ITライフハック
ITライフハック

【アキバ物欲】Vista導入前の下準備!バックアップ特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。同社が5年ぶりにパソコン市場に投入するOSであるだけに、パソコンのOSをVistaに移行する計画を立てている人は多いであろう。Windows XPからVistaへのアップグレードは、「【特集:Vistaへの道】Step 6:Windows Vistaへのアップグレード」で取り上げたとおり、新規インストールと上書きインストールの2種類があり、トラブルが少ないインストールとなれば、新規インストールを選択したほうが良いとされる。



ここで問題となるのが、仕事やプライベートで必要なファイルを新しいVistaの環境で使用するには、どうすれば良いかであろう。アキバのPCショップでは、100Gバイトを越える大容量のハードディスクはもちろんのこと、次世代DVDドライブであるBlu-rayドライブやHD DVDドライブも店頭で見られるようになってきた。



そこで今回は、Vista導入に備えて、大事なファイルをバックアップするための記憶媒体を秋葉原の各店舗で調べてみた。



ハードディスクドライブ



■ハードディスクでバックアップ

大容量のデータをバックアップするメディアとして真っ先に思い浮かぶのは、ハードディスクドライブである。ハードディスクは、パソコンの周辺機器であるが、動画のように大容量のファイルを保存する人には、バックアップメディアとしての意味合いが強い。



●外付け型ハードディスクを増設

パソコンにハードディスクを追加する方法としては、外付けのハードディスクを購入してパソコンに接続する方法があげられる。パソコンには、周辺機器を接続するためのインターフェースとして、USBポートやIEEE1394ポート(FireWireまたはi.Link)が用意されているので、これらに対応した外付けのハードディスクを購入すれば、大容量の記憶媒体として利用できる。



USB接続の外付け型ハードディスクは、Windows XPマシンであれば、パソコンのUSBポートに接続するだけで自動的に必要なデバイスドライバがインストールされてすぐに使用できるので、誰でも手軽に使用できる。IEEE1394接続のハードディスクも、 IEEE1394ポートを搭載したパソコンであれば、パソコンに接続するだけですぐに使用できるが、Windowsマシン、とくにノートパソコンでは、IEEE1394ポートを標準で搭載しないパソコンが多い。汎用性を考えれば、USB接続の外付けハードディスクを購入するのが良いだろう。



USB 2.0接続の外付け型ハードディスクドライブUSB2.0/IEEE1394接続のハードディスクドライブ



●内蔵型ハードディスクを増設

デスクトップパソコンの中には、内蔵のハードディスクを増設できるマシンも多々見受けられる。そういうマシンでは、内蔵型ハードディスクを購入して、パソコンに増設すれば、バックアップ用の記憶媒体として使用できる。



デスクトップパソコンでは、主に3.5インチのハードディスクドライブを使用する。同ドライブは、接続方法の違いで、シリアルATA、パラレルIDE(ATA)の2種類に分類される。接続方法が異なるハードディスクを購入すると、パソコンに接続すらできないので、購入時には注意が必要である。



左がパラレルIDE、右がシリアルATAのハードディスクドライブ



シリアルATAは、パラレルIDEのあとに登場したATAインターフェースの次世代規格である。パラレルATAと比較して高速なデータ転送が可能であり、パソコンとの接続も容易となっている。

パラレルIDEは、コンパックコンピューターとウェスタンデジタルが中心となり開発したIDEインターフェースをベースに拡張したハードディスクの規格である。現在では、Ultra ATA100/133が主流となっている。



シリアルATA接続のハードディスクドライブパラレルIDE接続のハードディスクドライブ



パラレルIDE接続の内蔵型ハードディスクでは、パソコンにハードディスクを認識させる際に、マスターまたはスレーブを設定する必要がある。一般的なデスクトップパソコンでは、プライマリーマスターに起動用ハードディスク、セカンダリーマスターに光学ドライブを設定しているので、通常は新しいハードディスクをプライマリースレーブに設定すれば、パソコンで認識できる。



