457226da6c6ce6d3fccd5d195b320adc_s

新型コロナウイルス感染症は2020年3月30日時点で、全世界で感染者数70万人を突破し、日本国内では東京都内でも1日40人以上の感染者が報告されるなど、依然収束する気配はない。感染拡大阻止の為、東京のロックダウン(都市封鎖)も示唆され、外出自粛やテレワークが進む中で、もしも家族や同居人が発症したらどうすればいいのか?また室内でも行うべき効果的な予防策とは一体どのようなものなのか、総合広告代理業のアドエンターグループが紹介している内容をお届けする。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、各都道府県では外出自粛要請が出されたが、実際のところ室内にいれば安全なのだろうか?また、同居人に新型コロナウイルス感染症を疑われる症状が発生した場合はどのように対処すればいいのだろうか?

誰もが経験したことのないロックダウン(都市封鎖)の可能性が起こりえる中で、一人一人ができる対策を紹介する。

■ロックダウン(都市封鎖)とは?
ロックダウンとは、都市封鎖という意味で使われる言葉で、具体的には「対象エリアの住民の活動を制限する 」などが挙げられ、外出禁止などが代表例だ。

現在までにアメリカ、イギリス、イタリア、スペイン、中国など複数の国でロックダウンが実施されており、外出禁止令の対象人口は世界合計で30億人に上るとも言われている。国によって措置は変わるが、食糧、日用品、薬の調達のための外出は禁じられておらず、スーパーや薬局、そしてガソリンスタンドなどの重要な商業施設は、現在でも営業が認められている。

また、通勤は原則として禁止されており、市民生活を維持するために必要とされる職業については例外的に出勤してよいという扱いとなっている。

■もしも日本国内でロックダウン(都市封鎖)が起こったら?
日本国内でのロックダウンについては、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言によって、都道府県知事が外出自粛の「要請」 、学校や福祉施設などの使用制限に関する「要請」や「指示」が可能 になり、特措法が改正されたことで、新型コロナウイルスも同法が適用できるようになった。

内閣官房新型インフルエンザ等対策室によれば、特措法における「要請」とは、一定の行為について要請を受けた相手に対し好意的な処理を期待するもの であり、その相手は要請を法的に履行すべき立場に立たされないとのこと。「指示」とは一定の行為を実施させることを指し、指示事項について相手に法的な履行義務が生じるというものだ。

指示に違反したとしても刑事罰が科されるのは限定的であり、特措法で刑事罰が規定されているのは、必要な物資を確保するための都道府県知事からの命令に従わず、必要物資を隠匿、損壊、廃棄したケースなどに限られる。外出自粛や使用制限について特措法は罰則規定を置いていないが、民事上の損害賠償の対象になる恐れはある。

つまり日本国内ではロックダウンが行われたとしても、海外のような強制力のある都市封鎖を行うことは実質的に不可能だと言える。

■もしも家族や同居人に新型コロナウイルス感染症が疑われる症状が発症したら?
家族や同居人の中に新型コロナウイルスの感染が疑われる人などが出た場合は、自宅で2週間程度の待機が必要となっている。以下に気を付けて落ち着いて対処しよう。

・咳やくしゃみでウイルスが飛ぶ2メートル以上の距離を保って生活をする。
・飛沫が付着した可能性があるドアノブや手すりの消毒をこまめにする。
・感染者の看護などをする人はできるだけ一人に限定する。
・感染者はマスクを着用し、看護をする人は、マスク着用の上、接触感染を避けるために手袋をする。
・看護・看病をした後などを中心にこまめに手洗いをする
・感染者の部屋を分けて隔離することが大切。部屋数が足りない場合は飛沫を遮断する仕切りを部屋に入れたりするのも効果的。
・感染者の使ったタオルや衣類、寝具などの共有は避ける。


また、手にもウイルスが付着していることがあるので、目や鼻などにはできるだけ触れないように気を付けよう。

高齢者や糖尿病などの持病のある人は免疫機能が低下していることが多く、万一感染した場合には重症化する恐れがあるので、看病をする人の人選については「50歳未満の健康な人」を選んだ方が良いとされている。

