日本人の心で、フランスを詩う画家!村山密展「ムルロ工房のオリジナルリトグラフ」【Art Gallery M84】

  • 2015-9-29
  • 日本人の心で、フランスを詩う画家!村山密展「ムルロ工房のオリジナルリトグラフ」【Art Gallery M84】 はコメントを受け付けていません。
image001

歌舞伎座(東京・銀座)の真裏に佇むギャラリー「Art Gallery M84」は2015年10月26日(月)より村山密展「ムルロ工房のオリジナルリトグラフ」を開催する。

■詩情あふれる独特の作品
今回の作品展は、Art Gallery M84の第39回目の展示として実施する個展だ。
半世紀にわたりフランスで活躍を続けた洋画家 村山密氏の作品展となっている。渡仏後、藤田嗣治氏の知遇を得て、同氏の制作の現場を直接見る幸運に恵まれた村山氏は、藤田氏の言葉で「パリで勉強するには、パリの街を知らなければならない。」とパリ中を歩きまわり、文化に親しんで多くの作品を描いた。

パリの自然をアトリエにして制作を続け、フランスのサロン・ドートンヌ具象絵画部門絵画部長に任命されるなどフランス画壇の重鎮として活躍した。 村山氏には、「パリの日本人、そして日本のパリジャン」「日本人の心で、フランスを詩う画家」などの称号が贈られ、パリ画壇の一角に、日本人の心で存在感を刻み続けた。

本展では、村山の愛したパリの町並み、ノルマンディーの港町など、仏中部山岳地帯コレーズ地方を取材した風景画を村山自身がムルロ工房で制作したオリジナルリトグラフ約20点を展示する。この機会に、詩情あふれる村山氏の世界を堪能してみては如何だろうか。

水郷の地に生まれ育った村山は、水辺の風景を愛し、セーヌ河畔に居を構え、季節や時間によってうつろう情景を描いている。自然を温雅で簡潔なフォルムによって捉えた作品は清新で、詩情豊かな作風が親しまれてきた。画風は、パリの街や聖堂などフランスの原風景に題材を求め、説明的な要素を排除して心の内面を滲ませようとする描法(メトード)を確立し、リズム感のある筆触でヨーロッパの空気を謳いあげている。

■村山密(むらやま しずか)氏の略歴
1918年 茨城県大生原村(現在の潮来市水原)出身。
1925年 大生原村立大生原尋常小学校に入学。図画教師小堀進の指導を受ける。
1931年 茨城県立麻生中学校に入学。セザンヌ、マチスに心をひかれる。画家志望を強くした。
1932年 上京して翌年から川端画学校に通う。
1936年 春陽会洋画研究所に通い始める。
1940年 岡鹿之助に師事。
1954年 岡鹿之助の勧めで渡仏。藤田嗣治の知遇を得る。1年で帰国。
1959年 再渡仏。
1970年 サロン・ドートンヌ会員。
1972年 サロン・ドートンヌ陳列委員。
1979年 サロン・ドートンヌ審査委員。
1981年 フランス国籍を取得。
1983年 サロン・ドートンヌ理事。
1984年 アカデミー・ド・ラ・グランド・ショミエール教授に就任。
1985年 サロン・ドートンヌ具象絵画部門絵画部長就任。
1987年 春陽会を退会。
1998年 サロン・ドートンヌ具象絵画部門絵画部長引退。
2013年 10月フランス・パリ市内で逝去(享年94歳)

■主な展覧会
1942年 第20回春陽会展覧会初出品?1986年第63回展まで出品
1957年 村山密展「滞欧作品展」日本橋三越本店7階ギャラリー(東京・日本橋)
1962年 第1回「村山密個展」ギャラリー・トゥルネル(仏・パリ)?1970年まで5回開催
1962年 サロン・ドートンヌ初出品?1997年まで出品
1983年 村山密油絵展「滞仏三十年記念」和光ホール(東京・銀座)
1985年 シラクパリ市長主催「村山密展」ユッセル文化会館(仏・パリ)
1986年 サロン・ドートンヌのオマージュ(特別回顧)展(仏・パリ)/日本人として初めて選ばれ「夜のノートルダム」他18点が特別展示される。
1990年 村山密展「日本の心でパリを詩う・滞仏37年」茨城県近代美術館(茨城・水戸)
1993年?1984年 村山密展「パリに住み、フランスを描いて40年」東武美術館、茨城県つくば美術館、千葉そごう美術館、奈良そごう美術館。
1994年 村山密新作展「パリの郷愁を描く」常陽藝文アリーナ(茨城・水戸)
1994年 村山密展「セーヌの河岸に立ちて」常陽藝文ギャラリー(茨城・水戸)
1994年「村山密展」シャトー・ド・ヴァル(仏・コレーズ)
1997年「村山密フランス風景画展」茨城県水戸市・常陽史料館(茨城・水戸)
1997年 村山密・マッカヴォイの世界展「サロン・ドートンヌを支える二人の画家」高岡市美術館(富山県・高岡市)
2000年?2001年 画業60年 村山密展「セーヌの岸辺から」渋谷区立松涛美術館、千葉そごう美術館、大丸ミュージアム神戸、下関市立美術館、茨城県天心記念五浦美術館。
2006年~2008年 村山密展「パリを描いて半世紀」茨城県近代美術館、尾道市立美術館、ハウステンボス美術館。
その他 フランス、日本で多くの展覧会に出品を続ける。