実際に、追加のハードディスクとして使用するためには、1.パーティション領域の確保、2.フォーマットという2つの手順を踏む必要がある。Windows XPマシンであれば、スタートメニューから「コントロールパネル」-「管理ツール」-「コンピューターの管理」-「記憶域」-「ディスクの管理」で、ハードディスクを選択して、それぞれの作業を実行する。多少面倒ではあるが、ヘルプの「チェックリスト:新しいディスクを追加する」に、詳しい手順が書かれているので、ヘルプを参考にしながら作業を行えば良いだろう。



コンピューターの管理ヘルプの「チェックリスト:新しいディスクを追加する」



ノートパソコンは、携帯性や省スペースを重視しているので、通常は内蔵型ハードディスクを増設できない。そこで通常は、外付け型ハードディスクを増設する手段がとられる。



次のページでは、内蔵型ハードディスクを外付け型ハードディスクとして増設する方法と、光学メディアでバックアップ、オススメのバックアップ方法を紹介する。





●内蔵型ハードディスクを外付け型ハードディスクとして増設

パソコンに外付け型ハードディスクを接続した場合には、ファイルをバックアップする作業を行う必要があるが、内蔵型ハードディスクを新しいハードディスクと交換して、今まで使用していたハードディスクを外付けハードディスクとして使用すれば、バックアップの手間が省ける。



本記事では、ノートパソコンの内蔵型ハードディスクを外付け型ハードディスクにする方法を紹介するが、ノートパソコンは、パソコン本体を分解しないと、ハードディスクを交換できない機種が多い。デスクトップパソコンもそうであるが、ハードディスク交換に失敗すると、最悪、パソコンを壊しかねない。メーカー製パソコンの場合、本体を分解すると、メーカーの保証期間内であっても、故障時に無償保証が受けられなくなる点に注意したい。



ノートパソコンは、2.5インチのハードディスクが主流であるが、小型のノートパソコンには、2.5インチよりも小さい1.8インチのハードディスクドライブを採用しているパソコンも存在する。2.5インチのハードディスクには、3.5インチと同様に、接続方法の違いで、シリアルATAとパラレルIDEの2種類の規格が存在する。一方、1.8インチのハードディスクドライブには、東芝製と日立製の2種類が存在し、それぞれ接続するコネクタの形状が異なるため、こちらも購入時に注意が必要である。



左から2.5インチのシリアルATA接続、2.5インチのパラレルIDE、1.8インチ(東芝製)のハードディスクドライブ1.8インチ(東芝製)のハードディスクドライブの接続端子



パソコン本体から取り出したハードディスクドライブは、市販のUSBまたはIEEE1394接続のハードディスクケースに組み込むことで、外付け型ハードディスクドライブとして使用できる。この方法は、デスクトップパソコン向けの3.5インチハードディスクでも使える技だが、ノートパソコン向けの2.5インチのハードディスクであれば、リムーバブルメディアとして、手軽に持ち出すことができる。



ノートパソコンに内蔵されていたハードディスクに基盤を接続するハードディスクケースに入れてネジ留めすれば、外付け型ハーディスクドライブの完成



●内蔵型ハードディスクをネットワークストレージとして増設

内蔵型ハードディスクを外付け型ハードディスクとして増設する方法と似ているが、NASキットと呼ばれるハードディスクケースに組み込むことで、ネットワークに接続して共有ドライブ、またはファイルサーバーとして使用できる。100BASE-TX/10BASE-TのNASキットの場合、USBまたはIEEE1394接続の外付け型ハードディスクドライブに比べると、データの転送速度は遅いが、ファイルサーバーに設定すれば、外出先からアクセスできる。



