ITライフハック
ITライフハック

GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント

1060

NVIDIAは、GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入した人を対象に、最前線のインディーズゲーム3タイトル「MAIZE」、「Redout」、「Raw Data」の中から好きなゲームを1つ無料でプレゼントするキャンペーンを開催する。2016年12月6日~2017年1月30日(先着順で在庫がなくなり次第終了)。

Finish Line Gamesの「MAIZE」は、トウモロコシ畑の中に隠された秘密研究施設を舞台にした一人称型のアドベンチャーゲーム。しゃべるトウモロコシやクマのロボットなど、コミカルなキャラクターが繊細で美しいグラフィックスで表現されている。34BigThingsの「Redout」は、人間が移り住んだという設定の火星と土星で、時速1000kmを超える臨場感たっぷりのスピードレースゲームを楽しめる。Surviosの「RawData」はHTC Vive向けにリリースされ、ルームスケールでのトラッキング機能を活用し、激しいVR SF戦闘に没頭できるアクションゲームだ。

■応募方法:
購入したメーカーの特設サイトよりクーポンコードを参照のうえ、以下の手順に従いダウンロードしよう。
1.https://redeem.geforce.com/ja-jp/ にアクセスして、クーポン コードと、自分の誕生日を入力する。
2.使用条件に同意します。
3.ユーザーの Steamアカウントでログインするように求められるので、アカウントを持っていない場合は、https://store.steampowered.com/join/ で作成する。これは、引き換え完了時にゲームが自動的に自分ののアカウントへ追加されるために必須のステップ。
4.[Sign in through STEAM (STEAM 経由でサインイン)] をクリックする。
5.STEAM のサインイン ページが表示されるので、ユーザー名とパスワードを入力。
6.ログインすると、NVIDIA が引き換えとCD キーを有効にするようアクセスすることを許可するよう求められるので、 [Allow (許可する)] をクリック。
7.引き換えポータルが再び表示される。
8.成功すると、自分のSteamユーザー名が表示されるので、自分が要求したアカウントかどうか確認しよう。もし間違えた場合は、[Cancel (キャンセル)] をクリック、[Continue (続行)] をクリックして手順を再開する。
9.自分の追加情報 (氏名、Email アドレス) と、GeForce ニュースレターの購読を希望するかどうか入力し、[Redeem (引き換え)] をクリックする。
10.ゲームが自動的に自分のアカウントへセットされる。成功するとその旨メッセージが表示される。
11.引き換え確認を含む確認メールが送信される。


キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設
Steam公式ハードウェアの日本国内販売を開始
ドスパラ、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコン「Diginnos DGM-S12Y」を発売
ネットラジオをエアチェック!Radikoなどのインターネットラジオを録音できるソフト





スマイルブーム、Wii U で BASIC 言語のプログラミングができる「プチコンBIG」の配信を開始

名称未設定-1

スマイルブームは、Wii U専用ソフト「プチコンBIG」を2016年12月14日(水)よりニンテンドーe ショップで配信する。価格は3,000 円(税込)。

本ソフトは、「プチコン3号 SmileBASIC」のWii Uバージョン。テレビ画面とUSB外付けキーボードを利用することで、より快適なプログラミングができるだけではなく、Wii Uリモコンやヌンチャクなど Wii Uの周辺機器を活用したプログラムも作成できる。

BASIC の言語構造は「プチコン3号」との上位互換のため、ニンテンドー3DS の「プチコン3号」で作られたプログラムを「プチコンBIG」にダウンロードし、テレビ画面とGamePadで楽しめる(テレビを使用せずにGamePadのみでの操作も可能)。

家ではテレビ 画面とキーボードを使用して「プチコンBIG」でプログラミングを行い、通勤や通学中にニンテンドー3DS版「プチコン3号」でプログラミングやデバッグの続きを行うことができる。

■主な特徴
・USB キーボード対応
・処理速度の向上、メモリー容量の増加
・Wii リモコンやヌンチャク等 Wii U の周辺機器に対応
・最大854×480 ドットの高解像度表示対応
・素材画像エリアが1024×1024 に拡張
■映像や音楽に特化した手軽に使える命令
・ボタンやタッチパネルでの情報取得
・ジャイロや加速度など各種センサーからの情報取得
・マイクからの録音と再生 (USB マイクにも対応)
・線や円や塗りつぶしなどグラフィック描画命令
・MML(Music Macro Language)による作曲
・音声合成を使って日本語を喋させることができるTALK 命令
・漢字を含む日本語表示にも対応
■コーディング支援(初心者から上級者まで)
・プログラム初心者向けの講座をご用意
・命令入力支援機能により少ない文字数で長い命令の入力が可能
・命令を選択して説明を見ることができるインラインヘルプを搭載
・公開キーを使って「プチコン3 号」のプログラムも流用可能
・おえかき・アニメ作成・マップ作成・サンプリングなどのツールも搭載
■豊富なサンプル
・さまざまなシーンで使えるキャラや背景の画像
・100 種類以上の効果音や40 種類以上のBGM
・BASIC を覚えるためのシンプルなプログラム
・命令ごとの実行結果を確かめられる技術サンプル
・高度な技術で作られたゲームサンプル


©2016 SmileBoom Co. Ltd. All Rights Reserved.

プチコンBIG

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「人喰いの大鷲トリコ」、世界的陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーションも実現
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」
ミニミニ、お部屋探しのための内見がバーチャルでできる「miniminiVRスコープ」を店頭で配布
「LINE レンジャー」×「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のコラボを実施
元乃木坂46・永島聖羅の「ほろ酔い姿」をニコ生で初公開





京王バス×サンリオピューロランド空港連絡バス「サンリオピューロランド号」が登場

バス正面_サンリオキャラクター

京王バス南は、サンリオエンターテイメントの協力のもと、多摩地区と羽田空港を結ぶ空港連絡バスに、国内外からの人の来訪と乗車した人へ移動のひと時を楽しんでもらうことを目的とした、「サンリオキャラクター」がラッピングされた「サンリオピューロランド号」の運行を2016年12月10日(土)から開始する。これに先駆け、サンリオピューロランド号のお披露目会を実施した。

運行開始を記念し、ハローキティがサンリオピューロランド号の車体に直筆サインを書き入れてラッピングバスを完成させた。他にもマイメロディやバッドばつ丸、ポムポムプリン、シナモロールも駆けつけ、祝福した。

サンリオピューロランド号は、ラッピングとともに、バス車内にはサンリオキャラクターが描かれたシートや床面のほか、バス停案内放送や降車ブザー音にはハローキティの声が流れる特別仕様。乗り換えなしで、楽に羽田空港まで行くことができる空港路線バスは、1か月前から予約することが可能だ。

バスにサインするキティ

バスとサンリオキャラクター


©1976, 2009 SANRIO CO., LTD. ©2016 SANRIO CO., LTD.

サンリオピューロランド号運行時間

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「人喰いの大鷲トリコ」、世界的陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーションも実現
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」
ミニミニ、お部屋探しのための内見がバーチャルでできる「miniminiVRスコープ」を店頭で配布
「LINE レンジャー」×「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のコラボを実施
元乃木坂46・永島聖羅の「ほろ酔い姿」をニコ生で初公開







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