富士フイルムより新センサーとプロセッサーを搭載するXシリーズ最高峰となる「FUJIFILM X-Pro2」

img_87457_3

富士フイルムは、新開発の2430万画素「X-Trans CMOS III」センサーと超高速の新型画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載し、優れた色再現、階調再現、低ノイズと高速AFを実現したプレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-Pro2」(以下、X-Pro2)を、2月18日より発売する。

■Xシリーズ史上最高画質を誇るフラッグシップモデル
X-Pro2は、「Xシリーズ」史上最高の画質と機動性を実現したフラッグシップモデルとなる。同社は、2012年2月に1630万画素APS-Cサイズセンサーや、光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を切り替えて使え、装着レンズの焦点距離に応じてOVF倍率が変えられる世界唯一の「ハイブリッドマルチビューファインダー」を搭載した前モデル「FUJIFILM X-Pro1」(以下、X-Pro1)を発売。

X-Pro1は、発売以来、画質面や機能面で高く評価され、スナップ撮影やドキュメンタリーフォト分野の写真家を中心に多くのプロフェッショナルたちに使用されてきている。

新モデルとなるX-Pro2は、X-Pro1の画質と性能を、さらに向上させ、新開発のセンサーとプロセッサー、超高画質フジノンXマウントレンズ、80年以上にわたり蓄積した色再現技術の融合により、卓越した写真画質を生み出すことに成功。

また「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」を新たに開発。OVF使用時でも同時に表示される小型EVFでピントや露出、ホワイトバランスなどを確認しながら撮影できるなど、利便性がさらに向上している。

X-Pro2」で実現した主なポイントは以下、

1)新センサーとプロセッサーで「Xシリーズ」史上最高の画質と高速性を実現
新開発のAPS-Cサイズ「X-Trans CMOS III」センサー(2430万画素、ローパスフィルターレス)により、「Xシリーズ」最高の解像力を発揮。また、現行モデルで採用している画像処理エンジン「EXR ProcessorII」の4倍の処理速度を誇る新開発の「X-Processor Pro」を搭載。

X-Pro1よりも大幅に画素数が増加したにも関わらず、書き込み速度や起動速度など、あらゆるレスポンスを向上させている。

2)世界唯一の「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」
富士フイルムは2011年3月に、光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)をレバー操作で瞬時に切り替えられる「ハイブリッドビューファインダー」システムを世界で初めて実用化。X-Pro2では、装着したレンズの焦点距離に応じてOVFの倍率が自動で変わる「マルチマグニフィケーション」機能に加え、OVFの右下隅に小型EVFを表示する「エレクトロニックレンジファインダー」機能を新たに搭載することで、利便性をさらに向上させている。

3)最高1/8000秒、最速同調速度1/250秒を達成した新型シャッター
高速シャッター搭載により、動きの速い被写体の撮影や、晴天下や日中シンクロ撮影時にも大口径レンズ特有のボケ味を活かした撮影が可能。

4)プロ写真家のニーズに応える、信頼性の高いボディ
高強度のマグネシウム合金製のボディ各部に、61か所のシーリングを施すことで、防塵・防滴・-10℃の耐低温性能を実現。「Xシリーズ」で初めて、SDカードを2枚挿入できる「デュアルカードスロット」を採用し、撮影画像の保存の信頼性を高めている。

img_87457_1
img_87457_2

■製品概要
製品名:FUJIFILM X-Pro2
価格:オープンプライス
発売日:平成28年2月18日(木)

Xpro2spec

FUJIFILM X-Pro2
富士フイルム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ニコン、薄型・軽量のスタイリッシュモデル「COOLPIX A100」など2機種を発表
ニコン、デジタル一眼レフカメラの新たなフラッグシップモデル「ニコン D5」を発売
AUDEZEより最大384kHz/32bitの入力に対応したDAC内蔵型クラスAヘッドホンアンプ「DECKARD」
リアルな3Dサウンドを収録できるアクションカムGoPro専用の3Dステレオ・マイク
テクタイト、世界のゴルフ場に対応するGPSゴルフナビ「ショットナビNEO2」




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る