NASキット 玄人志向「玄箱」「玄箱」9,980円(税込み)
協力:パソコンハウス東映



■光学メディアでバックアップ

市販のバックアップソフトには、パソコンのデータを光学メディアにバックアップする製品も多い。大量のデータをバックアップするのでなければ、手軽にバックアップできる上、ハードディスクに比べて携帯性に優れている点が人気の秘密だろう。



「光学メディア」と聞くと、「バックアップできる容量が小さいのでは?」と心配される人もいると思われるが、Blu-rayドライブ(以下、BDドライブ)やHD DVDなどに代表される次世代DVDともなると、メディアのディスク容量は15Gバイト(DVD HD)、25Gバイト(BD 1層)、50Gバイト(BD 2層)と十分に対応でき、高画質の動画ファイルでも楽々と持ち歩ける時代となっている。



ブルーレイ・ディスクドライブ

ブルーレイ・ディスクドライブは、ソニーや松下電器産業、パイオニアなどのメーカーが中心となり、共同で策定した光ディスク規格である。パソコン用のブルーレイ・ディスクドライブでは、音楽CDやDVDと同じ大きさのディスクに、片面1層で25Gバイト、両面で50Gバイトのデータを記録できる。DVD-Rメディアに比べると、両面で10倍以上の大容量であるため、高精細な動画の長時間録画に適している。



ブルーレイ・ディスク 2,160円(税込み)協力:あきばお~ブルーレイ・ディスクドライブ 8万4,680円(税込み)協力:ツートップ秋葉原本店



HD DVDドライブ

HD DVDは、東芝とNECが推進する次世代書き換え型光ディスクの規格である。メディアサイズは、音楽CDやDVDと同じ大きさで、ディスク容量は1層で15Gバイト、2層で30Gバイトである。



HD DVDディスク 999円(税込み)協力:あきばお~HD DVDディスクドライブ 3万4,780円(税込み)協力:ツートップ秋葉原本店



■オススメはハードディスク交換 - 次世代DVDドライブはまだまだ高価

PCショップのスタッフに「一番手軽なバックアップ方法は?」と伺ってみると、「ハードディスクを新しいドライブに交換して、古いハードディスクを外付けにするのが一番手っ取り早いです」とのコメントを頂いた。確かに、パソコンの内蔵ハードディスクから外付けのハードディスクドライブにバックアップすることを考えたら、内蔵ハードディスクを新しいハードディスクに交換して今まで使用していたハードディスクを外付けにしたほうが、ドライブ交換の手間は掛かるが、バックアップの時間は必要ない。ちなみに、ノートパソコンの場合には、外付け型ハードディスクドライブがオススメだそうだ。



取材時、3.5インチの内蔵型ハードディスクドライブは、320Gバイトで1万円以下、500Gバイトで2万円以下で販売されていた。ブルーレイ・ディスクドライブやHD DVDドライブは、ちまたで次世代DVDと騒がれているが、1.データの書き込み速度がハードディスクよりも遅い、2.大容量のハードディスクが大幅に値下がりしたという事情から、今しばらくは、ハードディスクがバックアップメディアとして活躍する時代が続くものと推察される。



あきばお~

ツートップ秋葉原本店

パソコンハウス東映



編集部:関口 哲司

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.






【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話しているのを見て、なるほど筆者の知らない世界だ、ものごとを知らないというのは無知だなと思いつつ、テレビ電話の必要性をそのときはじめて認識したってことがあった。1年以上前の話である。



ドコモ、ソフトバンクともに当たり前のようにテレビ電話対応の端末が増え、auはいったいいつになるのか…などと思っていたのだが、ついに、ようやくテレビ電話対応機種が発売されたのである。


本体を開いたところ。液晶画面はTFTで2.6インチ。ボタンの下にあるスピーカーが特長である。



■W47T 本体紹介

まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく“約”は省略させていただいた。サイズは高107mm×幅51mm×厚21mm。重さは127g。連続待ち受け時間が290時間、連続通話時間が190分(テレビ電話時で100分)である。メインディスプレイはTFTで、2.6インチ(横240ドット×縦320ドット)、最大262,144色表示が可能だ。