■受賞
1942年 第20回春陽会に初入選。第5回新文展に初入選。
1962年 サロン・ドートンヌで「ノートル・ダム寺院」初入選。
1962年 パリ16区主催風景画コンクールでド・ゴール大統領賞受賞。
1963年 サロン・ド・ラ・ソシエテ・ナシオナル・デ・ボザールで外国作家賞受賞。
1969年 アニュール展でグランプリ受賞。
1981年 サロン・ド・オンフルールでウジェーヌ・ブーダン賞受賞。
1982年 アニュール展でグランプリ受賞。
1987年 モナコ王室主催国際現代絵画展(モンテカルロ)で宗教絵画特別賞受賞。
1991年 パリ市ヴェルメイユ勲章(名誉市民賞)受賞。茨城県潮来町名誉町民に任命される。
1993年 国際ジェマイユ・ビエンナーレ(ルールド市主催)でグランプリ受賞。
1995年 フランス芸術院よりグラン・ド・メダイユ・ドール(栄誉大賞)授与。日本国より勲四等旭日小綬章授与。
1996年 茨城県特別功労者として表彰。
1997年 フランス国家よりシュバリエ・ド・レジヨン・ドヌール勲章授与。

■作品所蔵
・パステル「アミアンの聖堂」トゥルーヴィル美術館(仏・サヴィニャック)
・油彩「ノルマンディーの春」ウジェーヌ・ブーダン美術館(仏・オンフルール)
・油彩「室内」「静物」「ノートル・ダム寺院」「パリの屋根A」「夜のノートル・ダム寺院」「ロワールの春」「ルーアンの聖堂」「シャンゼリゼ」茨城県近代美術館(茨城・水戸)
・油彩「卓上静物」「レーヌ・ブランシュ屋敷」「ノルマンディーの港(黄色い帆)」他「パステル5点」潮来市(茨城・潮来)
・油彩「シュノンソーの城」衆議院(東京・永田町)
・油彩「黄色い帆」尾道市立美術館(広島・尾道)
・油彩「ロワール地方の春」ハウステンボス美術館(長崎・佐世保)

■出版
1990年 セーヌの岸辺から(DU BORD DE LA SEINE)刊行(発行所:興英社)

※ムルロ工房は、パリの由緒ある版画工房。20世紀におけるリトグラフの刷り師の第一人者 フェルナン・ムルロによる工房で、名だたる芸術家たちに愛され、ここで次々と世界的な名作が生み出された。画家によるオリジナル版画の他にも、挿し絵本や 複刻版画、ポスターなども幅広く手がけ、世界の美術界に偉大な業績を残した。

Art Gallery M84は「アートを展示する場、鑑賞する場、購入する場」としてだけではなく、その先にある「アートを楽しみ、アートを通じて自己表現をしたい人々が気軽に集える場所」である。

ギャラリーオーナーいわく「アートをもっと身近に感じてもらうため、アートを観る楽しみ、作る楽しみ、作家と作家、作家とファン、ファン同士がつながって、アートの可能性を 広げていけるような拠点を目指している」そうである。

■リトグラフ展概要
名  称 : 村山 密展「ムルロ工房のオリジナルリトグラフ」
作 品 数 : 約20点
作品販売 : 展示作品は、全て購入可能
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2015年10月26日(月)~2015年11月7日(土)※休館日を除く
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~18:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 日曜日
入 場 料 : 無料

村山密展「ムルロ工房のオリジナルリトグラフ」
森ハルト写真展「Duet」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

Art Gallery M84に関連した記事を読む
秘めたる美に心が奪われる官能の世界!森ハルト写真展「Duet」【Art Gallery M84】
能に由来する「見立て」による作品!江口 敬写真展「風姿」【Art Gallery M84】
魂を演奏に込める姿!影山雅司写真展「Jazz Musicians」【Art Gallery M84】
お気に入りの作品が探せる写真展「アートの競演」2015初夏【Art Gallery M84】
鎌倉・湘南の海、そして江ノ電が通る景色!下田常三水彩画展「湘南の風」を開催へ【Art Gallery M84】

湯沢英治写真展“REAL BONES G”
湯沢 英治
Art Gallery M84
2014-01-13


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る