ITライフハック
ITライフハック

ネットブックで活用しよう!ウェブのオフィスソフト【知っ得!虎の巻】

最近はネットブックを使っている人を多く見かけるようになってきた。小さくて便利なネットブックだが、仕事をするためにワープロソフトや表計算ソフトなど、いろんなソフトをインストールしていくのはさすがに負担がかかる。そこで今回は、ネットブックに最適なウェブのオフィスソフトを紹介しよう。


■知っ得 No.0078 ウェブのオフィスソフトを利用しよう

ウェブのオフィスソフトサービスには無料のものもある。WordやExcel、PowerPointなど、MSオフィス互換のファイルも扱えるようになっているので、会社で使用しているファイルもそのまま使える。また、オンラインで保存すれば、ブラウザが起動する状態ならどこからでもアクセスできるというのも魅力だ。

今回は、これらのウェブオフィスソフトサービスのうち、使いやすさで定評がある「Googleドキュメント」をとりあげる。



●「Googleドキュメント」を始める

まずは「Googleドキュメント」のサイト(http://www.google.com/google-d-s/intl/ja/tour1.html)より「さっそく使ってみる」をクリック)にアクセスする(画面1)。「Googleドキュメント」の利用には、Googleアカウント(無料)が必要になる。持っていない場合は[登録]をクリックして登録しよう。アカウントを持っている人は、[メール]と[パスワード]を入力し、[ログイン]をクリックする(画面2)。

画面1「さっそく使ってみる」をクリック)にアクセスする画面2[メール]と[パスワード]を入力し、[ログイン]をクリックする

「Googleドキュメント」が起動する(画面3)。ドキュメントを作成するには、[新規作成]をクリックし、作成したいドキュメントの種類を指定する。ここでは[文書]を選択してみる(画面4)。

画面3「Googleドキュメント」が起動する画面4 ここでは[文書]を選択してみる

文書を作成するためのウィンドウが起動する(画面5)。まずはドキュメントに名前を付けておこう。[ファイル]-[名前を変更]を選択する(画面6)。

画面5 文書を作成するためのウィンドウが起動する画面6[ファイル]-[名前を変更]を選択する

[新しいドキュメント名]にファイルに付けたい名前を入力し、[OK]をクリックすると(画面7)、左上に表示されているドキュメントの名前が変更される(画面8)。

画面7 名前を入力し、[OK]をクリックする画面8 ドキュメントの名前が変更される


操作性は、ツールバーからフォントやサイズの変更、太字、斜体といった文字飾りを設定するなど、基本的にWordと変わらないので、とまどうことなくデータを作成できるだろう(画面9)。

画面9 とまどうことなくデータを作成できるだろう

データを作成したら[保存]、または[保存して閉じる]をクリックして保存する(画面10)。元の画面に戻ると、保存したドキュメントが表示される(画面11)。これをクリックすれば再度ドキュメントを開いて編集することができる。

画面10[保存して閉じる]をクリックして保存する画面11 保存したドキュメントが表示される

「Googleドキュメント」には、文書のほか、プレゼンテーション(画面12)、スプレッドシート(画面13)も用意されている。必要に応じてドキュメントを開いて作業をしよう。

画面12 プレゼンテーション画面13 スプレッドシート



●既存のファイルを利用する

「Googleドキュメント」は、DOC、XLS、ODT、ODS、RTF、CSV、PPT などのファイル形式をサポートしている。これらのファイルを利用するには、アップロードする必要がある。

[アップロード]をクリックし(画面14)、[コンピュータからファイルを選択する]でアップロードするファイルを指定する。[参照]をクリックしてファイルの一覧から選択するのが便利だろう(画面15)。

画面14[アップロード]をクリック画面15[参照]をクリックしてファイルの一覧から選択するのが便利

[ファイルをアップロード]をクリックすると(画面16)、ファイルがアップロードされ、ドキュメントが開く(画面17)。

画面16[ファイルをアップロード]をクリックする画面17 ファイルがアップロードされ、ドキュメントが開く



●ドキュメントを共有する

ドキュメントは、他のユーザーと共有することもできる。仕事で利用するドキュメントなどを、関わっている複数人でリアルタイムに見ながら編集していくことも可能だ。



ドキュメントを共有するには、[共有]をクリックし、[他の人と共有]を選択する(画面18)。相手側もドキュメントを編集できるようにするには[共同編集者]を、閲覧するだけにするには[閲覧者]を選択し、相手のメールアドレスを入力して、「○○を招待」をクリックする(画面19)。



