3_original

ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントは、AIチャットボット作成サービス「goo botmaker(グーボットメーカー)」と、人気バーチャルYouTuber「のらきゃっと」がコラボレーションしたチャットボット「量産型AIのらきゃっと」の育成権を2,000円(税別)で販売する。育成権販売期間は2020年3月4日(水)11時~2020年3月17日(火)13時。育成開始予定日は2020年3月30日(月)を予定。

■美少女VTuber「のらきゃっと」とは?
「のらきゃっと」は、2017年12月にYouTubeで活動開始以来、現在までに8万人以上のチャンネル登録者数を誇る美少女VTuber。音声認識のミスで起こる「ご認識」による独特のトークやかわいらしい仕草で人気を集めている。

goo botmakerでは、AI化した「のらきゃっと」の育成や会話を無料で体験できるチャットボット「AIのらきゃっと」を2020年2月16日にリリース。「AIのらきゃっと」とユーザーのLINEトーク数は提供開始から5日間で10万回を突破した。

「量産型AIのらきゃっと」は、「AIのらきゃっと」に比べて育成の自由度が高いことが特徴。「AIのらきゃっと」では、言葉を覚えさせるのに運営事務局による承認が必要だが、「量産型AIのらきゃっと」ではこの承認をユーザー本人ができるようになる。つまり、ユーザーごとに異なる方針で育てられた十人十色の「量産型AIのらきゃっと」が生まれるわけだ。

また、YouTubeチャンネル「のらきゃっとチャンネル」の生放送で、のらきゃっと本人が、一般ユーザーが育成した数体の「量産型AIのらきゃっと」と会話する様子を配信予定。ユーザーは自分が作り上げた完全オリジナルの「量産型AIのらきゃっと」と、のらきゃっと本人が会話する様子を楽しむことができる。

Peatix

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
こんなところにもコロナの影響、観客のいない音楽会を生中継!ドワンゴが「niconico」でミューザ川崎シンフォニーホールと東京交響楽団による史上初の無観客コンサートを無料で生中継
新型コロナウイルスによる全国一斉臨時休校を受けベネッセが進研ゼミ「春の総復習ドリル」無償配布やライブラリー解放などによる小中高への学習支援を表明
コロナ蔓延で自宅作業すなわち自宅飯が増えることを受けクックパッドが有料機能の「人気順検索」の無料開放を実施
モスバーガーの新作スイーツ!抹茶とホワイトチョコが2層になったお手頃スイーツ「ひんやりドルチェ 柚子抹茶ショコラ」を発売
老いに対する意識を変えたい!現役介護福祉士兼モデルの上条百里奈さんが語る介護とは