プロフィールのバストサイズ。アイマスの眼鏡っ娘・律っちゃんの隠れ巨乳は秋葉原界隈では有名(超余談)。


■ホバーリング式半自動浮遊鯉(ホバー式メカ鯉のぼり+GAL)

"メカ鯉のぼり"の背中に腹ばいで搭乗する女の子の絵がテラシュール! 女の子はボディスーツ着用で肌露出はないのですが、これはこれで機能美があります。2人組で、真鯉(青)と緋鯉(赤)をそれぞれ担当しています。真鯉の色が一般的な黒ではなく青というのが気になりますが、これって地方によって違いがあるのでしょうか?(絵にしたときのデザイン的な問題かもしれませんが)。メカ鯉のぼりは胸ヒレ&腹ヒレ部分にホバー噴射口を装着。ホバーリングしながら端午の節句の風物詩を演出するというわけです。メカ鯉のぼりの運搬は通常リヤカーで行われています。

Copyright(c)2007 Takashi Fujisawa / Inforest PC・GIGA. All rights reserved.


■高速冷却型冷蔵庫少女(製氷機付き冷蔵庫+GAL)

胸の部分が冷蔵庫の扉になっています(350ml缶を2本収納可能)。胸が大きすぎると扉が閉じなくなるので、中の女の子のバストサイズは控えめ(だがそれがいい)。女の子はショートカットな青い髪というルックスなので、なんとなく綾波系と呼べなくもないかも…。胸以外の収納スペースは、腰部分の左右サイドボックスに500mlのペットボトルを1本収納可能(左右で2本が限界)、下腹部に野菜などを入れる多目的ボックス(少量)、額に小型の製氷機という仕様です。最大容量は驚きの3.5L(少なっ!)。ちなみにネット通販で調べたら、5.5Lの冷蔵庫が6,580円(税込)で売ってました。なお、機械少女の価格(レンタル料?)は、そこそこ高いらしいということ以外は一切不明です。

Copyright(c)2007 Takashi Fujisawa / Inforest PC・GIGA. All rights reserved.


■乾燥機能つき自動筆記少女(コンパクト文房具+GAL)

胸ポケットに収まるコンパクトタイプの機械少女。頭上にセットされた音声入力マイクに向かって話すだけで、言葉を文字にしてくれます。ただし音声認識という仕様上、多少の誤字脱字は避けられないので、ビジネスには使わない方が懸命でしょう。スカート型のホバーで浮きながら文字を書いてくれるので、紙に足跡がつく心配も無用。片足を軸に円を書くコンパス機能も搭載しています(その際ホバー機能はオフ)。見た目は収録された全機械少女中、最も幼い小学校低学年なイメージ。身長133mmなので小学生と比較するのもアレですが。まあ、とりあえず妹系ってことで…。

Copyright(c)2007 Takashi Fujisawa / Inforest PC・GIGA. All rights reserved.


■双方向型自動改札少女(自動改札機+GAL)

背中部分が自動改札機になっているので、お仕事をする時は四つんばいになります。頭とお尻のところにカード読み取り部を装備。お尻のカード読み取り部はタッチするのを間違えるとセクハラになりそうです(その際は女の子も怒ります)。駅職員と同様の青いズボンを履き、白い手袋やネクタイなどもしていますが、何故かヘソ出し&ノースリーブ。よく見るとズボンもローライズで腰履きになっていたりします。両手がゲートを兼ねているので、料金不足などを察知した場合は手で止められます。駅構内では、同じ機能を持つ機械少女達が複数横に並んでお仕事をします。女の子達はヒマな時におしゃべりしながらコミュニケーションを取ったりしているようです。

Copyright(c)2007 Takashi Fujisawa / Inforest PC・GIGA. All rights reserved.


■角型電熱ヒーター人肌仕様(電気コタツ+GAL)

レオタードな女の子(巨乳)が、ガウン型のコタツ布団を着ています。背中にはコタツの天板を装備(裏面は麻雀マット仕様)。使用時は女の子が腹ばいになり、ちょうど亀のようなカタチになります。使用者は女の子に上から押し倒される格好で暖まります。体勢によっては、巨乳で顔が押しつぶされます。嬉し恥ずかし極楽気分です! ちなみにお腹の部分がヒーターになってます。性格は気さくな感じで、使用にとまどう購入者をフレンドリーにサポート! ただし、気分がモヤモヤして変なことをしようとすると感電して大変なことに……。ちなみに、この機械少女の短編小説に出てくる「おっぱい」という言葉の使用数も大変なことになっています(ある意味当然)。

Copyright(c)2007 Takashi Fujisawa / Inforest PC・GIGA. All rights reserved.