相手に送るメッセージを入力し、[送信]をクリックすると(画面20)、メッセージが送信され、ドキュメントを共有できるようになる。

画面18[共有]をクリックし、[他の人と共有]を選択する

画面19 相手のメールアドレスを入力して、「○○を招待」をクリックする画面20 相手に送るメッセージを入力し、[送信]をクリックする



今までのデータも利用できる上、データを共有することで新たな使い方もできるようになる。こんな便利なウェブオフィスソフトサービスを活用して、仕事に役立てよう。



以下に代表的なウェブオフィスソフトのサイトをピックアップしたので、サイト選びの参考にしてもらいたい。

サイト名特徴
Google ドキュメントスプレッドシートにはチャット用のパネルがある
ThinkFree てがるオフィスオフライン版が販売されている
OnSheet表計算のみ。iPhone/iPod touchでシートを閲覧、編集できる


■こちらもオススメ!PC 最新ニュース

ネットブックにも最適!スケジュール帳はオンラインに

今年の感謝をグリーティングカードで送る

まだ間に合う!ネットブックでも使える「年賀状作成サイト」

できるビジネスマンはタスク設定でアプリを管理

【知っ得!虎の巻】バックナンバー一覧





編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス)

制作編集:エヌプラス

Copyright 2009 livedoor. All rights reserved.

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。


スライドさせて本体を開いたところ。ボタンは凹凸がないタイプ。ボタンのサイズはけっこう大きめである。





■709SC 本体紹介

まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく“約”は省略させていただいた。サイズは高100.6mm×幅51.4mm×厚12.9mm。重さは85g。連続待ち受け時間がW-CDMA網で220時間、GSM網で255時間、連続通話時間がW-CDMA網で160分、GSM網で200分である。



正面から見た709SC。2.1インチと最近の端末としては小さめのメインディスプレイ。



メインディスプレイはTFTで、2.1インチ(横240ドット×縦320ドット)、最大26万色表示が可能。メインカメラは、有効画素数200万画素のCMOSカメラで、最大記録サイズが1,600×1,200ピクセルだ。サブカメラは30万画素のCMOSカメラである。



本体左側面。左より充電端子/外部接続端子、サイドキーが並ぶ。本体右側面。右よりメモリカードスロット、カメラボタンが並ぶ。



外部メモリ用のスロットが準備されていて、microSDタイプの外部メモリに対応していて、Softbankでは64Mバイト、128Mバイト、256Mバイト、512Mバイト、1GバイトのmicroSDカードを推奨している。ちなみに外部メモリは別売である。本体カラーはシルバー、パープル、レッド、ホワイトの4色が準備されている。筆者はパープルを購入した。



背面から見た709SC。200万画素のCMOSカメラ、モバイルライト、ミラーが並ぶ。



■3Gハイスピード対応で下りスピードは最大1.8Mbpsの高速通信

これまで、3Gハイスピード対応の端末はX01HTのみで、音声通話端末として初めて3Gハイスピードに対応した端末が709SCである。さっそく着うたフルをダウンロードしてみたのであるが、あまり速くない感じ。筆者の住んでいるところは大阪市内で、3Gハイスピードの対応エリアである東京23区と政令指定都市およびそれらの周辺市の一部には、間違いなく含まれるハズだ。もちろんお客さまセンターにも確認してみた。速さの比較をするならなにかと比べなくてはということで、910SH、911SH、910Tと比べて、何曲か同時にダウンロードしてみたのだが、結果は惨敗。どれよりも遅いのである。



ベストエフォート方式ってことなので、時間帯などによって違うのかとも思い、日時をいろいろ変更してテストしてみたのだが、やはり結果はほとんど惨敗。5回に一度ぐらいは910Tより速いことはあったが、910SH、911SHより速いと言うことは一度もなかった。



いやいやこれは問題だ。ということでお客さまセンターに再度確認。すると、やはりというかあたりまえのように「ベストエフォート方式なのでしかたがない」という。再度3Gハイスピードの対応エリアについて確認してみたが問題はないようだ。しかし、3Gハイスピードの対応エリアに関しては、お客さまセンターに確認するしか方法がないというのは面倒である。Softbankのサイトやカタログ、パンフレット類を見てみても一切対応マップが載っていないのだ。



