ZOTACよりHaswell搭載のベアボーン「ZBOX EI750」&「ZBOX EI730」登場

ZBOX_EI750_14

ZOTACは、コンパクトなサイズでVESAマウントに対応し、液晶ディスプレイの裏側に固定できるコンパクトベアボーン「ZBOX」シリーズをリリースしている。

このたびHaswellことIntel第4世代Core iシリーズの中でもハイパフォーマンスなCPUを搭載する「ZBOX EI750」と「ZBOX EI730」の2製品を発表した。

「ZBOX EI750」は先述したようにCPUに、HaswellのCore i7-4770R(3.2GHz、クアッドコア)を搭載「ZBOX EI730」は、同じくHaswellのCore i5-4570R(2.7GHz、クアッドコア)を搭載する。この2製品は、CPUに内蔵されるGPUが「Intel Iris Pro Graphics 5200」であることがポイントだ。CPU性能に加えて内蔵グラフィックスの性能が底上げされているので、満足にプレイできなかった3D描画負荷のある程度必要なゲームがプレイできるようになる。搭載するCPUが異なる以外、2製品の外観は、ほぼ区別できないほど同じ仕様になっている。

2製品共に、ユーザー自身によりカスタマイズ可能なベアキットとなり、ストレージには2.5インチHDD/SSDを選択でき、DDR3メモリーの容量も選択可能だ。IEEE 802.11ac対応の無線LANやBluetooth 4.0を備えるほか、ギガビットイーサネット2基、USB 3.0ポートやカードリーダーなどの充実したインターフェイスを装備。3画面出力も可能なので、コンパクトながらも高いレベルでの性能を求めている人におススメしたい。高性能なだけに値段も相応の価格になっている。

■製品情報
メーカー:ZOTAC
製品名:ZOTAC ZBOX EI750
型番:ZBOX-EI750-J
発売時期: 4月下旬
予想市場価格:10万円台前後

製品名:ZOTAC ZBOX EI730
型番:ZBOX-EI730-J
発売時期:4月下旬
予想市場価格:9万円台前後

ZBOX Eシリーズ
アスク

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

アスクの記事をもっと見る
AMDの最新プラットホーム「AM1」に対応するMSIのmini-ITXマザーボード「AM1I」
MSIより性格の異なるmini-ITX仕様のマザーボード2製品が登場
PC不要でHDゲームがキャプチャーできるAVerMedia「ゲームレコーダー720 AVT-C281L」
アスクよりThermaltake製ケースファン「Pure 20」シリーズとLEDケースファン「LUNA 12 LED」シリーズ
配信もOK! USB3.0で1080p/60fpsのHDMIキャプチャーができるAVerMediaの「CV710」



関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る