パナソニック、4K搭載&光学30倍ズームのデジカメ「LUMIX DMC-TZ85」ほか3機種を発表

001

パナソニックは、4K搭載光学30倍ズームの高倍率コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TZ85」、1.0型の大型センサーや広角で明るいライカレンズ、LTE通信機能を搭載し、4K動画が撮影可能なポケットサイズのコミュニケーションカメラ「LUMIX DMC‐CM10」、1.0型の大型センサーを搭載した光学10倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TX1」を発表した。価格はいずれもオープンプライスで、LUMIX DMC-TZ85が5万5,000円前後、2月10日発売。LUMIX DMC‐CM10が10万円弱、2月25日発売。LUMIX DMC-TX1が8万8,000円前後、3月10日発売。

LUMIX DMC-TZ85は、コンパクトな本体に4K30p動画撮影機能を搭載し、さらに秒間30コマで長時間連写できる「4K PHOTO」の機能も利用可能。撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を選べる「フォーカスセレクト」を新たに搭載した。これにより、旅行先での記念撮影などでうっかりピントが合わない失敗を減らせるほか、より好みに合った写真づくりが楽しめる。広角24ミリからの光学30倍ズームのライカDCレンズと新ヴィーナスエンジンを搭載しており、高倍率と高画質を実現している。
002

DMC-CM10は、AndroidOSを搭載し、昨年に台数限定発売したDMC-CM1から通話機能を省き、データ通信専用SIM対応にしたもの。大型1.0型高感度MOSセンサーや、広角で明るい「28mm F2.8 LEICA DC ELMARIT(エルマリート)レンズ」を搭載し、一眼カメラと同等の性能を持ちながら、これまで培ってきた光学技術や小型化・薄型化技術により、ポケットに入る薄さ約15.2ミリ(ボディ部)のポケットサイズは踏襲している。

これにより、日頃の生活シーンで出会う被写体を一層手軽に高画質撮影することができ、さらにLTE通信機能によりいつでもどこでもSNSへのアップをおこなうことも可能だ。また、一眼カメラと同様に絞りやシャッタースピード、クリエイティブコントロール等の設定が可能なコントロールリングも備えている。
003

DMC-TX1は、大型の20.1M 高感度MOSセンサー、広角25ミリからの光学10倍ズームF2.8-5.9のライカDCレンズを搭載しており、暗い場所での撮影や望遠撮影など、幅広いシーンできれいな写真を残せる。また4K30p動画撮影にも対応し、動画もきれいに撮ることができる。

さらに、好評となっている秒間30コマで長時間連写できる「4K PHOTO」の機能もさらに充実させ、撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を選べる新機能「フォーカスセレクト」を搭載した。これにより、旅行先での記念撮影などでもピントが合わない失敗を減らせるのがポイントだ。
004

お客様ご相談センター

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
パナソニック、ワイドFM、スマホ対応のコンパクトステレオシステム
電源タップを隠してくれる! DIY 電源タップボックス「よろしく 犬Dock」発売
富士フイルム、防水・耐衝撃構造、耐寒・防塵の堅牢性と最新の色再現を持つ「FinePix XP90」
富士フイルムより新センサーとプロセッサーを搭載するXシリーズ最高峰となる「FUJIFILM X-Pro2」
ニコン、薄型・軽量のスタイリッシュモデル「COOLPIX A100」など2機種を発表





関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る