NTTドコモ、青函トンネル旧竜飛海底駅および旧吉岡海底駅にて携帯電話サービスを提供

IMG_1275

NTTドコモは、北海道旅客鉄道株式会社の協力を得て、青函トンネル内での災害時における連絡手段の一つとして利用できるよう、旧竜飛海底駅(竜飛定点)および旧吉岡海底駅(吉岡定点)等において、2016年2月19日(金)より新たに携帯電話サービスを提供すると発表した。

エリア化により、緊急時に車両が停車する吉岡と竜飛のホームと避難所、および避難用ケーブルカーの運行区画において、携帯電話の通話やパケット通信が可能となり、災害時における乗客の安否確認連絡など、災害対策の一助になるものと考えていると同社は述べている。

北海道支社
東北支社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
日本エイサー、ゲームが快適に遊べるタブレット「Predator 8 GT-810」を発表
大阪国際空港(伊丹空港)におけるWiMAX 2+エリアの整備が完了し高速インターネット接続が可能に!
一台でさまざまなバッテリーやモバイル端末を充電!「ENERG マルチバッテリーチャージャー+USB」が登場
スマホやPCに映像を録画! ラトックシステム、ビデオキャプチャーユニットを販売
ビジネス向けのWindows10 Mobileスマホ。「VAIO Phone Biz」を発表




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る