デジタル広告・マーケティングのためのアワード「コードアワード 2016」を開催

  • 2016-3-18
  • デジタル広告・マーケティングのためのアワード「コードアワード 2016」を開催 はコメントを受け付けていません。
名称未設定-1

D2Cは、デジタルを活用したマーケティングコミュニケーション全般を網羅した、総合的なデジタル広告・マーケティングのアワード「コードアワード2016」(URL:http://www.codeaward.jp/)を開催する。作品のエントリーは 3月16日(水)から4月20日(水)まで。各賞の優秀作品および「グランプリ」の発表は6月下旬を予定している。

「コードアワード」は、モバイル広告およびモバイルマーケティングの健全な発展と普及を目的として、2002年より開催されてきた「モバイル広告大賞」を前身とし、2014年よりその対象をデジタル全域へと拡大させた、総合デジタル広告・マーケティングのアワード。

3年目となる本年は、昨年から本アワードの審査員を務め、数々の広告賞の審査員を歴任するTBWA HAKUHODOの佐藤カズー氏が審査員長に就任。他にも、Googleのジョン・メリーフィールド氏やサイバーエージェント・クラウドファンディングの坊垣佳奈氏など、5名の審査員を新たに迎え、クリエーティブ、テクノロジー、マーケティングなど国内外のスペシャリスト計9名による審査を行うとのこと。

また、近年ますます注目が高まる「データ」を有効活用した作品を対象とする「ベスト・ユース・オブ・データ」の新設や、新しい手法でメディアを有効活用した作品に贈られる「ベスト・ユース・オブ・メディア」の復活など、賞構成も一部リニューアルされている。

デジタル・マーケティングの「いま」を刻み、「未来」を拓くアワードとして、より多くの秀逸な作品を顕彰し、デジタルを活用した広告コミュニケーションおよび、デジタル・マーケティングの活用事例を発信します。
s-600_500
コードアワード

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
桜の季節間近!「お花見」に関する意識調査をマクロミルが公開
ソニー・エクスプローラサイエンスで「サイエンスバトラー6周年フェスティバル」を開催
サイバーエージェント、ゲームクリエイターを目指す小学生を対象に奨学生を募集
「AWA」、赤ちゃんのためのドライブミュージックの配信を開始
3月9日の皆既日食をパナソニックがライブ中継





関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る