ITライフハック
ITライフハック

【気になるトレンド用語】"ハッカー"と"クラッカー"!ごっちゃになってない?

インターネットやコンピューター、パソコンが普及し、今や生活の裏側には、ハイテク技術が必要な時代となっています。



そんな時代だからこそ、企業や国家のコンピューターシステムに侵入したり、機密情報が盗まれたりと、ネット犯罪も増加する一方です。私たちが見る一般的なニュースなどでも、"ハッカー"だの"クラッカー"という言葉が使われ、世間を騒がせることがあります。



ところで、この個人の生活を脅かすだけでなく、企業や国まで揺るがすハッカーやクラッカーとは何なのでしょうか?



そもそも、ハッカーやクラッカーは悪い人なのでしょうか? それとも良い人なのでしょうか?



今回は、そんな知られざるハッカーとクラッカーについて見てみましょう。



■ハッカーって、どんな人?

ハッカー(hacker)は、一般の人より、コンピューターやプログラムなど、高い電子技術知識と技能に通じ、実行できる能力を持つ人たちを指します。いわゆる、コンピューター技術の達人といってもよいかもしれません。



ちなみにハッカー以上の技術者は、ウィザード(wizard)、グル(guru)などと呼ばれます。グルとよばれる人には、Linuxカーネルの開発者リーナス・トーバルズ氏などがいます。



マスコミや世間では、不正行為を行うクラッカーもハッカーと呼び、混同されることが多くあります。どちらも"コンピュータ技術が高い人"という意味では似ていますが、社会貢献するハッカーと社会を攻撃するクラッカーとは行為自体が大きく違ってきます。



ハッカーのなかには、企業からの依頼で、自社のコンピューターシステムに侵入できるかを試し、セキュリティ検査を行うプロも存在するようです。



■クラッカーって、どんな人?

クラッカー(cracker、kracker)は、ネットワークにつながれたシステムに不正侵入したり、コンピューターの破壊や改ざん、プロテクトの解除など、悪意ある不正行為を行う技術者を指します。コンピューターウイルスなどの悪意あるアプリケーションの作成や、プログラムの解析でリバースエンジニアリングの悪用などを行います。



プロのクラッカーには、銀行から情報を盗み出したり、企業から機密情報を持ち出すなど、高度の技術で非合法活動を行う人もいます。



クラッカーには、DoS攻撃やサーバー攻撃を行うアタッカー(attacker)や、荒らし行為をするヴァンダル(vandal)、電話回線に精通するフリーカー(phreaker)、アプリケーションの複製や配布を行うスクリプトキディ(script kiddy)などの種類があります。



ちなみに、ハッカーに憧れ、知ったかぶりの"自称ハッカー"のことをニュービー(newbie)といい、日本のネット用語でいうところの「厨房」にあたります。



ニュービーは、ハッカーになりたがる馬鹿(I wanna be a hacker)が転じたワナビ(wannabe)、ワナビになったばかりの馬鹿(new wannabe)から生まれたといいます。



■ギークとヲタク

ハッカーに近い言葉で、最近はギーク (geek)という言葉もよく耳にします。



ギークは、特定の知識があり、人付き合いが得意でない人を指します。人付き合いが苦手なことから、ヲタクと訳されることがあるようですが、"サブカルチャーヲタク"ではなく、"技術系のヲタク"というのが元の意味合いに近いようです。



また、元々はサーカスの芸人を指す言葉でしたが、社会に適応できない人へ転じ、そこからコンピューターマニアのことを呼ぶようになったようです。





■こちらもオススメ!気になるトレンド用語

夜をさまよう"ネットカフェ難民"、彼らを"追いつめるもの"は何だ?

消える1円ケータイ!?奨励金モデルのからくりと転機を迎える料金体系

増えるネット依存、子どもの闇の顔"学校裏サイト"って何だ?

迷惑な"スパムメール"はどこからくる? どう撃退する?

壊れないHDD?夢のメモリドライブ"SSD"って何?



Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

【気になるトレンド用語】夜をさまよう"ネットカフェ難民"、彼らを"追いつめるもの"は何だ?

