ITライフハック
ITライフハック

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本にはみられない強力なサービスだ。


■ノートPCで高速なネットアクセス

海外でも3G方式のサービスを提供する携帯電話会社が増えてきている。但し日本とは違い、携帯電話向けのコンテンツサービスはまだ発展中だ。2G時代からiモードに代表されるメールや情報配信サービスが発展していた日本と違い、海外では3Gの開始時からコンテンツサービスの普及が本格化しはじめているのが現状である。3Gならではの高速回線を生かしたサービスとしては、ビデオ配信や音楽ダウンロードなどが一つのトレンドになりつつあるようで、これからの成長が見込まれている。



一方、ノートPCやスマートフォン向けの「高速データ通信サービス」はビジネスユーザーを中心に利用が大きく進んでいる。ヨーロッパやアジアなどのGSM圏では、回線交換方式であれば9.6kbps、パケット通信(GPRS)でも56kbpsが最大速度だった。これがW-CDMA方式では最大384kbpsと大幅に速度が向上した。たとえば、ノートPCを使ってオフィス文書やPDFなどの添付ファイルつけたE-mailを高速にダウンロードすることが可能になってきている。特に3Gの普及当初は対応する携帯電話が少ないこともあって、PCカード型端末を用いたW-CDMA方式による高速データ通信サービスを先に開始する携帯電話会社も多かった。



データ通信用途であれば携帯電話会社にとっても既存の音声回線に追加の回線契約が取れる上、企業向けなどに大量導入も見込むことができる。このため携帯電話の普及率が比較的高く、2Gから3Gへユーザー移行が遅かったヨーロッパなどでは、3G開始当初からこの「高速データ通信サービス」が標準サービスの一つになっているのだ。もちろん普段使っている3G携帯電話をUSBケーブルやBluetoothを利用してノートPCと接続、携帯電話を高速3Gモデムとして使うことも可能である。しかしノートPCを常時持ち運びどこでもネットアクセスするようなユーザーは、PCカード型やUSBタイプなどの3Gモデムを「データ通信専用」として利用したほうが使い勝手がよいようだ。ノートPCでデータ通信をしながら音声通話端末で打ち合わせをする、といった使い方のように「携帯電話」「データ通信カード」を分離したほうがより利便性が高いわけだ。



MODEM手機=モデム携帯、の意味。3Gの高速通信はデータ通信用途にも使われるのが海外では一般的だ



■HSDPAがモバイルブロードバンドサービスの普及を加速する

2006年からは海外各国でHSDPA=High Speed Downlink Packet Access方式による、より高速なデータ通信サービスが開始されている。W-CDMAを高速化したHSDPAは下り最大3.6Mbps(2006年末現在)とW-CDMAの10倍近い速度であり、ADSLにも負けず劣らずの速度を実現しているが、これもまた音声通話端末は2006年後半まで待たねばならず、各国のサービスインはデータ通信用途からであった。また料金面ではW-CDMA方式でもパケット通信定額制を取り入れる携帯電話会社が増えていたが、HSDPAではそれがより顕著に進み、多くの会社が定額制の導入に動いている。ADSL並みの速さ、すなわちブロードバンド環境をモバイル条件下で実現し、課金も定額であることから最近では「高速データ通信」ではなく「モバイルブロードバンド」と呼ぶことも多いようだ。



日本でももちろん、HSDPA方式等の高速データ通信サービスは開始されている。しかしノートPC向けのPCカードモデムなどを利用した場合、パケット定額では利用できない。このため日本のHSDPAは速度では海外と同等ながら、海外でいうところの「モバイルブロードバンドサービス」のイメージとは大きく異なる。すなわちモバイルブロードバンドとは「自宅ではADSL、ホットスポットではWi-Fi、その他の場所ではHSDPA」と、ノートPCからいつでもどこでも時間やパケット量を気にせずシームレスにネットアクセスできるサービスというのが海外の概念だからだ。速度も重要だが料金が定額、あるいは安価に利用できてこそのモバイルブロードバンドサービス、というわけだ。



なお、海外の携帯電話会社の中には興味深い課金方式を取っているところもある。それは時間課金制だ。パケット通信を行いながらも、接続時間によって課金されるというもので、この課金方法ならばネットアクセス時にデータ量を気にする必要がない。写真や動画の多く埋め込まれたWEBサイトの閲覧や、大量の添付ファイルのついたEmail受信など、パケット定額がなくとも時間課金であれば気兼ねなく利用できるわけだ。



広告にあふれる香港の街中、2階建てバスの広告にもモバイルブロードバンドが登場している(Huawei製のUSB HSDPAモデムを使った広告)



