細かくて読めない部分を拡大表示させる!iPhoneで拡大鏡を利用する技【快適術】

iPhone6Plus1-1024x7671-1024x767-1024x767-1024x767

iPhoneを利用している人の中には、画面に表示されている文字が小さくて読めなかった経験をお持ちの方もいるだろう。「Safari」のように「ピンチイン」「ピンチアウト」に対応しているアプリなら、表示の拡大縮小も容易だ。

しかし、アプリの中には、「ピンチイン」「ピンチアウト」に未対応のアプリもある。そうしたアプリでは、どうすればよいのか。

ここで紹介する方法を使えば、どのアプリを使っているときでも、細かくて読めない部分を拡大表示させることができる。

■iPhoneで拡大鏡を利用しよう
iPhoneでは、拡大鏡を利用して細かい部分を拡大表示させることができる。

ホーム画面上で「設定」アプリを選択したら、「一般」をクリックしよう。

01

「アクセシビリティ」を選択したら、「ズーム機能」をクリックしよう。

02

「ズーム機能」のスイッチをスライドさせて、オンにする。

03

3本の指で画面をダブルタップ(2回たたく)と、拡大鏡が表示される。

004

枠の下のボタンを押すと、拡大鏡の設定画面を表示して、細かな設定ができる。

005

iPhoneの表示で細かくて読めない部分を拡大表示させたい人は、今回の技を覚えておくとよいだろう。

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

快適術に関連した記事を読む
どのアプリがバッテリーを消費している?iPhoneアプリのバッテリーの使用状況を調べる技【快適術】
特定の人の着信音を変えたい!iPhoneの着信音を設定する方法【快適術】
シャッター音を鳴らさないで画面をメモしたい!iPhoneの画面キャプチャを無音化する方法【快適術】
iPhoneの写真で自宅を特定されたくない!カメラの位置情報をオフにする方法【快適術】
iPhoneの着信音で起こされたくない!おやすみモードを活用する方法【快適術】

iPhone 6便利すぎる! 200のテクニック (超トリセツ)
インターナショナル・ラグジュアリー・メディア
2014-09-30


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る