サイバー攻撃を無料でリアルタイムに可視化するWebサービス「攻撃見えるくん」を11月11日から提供開始

s-管理画面キャプチャ

サイバーセキュリティクラウドは、展開しているセキュリティサービス「攻撃遮断くん」のバージョンアップに伴い、外部公開サーバへのあらゆる攻撃をリアルタイムに可視化するWEBサービス、「攻撃見えるくん」(https://shadan-kun.com/)の無料提供を開始すると発表した。同社によると、リアルタイム、かつ無料で提供する攻撃可視化サービスは、日本初とのこと。なお10月26日(月)から事前登録開始、11月11日(水)からサービス提供開始となる。

■近年のセキュリティ動向とサイバーセキュリティクラウド
昨今、サイバー攻撃被害が年々増加傾向にあり、サイバーセキュリティ市場は2019年に8202億円市場になると予想されている。2014年11月6日には〝サイバーセキュリティ基本法“が成立し、各企業にはサイバーセキュリティ対策やマイナンバーなどの個人情報保護対策の強化が求められることとなった。

国のセキュリティ対策機関「内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)」では、サイバーセキュリティについて「知る・守る・続ける」をキャッチフレーズとし、各企業へサイバーセキュリティ対策の啓蒙を進めている。しかし、特に人員や予算の限られた中小企業や、世界中にWebサイトを持ち管理に手間がかかる大企業などでは、効率的な対策導入に踏み切りにくいという実態があることも事実だ。そこで同社では安全・安心なサーバ運用を安価に導入可能とするサーバセキュリティサービス「攻撃遮断くん」を2013年より提供してきた。

■「攻撃見えるくん」で攻撃を「知る」
そしてこの度「攻撃遮断くん」がバージョンアップされ、過去の攻撃データ分析や、セキュリティ機能のカスタマイズなど多くの機能を追加。その中でも、自社がどこからどの程度攻撃を受けているかを地図上やグラフに表す、リアルタイムに攻撃を可視化するサービス「攻撃見えるくん」が提供開始となる。様々な企業に自社への攻撃の存在を「知る」体験をしてもらうべく、「攻撃見えるくん」は無料で公開されるとのこと。

攻撃の可視化を実現した「攻撃見えるくん」と、より便利に、より防御機能が高まった「攻撃遮断くん」によって、さらに効果的にサイバー攻撃対策を「続ける」ことが可能となる。同社では、「攻撃見えるくん」、またバージョンアップされた「攻撃遮断くん」の提供をはじめとしたセキュリティサービスにより、世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造していくとのことだ。

■「攻撃見えるくん」日本初のポイント ~リアルタイム・無料~
自社に対するサイバー攻撃が、どこからどの程度行われているかを図るツールは今までも存在したが、サーバのログをまとめて解析する形式のものが多く、実際に攻撃を受けた時間との時間差が生じていた。また、ログデータを解析する必要があるため、どこからどのような攻撃を受けているかを可視化することができず、分析にさらなる時間が必要だった。

「攻撃見えるくん」はどこからどのような攻撃を受けているかを地図上に視覚的に表し、グラフ化も自動で行うため、ページを開くだけで攻撃の傾向を理解することができるのが特徴。また、常にリアルタイムで表示しているため、今どのような攻撃を受けているかを即時的に確認することができる。
■基本料金
s-画像①
■攻撃ログ表示件数
s-画像③
■従量課金プラン(5000万リクエスト毎)
s-画像②
■攻撃ログ表示数追加料金
s-画像4

■「攻撃遮断くん」バージョンアップについて
「攻撃遮断くん」は、サーバへのあらゆる攻撃を遮断するIPS+WAFクラウド型サーバセキュリティです。革新的な仕組みにより、クラウド(IaaS)を含むほぼ全てのサーバに対応し、ネットワーク、OS、Webアプリケーションへの攻撃を防ぐことができる。保守・運用に一切の手間をかけることなく、24時間365日のセキュリティを実現。NTTドコモをはじめ、官公庁、大手金融機関、大手航空会社、大手ECサイト、大手広告代理店、大手メーカーなど150IP500サイト以上に導入されている。

今回のバージョンアップでは、ユーザーそれぞれの環境にさらに適した運用ができるよう、様々な改善を行ったとのことだ。

<バージョンアップのポイント>
■攻撃可視化(攻撃見えるくん)によってリアルタイムで状況を確認可能←無料公開
■24時間365日 サービスの申し込み可能
■最短5分、24時間以内にサービス開始可能
■データセンターを安心の国内に設置
■過去の攻撃データから分析可能
■監視センターとの接続状況確認可能
■お客様に合わせたフルカスタマイズ機能を実装(攻撃遮断くんのみ)

【攻撃見えるくん/攻撃遮断くん 申し込みフロー】
①企業申請
②企業アカウント承認
③「攻撃見えるくん」「攻撃遮断くん」申し込み
④翌営業日 サービス利用開始
s-画像⑤

※企業アカウントにすべてのサービス、IPは紐づいています。
※サービスごとに個別の監視センターを作り、お客様はサービスごとに管理していただきます。

攻撃見えるくん

ニュースリリース
NTTコミュニケーションズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

セキュリティに関連した記事を読む
NTTコミュニケーションズが新たに「情報セキュリティ部」を設置
スマホやタブレットからIoTへ、セキュリティ・プライバシーに関する意識はどう変化した?
ITライフハック総編集長が「情報漏えい広報大使」に就任MOTEX「春の“NO MORE 情報漏えい”運動」開催中
NTTコミュニケーションズが情報セキュリティのトレンドを知る勉強会を開催
モバイルアプリでもウイルスの脅威が増加! マカフィー、2014年第4四半期の脅威レポートを発表


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る