■中国メーカーが躍進するHSDPAデータ端末

モバイルブロードバンドサービスに利用されるデータ通信端末は、PCカードタイプとUSB接続タイプの2種類が発売されている。Option、Novatel Wireless、Sierra Wirelessの大手3社が多数の製品をリリースしているほか、最近ではHuawei、ZTEといった中国メーカーの端末も登場している。ノートPCに常時接続して利用するモデムであり、ユーザーも携帯電話とは違って外観やブランドにはあまりこだわらないことから性能さえよければ中国メーカー製だからといって敬遠することはないようだ。実際に性能が劣っていることはなく、USB接続タイプではむしろ中国メーカー製のほうがサイズが小型で使いやすい製品が出ているくらいである。



これらモデムは、携帯電話会社向けにロゴやカラーリングを施した専用品としても納入されており、たとえば「Vodafone Connect Card」のように携帯電話会社ブランドで販売されていれば、ユーザーはそれがどこのメーカーの端末であるのかを気にすることすらないだろう。なお日本メーカー製の高速データ通信端末は海外では発売されていない。



中国HuaweiのUSB HSDPAモデムはVodafoneをはじめとして、世界各国の携帯電話会社に採用されている携帯電話会社によっては複数メーカーの端末を取り扱うことも一般的。左はOption、右はNovatel Wirelessのもの



次のページでは、更に海外のモバイルブロードバンド事情をみてみよう。






■ノートPCへのHSDPAモデム搭載が進む

モバイルブロードバンドを利用するには、前述したようにPCカードかUSB接続のHSDPA/W-CDMA端末が多数用意されているが、2006年後半からはノートPCにこれらの機能が内蔵されたモデルが登場してきている。たとえば富士通シーメンスは薄型ノートPC「LIFEBOOK Q2010」の最上位モデルにHSDPAモデムを内蔵。バッテリーをはずすとSIMカードスロットがあり、ここにHSDPA契約をしたSIMカードを挿入して利用する。価格は約50万円と高級仕様だが、これはこの製品がマグネシウム合金フレーム採用や厚さ19.9mmというエグゼクティブ向け仕様だからである。他にもDellやLenovo、HP、AcerなどからHSDPAモデム内蔵ノートPCが登場しており、こちらは普及モデルやモバイル用途向けのため一般的なノートPCの価格+HSDPA端末程度の価格で購入することが可能だ。



今やノートPCにはLAN機能、Wi-Fi機能内蔵があたりまえのものになっているが、海外では今後、HSDPA機能が標準化されていく動きが見える。2006年9月にはNokiaとIntelがノートPCへHSDPAモジュールを内蔵する計画を発表。IntelのCentrino DuoプラットフォームにHSDPA機能が融合される予定だ。数年後には海外ではノートPCはSIMカードを入れる、という使い方がごくごく普通のものになっているかもしれないのだ。



富士通シーメンスQ2010は薄型のエグゼクティブ向けモバイルノート。バッテリーをはずした部分にSIMカードスロットがある



■SIMカード方式のメリットを生かしたサービスも

ところでノートPCにHSDPAなど携帯電話機能が利用できるようになれば、携帯電話から音声通話を行ったり、SMS/MMSを発着信するユーザーも増えてくるだろう。しかし、携帯電話から電話を発信した場合、普段使っている携帯電話とは違うSIMカードを利用しての発信になり、相手側=着信側には通常利用している電話番号とは違う発信番号でかけることになる。すなわち相手にはこちらの普段使っている電話番号が表示されないわけだ。これでは着信側もどこから電話がかかってきたかわからないし、リダイヤルしてもらうとこちらのノートPCに携帯電話がかかってきてしまう。ノートPCをカバンに入れてしまえばこちらは着信することもできないわけだ。



そこで海外の携帯電話会社の中には、Multi SIMカードというサービスを提供しているところもある。これは同じ契約に別のSIMカードを発行してくれるもので、どちらのSIMカードを使って発信しても、相手側には同じ電話番号が表示されるというものだ。実際には複数発行されたSIMカードには別の電話番号が割り当てられているのだが、発信した際は携帯電話会社のセンター内で発信者番号をメイン回線の携帯電話番号に変更し、それを相手に番号通知するのだ。



メインの音声通話回線にノートPC用、スマートフォン用と別途2枚のSIMカードを発行してもらえば、どれから電話をかけても相手にはメイン回線の番号しか通知されないため、着信は常時こちらのメインの音声通話回線に利用している携帯電話にかかってくることになるわけだ。海外ではスマートフォンと携帯電話を併用するユーザーが多いため、今後ノートPCへのHSDPA/W-CDMA機能内蔵=携帯電話内蔵が進めばこのようなサービスもより一般化していくことが予想される。



複数のSIMカードで同じ電話番号を扱えるMulti SIMカードサービスを提供している携帯電話会社も多い



■日本ではMVNOに期待か?

