セカンドマシン自作に向くAPUオンボードのmini-ITXマザー「GA-E2100N」

ga-e2100n

GIGABYTEからAMDのAPU「E1-2100 APU」をオンボード搭載したmini-ITXマザーボード「GA-E2100N」が登場した。E1-2100 APUは、1パッケージ内に、デュアルコアCPUとグラフィックスとしてRadeon HD8210グラフィックスとメモリーコントローラを搭載している。

■低消費電力でセカンドマシン用におススメ
28nmの製造プロセスによって消費電力は9ワットという低発熱設計。またRadeon HD8210は、エントリークラスながらもDirectX11のゲームに対応しているので、軽佻な負荷になるオンラインゲームなどをプレイすることが可能だ。いっぽうでスムーズなHD動画再生のための専用ハードウェア・モーション・ビデオ・デコーダを搭載してるのでHTPC用としてもおススメできる。

キューブ型やマイクロタワーのWindows XPマシンを自作していて、乗り換えるのにあまりお金をかけたくないというのであれば、PCケース、ストレージ(HDDやSSD)、光学ドライブ(DVDマルチやBDドライブ)、電源、キーボード、マウス、ディスプレイは過去のPCから流用、本製品とメモリー、そしてOSを購入し、ケース内を交換するだけでアップデート可能だ。

たとえばDSP版ならWindows 7およびWindows 8.1は、ほぼ同じ13,000円程度で購入できる。本マザーはCPUとグラフィックス付きで実売8,650円前後となっており、かなり安価にWindows 8.1マシンへと生まれ変わらせることができるだろう。

■製品概要
メーカー:GIGABYTE
型番:GA-E2100N
店頭想定売価:8,650円前後(税別)
出荷予定:4月中旬予定

■主なスペック
APU:AMD E1-2100オンボード
サイズ:170(縦)mm×170(横)mm
フォームファクター:mini-ITX
対応メモリー:DDR3 1333
拡張スロット:PCI×1
SATA:SATA3(6Gbps)×2
LAN:ギガビットLAN×1
USB3.0×2(バックパネル)
USB2.0×8(バックパネル×4、内部コネクター×4)
サウンド:7.1 Channel Realtek HD Audio
BIOS:Dual UEFI

GA-E2100N製品情報
CFD販売株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

PCパーツの記事をもっと見る
450Wから750Wまで用途に合わせて選択できるコンパクトな電源「CORSAIR CS Series」
余った2.5インチストレージを手軽に外付けドライブにできる2.5インチHDDケース
GIGABYTEよりAM1プラットフォームに対応したmicroATXマザー「GA-AM1M-S2H」
GIGABYTEよりMaxwell搭載でOC仕様のグラフィックカード「GV-N750OC-2GI」
玄人志向より最新のHaswellプラットフォームに対応したプラグ式のATX電源3モデル


関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る