正面から見たW47T。サブ液晶は0.8インチのモノクロ有機ELパネルだ。



メインカメラは、有効画素数324万画素のCMOSカメラで、最大記録サイズが2,048×1,536ピクセルだ。サブカメラは有効画素数33万画素のCMOSカメラである。データフォルダ容量は100Mバイト(EZアプリとあわせて)。外部メモリ用のスロットが準備されていて、microSDタイプの外部メモリーに対応している。2Gバイトのものにまで対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。



本体左側面。左より赤外線ポート、メモリカードスロット、外部接続端子が並ぶ。本体右側面。右より平型イヤホン端子、EZ FeliCa/テレビ電話キー、カメラキー、サイドキー1、サイドキー2が並ぶ。



本体カラーは、エキゾチックオレンジ、アーバングレイ、シャンパンホワイトの3色が準備されている。筆者はエキゾチックオレンジを購入した。



背面から見たW47T。マクロ撮影切替スイッチ、324万画素のCMOSカメラ、モバイルライトが並ぶ。



■高機能なテレビ電話機能

後発だけにテレビ電話機能はけっこう高機能である。最大5人(こちらと相手4人)で接続し、テレビ電話時のカメラ映像を複数の相手に同時配信することが出来る。その際、文字メッセージを送ることも可能なグループテレビ電話機能。自分に代わってキャラクターを画面に表示することができるキャラ(アバター)機能。あらかじめ設定した端末からのテレビ電話着信に対して、自動着信ができるモニタリング着信機能。テレビ電話中に、相手の映像と音声を最大10分間録画することもできる。また、端末に保存されている静止画を相手に見せることも可能だ。ただし、グループテレビ電話機能に関しては、auのテレビ電話対応端末同士しか対応していない。現状、このW47TとDRAPEしかテレビ電話がないので、使うことがなさそうなのがちょっと残念だ。



ちなみにこの原稿を書いている2007年1月16日にauの春モデルが10機種発表されたが、テレビ電話に対応した機種がなかった。したがって、当分使うことができそうもないのである。…というか、グループテレビ機能を使いたいユーザーは、みんながW47TかDRAPEを買わなくてはいけない状況が続きそうなのである。ただし、通常のテレビ電話は、ドコモやソフトバンクの端末とやりとりすることが可能。なので、ちょっとの間はドコモ、ソフトバンクユーザーとテレビ電話することが多くなりそうである。



テレビ電話機能。知り合いでW47TやDRAPEを持っている人がいなかったので、ソフトバンクの端末とテレビ電話を試してみた。自分に代わってキャラクターを表示させることもできる。





けっこう使えるなと思ったのがスピーカーだ。ボタンの下に配置されているので、相手の声が自分に向かって聞こえるから、イヤホンを使わずに会話することが可能。ただし、部屋など周りが静かな時に限るが。



自分の方に向かって聞こえるスピーカーは、静かなところならかなり使える。





次のページでは、W47Tのカメラ機能を使って実際に撮影した写真を見ていただこう。






■もひとつ感がぬぐえないカメラ機能

324万画素のCMOSカメラ…と数値はかなりのものだが、実際に撮影してみると、色被りしていたり、周辺部にボケ(シャープさのなさ)が感じられたり…と、いわゆるキレイといわれる携帯電話よりは落ちることは否めない。オートフォーカスはついていないのだが、最近筆者はオートフォーカスの必要性はそれほど感じなくなってきている。いや、確かにオートフォーカスが必要な人もいるだろう。オートフォーカスがある方が味のある写真が撮れたりもする。だが、携帯電話のカメラのオートフォーカスはほとんどピント合わせが遅い。さっと取り出してすぐに撮るっていう場合に失敗することが多いのである。子どもや動物などをオートフォーカスつきのケータイカメラで撮ったことがある方なら失敗率の高さはわかっていただけるであろう。なので、オートフォーカスがないタイプの方が使い勝手がいい場合もある…と筆者は感じているから、オートフォーカスがついていないからカメラ機能としては落ちると判断しないことにしているのである。事実としてオートフォーカス機能がついていない…ということを述べるのみにしたのである。前口上はそんなもんでいいだろう。とにかく実際に撮影してきた写真をご覧いただきたい。



