リアルな3Dサウンドを収録できるアクションカムGoPro専用の3Dステレオ・マイク

img_82097_1

ローランドは、臨場感のある3Dステレオサウンドで収録できる、アクションカメラGoPro「HEROシリーズ」専用の3Dステレオ・マイクロホン「WEARPRO Mic(ウェアプロ・マイク)」を2015年11月28日(土)から発売する。

■世界中のユーザーから人気のアクションカム
GoProの「HEROシリーズ」は、アクションカムと呼ばれる、スポーツやアクション、ドローン搭載といった動きの激しい撮影向けで、小型・軽量、高画質、そして撮影アングルの自由度が高いデジタルビデオカメラだ。

世界中のユーザーから人気で、彼らが撮影した迫力ある映像の数々の作品が「YouTube」「ニコニコ動画」などの動画サイトに投稿されたり、FacebookなどのSNSで友人たちと共有されている。

■撮影用途が広がってきたGoPro「HEROシリーズ」
最近では、アクションの撮影といったアクティブな用途だけでなく、これまで一般的なデジタルビデオカメラと同じスポーツ観戦やライブ鑑賞、結婚式の様子や誕生日など、さまざまな用途の撮影で使われることも増えてきた。

こうしたことから、ローランドは同社がポータブル・レコーダーの分野で培ってきた技術を使い、高音質で包み込まれるような3Dステレオ収録(バイノーラル録音)ができるGoPro「HEROシリーズ」専用のマイクロホン「WEARPRO Mic」を作り出した。

■高音質で本格的なバイノーラル録音を実現
「WEARPRO Mic」とGoPro「HEROシリーズ」を組み合わせて撮影すれば、他の一般的なマイクを使った動画と異なり、まるでその中に身を置いているかのような、極めて臨場感のある個性的なサウンドの動画が撮影できる。

img_82097_2

イヤホン型のマイク・ユニットを両耳に挿入することで、撮影者が感じた左右のステレオ感と、前後・上下の音までも立体的に収録できる。楽器演奏、料理といった撮影者と同じ目線での撮影や、目前を通過する列車やジェットコースターなど音や動きに特徴のあるもの、多くの人達に囲まれたテーマパークやパレード、結婚式や誕生日の大切な思い出など、映像を見ている人に、その場にいるかのような体験をしてもらえるだろう。

img_82097_3

■3Dサウンド収録(バイノーラル録音)とは?
両耳の位置にマイクを配置することで、実際に聴いたままの音を立体的に収録する技術。収録された音をステレオ・ヘッドホン/イヤホンで再生すると、前後、左右、上下360度の音場を楽しむことができる。バイノーラルで収録された音は通常のステレオ・スピーカーでも再生でき、3D効果はステレオのヘッドホンを使うことで完全に再現される。

■製品概要
製品名:「WEARPRO Mic」
品番:WPM-10
価格:オープンプライス
発売日:2015年11月28日(土)

製品情報
ローランド

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
テクタイト、世界のゴルフ場に対応するGPSゴルフナビ「ショットナビNEO2」
これはカワイイ!“ダンボー”デザインのドラレコ「DRY-mini1X DANBOARD version」
アナログレコードプレーヤーION AUDIO LPシリーズの新製品「Air LP」が発売に
交通安全、セーフティドライブの必須アイテム!ドラレコ「DRY-AS400WGc」を試す
試作機は12月に発表! メガネスーパーが本気でメガネ型ウェアラブル端末作ってみた




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る