桜の季節間近!「お花見」に関する意識調査をマクロミルが公開

s-main

マクロミルは、「今年行きたいお花見スポットランキング」ベスト10と合わせて、東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県の人にきいたお花見に関する意識調査を発表した。調査は全国の20歳から59歳までの有職者を対象に実施。調査期間は2016年2月25日(木)~26日(金)。有効回答数は856名。

【1】お花見予定者は7割!その多くはプライベート開催

お花見の実施予定を聞いたところ、今年「予定がある」人は71%にのぼり、高い関心が伺えた。また、一緒に行く相手は「家族」が最も多く43%が回答。「恋人・配偶者」、「プライベートで仲の良い同性」、「一人で」と続く。この結果から、花見はプライベートに楽しむ空間と捉えられていることが伺える。

<図>あなたは今年、お花見をする予定がありますか?(全体n=856)
s-sub3
<図>今年のお花見は、誰と行く予定ですか?あてはまるものをすべてお選びください。(今年お花見に行く予定のある人n=604)
s-sub4

【2】職場のお花見行事「あり」は9%にとどまるも、4人に1人は「人間関係を円滑にする」効果に期待。

「勤務先にお花見をする慣習」が「ある」と回答した人は全体の9%だった。それぞれ「会社のお花見をどう思うか」を聞いてみたところ、慣習の有無にかかわらず「人間関係を円滑にするイベント」のスコアが高くでている。意外にネガティブな意見は少なく、この機会に「お花見」を行事化することで、社員同士の親睦を図るのも良いかもしれない。

<図>あなたの会社・勤務先には行事として「お花見」をする慣習がありますか? (全体n=856)
s-sub5

<図>お花見の慣習の有無と、お花見に対する印象(全体n=856)
s-sub8

【3】「今年行ってみたいスポット」ベスト10を発表。1位に上野公園、 2位に目黒川、 3位井の頭公園。

「今年行ってみたいスポット」は、「上野恩賜公園(東京)」が僅差の1位(13%)、「目黒川(東京)」が2位(13%)に入り、「井の頭恩賜公園(東京)」(12%)と続いた。また、自宅の近くなど「自分だけの穴場」を持っている人も4人に1人(26%)存在している。

<図>自分だけのお花見穴場スポットをもっていますか?(全体n=856)
s-sub6
<図>今年行ってみたいお花見スポット (全体n=856)
s-sub7
調査レポートまとめサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ソニー・エクスプローラサイエンスで「サイエンスバトラー6周年フェスティバル」を開催
サイバーエージェント、ゲームクリエイターを目指す小学生を対象に奨学生を募集
「AWA」、赤ちゃんのためのドライブミュージックの配信を開始
3月9日の皆既日食をパナソニックがライブ中継
志や能力の高い人を政界へ!新たな政治メディアがクラウドファンディングで支援募集中


お花見弁当
All About Books
2013-06-27


お花見大成功レシピfrom姫ごはん
和田良美
ゴマブックス株式会社
2014-03-28


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る