ITライフハック
ITライフハック

機能拡張が可能な小型・軽量モバイルプロジェクター「ThinkPad Stack モバイルプロジェクター」を発売

think-acc-03

レノボ・ジャパンは2016年12月6日、「ThinkPad Stack」シリーズの新製品として、機能拡張が可能な小型・軽量のモバイルプロジェクター「ThinkPad Stack モバイルプロジェクター」を発表した。価格は7万9,000円(税別)。

「ThinkPad Stack モバイルプロジェクター」の重量は約361gで、バッグ等に入れても持ち運びやすい手のひらサイズ。また、プロジェクターにはAndroid OSを搭載し、150ルーメン、720pの解像度を実現するとともに、内蔵されたバッテリーにより、電源環境のない中でも約70分の利用が可能だ。

さらに、「ThinkPad Stack」シリーズの各モジュール「ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンク」、「ThinkPad Stack Bluetooth スピーカー」、「ThinkPad Stack ワイヤレス ルーター/1TB ハードドライブキット」と積み合わせて使用することで、機能拡張が可能となっている。

「ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンク」と組み合わせることで、約220分の連続使用が可能。

「ThinkPad Stack Bluetooth スピーカー」と組み合わせることで、プロジェクター内蔵の1Wスピーカーを2×2Wに拡張できる。

「ThinkPad Stack ワイヤレス ルーター/1TB ハードドライブキット」と組み合わせることで、ハードドライブ内のファイルや映像をプロジェクターより投影することができる。

各モジュールとはそれぞれを積み重ねるだけで接続されるため、手軽に機能を拡張可能だ。さらに、ThinkPadシリーズならではの耐久性とデザインを継承。出張時の社内外プレゼンテーションなどの仕事から、屋内・屋外での映像鑑賞などのプライベートなシーンまで、様々な場面で活躍する1台だ。

■主な仕様
プロジェクター仕様情報 輝度150lms(ANSI、ACアダプタ接続時)
            ※内蔵バッテリーもしくはThinkPad Stack 10000mAh
             パワーバンク使用時は100lms
            解像度1280×720p出力、1080p、2K・4Kをサポート
OS           Android(TM) 6.0
CPU           インテル(R) Atom(TM) x5 Z8550プロセッサー
バッテリー       4500mAh容量バッテリー内蔵
            (バッテリー駆動時間は70分)
            ※「ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンク」と
             合わせて使用した場合のバッテリー駆動時間は220分
スピーカー       1Wスピーカー内蔵
            ※「ThinkPad Stack Bluetoothスピーカー」と
             合わせて使用した場合は2×2Wへ拡張
キーストーン補正    自動キーストーン補正(台形歪み補正)
ナビゲーション     ThinkPad タッチパッド搭載、
            ThinkPad Stack Assistantアプリケーション
インターフェース    USB2.0 × 1、フルHDMIポート、
            オーディオコンボジャック、
            セキュリティーケーブルロック
ワイヤレス規格     2.4GHz/5GHz Wi-Fiサポート
Bluetooth対応      Bluetooth v4.0サポート
本体寸法        136(W)× 76(D)× 32(H)mm
本体質量        約361g
対応距離        0.2m-0.5m(推奨)
            ※最大画面表示:4.5mの距離で最大120インチ
            ※最小画面表示:0.2mの距離で最小5.5インチ

※Miracast/WiDi/Chromecastによるワイヤレス接続はできない。


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設
Steam公式ハードウェアの日本国内販売を開始
ドスパラ、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコン「Diginnos DGM-S12Y」を発売
ネットラジオをエアチェック!Radikoなどのインターネットラジオを録音できるソフト







「人喰いの大鷲トリコ」、世界的陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーションも実現

LisaLarson_Trico01

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation4(PS4)用ソフトウェア「人喰いの大鷲トリコ」を本日2016年12月6日(火)より日本国内に向けて発売する。

本作は、数々のゲーム賞を受賞し、今なお世界中のユーザーから愛され続けるPlayStation2を代表する作品「ICO」、「ワンダと巨像」を手がけたゲームデザイナー・上田文人氏による最新作で、2009年の発表以来、満を持して発売されるというもの。