この3Gハイスピードのテストをしていて気づいたのだが、この709SCは電波の受信感度が弱いようだ。他の端末がアンテナ3本立っているところでも1本も立たないことが多々あるのだ。さらに、アンテナが3本立っているときでも、ダウンロード中やネットに接続している際に頻繁に接続が切れることもあった。



もしかすると3Gハイスピードで接続しているけど、実は何度も寸断していてサーバーとネゴシエーションを繰り返すから遅いのかもしれないと筆者は思ったのだが、筆者の端末が調子悪いことも考えられるので、何が原因かはわからない。このレビューを読んでいただいている方も、こういった事例もあるんだと思っておいてもらえれば幸いである。



■カメラ機能ももうひとつ

200万画素のCMOSカメラなのだが、なにも機能がついていない。夜景モードや人物撮影などシーン別設定などがなく、マクロ機能もない。単に撮るだけという感じである。カメラを起動して「オプション」メニューを開き、、「カメラ設定」-「ファインダー」で、フルサイズビューを選択するとすべてを表示することが出来る。



液晶画面にはこのように表示される。200万画素のカメラで撮影した画像



次のページでは、実際に撮影した写真を見ていただこう。








●晴天時に撮影した写真






●曇天時に撮影した写真






●屋内で撮影した写真






●蛍光灯下・電球下で撮影した写真



蛍光灯下電球下



●夜景を撮影した写真



夜景を撮影した写真



■使ってみて気になるところアレコレ

まず、文字サイズに関して。メニュー画面やウェブ接続時の文字サイズの変更はできる。また、送信メール作成画面での文字サイズの変更はできる。S!メールは、メール画面より設定を選択し、「S!メール」-「標準スタイル設定」を選択することで文字サイズを変更することができる。



受信メール画面



microSDカードの出し入れは、かなり面倒だ。カードスロットが奥まったところにあり、さらに小さいので、爪でmicroSDカードを押さないといけない。爪が短い人はなにか先の細いものを利用して出し入れをした方がようだろう。



microSDカードスロットが小さくて奥まったところにあるので、microSDカードの出し入れは面倒だ。



充電する際は、本体に直接ACアダプターを挿す必要がある。充電台は、オプションでも準備されていないのだ。充電時には必ず、充電端子のカバーを外して接続しなければいけない。これを毎日のようにしていたら、きっと充電端子カバーが取れてしまうのではないかなと心配だ。また、接続部分も独自仕様なので、充電が急に切れた際など、コンビニで売っている汎用のものが使えないという問題もある。



充電端子カバーをあけてACアダプターを接続する。ACアダプターの接続部分は独自仕様。



■Kijimoto's EYE

この端末は、いくつか抱えている問題があるので、お勧めする人は限定されるだろう。通話は普通、ウェブアクセスは切断されることが多く(これは筆者の端末のみかもしれないが)、充電がちょっとめんどくさく、さらには汎用の充電器が使えない。それでも薄さとデザインを気に入った人には、お勧めできるが、全ての人向けにお勧めするのは厳しいんじゃないかと筆者は思うのだが、いかがだろうか?



これぞソニエリ!新スタイル提案でケータイが10倍楽しめる「W44S」

5メガピクセル!強力なカメラ機能を前面に押し出した「910SH」

液晶が大きくなっても薄い!軽い! AQUOSケータイの第2弾登場

MNPと同時発売、903iシリーズ第一弾

auにはじめて登場、シャープ製端末「W41SH」

パソコンケータイをポケットに!ソフトバンク初のスマートフォン「X01HT」



709SC

ソフトバンクモバイル



記事訂正についてのお詫び 2007.1.15

1月12日に掲載しました「709SC」の記事内で2点誤りがありました。

1点目は、メールの文字サイズが変更できないという点ですが、「S!メール」についてはメール画面より設定変更が可能でした。

2点目は、カメラ機能の使用時、「両サイドは液晶画面で確認することができない」との表記がありましたが、画面の設定で変更でき、フルサイズビューが可能となっております。

上記2点につきまして、記事を修正させていただきました。



関係者各位・読者の皆様に誤解を与えてしまいましたことを謹んでお詫び申し上げます。



編集部:木地本 昌弥

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.


ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