今年に入ってから"ネットカフェ難民"という言葉をよく耳にするようになりました。

住む家や定職を持たず、日雇い派遣などで生計を立て、24時間営業のネットカフェを寝ぐらとする人たちのことを指し、現代社会が生み出した"ひずみ"を象徴する言葉です。



ネットカフェ難民問題は、日本社会の雇用問題にも大きく関わる事柄で、誰もが他人事と笑ってすませられるものではありません。いつ、自分の身に降りかかるか分からないのです。



今回は、そんなネットカフェ難民の実態や、今まさに問題になっている、彼らを追いつめる"日雇い派遣労働"のおかしな仕組みを見ていきましょう。



■ネットカフェ難民とは?

家賃の滞納や、家庭の事情などで住む家を失い、24時間営業のネットカフェやマンガ喫茶で夜を過ごし、日雇い派遣労働などで収入を維持している人たちのことを「ネットカフェ難民」と呼んでいます。ネットカフェ難民という言葉自体はマスコミがつくった造語で、彼らが働く意思を持っていることから"ホームレス"という言葉と区別して使われています。



■ネットカフェ難民が生み出される"土壌"

ネットカフェ難民が生まれた背景は、さまざまな事情が複雑にからみあっていますが、大きな原因の一つに、コスト削減に迫られた企業が正社員から派遣労働者の雇用を増やしたことや、フリーターの増加があげられます。



また、以前なら、"住む家をなくすこと=ホームレス"につながりましたが、ネットカフェ・ビジネスが広まり、1時間あたり数百円という低価格な料金、シャワールームの完備、長時間利用者への格安パックなど、顧客獲得を狙ったサービス合戦も、"難民化"する敷居を下げた一因といえるでしょう。



■"難民化"を進める日雇い派遣システム

彼らは派遣会社に登録し、おもに日雇い労働で収入を得ています。2004年3月から施行された「改正労働者派遣法」により、物を組み立てたり、鋳造・加工などの製造業務への派遣が解禁となり、肉体労働につく人も多くなっています。



日雇い派遣では、仕事が毎日あるか分からない不安定な生活を強いられる上、賃金も日払いゆえにまとまったお金を持つことが難しく、一旦その暮らしに陥ると、容易に抜け出すことができません。また、住所が不定のため、銀行口座を新しく開設することやクレジットカードを発行することもできず、ゆっくりと社会的な信用が失われていく恐れがあります。



■クビを切られやすい"偽装請負"

2004年の法改正の影響を受け、持ち上がったのが"偽装請負"問題です。



偽装請負とは、実際には派遣先に労働者を常駐させる"人材派遣"の状態でありながら、契約上は"業務請負"を装い、労働派遣法に基づいた「派遣先企業が負うはずの責任や義務」から逃れるものです。



偽装請負では、安全管理や社会保険契約に関する責任の所在があいまいな上、簡単に解雇できることから、企業による一方的なリストラ対象となる恐れがあるため、問題になっています。



■さらに弱者を追いつめる"賃金ピンハネ疑惑"

もう一つ、ネットカフェ難民を加速させかねないのが、大手の人材派遣会社で横行する"賃金ピンハネ疑惑問題"です。



マージンを差し引いた後の派遣労働者の賃金からさらに、「データ装備費」「業務管理費」「安全管理費」などの名目で、1回の派遣につき200~300円の不透明な天引きが行われ、これが"労働基準法違反"に当たると指摘されました。



高まる批判を受け、大手人材派遣の「フルキャスト」が今年3月に、またグッドウィル・グループが運営する「グッドウィル」も今年5月にようやく徴収を停止し、天引き分を返還する方針を明らかにしました。



派遣法違反の"賃金ピンハネ"は、ネットカフェ難民や、どれだけ働いても貧困から脱出できない"ワーキングプア"の原因の一つとして注目を集めています。ネットカフェ難民は、不況に悩む日本経済の"雇用実態"を映し出す鏡といえるでしょう。





■こちらもオススメ!気になるトレンド用語

消える1円ケータイ!?奨励金モデルのからくりと転機を迎える料金体系

増えるネット依存、子どもの闇の顔"学校裏サイト"って何だ?

迷惑な"スパムメール"はどこからくる? どう撃退する?

壊れないHDD?夢のメモリドライブ"SSD"って何?

ネットは終わったか?"悪"にされたオンラインストレージ



Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