カシオ計算機、Smart Outdoor Watch「WSD-F10」を3月下旬より発売

s-Theme_l

カシオ計算機は、アウトドアシーンで役立つ5気圧防水性能を備え、MIL規格に準拠したリストデバイス Smart Outdoor Watch 「WSD-F10」を3月下旬より発売すると発表した。カラーはオレンジ/グリーン/ブラック/レッドの4種類で、価格は7万円(税抜)。

1970年代から時計を、1990年代から2000年代にかけてはPDA及び携帯電話を開発してきた同社は、時計と情報端末の両方の技術と経験を持つメーカーとして、その資産を大いに活用しながら、ユーザーにとって真に価値のあるリストデバイスとは何かを追求し開発を続けてきたとのこと。

今回発表されたWSD-F10は、水辺や雨天時でも使える防水性と、様々なアクティビティに持ち出せるMIL規格を備えたアウトドアシーンに活用できるリストデバイス。同社がこれまで培ってきたタフネス性能やセンサー技術を盛り込み、腕に着ける情報機器として仕上げられている。トレッキング、サイクリング、釣りなどのアウトドアシーンで役立つ多彩なアプリのほか、自然環境の変化や活動量を計測するオリジナルの専用アプリをプリセットしています。OSにはAndroid Wearプラットフォームを採用しているため、アプリを追加して様々なアウトドアシーンに合わせて機能を拡張することも可能だ。

表示部分にはモノクロ液晶とカラー液晶を重ねた二層構造ディスプレイを搭載。様々な計測情報やアプリをカラー液晶に表示する一方、時刻情報のみをモノクロ液晶に表示する「タイムピースモード」を選択すれば、電池寿命を1カ月以上に伸ばすことができる。

時計事業で培ってきた経験を最大限に活用し、日常で使う時計としての使いやすさも徹底的に追求。操作ボタンは、グローブ着用時でも押しやすい大型サイズで滑り止め加工を施し、右サイドに集約されている。バンドには腕にフィットするソフトウレタンを採用し、長時間でも快適に使用できる。

さらにユニークな機能として、同社のデジタルカメラ「EXILIM Outdoor Recorder EX-FR100」と連携するアプリを搭載。WSD-F10でカメラをリモートコントロールし、アウトドアでのシーンの撮影が可能となっている。

製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ニコン、デジタル一眼レフカメラの新たなフラッグシップモデル「ニコン D5」を発売
AUDEZEより最大384kHz/32bitの入力に対応したDAC内蔵型クラスAヘッドホンアンプ「DECKARD」
リアルな3Dサウンドを収録できるアクションカムGoPro専用の3Dステレオ・マイク
テクタイト、世界のゴルフ場に対応するGPSゴルフナビ「ショットナビNEO2」
これはカワイイ!“ダンボー”デザインのドラレコ「DRY-mini1X DANBOARD version」





関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る