「SOUND Canvas」がいま再び蘇る。Windows/Mac対応のソフト音源「SOUND Canvas VA」発売

  • 2015-12-25
  • 「SOUND Canvas」がいま再び蘇る。Windows/Mac対応のソフト音源「SOUND Canvas VA」発売 はコメントを受け付けていません。
img01

ローランドは、90年代にコンピューターミュージックで定番となったハードウエア音源「SOUND Canvas」シリーズの、プラグインに対応したソフトウエア音源「SOUND Canvas VA」を2015年12月24日(木)に発売する。価格は1万5,120円(税込)。

80年代後半から90年代にかけて、同社のハードウエア「SOUND Canvas」シリーズは、音色バランスが良く、データの互換性が高いため、デファクトスタンダード音源として、音楽制作を楽しむ多くの人が利用していた。現在でもゲーム音楽やカラオケデータ、楽曲制作で使用されることが多く、コンピューターを使った音楽制作で使いやすいソフトウエア化の要望が寄せられてきたという。

今回発売するSOUND Canvas VAは、ハードウエア音源「SOUND Canvas」シリーズのWindows/Mac対応ソフトウエア音源。音楽制作のソフトウエアから直接コントロールするプラグインタイプなので、最新の音楽制作環境で便利に使える。また、過去に発売した「SOUND Canvas」シリーズの豊富な音色や、音を加工するエフェクトとのデータ互換性があり、分かりやすい画面でシンプルに操作が行える。かつての「SOUND Canvas」ユーザーだけでなくこれから音楽制作を始めたい方にも便利に使えるソフトウエア音源となっている。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Synology「DS216se」レビュー第1回:「NAS」って何?クラウドサービスと何が違うの?
アスク、ゲームに特化したスピーカー2機種を発売
アスク、NVIDIA社製GPU搭載グラフィックカードを水冷化できるCorsair製のキット
テックウインド、キーボードと一体となったWindows 10搭載PC
インバースネット、3万円台のWindows10オールインワンパソコンを発売



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る