●感染の疑いのある人との食事の際に気を付けること
食事のときは、大皿に一緒に入れずにあらかじめ小皿に小分けにすることが大事だ。東北医科薬科大学のまとめた新型コロナウイルスの「市民向け感染予防ハンドブック」によると、感染者の食器を洗う場合は、消毒液に10分以上浸して洗うと良いとのこと。消毒液は2リットルの水に、ペットボトルキャップ2杯分(10ミリリットル)の次亜塩素酸ナトリウムの原液を入れるのが目安だ。

●感染の疑いのある人の洗濯の際に気を付けること
感染が疑われる人がいるときに気になるのが衣類などの洗濯だろう。日本環境感染学会によると、タオルや衣類は健康な人と分けて洗濯する必要はないとのことだ。

ただし、衣類やタオルの繊維の中にウイルスが残存する可能性はあり、おう吐や下痢などで汚れてしまった場合は、ウイルスが付着している可能性が高いので、熱湯で消毒した後に洗濯しよう。熱湯消毒の目安としては「ウイルスの殺傷効果があるセ氏80度以上の熱湯に10分以上」浸すことだ。

■外出自粛やテレワークの際に室内で気を付けること
東京都を始め、各都道府県では週末だけでなく平日でも外出自粛要請が出されており、それに伴い、テレワークなどで自宅で過ごされる時間が多い人も増えてきている。だが、外出自粛をし、人の多い場所を避けていても感染のリスクは少なからずあるので、感染のリスク軽減のためにできることを紹介しよう。

●接触感染しやすい場所の消毒
どんなに外出を控えていても、家族や同居人がいる場合の感染予防には、接触感染が起きるドアノブやテーブル、ベッドの消毒液での清掃を1日1回以上を心がけることが大事だ。

もちろん、一人暮らしであっても、コンビニやスーパーなどでウイルスが付着し自宅内に持ち込んでしまう可能性はあるので、消毒液での清掃を心がけよう。

●家の中はこまめに換気
消毒液での清掃をキッチリ行っていても、部屋の中にウイルスが残留する可能性があるので自宅内の換気は1時間に1回行うことが望ましいと言われている。

●可能ならば空間除菌も
室内の清掃にはアルコール除菌や次亜塩素酸ナトリウムを利用した除菌水を利用することで十分に予防効果を得られるが、これらでは加湿器や噴霧器での空間除菌は安全性の面から行えない。

加湿器や噴霧器を利用した空間除菌は、次亜塩素酸水を利用しよう。次亜塩素酸水の殺菌効果は次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤に含まれる成分)の約80倍と言われており、人体への安全性も非常に高いと厚生労働省に認められている除菌水となっている。

新型コロナウイルス感染症は症状が発症していなくとも、ウイルスを感染自覚無しに保有してしまう可能性のあるウイルスだ。今は感染拡大を防ぐことが出来るか否かの瀬戸際であり、症状が出ていないからといって安易に人の多く集まる場所などに外出することは控えよう。

イタリアでは新型コロナウイルス感染症による死者が1万人を超えており、日本国内でもそのような状況にまで感染が拡大しないとは限らない。一人一人の予防意識をしっかり持ち、この苦境を乗り越えていこう。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
もうこれでいいんじゃないか!?ビーズから究極の俺だけのゲーム空間「ゲーミングベッド」登場
小学生以下なら一風堂の「お子様ラーメン」が無料!春休み・お子さま応援キャンペーンを実施
N予備校が「Unity」を使った3D/2Dゲーム向けのプログラミングコースを新たに一般会員にも公開~春休みにUnityをマスターせよ~
ベネッセはコロナ対策を全学年でサポート!「こどもちゃれんじ」が遠隔でも幼稚園にいるような生活が送れる「オンライン幼稚園」を新規開園
スマホやPCから専門医に相談できる!東大病院18診療科でオンライン診療システム「CLINICS」を活用したオンライン・セカンドオピニオン外来を開始