インバースネット、パソコンとキーボードが一体になった Windows 10 搭載PCを発売

  • 2016-2-23
  • インバースネット、パソコンとキーボードが一体になった Windows 10 搭載PCを発売 はコメントを受け付けていません。
9b219bb631

インバースネットは、2016年2月17日(水)より、パソコンとキーボードが一体になった Windows 10 搭載のキーボードPC「WP004-BK」の販売を開始した。同社のダイレクト販売価格は1万9,800円。

本製品は、テレビやディスプレイにつなぐだけで、インターネットの閲覧やメールの送受信など、通常のパソコンと同じように利用できるというもの。キーボード上にはタッチパッドも搭載されていますので、別途マウスを用意する必要もない。

サイズは287(幅)×125(奥行き)×26.5ミリ(厚み)の76キー 日本語キーボードの中に、Windows 10やインテルAtomプロセッサーZ3735F(定格1.33GHz/最大1.83GHz)、2Gバイトのメモリ、32GバイトeMMC(ストレージ)を備えている。また、無線LANにも対応し、Bluetoothでマウスなどの周辺機器とも接続可能だ。

WP004-BK

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
リンクス、高dpiゲーミングマウスに最適化されたクロスマウスパッドを発売
アイ・オー・データ機器、目に優しいディスプレイ「LCD-AD173SEシリーズ」登場
レノボ・ジャパン、「ThinkPad X1 Tablet」を含むプレミアムモデル「X1ファミリー」4製品を発表
デル、11型バリューノートPCと小型デスクトップPCを発表
「Cherry trail」世代Atomプロセッサー採用のスティックPCが登場




関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る