様々な情報を雑誌感覚で提供するニュースアプリ「LINE」から「LINE NEWS マガジン」を配信開始

s-LINE NEWS マガジン

LINEは、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリの「LINE(ライン)」で展開するニュースサービス「LINE NEWS」において、「LINE NEWS マガジン」を新設、まず手始めに19マガジンを同時に創刊した。

「LINE NEWS」は、エンタメ、スポーツ、グルメ、ファッションなどの最新ニュースやトレンド情報を配信するニュースサービス。同名のスマートフォンアプリ(iPhone・Android対応/無料)に加えて、LINEの公式アカウント(LINE ID:@linenews)を通じ、編集部が厳選した話題のニュースをダイジェスト形式でまとめた「LINE NEWS DIGEST」を1日3回プッシュ形式で配信している。

「LINE NEWS DIGEST」の特徴は、日常的に利用するLINEアプリから、別アプリを立ち上げることなくニュースがプッシュで受け取れる点や、ニュースを“読む”のではなく“見る”だけで内容を把握することができるよう、視覚的に見やすくまとめたこと。

このシンプルなデザインなどが好評を得て、ニュース・情報収集に積極的な層はもちろん、日常的にニュースに触れていない層にも広く利用され、公式アカウントの友だち数は1,200万人、MAU(月間アクティブユーザー数)は3月時点で670万人*1を突破したという。

そこで、サービスで対象とする情報領域をさらに拡大させ、より細分化された情報の提供を行うべく「LINE NEWS DIGEST」で培ったノウハウを活かし、スマートフォン上の雑誌となるサービスとして「LINE NEWS マガジン」を新設したとのこと。

「LINE NEWS マガジン」は、「LINE NEWS DIGEST」と同様に、イメージ画像とシンプルな記事タイトルで見やすくまとめた雑誌の表紙のようなUI(ユーザーインターフェイス)で、ユーザーが自身の好みに応じて選択したマガジンを週1~2回程度、公式アカウントを通じてLINE上にプッシュ形式で配信するサービス。

単純なカテゴリやジャンルではなく、「東京トレンド」「野郎メシ」「動物萌え」など、創刊に際し雑誌のようにコンセプトやテーマを決定し、まずは本日より19マガジンの提供を開始。今後は、ユーザーの意見や反応を受けて新たなマガジンの創刊なども検討いく。

「LINE NEWS」では、スマートフォン時代における新たな情報取得の方法として、「LINE NEWS DIGEST」を通じ、最新の話題や情報をプッシュ形式で視覚的に提供することはもちろん、「LINE NEWS マガジン」を通じてスマートフォンユーザーそれぞれの情報取得志向に合った情報を提供し、細分化したニーズにも対応することにより、国内最大級のスマートフォンニュースサービスとなることを目指していくとのことだ。


<「LINE NEWS マガジン」の追加方法>
1)「LINE NEWS」公式アカウントから1日3回配信している「LINE NEWS DIGEST」のフッターをタップし、「LINE NEWS マガジン」一覧ページから希望のマガジンの「追加」ボタンをタップ
2)「LINE NEWS マガジン」一覧ページ
一覧ページに直接遷移し、「追加」ボタンをタップ。
※LINEアプリがインストールされているスマートフォンからアクセスが可能。


<「LINE NEWS」アプリ概要>
名称:LINE NEWS
対応端末:iPhone/Android
推奨環境:iOS 5.0以上、Android OS 2.2以上
サービス開始日:2013年7月18日
価格:無料
ダウンロード:
App Store
Google Play

LINE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

LINEに関連した記事を読む
LINE GAME史上最速・最大!登録開始から11日間で「LINE バブル2」の事前登録者数が100万人を突破
LINEから直接商品購入・プレゼントできるサービス「LINE ギフト」を公開
LINE株式会社が社長を交代、森川 亮社長が退任し新社長出澤 剛氏が就任
LINE Payに「GROUPON」など5社が対応。CMも放映に
大人気ゲームアプリ「LINE:ディズニー ツムツム」が世界累計で4000万件DLを突破


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る