日本エイサー、ビジネスプロジェクターX3シリーズ、WXGA対応「X133PWH」を発表

photo3

日本エイサーは、ビジネスプロジェクターX3シリーズとしてWXGA対応「X133PWH」、XGA対応「X123PH」、SVGA対応「X113PH」を2015年6月5日(金)より発売開始すると発表した。

X3シリーズ「X133PWH」、「X123PH」、「X113PH」は、様々な利用シーンに対応するビジネススタンダードプロジェクター。高輝度3000ルーメン以上、高コントラスト比13000:1で、明るくメリハリのある鮮明な映像を投映可能。また、ビジネスシーンを想定した、以下のような便利機能も充実している。

・インスタントパック機能
投影終了後、電源を切らずに電源コードを抜いても安心な設計。

・インスタントレジューム機能
「投影中の誤操作で電源が切れてしまった」、「一旦投影を終了したけど、すぐに再開したい」そんな時に、2分以内であればアイドリング稼働の終了を待たずに投影を再開できる。

・オートシャットダウン機能
映像入力信号が入らないまま、所定時間を経過すると、自動的に電源を切る機能。電源の切り忘れを防止する。

・PINセキュリティ機能
電源投入時、パスワード入力が必要になる。無許可使用や盗難防止に役立つだろう。

・長寿命光源ランプ使用
通常時 約5,000時間、ECOモード時 約6,000時間に対応する光源ランプを使用。

・トップローディング設計
天吊りしたままランプユニットの交換を簡単に行えるよう、本体天面に開閉口を設置している。

このほか3D対応機器、3Dコンテンツでは、オプション3Dメガネを使って迫力ある3D映像を簡単に楽しめる。また埃を嫌う重要パーツ部位には、ダストシールドを設けて密閉率を高めており、さらに吸気・排気のエアフロー効率を高め、熱対策にも配慮した安心設計になっている。ECOモードでは輝度を通常使用時の約20%落として投映可能。消費電力の削減だけでなく、動作音(ノイズ)の低減、光源ランプの消耗も軽減する。

image2

プレスリリース
日本エイサー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
PC・パーツの記事をもっと見る
GIGABYTE、次期100シリーズのマザーボードをCOMPTEX 2015にて初公開!
CFD販売、GIGABYTEおよび玄人志向の最新GPU「NVIDIA GeForce GTX 980Ti」搭載カードを発売
ドスパラより最新GPU「NVIDIA GeForce GTX 980Ti」を搭載した「Palit NE5X98T015JB-PG600F」
ベルテックより、3台のディスプレイを装着できるワンタッチモニター取付スタンド
無音PCを目指す人へ、玄人志向より、Radeon HD5450搭載で4千円を切るファンレスグラボ登場



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る