main

吉本興業が出資するITベンチャー企業mUniSmが、誰でもインターネット上で手軽にゲームやアプリを制作することができるWebサービスを4月25日にローンチした。特別な専門知識がなくても、サイト上で必要な設定をするだけで、自分のオリジナルのソーシャルゲームを世の中に公開することができるというサービスだ。

■環境や専門知識がなくてもゲームアプリが作れる
同社には、吉本興業の100%子会社「よしもとインベストメント」が運用する「よしもとベンチャーファンド」が出資。「誰でもゲームを作ることができる世界」を目指し、専門知識や専門技術、IT機材などがなくても簡単にゲーム制作ができる仕組みを開発したとのこと。

制作できるゲームは、読み物ゲームの「ビジュアルノベルゲーム」やソーシャルゲームタイプの「RPGゲーム」。今後、専用のプラグイン(機能拡張プログラム)を追加することで「リズムゲーム」や「パズルゲーム」、「FPSゲーム」(本人視点のシューティングゲーム)、「MOBAゲーム」(オンラインバトルゲーム)などにも対応する予定だ。位置情報プラグインを追加すれば、「ポケモンGO」タイプの位置情報ゲームも作れるようになり、仮想通貨プラグインを追加すれば仮想通貨に対応したゲームも作れるようになる。

AndroidやiPhoneといった各種スマートフォンにも対応しており、スマホの操作のみでゲームアプリを制作することができる。

キャラクター画像などのゲーム素材は、あらかじめ用意されている無料素材が使えるほか、自分のデータをアップロードして使うことも可能で、ほかのクリエイターが作ったものをサイト内ショップで購入することもできる。

GooglePlayとAppStoreで配信手続きをすれば、ソーシャルゲームで一般的な課金機能(ゲーム内通貨を利用したガチャやアイテムの価格設定)を導入することができ、自分のゲームで収益を上げることも可能だ。

ミューニズムのサイトでは、サービスを無料で利用できる「フリープラン」のほか、ゲームにかかわるデータ通信量に応じた3パターンの「月額プラン」を用意。ゲーム自体のデータ量に加え、自分の作ったゲームのプレイヤーが増えれば増えるほど通信量が増大するので、ゲームの“成長”に合わせて月額プランを切り替えていくことになる。つまり、「人気で大規模なゲーム」ほど利用料が増えていく仕組みだ。

ミューニズムの収益は、こうしたサーバー利用料のほか、ゲーム素材販売手数料、広告配信手数料、アプリ登録代行手数料、ユーザーの課金収益分配手数料を想定しているとのこと。スマートフォンアプリ化など今後もサービスを拡張していき、ユーザー数はローンチから3年間で100万人を目指すとしている。

■商品概要
サービス名:「mUniSm(ミューニズム)」
サービス開始日:2019年3月21日
月額プラン
 フリープラン:無料(最大転送量100MB/月)
 ライトプラン:月額$5(最大転送量500MB/月)
 ベーシックプラン:月額$29(最大転送量2500MB/月)
 プレミアムプラン:月額$48(月5000MB以上の転送量/MB)


sub1

sub2

sub3


ミューニズム公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
目黒に自家製合わせ塩で料理とお酒が楽しめるダイニング居酒屋「SANKAKU」が登場
ベルギー王室御用達チョコレートブランド「ヴィタメール」、母の日限定ギフト商品を販売
平成最後にあなた自身を漢字一文字で表すなら?ニコニコ超会議特別企画「#平成最後の漢字一文字」を実施
「マンモス展」は、マンモスだけじゃない!血液と尿が採取された「古代仔ウマ」完全体冷凍標本の世界初公開決定!
ラブコメRPG「エンゲージプリンセス」コラボ開催記念で伏見つかさ関連作品 アニメ一挙放送