日本では携帯電話を使ったパケット定額制はあたりまえのものになっているが、データ通信用途となるとPHS以外ではコンシューマー向けにはサービスがないに等しい。MVNO事業者が開始予定とのアナウンスを行っているが、海外のように「音声も、高速データ通信も同一会社で」という環境は、まだ実現しそうにない。日本でのモバイルブロードバンドは、まずはMVNO事業者に期待することになるのだろう。



また、ノートPCへのHSDPA機能内蔵にしても、パケット定額ができなければ使いにくい。日本では携帯電話の高機能化が進み、携帯電話で何でもできるようにする、という動きがみられるが、ビジネス用途ではノートPCでなければできないことのほうがまだまだ多い。携帯電話の機能向上だけではなく、ノートPCでも利用しやすいサービスやデバイスが登場することも、モバイルコンピューティングの進化には必要ではないだろうか。



恩恵をうけられない日本ユーザー - 海外とのBluetooth普及格差

山根康宏の海外携帯コラム 第三回 海外で普及が進む

山根康宏の海外携帯コラム 第二回 Nokiaの「本気W-CDMA携帯」Nシリーズ

山根康宏の海外携帯コラム 第一回 日本にもスマートフォンがやってくる



山根康宏

香港在住の海外携帯電話マニア&研究家

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.


【カオス通信】麻生外相のアニメ文化大使構想を考える

去年の11月に麻生外相が打ち出した「アニメ文化大使」構想。これは日本のポップカルチャーを文化外交に活用しようという試みの一つですが、今のところ世間の反応はパッとしない印象があります。漫画好きの麻生外相の妄言と取られている節もありますが、日本にとってアニメというコンテンツ産業が無視できない存在であることは確かです。



今回はアニメを日本のイメージアップ等に役立てるためにはどうしたら良いか、諸外国で起こった事例を元に色々と考えてみたいと思います。それでは具体的に日本製アニメが他国の政府を動かした例をいくつか挙げてみます。




■<フランス> ~日本製アニメブームと放送規制~

『Goldorak(ゴルドラック)』と改題され、フランスで放映(1978~1979年)された『UFOロボ グレンダイザー』が平均視聴率70%・最高視聴率100%(世代別集計)という驚くべき記録を残す。これをきっかけに日本製アニメが大ブームとなり、数多くの作品が放映されるようになる。この動きを「日本製アニメによる文化侵略」と見たフランス政府は、自国のアニメ産業を守るためにアニメ育成の補助金を出すようになり(1983年)、さらに日本製アニメを含む外国製アニメの放送規制を導入するに至る(1986年)。



その後も『ドラゴンボール』『北斗の拳』『キン肉マン』等が放映され人気を博すが、同時に日本製アニメは残虐であるという批判の声が国内で高まっていく。そして1992年、クオータ制度が導入され、TV放映作品の60%が欧州製、そのうち40%はフランス語のオリジナル作品でなければならないと規定される。結果、この年を境に日本製アニメの放映本数は激減し、本格的な放映再開は1999年の『ポケモン』まで待たなければならなくなった。



■<フィリピン> ~独裁政権下のボルテスV~

1978年『超電磁マシーンボルテスV』がフィリピンで放映開始。最高視聴率58%を記録するが、最終回直前にマルコス大統領によって放送禁止宣言が出される。主な理由としては「暴力的な内容が子供に悪影響を与えると、親や教師達から反発をかった」「汚い大人達(悪)を子供達(善)が倒すという反体制的な内容が独裁政権にとって都合が悪かった」などが挙げられる。アキノ革命後の1999年、再放送が行われるとリバイバルブームとなり、最高視聴率40%を記録した。



■<ニュージーランド> ~ハイテンションのエロパロに拒絶反応~

『ぷにぷに☆ぽえみぃ(2001年作品・OVA)』がOFLC(映画・文芸分類局:Office of Film & Literature Classification)により「児童ポルノ」の認定を受けて発売禁止となる。なお同国でこれを所有した場合、最高2千ドルの罰金と2年間収監の処罰を受けてしまう。本来この作品は基本的にギャグアニメであり、別にアダルトアニメというわけではない(アダルトアニメ風の演出はある)。



■<中国> ~自国の文化が描かれないアニメは規制の対象~

中国政府は国内のアニメ産業保護を目的として、2006年9月1日からゴールデンタイム(17~20時)における海外アニメの放送を禁止する方針を発表。これは事実上、中国で人気の高い日本製アニメの規制が目的と見られている。ちなみに中国で放映されている海外アニメのうち92%が日本製。