●天気のいい日に順光で撮影した写真






●同じ被写体を移動して順光と逆光で撮影した写真






●同じ場所を順光で撮影した写真と180度振り返って逆光で撮影した写真






●屋内で撮影した写真






●マクロ機能を利用して撮影した写真






●蛍光灯下で撮影した写真






●電球下で撮影した写真






●夜景を通常モードで撮影した写真






●夜景をナイトモードで撮影した写真




■けっこう使いやすい端末「W47T」

まずは文字サイズを見てみよう。メール確認時に設定できる文字サイズは「極小」「小」「中小」「中」「大」の5種類である。



極小中小



筆者がこのW47Tを使いやすいと感じるの理由のひとつにサイズがある。持った感じがけっこうしっくり来るのだ。角が丸くなっているので持ちやすいのだろう。そこそこの薄さもいい感じだ。また、ボタンのサイズも大きめで打ち間違いがしづらいのがいい。操作性もけっこうサクサク動くのでストレスを感じない。



もうひとつ、東芝端末でいいのは辞書が内蔵されているところ。最近の携帯電話は辞書が内蔵されているものもけっこう出てきているが、かなり以前より「辞スパ」が付属していた。最近はネットに接続すればカンタンに言葉の意味などが調べられるが、常に側にある携帯電話に辞書が内蔵されているのはいざというときに重宝するのである。



国語辞書、英和辞書、和英辞書が準備されている。国語辞書を使用している画面。



■Kijimoto's EYE

東芝端末はけっこう使いやすいのでいいイメージを持っているのだが、いちばん感じるのは機種を出し過ぎってこと。いや、いろいろなバリエーションがあるのはいい。だが、次々に出てくるので東芝ファンはいつ買ったらいいのかがわかりづらいのである。今回もこのW47Tが出てすぐにデザインコンセプト端末「DRAPE」が出たし。東芝ファンはもう少しゆっくりのペースで出してくれるとありがたい…と感じているのではないだろうか。



それと、声を大にして言いたいのは「Bluetooth」に関して。今回フルスペック…というような感じで出てきたこのW47Tなのだが、Bluetooth機能ははずされた。ということは、店頭からBluetooth機能付きの端末がなくなってしまった…ということなのである(在庫で持っているところは別にして)。まだまだ普及してないとはいえ、Bluetooth機能を使いたいというユーザーはそこそこいるはず。よくレビューの際に書いたりするのだが、これまで付属させてきた機能を抜くのはまずいと思うのである。何機種か出してない機種、ある機種を作るのならいい。しかし、まったくなくしてしまうっていうのは、それを使っているユーザーをおざなりにしてしまうってこと。いちどその機能をつけてユーザーを獲得したのなら、そのユーザーを突き放すようなことをしてはいけないと思うのは筆者だけだろうか?



気になったのはそれぐらいだ。使いやすいいい端末だと思っている。「使いやすそうな機種ってどれ」って聞かれたら、テレビ電話を使わないユーザーにもこの端末はオススメできると感じている。ただし、カメラをメインに考えているユーザーにはちょっとオススメしづらいが…。



「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

これぞソニエリ!新スタイル提案でケータイが10倍楽しめる「W44S」

5メガピクセル!強力なカメラ機能を前面に押し出した「910SH」

液晶が大きくなっても薄い!軽い! AQUOSケータイの第2弾登場

MNPと同時発売、903iシリーズ第一弾



W47T

au



編集部:木地本 昌弥

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