「小田急ファミリー鉄道展2015」に行ってきました

s-oda01

2015年10月17日、18日の両日に、小田急海老名駅にほど近い海老名電車基地を中心に開催されている「小田急ファミリー鉄道展2015」に行ってきました。朝のうちは雨が降るあいにくの天気でしたが、開場の午前10時にはほぼ雨も上がり、曇り空ながらも数多くの親子連れで一杯になっていました。

小田急ファミリー鉄道展は1999年より毎年10月中旬に開催されている小田急電鉄のイベント。車両基地に電車を並べて撮影できるほか、小田急のみならず、グループの箱根登山鉄道のほか、東京メトロや西武鉄道、京阪鉄道など、首都圏・近畿圏の私鉄による物販ブースも出展されるなど、力の入ったイベントとなっています。また小学生以下の子供向けに、電車乗務員体験コーナーがあったり、記念写真を撮ることができるスペースがあったりと、鉄道ファンよりも親子連れの方が多いのも特徴です。

s-oda06

親子連れでも楽しめます

s-oda07

箱根登山鉄道の物販ブースでゲットしたダイヤグラム@500円。このほか相鉄のブースではなんと駅名表示の看板なども売ってました

今年の小田急ファミリー鉄道展では、海老名電車基地にはリニューアルされた通勤車両の1000形のほか、8000形、ロマンスカー・VSE50000形が展示されていました。このほかにも“働く車両”であるマルチプルタイタンパーやバラストスイーパー、レール運搬車なども展示。保線のために使う道具なども合わせて展示して、鉄道事業に関しての理解が深まるものとなっておりました。

s-oda02

8000形(左)と1000形(右)

s-oda03

VSE50000形

s-oda04

マルチプルタイタンパー

s-oda05

バラストスイーパー

s-oda09

保線の際に使われる道具たち

今年の面白い取り組みとしては、PASMOなどのICカードをかざして発行されるレシートと交換で、エコ石けんがもらえる「電車でクールチョイス!2015」が挙げられます。海老名駅まで電車で来た人の場合は、自家用車で来た場合とのCO2排出量の差が表示されます。筆者も石けんほしさに行ってみたのですが、なんと当たりが出てしまい、「COOL CHOICE」という付せんまでもらえました。ちなみに石けんは先着順で配布次第終了となるので、早めに行った方がいいかもしれません。なお、参加した人が削減したCO2の量は小田急ファミリー鉄道展2015のホームページ上で分かるようになっています。

s-oda08

エコ石けん(右)と付せん(左)が当たりました

なお、こうしたイベントのほかにも、東口にある「ビナウォーク」も第2開場となっており、鉄道のレイアウト展示や駅弁販売なども実施されていました。ここまでざっと簡単に紹介してきましたが、このイベントは明日も開催。午前10時~午後3時までとなっているので、海老名に訪ねてみてはいかがでしょうか。

小田急ファミリー鉄道展2015

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

鉄道に関連した記事を読む
10月14日は鉄道の日!日比谷公園に集まろう!
秋の臨時列車・おとくなきっぷで旅に出かけよう
「只見線は吹雪に限る」。会津若松と新潟を結ぶローカル線
普通より安くJRを利用できる、“お得なきっぷ”の使い方
リニア新幹線の体験乗車募集中!あなたも応募してみては?


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る