ITライフハック
ITライフハック

ドスパラ、自作パソコンセット「はじめてでも簡単に作れる!シリーズ」を発売

22952_zsmfVsrbMD

ドスパラは、2017年6月22日(木)より、自作パソコンセット「パーツの犬モデル」の名称を一新し、「はじめてでも簡単に作れる!シリーズ」として販売を開始した。

また、これを記念し、初心者の方でも安心してパソコン組み立てを楽しめる特別モデル「A-201」を、ドスパラ通販サイトおよび全国のドスパラ店舗(一部店舗除く)にて販売開始した。

「A-201」は、初めての人でも安心・楽しく・快適にパソコン自作を楽しめるよう、ドスパラ製品開発スタッフによる徹底した検証によって実現した製品だ。これまで同社が展開してきた、自作パソコンセット「パーツの犬モデル」のコンセプトをさらに強化。「パソコン組み立ての不安を全てなくしたい」という想いのもと、初心者の方を対象とした安心・安全・簡単な自作パソコンセットを目指している。

■A-201製品特長
◆詳細なマニュアル冊子を同梱
これまでデータ形式で提供していた詳細マニュアルを、見やすいA5サイズの冊子にまとめ同梱した。内容も従来の物から刷新。実際に初心者の方に組み立てをしてもらい、より分かりやすいマニュアルに改良した。また、ただパソコンを組み立てるだけでなく、楽しみながら知識を得られるワンポイントアドバイス等のコンテンツも充実している。

◆組み立てやすく高品質なパーツを採用
マザーボードに、CPUの取り付けを補助するパーツが同梱されている製品を採用。また、ケーブルの長さを考慮した電源や、配線の手軽さ、動かす際の重さを考慮したPCケースなど、組み立てやすいパーツを選定。初めての人でも安心して取り組める製品に仕上げた。

パーツそのものに関しても、自分で組み立てたパソコンを長く快適に使用できるよう、高品質・高耐久の製品を採用している。

◆充実したサポートサービス
パソコン組み立てにありがちな、組立作業の断念、組立時の破損、原因不明のエラーといった不安要素をすべてサポート。3つのサポートが標準で付属し組み立ての不安を払拭してくれる。

・組み立て保証サービス (専門スタッフが無料で組立代行)
・物理破損保証サービス (組み立て中に破損した箇所を無料で取り換え)
・データ復旧保証サービス (操作ミスや故障などの原因で消えたデータを無料で復旧)

■発売製品のスペック
◆モデルA-201
CPU: INTEL Core i5 7500 BOX(4コア 定格3.4GHz TurboBoost時3.8GHz)
マザーボード: ASUS PRIME H270-PLUS (H270チップセット ATX)
メインメモリ: ADATA AD4U2400W4G17-2(DDR4-2400 PC4-19200 4GBx2)
HDD: Western Digital WD10EZEX(1TB 7200回転)
電源: CORSAIR CP-9020102-JP(550W 80PLUS Bronze プラグイン)
ケース: ENERMAX FulmoQ(ATX対応 USB3.0搭載)
OS: Microsoft Windows 10 Home 日本語 USB FLASH Driveパッケージ
マニュアル: わかりやすいA5マニュアルを同梱
組み立て工具: 自作工具5点セット プレゼント
サポート: 超安心 サポートパック


22952_eyYxiSjcKO


モデルA-201

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
「Re:ゼロから始める異世界生活」コラボ第2弾!エミリアと2人きりのシーンをVRで体験

XYZプリンティングジャパン、3Dオブジェクトを手作りできる「ダヴィンチ 3Dペン」スターターキットを発売

マウスコンピュータ、GeForce GTX 1050搭載の17.3型大画面ノートパソコンを発売
インバースネット、Ryzenシリーズ搭載デスクトップパソコンを発売
障害が発生しても迅速に対応できるネットワーク管理ソフト「IO Navi」






LINE LIVE」、新たにPCからの配信に対応。LINE GAMEを始め、ゲーム配信の取り組みを強化

LINE LIVE_0622_News1

LINEが運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」において、2017年6月14日(水)より、PC Webブラウザ版から、配信ソフトウェアを使用し、ライブ配信することが可能となった。

これまでLINE LIVEでは、アプリからのみ配信が可能だったが、PC WEBブラウザ版のメニューに「PCから配信」という項目を追加し、配信ソフトウェアを使って、ライブ動画配信を行えるように改善したとのこと。これにより、配信ソフトウェアを使うことで、様々な配信ができるようになる。

例えば、ゲームの実況において、プレイ画面も同時に映すことや画面上にグラフィックを組み込むこと、複数プラットフォームからの同時配信ライブも可能となる。また、横型・縦型を選択して、ライブ配信を行うことができる。そして、配信時間は、PC Webブラウザ版からの場合は最長3時間となり、最長1時間のアプリからの配信に比べると、長時間の配信が可能だ。

今回の機能追加にあたり、ゲーム配信が行いやすくなったことから、LINE LIVEでは、社内外でのゲーム配信を強化していくとのこと。その一例として、6月19日(月)には、でんぱ組.incの古川未鈴さんがLINE GAMEから配信中の「LINE レンジャー」の実況に初挑戦し、LINE GAME、LINE レンジャー、でんぱ組.incの三つの公式アカウントから生配信を実施した。配信では、視聴者から寄せられるコメントのアドバイスを受けながら難関ステージをクリアし、一体感ある実況配信となった。

LINE LIVE_0622_News3


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
LINEバイト、オファーでつくる海の家「OFFER HOUSE by LINEバイト」を三浦海岸にオープン
元ジャイアンツ宮本も惚れ込むリアルに野球を楽しめる「レジェンドベースボール」
PlayStation4の累計販売台数が6000万台を突破
「ファイナルファンタジー30周年×横浜」夢のコラボレーション企画を開催
賞金総額1,000万円!マンガコンテスト「comicoチャレンジGP 2017」開催






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