ドスパラ、「Skylake」搭載15.6インチノートにWindows7モデルを追加

s-22952_nCCkdAHymN

サードウェーブデジノスは、14nmプロセスで製造された最新の第6世代 インテル Coreプロセッサー「Skylake」を搭載した15.6インチサイズノートパソコン「Critea DX10」のラインナップにWindows 7 搭載モデルを追加。全国22の「ドスパラ」各店舗およびドスパラ通販サイトにて販売開始した。価格は6万4,980円(税別)。

新しいPCは欲しいが、会社の業務アプリケーションや、周辺機器のドライバーがWindows 10に対応していない、といったニーズに応えるため、新たにWindows 7 インストールモデルをご用意致したとのこと。もちろん、必要に応じてWindows 10へのアップグレードが可能だ。

Critea DX10 Windows 7 モデルは、最新14nmプロセスを採用し、高い演算処理能力と省電力を両立した最新の第6世代 インテル Core i3 プロセッサー「Skylake」を搭載。デュアルコア+インテル ハイパースレッディングテクノロジーによる最大4スレッドの同時並行処理能力により、複数のアプリケーションを併用するビジネスシーンでも活用できる。

また、グラフィックス機能も前世代にくらべて大幅に強化されており、動画鑑賞などはもちろん、ちょっとしたゲームなども快適に楽しめる。

TDPわずか15Wの超省電力CPUを採用し、CPU負荷が高い状態はもちろん、アイドル状態時においても、これまでのPCにくらべて消費電力を抑えることができる。

15.6インチワイド液晶を備える幅38.0センチ、奥行き26.0センチの筐体は、17インチクラスの筐体に比べて、幅、奥行きともに約4センチ小さく、狭いスペースでも簡単に設置可能。移動中の車内などでも扱いやすいサイズだ。キーボードやタッチパッドといった、使い勝手を大きく左右する部分は敢えてコンパクトにせず、打ちやすく、操作しやすいよう設計されている。文書を作成することが多いビジネスパーソンや、文字チャットをよく利用される方にもおすすめだ。

また、USB 2.0の10倍の転送速度を誇り、大量のファイルも素早く読み書きすることができるUSB 3.0ポートや、液晶テレビに大画面で表示させることが可能なHDMI端子、PC用液晶モニターとのデュアルモニタ使用に便利なD-sub端子、高速で安定した通信が可能なGigabit有線LAN端子など、コンパクトな筐体に多数の拡張端子を搭載し、さまざまなシーン、利用スタイルに対応することができる。

動画などを明るく色鮮やかに映し出すことができる、光沢処理 + LEDバックライトの液晶パネルを採用。費電力も低く、本体の薄型化も実現。いつでもどこでも動画や静止画を美麗な表示で楽しめる。

■Critea DX10 Windows 7 モデル 製品情報
・CPU: インテル Core i3-6100U プロセッサー(デュアルコア, HT対応, 定格2.30GHz, L3キャッシュ3MB)
・メインメモリ: 4GB PC3-12800 (DDR3L SO-DIMM, 4GB×1, デュアルチャネル, 最大16GB)
・ディスプレイ: 15.6インチ HD 光沢液晶(1366×768ドット表示)
・グラフィックス: インテル HD グラフィックス 520
・ハードディスク: 500GB, SATA 3Gb/s 接続 (SATA 2)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: インテル IEEE802.11 b/g/n, 無線LAN, ギガビット有線LAN
・Bluetooth: Bluetooth(R) 4.0 + HS
・サイズ: 380(幅)×260(奥行き)×24.9(高さ) mm
・重量: 約 2.2kg (バッテリー含む)
・OS: Windows 7 Professional インストール済み

Critea DX10

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本エイサー、34型湾曲ゲーミングディスプレイ「X34bmiphz」を発売
PCパーツお買い得情報!1月23日(土)よりドスパラ秋葉原引越セールを開催
ドスパラ、ゲーミング液晶ディスプレイが1名に当たるTwitterキャンペーンを実施
11.6型で約798gを実現! NEC、着脱式2in1「LAVIE Hybrid ZERO」に新モデル
Synology「DS216se」レビュー第4回:iPhoneなどのスマホと連携してNASを活用しよう



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る