「闘会議2016」各エリア詳細や協賛企業17社の企画、100名以上の出演者を一挙公開

  • 2015-12-17
  • 「闘会議2016」各エリア詳細や協賛企業17社の企画、100名以上の出演者を一挙公開 はコメントを受け付けていません。
闘会議

株式会社ドワンゴは2015年12月16日、2016年1月30日~31日に幕張メッセで開催するゲームの祭典「闘会議2016」について、会場の各エリアに関する詳細や、協賛企業の企画、出演者に関する情報を公開した。

■日本最大級の”ユーザー参加型”ゲームイベント
「闘会議」は、デジタルからアナログまで古今東西のゲームが集まる、日本最大級の”ユーザー参加型”ゲームイベントだ。2015年の初開催につづき2度目の開催となる「闘会議2016」では、前回から会場規模を2倍に拡大し(幕張メッセ1~6ホール)、ブースの規模や数も増大。100種類以上のゲームを用意し、ゲーム実況やゲーム大会などさまざまな企画を実施する。

今回のイベントでは、前回にはなかった新設ブースを展開。オーケストラやゲーム音楽作曲家が出演してゲーム音楽の生演奏を行う「ゲーム音楽ステージ」、ポーションや薬草など、RPGの世界観を体験できるメニューを提供する「フードコート」、VR技術を駆使して、自分が実際にラジコン戦車に乗っているような感覚で闘うことができる「VRラジコン戦車バトル」、PCゲーム『マインクラフト』内に広大な競技場を作成し、4つの競技種目でNo.1アスリートを決定する「マイクラ大運動会」など、ゲームの世界に入り込める新ブースを設置する。

さらに、ゲーム実況を見るだけではなく、ゲーム実況体験ができる「ゲーム実況ストリート」や、巨大コントローラーを使って昔懐かしのゲームをプレイできる「レトロゲームエリア」など、前回からパワーアップした企画も多数。全エリアの出演者は現時点で総勢100名を超え、今後も追加していく予定だ。
詳しくは「闘会議2016公式サイト」を参照のこと。

また、今回、ゲーム音楽作曲家・伊藤賢治氏が「闘会議」のメインテーマ制作を担当することが決定。完成した楽曲は、大晦日にニコニコ生放送で放送する特番の中で生演奏・初披露する。

闘会議2016公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ネット最大のゲーム番組放送局「闘会議TV」今週のラインナップ(12月第一週分)
ましゃ、ニコ生に再降臨!デビュー25周年記念ベストアルバム発売で特番「BROS. TV」に生出演
京都の紅葉を54(こうよう)時間ニコ生でお届け
内閣支持率が5割超!! ニコニコアンケート11月度「月例ネット世論調査」の結果を発表
地球深部探査船「ちきゅう」の内部の様子をニコニコ生放送で単独中継!

ゲーマーはもっと経営者を目指すべき! 電子特別版
4Gamer.net編集部
ブックウォーカー
2015-05-21




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る