あえてマイナスイメージで捉えられた例を挙げてみましたが、やはりエロ&バイオレンス表現が問題視されるケースが目立ちます。「文化侵略」と言われてしまうのも「日本製アニメ=低俗」という認識が根本原因になっているのは明らか。ただ、色っぽいシーンや激しいアクションシーンが日本製アニメを世界中に広める原動力になったことは事実ですし、そういった部分を排除したら魅力は半減してしまいます。今後は、各国のレイティング(年齢制限)に配慮した作品選び・作品作りがより重要になってくると思われます。



それでは日本製アニメの明るい未来はどこにあるのでしょうか。個人的には、まず日本のアニメ制作の現場にもっとお金が降りてくるような構造改革と、人材育成のための環境作りが急務だと思っています。クオリティの高い面白い作品が生まれなければ、何も始まらないのですから。平均年収が100万円未満のアニメーターが全体の約3割を占めるという状況がなるべく早く改善されることを祈るばかりです。



最後に海外対策の参考資料として、去年友人(某雑誌の編集長)に買って来てもらったアメリカ版・少年ジャンプを見てみます。ジャンプ原作のアニメは世界中で大人気ですからね。



2006年11月発売号の表紙。価格は4.99USドル(約590円)。総ページ数336P(表紙部分含まず)。こちらは日本版の新年4・5合併号。価格は240円。海賊マークがあるジャンプはなんだかホッとする。アメリカ版には『ヒカルの碁』『幽遊白書』といった旧作も掲載。『BLEACH』はアニメの番宣ページのみ。



一見して分かるように、日本版とは掲載作品のラインナップが別物です。アクションシーンが多いものを中心に構成されていますが、碁を打つだけの地味目な『ヒカルの碁』もあったりします。比較的新しい作品も『ONE PIECE』が118話~120話、『NARUTO-ナルト-』が109話~111話を掲載しているので、かなり日本版とは話数に誤差があります(※話数は各話に明記されたものを参照)。ちなみに写真の日本版では『ONE PIECE』が439話、『NARUTO-ナルト-』が336話を掲載しています。



このアメリカ版ジャンプは、流血や血しぶき等はありますが、萌えとかエロの類は全くありません。ギャグ漫画もありません。まあ、レイティングが「T」のティーン向けですので、女の子の裸とかはNGなんでしょう。ギャグに関しては翻訳が難しいでしょうし、仮にうすた京介の漫画を載せたところでアメリカ人にはシュールすぎて理解してもらえないことは明白。ドラマやアクションがあるものがいいみたいですね。



読者投稿のイラストは、絵だけを見ると特にアメリカっぽい部分は感じられない。右下のイラストUMEEEEE!!! アメリカ人は正直ヤバイ。本気出したら日本死亡。一見下手に見えるが、日本人の投稿イラストとほとんど変わらない。これは脅威。



日本の漫画はアメリカのファンにリスペクトされているということが、この投稿イラストにも表れています。エンタテインメントの国が本気を出したら、日本の漫画やアニメも将来どうなるか……。ある種の危機感を覚えます。



日本語レッスンのコーナーもあったり。何故かアラレちゃんが登場。「ジャンプのていきこうどくをくれますか?」の例文が素敵すぎる。



アメリカの人口は2006年に3億人を突破(年々上昇中)。2005年の国勢調査によると日本の人口は1億2,775万人(減少傾向)。国土面積はアメリカ=963.1万平方km(世界第3位)、日本=37.8万平方km(世界60位)。アメリカは日本の2.3倍の人口を持ち、25倍の国土を持っているんですよね……。はっきり言って国力違いすぎ。そんな国で日本のアニメ・漫画・ゲームが人気となれば、これを外交やビジネスに活かさない手はありません。



こうしてみると、海外に日本のポップカルチャーを積極的に発信していこうという麻生外相のプランは理にかなっているように感じます。資源のない国日本が世界で生き残っていくためにも、文化的・経済的な成果を期待したいところであります。



アキバ系カオス通信 - 第7回「業務用カラオケ・勝手にアニソン満喫度調査」

アキバ系カオス通信 - 第6回「秋葉原でポストおでん缶を探してみる」

アキバ系カオス通信 - 第5回「美少女&ミリタリー妄想大作戦」

アキバ系カオス通信 - 第4回「萌え燃え☆マニアック同人誌の魂」

アキバ系カオス通信 - 第3回「アニソンとJ-POPの微妙な関係」

アキバ系カオス通信 - 第2回 「ハードコア・コミックで脳内洗浄」

アキバ系カオス通信 - 第1回 「TVアニメの過剰投下は百害あって一利なし」



独女通信 | ファンキー通信





レッド中尉(れっど・ちゅうい)

プロフィール:東京都在住。アニメ・漫画・アイドル等のアキバ系ネタが大好物な特殊ライター。企画編集の仕事もしている。秋葉原・神保町・新宿・池袋あたりに出没してグッズを買い漁るのが趣味。


Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.


ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