VAIO、新「VAIO Z」、「VAIO S13」「VAIO S15」の3モデルを発表

s-S13_Black_touch_front-left_VAIO

VAIOは、フラグシップモデルである「Z Line」のうち、クラムシェル型の新「VAIO Z」、メインストリームである「S Line」の「VAIO S13」「VAIO S15」を発表した。いずれも第6世代インテルCoreプロセッサーを搭載する。

VAIO S13は液晶サイズが13.3型のモデル。従来の「VAIO Pro 13|mk2」の堅牢性に加えて、VGA端子や有線LAN端子などのインタフェースを搭載。直販モデルでは第2世代のHigh Speed SSDや16Gバイトのメモリも選択可能だ。
s-Sline

VAIO S15は液晶サイズが15.5型のモデル。光学ドライブも搭載するオールインワンのノートPCとなっている。従来の「VAIO Fit15E|mk2」から大幅な設計変更を実施。直販モデルでは、ストレージにはHDDに加えてSSDやハイブリッドHDD、さらにSSDとHDDのデュアルドライブ構成も選択可能となった。
s-S15_group_top

クラムシェル型の「VAIO Z」は現行機種のフリップモデルに追加されたバージョン。性能はそのままに、軽量化を図り、最大約27時間駆動というロングバッテリーライフを実現した。
s-Z131_multi_back

価格はVAIO OWNER MADEモデルでは、VAIO S13が11万4,800円から、VAIO S15が8万9,800円から。クラムシェルモデルのVAIO Zが15万6,800円から。VAIO S13とVAIO S15は受注開始が1月27日午前9時からで、最速のお届け日が2016年2月5日。VAIO Zは受注開始が2016年2月16日午前9時からで、最速のお届け日が2016年2月26日。

VAIO

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
レノボ・ジャパン、最新のプロセッサを搭載したマルチモードPC「Lenovo YOGA 700」を発売
ドスパラ、「Skylake」搭載15.6インチノートにWindows7モデルを追加
日本エイサー、34型湾曲ゲーミングディスプレイ「X34bmiphz」を発売
PCパーツお買い得情報!1月23日(土)よりドスパラ秋葉原引越セールを開催
ドスパラ、ゲーミング液晶ディスプレイが1名に当たるTwitterキャンペーンを実施




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る