ドワンゴ、アニメ制作ソフト「OpenToonz」を無償提供。ジブリ作品で使われたToonzに新機能を追加

名称未設定-1

ドワンゴは、イタリア・ローマのDigitalVideoが独自開発したアニメーション制作ソフト「Toonz」を買収した。DigitalVideoとドワンゴはこの買収について、ドワンゴが「Toonz」を元にしたオープンソースプラットフォームを開発し公開するという条件のもとに合意したとのこと。これに基づき、ドワンゴは「Toonz」をもとにオープンソースソフトウェアを開発し、「OpenToonz」として誰もが無償で利用でき、改良できる形にして、3月26日(土)より公開する。

「OpenToonz」には、長年「Toonz」を利用してきたスタジオジブリが独自に開発した、「Toonz」向けの機能(Toonz Ghibli Edition)が含まれる。これに加え、ドワンゴでは自社の人工知能技術を使った「OpenToonz」向けのエフェクトや、誰もがエフェクトを追加できるプラグイン機能を新たに搭載し、あわせて無償提供する。

ドワンゴは、「OpenToonz」を通じて、アニメーション制作に関連する様々な研究成果を即座に制作現場に生かせるようなプラットフォームを作り、学術研究と映像産業が活発に連携できるような環境を提供できればと考えているとのことだ。

なお3月26日(土)・ 27日(日)に東京ビッグサイトで開催されるアニメイベント「AnimeJapan 2016」にて、「OpenToonz」の展示・説明会をKADOKAWAブースで行うことが決定した。26日には、クリエイションステージにて「アニメーション制作ツールのオープンソースプロジェクトについて」と題したセミナーを開催する。

当日はドワンゴ会長である川上量生氏のほか、「OpenToonz」について共同研究を行っている東京大学大学院情報学環の岩澤駿助教、特別ゲストとしてスタジオジブリ エグゼクティブ イメージング ディレクターの奥井敦氏が登壇する。

Toonz Ghibli Editionは、「Toonz」のソースコードをスタジオジブリ社内でカスタマイズしたもので、「借りぐらしのアリエッティ」以降のほぼすべての作品の仕上、色指定、撮影工程(手描きの絵をスキャンするところから、最終的な画面を組み上げるところまでの各工程)で使用されている。

OpenToonz

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ドミノピザ、クーポン番号「450」を入力するだけで、Lサイズピザがネット注文で全品半額に!
タブレットやスマホで月面が撮れる「DIY スマホ天体望遠鏡 MoMoPANDA」
桜の季節間近!「お花見」に関する意識調査をマクロミルが公開
ソニー・エクスプローラサイエンスで「サイエンスバトラー6周年フェスティバル」を開催
サイバーエージェント、ゲームクリエイターを目指す小学生を対象に奨学生を募集

借りぐらしのアリエッティ [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2011-06-17


宮崎駿監督作品集 [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-07-02


千と千尋の神隠し [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2014-07-16



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る