INDEED

Indeed Japan(以下、Indeed)は、 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策下における、仕事の探し方や外出規制がある中での働き方、 また人材採用を進めるプロセスや働くための環境づくりなど、 新型コロナウイルスが仕事に与える影響に対応するためのアドバイスや役立つ情報をまとめた「Here to help 新型コロナウイルス対策特集」ページを、 IndeedのWebサイト内に開設した。この取り組みは、Indeed本社のあるアメリカから開始し、 世界19か国/地域で展開を進めているものだ。

■サイト開設の背景
新型コロナウイルス感染症の拡大が世界中で起こっているのはご存じの通りだ。 世界各国で外出規制が強化され、 在宅勤務が促進される一方で、 アメリカでは世界最大の感染者数と死亡者数、3月の失業率が4.4%と前月から大きく悪化するなど、 失業率の増加が各国で大きな課題となっている。このように新型コロナウイルスにより「仕事」を取り巻く環境は大きな影響を受けている。

そのような中で今、 世界中のあらゆる人々が、 仕事に対する不安を抱えている。 Indeedがアメリカの労働者を対象に実施した調査では、 新型コロナウィルスに関する心配事を尋ねた際、 62%が「経済的不安(給与の減少や有給の喪失等)」を挙げ最多となった。また失業に対する不安を持つ人の割合も47%に上った(2020年3月25日時点)。

Indeedは、「We help people get jobs.」をミッションとし、 あらゆる人々の仕事探しの手助けを行なってきたが、 今この状況を前に、 新たに「Here to help」というコンセプトを掲げた。 このコンセプトには、 “たとえどんなに変化が求められる状況になったとしても、 我々は変わらずこの場所にいて、 あらゆる人々がその変化に対応できるよう率先して手助けしていきます”という決意と、 “常に求職者のそばにいるのでいつでも頼って欲しい”という想いを込めたものという。

そして特に現環境下において仕事を探している求職者や、仕事に従事するワーカーたち、 また、 各企業や組織で採用活動や従業員の働く環境整備を行なっている人にとって、 役立つ情報を届けていきたいと考え、 「Here to help 新型コロナウイルス対策特集」ページを立ち上げたとのことだ。

Here to help 新型コロナウイルス対策特集

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
シャボン玉石けんの調査で判明!正しく手洗いできてると自信のある人はたった12%、約6割が手洗い後の処置が間違っている
志村けんさん追悼企画でCS放送ファミリー劇場が『ドリフ大爆笑』『志村けんのバカ殿様』ほか名作コントを5月2日(土)に約8時間一挙放送!
長期化する「コロナ自粛」で温泉気分に浸りたいアナタに! バーチャル温泉動画の日替わり配信はいかが?
マスク転売ヤー撲滅!アイリスオーヤマが政府からの要請に対応して国産マスクの生産能力を1億5千万枚/月に増強
おやつカンパニーが生まれた時の体重と同じ重さのベビースターラーメンが当たる!“ドデカイ”感謝プレゼントキャンペーンを実施