その他の機械少女は以下の面々となってます。詳しくは本誌で確認してみてください。



●同伴型垂直落下型アトラクション(フリーフォール(絶叫マシン)+GAL)

●全駆動型潜水艇少女(アーム付き潜水艇+GAL)

●四脚振動椅子(マッサージ椅子+GAL)

●全自動型毛髪断裁少女(多機能シェーバー+GAL)

●センサー内蔵型加湿少女(加湿器+GAL)

●お料理コンロ少女(カセットコンロ+GAL)

●スノーモビール・トナカイ(サンタとトナカイ+GAL)



個人的に『機械少女』はイラストも魅力的でしたが、それ以上に漫画部分が面白くて本気で続きが読みたくなりました。新ネタの漫画単行本とかが出たら速攻で買いたいのですが、「PC・GIGA(月刊誌)」での連載は既に終了しているので、今後の予定は白紙なんですよね……(泣)。この名著『機械少女』がバンバン売れて、新展開が発動することを願ってやみません。このネタに秘められた潜在力は、相当に高い気がするので、資本を持っている方はパトロンとして投資してみてはいかがでしょうか。訳の分からないアニメやゲームファンドに手を出すより、よほどリターンがあると思いますよ。いやマジで……。



妄想全開で原稿を書き終えた後、別件の仕事でバタバタしてるところに何やら謎のメールが着信……。内容を確認してみると、カオス通信の担当さんが発行元のインフォレストさんに連絡して『機械少女』の画像を入手したとのこと。げえぇっ!(横山光輝風に)。ううむ、なんだか恐縮です(関係各者の皆様のご理解に感謝です)。ということは最終的に画像が貼られてアップされるんでしょうか(大汗)。えーーと、いろいろな意味で大きなココロで読んでいただければと思います。押忍!





■カオス通信バックナンバー

Gackt謙信出陣! ビジュアル系戦国武将に腐女子大熱狂!

行政も保護するメイド!「最狂女装メイド vs 13歳薄幸メイド」ご奉仕対決

アキバ系クラブイベント潜入!アニメ&ゲーム音楽でDANCE三昧!

ツンデレ麻雀に巨乳将棋!萌える勝負師漫画が熱い

カオス通信バックナンバー一覧



機械少女

殺人魚雷仮設事務所





レッド中尉(れっど・ちゅうい)

プロフィール:東京都在住。アニメ・漫画・アイドル等のアキバ系ネタが大好物な特殊ライター。企画編集の仕事もしている。秋葉原・神保町・新宿・池袋あたりに出没してグッズを買い漁るのが趣味。


Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.


【アキバ物欲】ハプニング続出!"よゐこ"のアキバ系ラジオ番組-ガンダム声優の関 智一氏も登場

2007年7月1日(日)、秋葉原UDXビル「アキバ3Dシアター」において、タレントの"よゐこ"がメインパーソナリティーをつとめるラジオ番組「よゐこのアキパラ」の公開収録が行われた。

当日は、ドラえもんのスネ夫役の声優で原型師としても知られる関 智一氏、自作パソコンのカリスマ Dr.T氏のメインゲストに加え、日本テレビのバラエティ番組「第三惑星放送協會 ルドイア☆惑星三第」のオーディションで決定した"超銀河系アイドル"も応援に駆けつけた。



今回の収録は、インターネット上でペア50組100名、番組協賛のパソコンショップ T-ZONE秋葉原店にて1万円以上の買い物をした人で観覧希望の先着40名の計140名が招待されている。


■"超銀河系アイドル"が前座で登場

"よゐこのアキパラ"は、アキバ人によるアキバ人のための秋葉原情報バラエティラジオ番組。今や全国的にも注目度が高いアキバの街から、新しいカルチャーを配信することを目的として2006年4月より放送を開始している。また、2006年7月にはポッドキャスティングでの番組配信も行っている。



番組では、アキバ系に関わる小さなネタまでを取り上げる「アキパラニュース」、フィギュアーやゲームなどの気になるアイテムを紹介するついでにプレゼントも用意する「勝手にピックアップ」、有野党首のもと日本の"萌え"を研究し、リスナーとディスカッションする「日本萌え党宣言」など、ユニークな企画で番組が目白押しだ。片手で持ち歩けるほど超コンパクトなパソコン"ゲームボーイPC"を製作したT-ZONE. PC DIY SHOP スタッフ 森田建介氏も、同番組に登場している。



会場の入場は13時30分からであったが、30分前から100人近い観覧者がすでに列をなしていた。会場と同時に19×9列の座席はすぐに埋まり、立ち見がでるほどの盛況ぶりだ。観客席には、新スネ夫役の関 智一氏が気になったのか、元スネ夫役の声優 肝付兼太氏の姿も確認できた。番組は、"よゐこ"が舞台に登場する前座として、うさぎの耳を頭に付けた"超銀河系アイドル"が楽曲を披露。自己紹介のあとには、新しい個人曲のメドレーも聴くことができ、ファンには思い掛けないプレゼントとなった。

