「ドラクエ30周年プロジェクト発表会」を開催。ドラクエのリアル脱出ゲームも登場

s-dq01

スクウェア・エニックスは2016年1月13日に都内の会場で「ドラゴンクエスト30周年プロジェクト発表会」を開催。2016年にリリースするタイトルやプロジェクトが発表された。発表会は、ドラゴンクエストシリーズの生みの親である、ゲームデザイナーの堀井雄二氏と、スクウェア・エニックスのドラゴンクエスト30周年プロジェクト・統括プロデューサーである市村龍太郎氏がプレゼンターとなり、進められた。

s-dq02

s-dq03

ファミコン時代のドラゴンクエストのワールドのようなマップに登場するスライムが、内容を紹介する

まずは2016年1月28日に発売される「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」のタイトルから。ここでは体験版が1月22日にPlayStation 4とPlayStation Vita向けに配信されることが決定したことを紹介。また3月24日にはニンテンドー3DS版で「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」が発売されることも紹介された。

ここで新情報として、「リアル脱出ゲーム」とドラゴンクエストのコラボレーションで「竜王迷宮からの脱出」というイベントが開催されることが発表された。開催期間は2016年5月13日(金)~5月15日(日)までの3日間で、場所は幕張メッセ展示ホール4~7。ここで行われることの詳細はまだ明らかにされなかったが、ドラゴンクエストの世界をリアルに体験する場所になるとのこと。ゲームは4人パーティーで進められ、戦士、魔法使い、僧侶、遊び人の4つの職業から一つを選ぶ。職業ごとに異なる冒険の書を進め、最後に竜王を倒すことが目的だ。公式サイトには練習問題が掲載され、正解すると特製壁紙がもらえるとのことだ。

s-dq04
s-dq05

s-dq06

チケットは一般発売が2月6日からだが、先行特別販売として、公式サイトから購入可能。期間は1月13日午後4時~14日午後11時59分まで

s-dq07

出題される問題の例題。この問題に答えられるだろうか

続いてのプロジェクトとしては、7月~8月に「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」が開催されることを発表。横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、大阪城ホール、日本ガイシホール、マリンメッセ福岡を使って行われる“40万人を熱狂させる超大型プロジェクト”とのこと。詳細は明らかにされなかったが、詳細は1月20日の夜7時56分から日本テレビ系列で放送される「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」で紹介されるとのことだ。

s-dq08

7~9月には「ドラゴンクエストミュージアム」が、渋谷ヒカリエで開催される。ドラゴンクエストIからXまでを、ロト編、天空編などのようにカテゴライズして展示する内容になるとのこと。

s-dq09

s-dq10

IからXまでの主人公がお出迎え

そして時期は明らかにされなかったが、ドラゴンクエスト30周年を記念して、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとのコラボレーションプロジェクトが進行していることも明らかにされた。

s-dq11

これまで紹介してきたプロジェクトの進捗については、「ドラゴンクエスト30周年ポータルサイト」で明らかになっていくとのこと。これから明かされる新情報について期待したい。

■本田翼さんも応援に駆けつけた
発表会の最後には、女優の本田翼さんが登場。ドラクエのこれからについて期待を語ってくれた。

s-dq12

ドラゴンクエストシリーズは「V」からプレイしたことがあると語る本田さん。「魔法使いっぽくしてみました」という衣装で登場した。おじいさんのおうちにファミコンとスーパーファミコンとともにドラゴンクエストシリーズが置いてあったそうだ。小学校6年生から12年近くのプレイ歴を誇るという。

プレイをするときは「前日に食料を買い込み、次の日起きて18時間とかやります」と語る。「レベル上げとか好きで。防具とかもその町で一番高いものを買わないとすまない」(本田さん)。ラスボスは簡単に倒せそうですねと言う問いに対して、「理不尽なのがあるじゃないですか。『いてつくはどう』とか(笑)。バイキルトとスクルトをどれだけかけてもなくなってしまう。それがあるので楽勝ではないですね」と答える。

「自分が小学生の時からやっていたものを大人になってもう一度やったときに、話の入り方が違うというか、子供の時はただ遊んでいたものが、大人になってやると物語の深さに改めて気づけるのが魅力」と本田さん。好きなキャラクターは「スライムナイトのピエール」だそうだ。「それがすっと出てくるところがすごい」と堀井さんも舌を巻く。

堀井さんにこれだけは聞きたい質問があるかと促されると「ドラゴンクエストVIのバーバラはマスタードラゴンなんですか?」とファンならではの質問を繰り出す本田さん。これに対して「確かにある戦闘ではバーバラを抜いてるんです。でもそれは……かなーみたいな」と堀井さん。

「ドラゴンクエストシリーズは、物語に終わりがあるのが好き」と本田さんだが、このたびスマートフォン向けの「星のドラゴンクエスト」のTVCMに出ることが決定したことを発表。すでに撮影は終えているそうだが、とある武器と防具の装備を付けたのがうれしかったと語る。2月末頃から放映が開始されるとのことだ。

本田さんは最後に「これからもっと何十年も先に続いていくシリーズだと思うので、ずっとファンでいます」と語った。

ドラゴンクエスト30周年ポータルサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
マルハニチロ、「受験と食事に関する調査2016」を公表。「受験を食事で応援」が52%
渋谷・シネマライズの歴史を振り返る企画がU-NEXTで
PS4の累計販売台数が3590万台に
今年のクリぼっち率は「恋人と一緒に過ごす」抑え21.7%。コミックシーモア調べ
忘年会シーズン真っ只中!~ 「若者のアルコール離れ」って本当?マクロミル調べ

 

 

 


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る