ITライフハック
ITライフハック

サードウェーブデジノス、超小型のスティックPCに「Windows 10 Pro」搭載モデルを発売

dg_stk4s_ll
サードウェーブデジノスは、Windows 10 Proを搭載したスティックPC 2機種を発売した。価格は「Diginnos Stick DG-STK3 PRO」が1万3,871円、「Diginnos Stick DG-STK4S PRO」が2万6,111円(いずれも税別)。

■Diginnos Stick DG-STK3 PRO 製品情報
・CPU: インテル Atom Z3735F プロセッサー
    (クアッドコア/定格1.33GHz/キャッシュ2MB)
・メインメモリ: 2GB DDR3L
・グラフィックス: インテル HDグラフィックス (CPU内蔵)
・ストレージ: 32GB eMMC
・LAN: IEEE 802.11 b/g/n
・Bluetooth: Bluetooth 4.0
・I/O: USB2.0×1, MicroUSB×1, MicroUSB(給電用)×1
・映像出力: HDMI×1
・カードスロット: microSDカードスロット(SDXC)
・サウンド: オンボード HD サウンド (音声はHDMIからの出力のみ)
・サイズ: 約112(幅)×36(奥行き)×11.5(高さ)mm 約42g
・カラー: ブラック
・付属品: HDMI延長ケーブル, microUSB→USB変換ケーブル, USB-AC変換アダプター&ケーブル
・OS: Windows 10 Pro 32bit インストール済み

■Diginnos Stick DG-STK4S PRO 製品情報
・CPU: インテル Atom x5-Z8500 プロセッサー
    (クアッドコア, 定格1.44GHz, 最大2.24GHz, キャッシュ2MB)
・メインメモリ: 4GB DDR3L
・グラフィックス: インテル HDグラフィックス (CPU内蔵)
・ストレージ: 32GB eMMC
・無線LAN: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
・Bluetooth: Bluetooth 4.0
・I/O: USB3.0×2、Micro-USB×1(給電用)、MicroSDカードスロット
・映像出力: HDMI×1
・カードスロット: microSDカードスロット(SDXC)
・サウンド: オンボード HD サウンド (音声はHDMIからの出力のみ)
・サイズ: 123(幅)×59(奥行き)×22(高さ) mm 約 95g
・付属品: HDMI延長ケーブル, USB-AC変換アダプター
・OS: Windows 10 Pro 64bit インストール済み


dg_stk3_ll


Diginnos Stick DG-STK3 PRO
Diginnos Stick DG-STK4S PRO

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
今度は「怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~」とコラボ。おしゃべりUSBメモリが登場
アスク、CORSAIR製のゲーミングヘッドセット「VOID Surround」シリーズの2製品を発表
ドスパラ、4万円台からのビジネス向け小型自作パソコンセット「パーツの犬モデル107」を発売
幅約14cmのスリム筐体にハイパフォーマンスなシステムを構築可能なスリムATXケース
Mini-ITXよりもさらに小さいMini-STXを採用した「Diginnos Mini DM110」シリーズを発売






18ボタン搭載のUSB接続ゲーミングレーザーマウス

22952_hVjMqpLfIE
上海問屋は、合計18個のボタンを搭載した、ゲーミングレーザーマウスの販売を開始した。価格は4,499円(税込)。

本製品は、合計18個のボタンを搭載した、ゲーミングレーザーマウス。全てのボタンを使いこなせば、確実に有利になるこのマウス。最強のゲーマーを目指す人に必須のアイテムかもしれない。

13個のボタンにショートカットやマクロを自由に設定可能。特にMMORPGやMOBAのプレイで威力を発揮する。さらに、ボタン設定は5パターンまで登録が可能。マウスの底面にあるボタンで、登録したボタン設定をいつでも切りかえられるため、ゲームの種類や用途に応じて使い分けることができる。

LEDライトのカラー設定もでき、マウスのロゴマーク、ホイール周辺、12ボタンの色が変化。選べる色は33種類と豊富で、その他、オリジナルの色を設定することもできる。また、マウスの裏側にあるフタは回すと取れるようになっており、中には8個の重り(1個 約3.4g)が入っている。重りの数を減らせばマウスを軽くできるので、使いやすい重さに調節することが可能だ。

■製品仕様
インターフェース・・・・・・USB
対応OS・・・・・・・・・・・Windows 10/8.1/8/7
読み取り方式・・・・・・・・レーザー
DPI・・・・・・・・・・・・ 500/1000/1500/2000/4100/8200 dpi
ポーリングレート・・・・・・125/250/500/1000 Hz
最大加速度・・・・・・・・・30G
総ボタン数・・・・・・・・・18
スクロールホイール・・・・・有
LED・・・・・・・・・・・・ マルチカラーLED
サイズ・・・・・・・・・・・本体:幅 約90mm×高さ 約55mm×奥行き 約135mm、ケーブル長さ:約1.6m
重量・・・・・・・・・・・・約191g(重り8つ装着時)
付属品・・・・・・・・・・・マニュアル(英語)、インストールCD
製品保証・・・・・・・・・・購入後 6か月間


22952_TPtryrubbh


DN-914157 上海問屋限定販売ページ
上海問屋

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
釣り人に最適。50mまでの水中を撮影できる小型カメラ
マグネット装着型VRゴーグルが登場
LEGOブロックでデコれるUSB接続のゲーミング向け英語キーボード
iPhoneと連携して電話やメールの着信がわかる!100灯のLEDライトで色々遊べるBluetoothスピーカー
液晶ディスプレイの上に小物を乗せられる取付用メディアプレーヤー設置トレイ










今度は「怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~」とコラボ。おしゃべりUSBメモリが登場

u2ultracw
アイ・オー・データ機器は、dアニメストアにて配信中の「怪獣娘(かいじゅうがーるず)~ウルトラ怪獣擬人化計画~」とコラボしたUSBメモリ「U2-ULTRAシリーズ」を10月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、同社のオンライン通販価格は3,980円(税込)。

U2-ULTRAシリーズは、USB2.0に対応したUSBメモリ。容量は8GBとなっており、本体に用意されている切り替えスイッチで音声を3パターンから選択可能。音を出したくない場合のためのミュート機能も用意されている。

また本製品には、暗い場所でも光る蓄光シールを採用しており、暗い場所でもキャラクターが浮かび上がる仕様だ。蛍光灯の光を20分程度当てるだけで、6時間程度、暗闇の中で発光する。

本体はウルトラセブンのカプセル怪獣、アギラ(CV:飯田里穂)、ミクラス(CV:鈴木愛奈)、ウィンダム(CV:遠藤ゆりか)の3種類を用意。

u2ultracm

u2ultraca


製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
アスク、CORSAIR製のゲーミングヘッドセット「VOID Surround」シリーズの2製品を発表
ドスパラ、4万円台からのビジネス向け小型自作パソコンセット「パーツの犬モデル107」を発売
幅約14cmのスリム筐体にハイパフォーマンスなシステムを構築可能なスリムATXケース
Mini-ITXよりもさらに小さいMini-STXを採用した「Diginnos Mini DM110」シリーズを発売
アスク、GeForce GTX 1070を搭載する省スペースモデルのグラフィックスカードを発売


ウルトラセブン Blu-ray BOX I
中山昭二
バンダイビジュアル
2014-11-21

ウルトラセブン Blu-ray BOX II
中山昭二
バンダイビジュアル
2015-01-28




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