本作では、プレイヤーは少年となり、人喰いと恐れられる大鷲トリコと共に、忘れ去られた巨大遺跡を冒険する。本来であれば共に行動するはずのない少年と巨獣が、幾多の苦難を乗り越えて絆を深めていくアクションアドベンチャーで、ゲームに本物の生命を吹き込むことを目指して制作したとのこと。大鷲トリコは架空の生き物だが、風が吹けば目を細め、羽の一本一本がたなびき、時に愛らしく、時に獰猛さを感じさせ、あたかもそこにトリコがいるかのようなリアリティ溢れる体験が可能となっている。

なお、この発売を記念して、北欧を代表する陶芸家・アーティストであり、様々な動物を優しく温かみのある表現で立体化・イラスト化し、日本を含め世界中で愛されているリサ・ラーソンとのコラボレーションが実現。リサ・ラーソンが少年と大鷲トリコとの間に芽生えた不思議な絆を陶器で表現した。
この作品(非売品)は12月7日(水)~12日(月)に阪急うめだ、12月15日(木)~29日(木)に松屋銀座で開催されるリサ・ラーソンのクリスマスフェアで特別展示される。

LisaLarson_Trico02


開催概要

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」
ミニミニ、お部屋探しのための内見がバーチャルでできる「miniminiVRスコープ」を店頭で配布
「LINE レンジャー」×「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のコラボを実施
元乃木坂46・永島聖羅の「ほろ酔い姿」をニコ生で初公開
「深夜食堂」の松岡錠司監督が発売を待ちわびる人々を描いた「人喰いの大鷲トリコ」WebCMを公開






カメラアプリ「B612」“1秒自撮り”で、友だちと簡単に動画作成できる「Play機能」が新たにスタート

B612_play機能02

LINEは、自撮り専用カメラアプリ「B612」(iPhone・Android・Windows Phone対応/無料)において、全世界累計ダウンロード数が2億5,000万件を突破、さらに、“自撮り”と“メッセージ”を組み合わせて簡単に「コマ動画」を作成することができる「Play機能」を新たに追加した。

「B612」は、多彩なフィルターやアニメーションスタンプを使用して、自分好みの写真や動画を撮影することができる自撮り専用カメラアプリ。顔認識することで様々なエフェクトが楽しめる200種類以上の「アニメーションスタンプ」をはじめ、100種類以上の「フィルター」や多数の写真を組み合わせられる「コラージュ機能」など、自撮りを撮るために最適な機能を提供している。

今回サービス提供を開始した「Play機能」は、1秒の“自撮り”と“メッセージ”を組み合わせることで、トーク上のやりとりを使ったコマ動画を簡単に作成することができる機能だ。

友だちとB612のトーク上で、“自撮り”や“メッセージ”を送りあうことができ、そのトーク内容を「コマ動画」にしてSNSなどへシェアすることができる。友だちと送りあえる“自撮り”は1秒となっており、顔認識で遊べるアニメーションスタンプも使用可能だ。また、送ったメッセージはマンガの吹き出しのように表示されるので、“自撮り”と組み合わせることで、まるで動くマンガのような「コマ動画」を作成し、友だちと遊ぶことができる。

さらに、12月6日(火)からPlay機能のスタートを記念したキャンペーンを実施する。キャンペーン期間中にLINE IDからログインをしていただいた人を対象に、抽選で100名に1,000円分のLINEギフトコードをプレゼントされる。

■B612 Playキャンペーン概要
対象:B612のアカウントへLINE IDからログインしてくれた方
期間:2016年12月6日(火)~2016年12月11日(日)
賞品:抽選で100名様に1,000円分のLINEギフトコードをプレゼント


B612_play機能01


B612 Playキャンペーン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」
ミニミニ、お部屋探しのための内見がバーチャルでできる「miniminiVRスコープ」を店頭で配布
「LINE レンジャー」×「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のコラボを実施
元乃木坂46・永島聖羅の「ほろ酔い姿」をニコ生で初公開
「深夜食堂」の松岡錠司監督が発売を待ちわびる人々を描いた「人喰いの大鷲トリコ」WebCMを公開






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