うさぎ耳の
うさぎ耳の"超銀河系アイドル"が登場"よゐこのアキパラ"の収録会場

■パソコン博士 Dr.Tが一人芝居を披露

Dr.Tのコーナー「Vistaに触れよう」では、Dr.Tがステージに登場するなり一人芝居を始めるが、アキバ山から下りてきたというストーリーと、Dr.Tが作成した台本のネタを"よゐこ"の2人から激しく突っ込まれ、会場の笑いを誘った。



Dr.Tは、Windows Vistaの中でも最上位モデルにあたる「Windows Vista Ultimate」の新しい機能である「セキュリティが万全」「多言語対応」「ドリームシーン」の3つを紹介。いずれもDr.Tならではのユニークな解説で、会場からは笑いが絶えなかった。



たとえば、セキュリティだが、ノートパソコンを持ち歩きながら、メイドさんと出会い、一緒に写真を撮ったとする。あまりの嬉しさに浮かれてしまい、うっかりとパソコンを忘れたとする。「Windows Vista Ultimate」であれば、"ビット・ロッカー"という機能で、USBメモリーを鍵にできるので、USBメモリーさえ持ち歩いていれば、第三者がパソコン内のデータを取り出せない、という頼もしいものだ。



引き続き行われた"アキパラクイズ"は、観客に配った団扇を使っての豪華賞品を掛けた二者択一のクイズ。



クイズの問題は、"よゐこのアキパラ"で今までに放送された中から出題されたが、ヘビーリスナーが多いのか、1回のクイズで座る人が非常に少なく、3名程度…。クイズの問題は、どんどんエスカレートしていき会場はリスナーの熱気で包まれた。

Dr.Tは、Windows Vista Ultimateの魅力を語ってくれた
Dr.Tは、Windows Vista Ultimateの魅力を語ってくれた"アキパラクイズ"では、マニアックな問題ばかり出題された

■声優の関 智一氏も登場!ハプニングが爆笑の渦に

声優の関 智一氏が登場。関氏は、熱狂的な仮面ライダーファンで、「セキトモ・TVリスペクトACT1 関智一の勝手に祝うライダー35周年!」の制作エピソードを語ってくれた。同DVDは、歴代の仮面ライダー(1号ライダーから仮面ライダーZXまで)の関連曲を熱唱したものだが、変身する前の主役の姿をコスプレで再現している点が大きな見所だ。関氏によると、変身前がほとんど裸の仮面ライダーアマゾンが非常に恥ずかしかったそうだ。



関氏といえば、「機動武闘伝Gガンダム」の主人公 ドモン・カッシュ役の声優としても有名だ。トークは、自然と機動戦士ガンダムの話に移り、最後はドラえもんのスネ夫役の話となった。関氏は、前々からスネ夫役を演じたかったそうだ。ドラえもんの声優オーディションではドラえもんの声も演じたが、最終的にスネ夫役に決まったという。

よゐこの濱口優氏(一番左)と有野晋哉氏(一番右)。中央は、ドラえもんのスネ夫、史上最強の弟子ケンイチの主人公 白浜兼一役の声優、関 智一氏DVD「セキトモ・TVリスペクトACT1 関智一の勝手に祝うライダー35周年!」の即売会も行われた
よゐこの濱口優氏(一番左)と有野晋哉氏(一番右)。中央は、ドラえもんのスネ夫、史上最強の弟子ケンイチの主人公 白浜兼一役の声優、関 智一氏DVD「セキトモ・TVリスペクトACT1 関智一の勝手に祝うライダー35周年!」の即売会も行われた

今回の収録では、スクリーンの映像が途切れたり、テープの交換に手間取ったりなど、生収録ならではのハプニングもあったが、ハプニングのたびに"よゐこ"の濱口氏と有野氏の楽しいトークが炸裂し、終始爆笑の渦に包まれた楽しいラジオ収録であった。



■こちらもオススメ!アキバ最新ニュース

【アキバ物欲】究極の接客業を目指す!メイドさんのメガネ屋さん

【アキバ物欲】いつでもどこでもメイドさん!「萌えサウンドロップ」がブレイク中

【アキバ物欲】外国人・コミケ族にも大人気!アキバ唯一の「カプセルホテル」

【アキバ物欲】"冷やし麺"登場!品切れ続出"らーめん缶"夏の陣

【アキバ物欲】フルーティで美味しい!アキバ隠れ名物"りんごコロッケ"



よゐこのアキパラ

ラジオ日本



編集部:関口 哲司

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